人気ブログランキング |

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださいましてありがとうございます

by nyankai

<   2018年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 ようやく「ボヘミアン・ラプソディ―」を観ました。熱烈なファンだったわけではありません。あまりにプログレが好きすぎて、少し遅く出てきたクイーンは、グラムロックと言われたので、違うと思ったのかな。大学で住んでいた清明寮に、d0017084_914175.jpg「イケちゃん」という人が入ってきました。彼女は革マルでした。そしてクイーンの大ファンでした。イケちゃんは、寮内でクイーンのファンを増やしていきました。一応民青系の自治寮だったので、イケちゃんは(クイーンを使って武装化を狙っていると)警戒されました・・・訳ないけど。だから、クイーンに抵抗があったのかな。イケちゃん、今どこで何していますか?
 それでも尚「ボヘミアン・ラプソディ―」には、一目も二目もおく存在でした。ある時ハッチポッチステーションでのグッチ裕三の替え歌「犬のおまわりさんwith QUEEN」by GUEENを見て(騙されたと思って見てください→ここ)、これはもう、世紀の大傑作と確信しました。楽譜を買い込んで、いつか優秀なボーカルを4人(以上)集めて、この超難曲を歌うことが私の夢です。
d0017084_9152344.jpg 映画に戻りましょう。平日の昼間なのに、あんなに人が入っているのを初めて見ました。同年代の人が多かったです。単なる、ミュージシャンのサクセスストーリーではありませんでした。フレディーがエイズで死んだのは、もちろん知っていました。初期はともかく、髪を短くして、ひげを蓄えた段階で、私には苦手な外見になりました。歯並びがコンプレックスになっていたのは、あまりそれを気にしない日本人には、ちょっとわかりにくいかもしれえません。でもあの声は、歯のおかげだとも思っていたようです。ミーハーな私の好みは、当然ドラムのロジャーですよ。
 クイーンは高学歴バンドでした。それぞれが、ミュージシャンじゃなくとも、一流の肩書を持っていました。映画で見る限りは、フレディーが1度迷ったくらいで、結束が固い大人なバンドと言う印象でした。d0017084_91628.jpgメアリーの存在も重要でした。たぶんほとんどが、ドキュメンタリーと言って良いほど事実でしょう。曲は、その時々にできたものですが、歌詞は普遍的で、泣けてきました。気づくと、一緒に行った人も、鼻をグスグスしていました。その同行者とは、帰り道しみじみと、「いや~、才能無くて良かったねぇ」と語り合いました。テレビで放映されようが、DVDが出ようが、それではだめです。大きなスクリーンで、大音響で聴かないと。ライヴ会場にいる錯覚に陥らないと。
 吉松隆さんのブログによると、1973年は、ピンクフロイドの「狂気」 、EL&Pの「恐怖の頭脳改革」、イエスの「海洋地形学の物語」と並ぶ新譜として、クイーンのデビューアルバム「戦慄の王女」が登場し、映画「ジーザスクライスト・スーパースター」も公開されたそうです。よだれが出そうな年ですね。私は高校3年生かぁ。まだそのどれもをすぐには知らなかったわ。
 「Hair LABO」は、こんなに髪が伸びました。
by nyankai | 2018-11-30 09:10 | 映画・テレビ番組 | Trackback | Comments(2)
 昨日地震のこと書いたから、なわけないけれど、久しぶりにたて続けに2回も地震がありました。後のは胆振東部の余震ではなかったです。d0017084_994687.jpg一瞬に血の気が引いて、心臓バクバクになりました。
 引き続きポルテちゃんの納車待ちです。ほとんどどこにも行きませんが、用足しの足は、代車のYRV(「Youthful style」-若々しく「Robust body」-たくましく)「Vivid performance」-イキイキと」の頭文字)が支えてくれています。シフトレバーがどこにあるのかわからなくて(ハンドルの根元にありました)、しばし発進できなかった笑い話があしたが、もう一つドジな話があります。
 運転席ドアを開けたら、上の方が顔にぶつかったのです。幸いゆっくりだったので痛かったほどではありませんでしたが、その時かけていたジーンズの遠近両用メガネに当たって、右のつる(テンプル)の付け根、智(ヨロイ)と言う名前だそうですが、そこがゆがみました。直してもらわなくちゃ。
 なぜ、そんなことが起こったのか。ドアの形状を見て、合点がいきました。シエンタはドアの上から下までが垂直でしたが、d0017084_9103417.jpgYRVは上に行くほど後ろに流れているのです。手元で十分間隔を空けたのに、顔の所では足りていなかったのです。これ、かの国では、訴訟になるんじゃないですか?ちなみにポルテは、大丈夫、垂直でした。
 そのポルテ、前の車検証をじっくり見ますと、去年の11月で車検が切れていました。と言うことは、1年売れ残っていたのですねぇ。運転席のドアが日焼けして少し色が薄くなっていたのですが、サービスで塗装してくれたそうです。見た目は新車みたいになっているのでしょう。早く会いたいな。
 今日はもう一つ、ヒートテックの話題を。節電ですし、パーキンソンには冷えは大敵なので、ヒートテックを新調しました。前に買ったのは何年前だったのか、d0017084_9115081.jpg忘れたほど前です。もうそれほど暖かくないような気がして、調べるの大好きですから、ヒートテックの耐用年数を調べてみました。いくつかのサイトを見ましたが、1年と書いてあるのもありました。1年って、1シーズンってこと?編み目が広がってきたら効果が薄れるので、ダランと伸びた状態になったら、買い替えのようです。そうさせないためには、洗濯を丁寧にですって。直接肌にぴったり触れることで暖かくなるので、1つ小さいサイズを選ぶと良いってさ、私は元々Sなので、どうしたら良い?そうか、キッズを買えば良いのか。ちょっと安いしね。
 「Hair LABO Family」ですが、昨日朝、発芽していないと書いたばかりなのに、夕方しょぼいのが出ているのに気づきました。ここ2年程、29日にツリーを披露しているので、今年もそうします。版画彫り、順調です。
by nyankai | 2018-11-29 09:08 | 暮らし | Trackback | Comments(3)
 これ、誕生日プレゼントにいただいた物の1つ、「Hair LABO Family」で、土でできた顔の人形です。頭から草が生えるようになっていて、d0017084_9403476.jpg 生えてくると髪の毛のようになります。23日にセッチィングングし、まだ発芽していませんが、変化があったら報告しますね。
 息子は以前のツイッターを削除して、新たに始めましたが、仕方無いのですけれど、毒気を抜かれたように面白くなくなりました。でも私に対しては、少し優しく、というかまめに返事をくれるようになりました。書く文章も、気を付けているらしく、誤字・誤変換は減りました。
 ある被災地の知人が、「ゴミ捨て場が溢れかえりました。町の総量が少し軽くなったんじゃないかと思うほど!」と言っていました。私もそれを感じていました。直後の災害ごみ受け入れ所の様子を見ても。その後、断捨離などしないと言い切っていた自分が考えを改め、壊れた物だけではなく、他の物もタラタラと片づけをしながら、ごみとして出すたびに、家の中、または敷地内の重さが減ったような気がします。d0017084_9413155.jpg物欲人間だった私が、かくも物に固執する果てに、こんなショックな仕打ちを受けるとは。
 新聞の地震特集「激震 暗闇の大地」第2部は、なかなか読みごたえがあります。ブラックアウトの理由を知った時には、正直北電ばかじゃないの?(現場で必死に働いている人に対してではなく)と思いました。すぐ近くの厚真火発の依存度が高すぎ。町に水力発電所があるまじょ子町は、朝には停電は解消していたのですから。でもすべてが、国の意向を経営サイドが受け入れ、追認していく姿勢が招いた結果だったそうです。安定経営のすべが、裏目に出たのだそうです。
d0017084_9421411.jpg 泊原発のフル稼働によって、電気料金は98年に全国平均を下回り、2006年には過去最低レベルを達成したそうです。2006年と言えば、そうです、ニャンコ座落成の年です。オール電化が安くて安全と言われ、導入した結果、ガス・灯油・電気を使った場合よりも、ずっと安上がりでした。それが、東日本大震災を機に一変しました。節電、言われなくともしてますってば。高い電気料金に音を上げて、給湯と暖房をヒートポンプに替え、可能な限りLEDにしました。
 昨日は、水力と原発を持てない沖電が、液化天然ガスという全く違う道を選んだことが書いてありました。東日本後に株式時価総額が半減した北電に対し、沖電は8割上昇したそうです。
 9月6日の本震と、10月までの余震の震源の分布図も出ていました。確かに「東胆振」であることがわかりますが、ニャンコ座町は、震源のすぐ隣です。千歳と苫小牧とニャンコ座町を書き加えてみました。
 ようやく年賀状のデザインが降りてきたので、つかまえました。さあ、版画彫るよ。
by nyankai | 2018-11-28 09:37 | 9.6大地震 | Trackback | Comments(0)
 1度雪景色になりましたが、又すっかり茶色の世界に戻りました。
 この季節は、ちらほらと喪中の葉書をいただきます。今日現在で8枚、うち2枚は姉妹からなので、亡くなったのは一人です。毎年20枚近く来るので、少ないように思います。d0017084_9361100.jpg少ないのは良いことですから、このままであることを望みますが、まだ11月中ですからどうでしょう。
 喪中の方には、クリスマスカードを出すようにしています。年に1度のごあいさつの方がほとんどですし、そのまま年賀状を出さないのでは、こちらの近況を2年伝えられないままになってしまいますから。それに、自分が喪中の時は、年賀状が来ないことがとても寂しいですからね。
 したがってこの時期は、クリスマスカードと年賀状、両方を考えなくてはならないのです。別にオリジナルを作るのを自分に強いているのでは無いのですが、それを考え、作ることが楽しいのです。自己表現です。暑中見舞いも作りますから、年に3作品が生まれることにd0017084_9374699.jpgなります。
 クリスマスカードも年賀状も、なかなか天から降りてこなくて困っていました。でも先週、何とかクリスマスは、形になりました。プリンターは使いますが、その手前までは、思い切りアナログ作業です。全く何もない所から作品を生み出すほどの才能は無いので、たくさん参考になる物を見ます。その中にヒントを見つけます。見つけたら、自分でできることを、一生懸命やります。年賀状は、基本木版画ですが、原画のイメージができていないのです。
 先日、R.R.Singersの元メンバーが亡くなりました。春の元団長さんに続いて、悲しい事でした。何かの用で役場に行った時、役場職員のご主人が、合唱団に入ってすごく楽しいと喜んでいると、ニコニコ話してくれたのを思い出します。d0017084_9395984.jpgもしかして、20年近くも前のことかもしれません。体調が悪くて来られなくなり、それきり会うこともありませんでした。
 お通夜に行ってわかったのは、その体調不良の病気は克服したのに、今年秋の初めに違和感を感じ、病院に行ったけれど手遅れだったとの事でした。前の病気を告知された時に、自分で用意したという遺影は、とってもきれいでした。長身で(私が言うのも変ですが)とても細い人だったので、2000年の演奏会のプログラムにある団員紹介欄には、「〇〇ジャポネスクオリーブ〇〇子」と書いてあります。「歌が好きで、練習が好きで、ロングドレスなんて恥ずかしい」とも。そんな人でした。残された、ちょっと年下の、あのニコニコしていたご主人は、気丈にふるまっていました。
 ちなみに、私の紹介は「〇〇ロウテッカー〇〇」でした。物事はロウテクに限ります。今は、キャシャリン・マジョンソワーズ・ド・ニャンカイです。
 これ、息子のfacebook→ここです。まだ誤変換ありますが、良かったら読んでください。
by nyankai | 2018-11-27 09:33 | 暮らし | Trackback | Comments(2)
 東京公演は、目標動員を達成したそうです。ひとまず良かったこと。「笑の内閣」通算動員は、今公演で15,000人d0017084_963152.jpgなんだとか。
 代車を動かそうとして、シフトレバーの勝手が違い過ぎて、しばしまごつきました。
 昨日は、何も予定の無い、つまらない日曜日のはずでした。酪農をしている友人のコネで、質の良い牛肉を適切な価格で買えます。だからと言って、頼まれても困りますけど。ちょっと前に、国産牛のザブトン(肩ロースにある部位で、サシがしっかりと入っている。形状が座布団に似ている)が500g手に入っていたので、朝のうちに、なんちゃって孫2組に、近いうちにすき焼きパーティーをしようと、誘っておきd0017084_993865.jpgました。
 そうしたら、「今日はどうですか」と返事が来て、肉とカセットコンロと鍋&食器と場所以外は、持ってきてくれることで、話がまとまりました。
 大人3人と子供3人、ノンアルコールビールも持ち込んで、2歳から63歳まで(男女比は2:4)すき焼きパーティーが、始まりました。今回は関東風。子供に人気は、はんぺんでした。でも、良いお肉のおいしさは、やっぱり子供もわかるらしく、ちょうど平らげることができました。死ぬほどお腹いっぱいになったはずなのに、不思議とデザートは食べられて、みんなで笑いました。
 午前中やっていたという、タイルアートを見せてくれて、すき焼き後の腹ごなしは、d0017084_9101121.jpgかちゃ子さんがキットを手に入れた、ハーバリウムでした。ハーバリウムとは植物標本で、ドライフラワーなどを入れ、オイルで満たした観賞用の小瓶です。蓋つきの瓶とオイルと、中に入れるビーズやドライフラワーが、セットになっていました。家にあった、スターチスとアジサイも参加させてもらいました。
 なんちゃって孫たちは、こうして、ママが色々な体験をさせてくれるので、きっと豊かな心を持った人に育っていくだろうと思います。スノウ遊びもしました。これは、私が子育て中はできなかったことです。そういうことで、良い日曜日にd0017084_9112949.jpgなりました。
 この頃、ダリが騒動を起こしてくれます。デイサービスで歌ったお礼にいただいた花束は、4人で分けましたが、1本入っていたカサブランカは私がもらいました。いっちゃんにお供えしていましたが、ダリが首(じゃなくて口)を突っ込むようにして、花瓶の水を飲んでしまうのです。それは良い、別に大きな問題は無いでしょう。でも、細い花瓶に猫が・・・おのずとその後どうなるか、わかるってものじゃないですか。花瓶は倒れ、そのあたりが水浸しになります。ダリは一瞬困ったように見えますが、床にこぼれた水を、ラッキ~とばかりに舐めています。
 「ネバーネバー」を探して聴いていたら、育三郎君と新妻聖子ちゃんの「オペラ座の怪人」を発見。聖子ちゃん、高い高い「ミ」が出せるんだ。すばらしい。一緒に見つかった登美丘高校ダンス部の「This is me」は、泣けます。
by nyankai | 2018-11-26 09:05 | 暮らし | Trackback | Comments(2)
 今日は三島由紀夫の命日(1970年)だそうです。そうかぁ~。
 息子は、秋山伸子先生(フランス文学者、青山学院大学教授にして、モリエール研究の第一人者)から、「フランスで上演しなさい、私が来月パリでモリエールの講演をするから、それまでに訳して向こうの演出家に紹介します」と言ってもらったそうです。大変だわ、実現したら、フランスへ行かなきゃならない。d0017084_9162924.jpg志賀廣太郎さんが来てくださったそうです(写真は掲載確認済み)。
 昨夜の「MF」の「ラ・ディーバ」、良かったわぁ。憧れの声は、森山良子→ベッド・ミドラー、平原綾香→マイケル・ジャクソン、新妻聖子→セリーヌ・ディオン、サラ・オレイン→ボーイソプラノでした。わかるわ、それ。信じてもらえないかと思いますが、私、案外低音出せるんです。歌う声として、自分で認めていないだけで。認めても良いかな。ラ・ディーバ、ブラバ~F3A7.gif
 「NEVER ENOUGH」は、少し歌えるようにはなってきましたが、前途多難過ぎて、使い物になるかどうかは、全く分かりません。1ヶ月位したら、カラオケで試してみたいものです。色々なバージョンをyou tube(シニア川柳に「ユウチュウブとはどんな部活かと孫に問い」があったわ)で聴きまくっています。男性もいます。13人を一気に聴いた時は、さすがに頭が「粘~粘~♪」になり、うなされそうになりました。
 ようやく、地味~に、歌う気力が戻ってきたのですが、抱えている曲数が多すぎて、アップアップです。2月(農オケ)4月(ファーチレ)6月(ごちゃコン)とコンサートがあって、来月はファーチレがクリスマス会で歌うとか。
d0017084_9173879.jpg 農オケは1回歌ったとは言えの「土の歌」が7曲。「もぐら」と「天地の怒り」が心配です。オペラの合唱曲3曲、ほぼ未体験のフランス語の「カルメン」はまだ手付かずで、「アイーダ」と「誰も寝てはならぬ」は高くて大変なのと、アンコールの「威風堂々」です。
 ファーチレが「メサイア」で、全19曲(英語)あります。まだ不安だらけ。
そして「ごちゃコン」は何曲かなぁ。みんなで歌うのが「メドレ~宇宙戦艦ヤマト」を入れて4曲、ソロ1曲とボディーパーカッションと、たぶんリコーダー2~3曲と、ピアノ連弾と、きっとダンス(「U.S.A.」かな)もあるはず。ごちゃコンは、基本暗譜を自分に課しているので、相当歌いこまなければ。
 クリスマスミニコンサートは5曲で、1曲は「ハレルヤコーラス」、後は「荒野のはてに」等、クラシック系の定番だったような気がします。
 発達障害の番組を見ました。息子は中度のADHDと、軽度の自閉かなぁ。東京公演、今日が千秋楽です。前売りははかばかしくない様子。粘~粘~♪でがんばれ。
by nyankai | 2018-11-25 09:14 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
 幹線道路は問題無いようですが、気温が低いので、意外と雪が融けません。
 東京公演中の息子は、服装がきちんとできません。でも、ちゃんと毎日着替えて洗濯はするので、不衛生なわけではありません。妙なところでこだわりが強いのですが、歯がちょっとでもざらついていると嫌なのだそうです。手先は不器用ですが、歯磨きは完璧みたいで、d0017084_9574730.jpg今のところ虫歯は無いようです。
 この間、口腔外科に行ってきました。7月に、舌の裏にできたできものをとってもらったばかりなのに、地震でしばらく舌の裏等見る余裕も無いうちに、又白っぽい部分が出現していました。結果は、まだ白いだけなので、経過観察でした。
 ドクターA.ゆういちろう、相変わらずのカッコ良さ。その日は、伸縮性のある紺のスクラブ❓、姿でした。何としても正体をつかみたくて探しましたよ。これです(ネットから)。以下、Aがd0017084_9584953.jpg言ってくれたことです。
 ニャンコ座町でしたね。地震大変だったでしょう。そちらの患者さんが気になっていました。いつもなぜか、厚真・安平・鵡川ばかりで、ほとんど報道されませんからね。被害に遭えば、そのストレスが、口の中にもいろいろな変化を起こします。でも大丈夫ですよ。
 いや~、医者として、最高の対応ではないですか。ますますファンになりましたが、できれば、行かないで済むようになりたいです。
 パーキンソン病院は、結局また同じでした。ジュンセンセは、私の顔を見たとたん、同じ訴えをするだろうと察したようで、ニコニコとちょっと困った顔をしました。診察上は、筋肉のこわばりは、むしろ今までで1番良いようです。なぜ私自身が、こんなに苦痛を感じてしまうのか、自分でも困っています。地震から時間が経ち、歌えるようにはなってきました。d0017084_1004521.jpg寝られないのは相変わらずです。看護師さんがとても優しくて、診察室を出た所で必ず声をかけてくれます。
 脚があまりにだるくて、筋肉も落ちて心もとないので、試しに、ランニングタイツを買ってみました。黒くてラインやロゴが入っているイメージでしたが、お値段が一緒だったので、思い切り花柄のにしてみました。それでヨガに行ったのですが、なかなかいい感じでした。場所によって圧が違うようで、ヘナヘナしていた脚がシャキッとします。昨日は家でも午後から履いてみましたが、だるさが軽かったです。良いようだったら、洗い替えにもう1枚買おうかと思います。安くは無いけどね。
 代車は結局、今朝キャリーカー(トラック)に乗って、やって来ました。ダイハツのシルバーのYRVです。「れ」なので、レンタカーかな。ほとんど乗らないと思いますけど、ちょっとの間よろしく。
by nyankai | 2018-11-24 09:57 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(2)
 子供の頃の11月23日は、心躍る日でした。1日遅れですが、誕生日プレゼントを買ってもらいに行く日でしたから。昨日はメッセージやプレゼントをありがとうございます。猫のもにゃか、かわいくて食べられにゃいよ~。ボディーソープ、d0017084_962197.jpgもったいにゃくて使えないよ~。
 良いお天気で、屋根の雪が落ちる音がやかましいです。おそらく、きれいに融けて無くなるでしょう。新聞に、ブラックフライデーのイオンの黒っぽいチラシが入っています。
 昨日はヨガの後、ようやく再開した「ありす・かふぇ」でランチしてきました。町内ではおそらく1番地震の被害が大きかった場所です。私と趣味が良く合ったバラ柄の小物も、繊細な食器などもたくさん壊れたし、調理設備もだめになったそうです。内壁のクロスに、大きい被害があったけれど、それは自分達で直したそうです。d0017084_97154.jpg偉い!枕元の懐中電灯もどこかに飛んで行って(それは私も同じ)、メガネも壊れて、大変な思いをしたようです。地震から2か月半、本当に良くがんばりました。再開おめでとうの気持ちを込めて、ちょっとだけプレゼントをしました。ありすに対する私のイメージ、ピンクのツリーです。
 ニャンコ座からすぐの隣の町では、一部損でも、罹災証明書無しで義援金が出ます。羨ましいです。報道すらされないニャンコ座町とは、ずいぶんと違います。町民懇談会では「胆振東部地震と誰が名付けたのか?」の声も上がったとか。
 シエンタの車検が今日いっぱいで切れます。廃車にするので、公道を走れるのも今日限りです。反対意見はたくさんあるだろうことは覚悟で、敷地内に置く予定なので、別にお別れしなきゃならないわけではないのですが。昨日はシャーベットグシャグシャの道にためらったのですが、木曜日レディースデイ半額洗車に行ってきました。少しでもきれいな状態で置いておきたいし、明日からはもう洗車に行くことはできないし、d0017084_973679.jpgプリズムコート洗車を奮発しました。
 父の遺言(なわけないけど)で、年賀状は木版画で作るべし。毎年その年の印象的なことを題材にしています。でも今年は、地震の事しか頭にありません。これは困ったものだと、過去の年賀状のファイルを見ると、2004年は買ったばかりのシエンタでした。当時住んでいた、古い狭い寒い教員住宅の前に、ピッカピカのシエンタが誇らしげに置かれています。自分で見ても、嬉しさが伝わってきます。そうか、この手があったか。中古だけれど、ポルテちゃんの年賀状にするのもありなんだ。
 ポルテちゃんの納車には、もう少しかかるので、今日夕方、それまでの代車が来ます。何が来るのか、来てのお楽しみです。間違っても、赤いレクサスではないことは確かです。
 お天気と道路状況のせいで、二転三転しましたが、歌会は3人で音とりをしました。
by nyankai | 2018-11-23 09:05 | 暮らし | Trackback | Comments(2)
 昨日の朝は突然の雪景色でしたが、病院に行った札幌は暖かく、雪はありませんでした。帰りのバスを降りると、マックスの駐車場に置いたシエンタは、フロントガラスがガチガチで、少ししないと発進できませんでした。
 日曜の新聞には、本の紹介が載ります。その中に「没イチ」小谷みどり著がありました。みどりさんは、働き盛りの夫を突然死で亡くし、配偶者を亡くした人たちによる「没イチ会」を結成したそうです。今読んでいる本と、次に読むだろう本は決まっているので、その次に読もうと思います。それにしても「没イチ」って、すばらしい呼び名です。「没イチ会」も、なかなか良い活動をしているそうです。
 そんなわけで、今日は没イチニャンカイの
d0017084_20434297.gif

です。d0017084_9162188.jpg東京のトラコさんも、11歳の誕生日おめでとう。私は63歳になってしまいましたよ。そうそう、古希にあつらえるスーツ積立貯金をしなくては。ようやく3万円です。
 ちょうど10年前は、いっちゃんが死んでしまった年でした。そのブログを読むと、一生懸命自分を鼓舞していて、読むと痛いです。没イチになってしまってから、11回目です。特に予定はありません。パーキンソンになってから、ブログで誕生祝受付をする気力もなく、d0017084_91758.jpg今現在いただいているのは、何通かのメッセージと、すでに京都でもらったプレゼントと、もう高いから買うのやめたのに律義に送ってくれる「ドクター・デビアス」カードと、愛する「祐様」カードです。十分です。ありがとうございます。でもさみしいから、今夜は歌会F7EE.gifにしてもらいました。
 私が小さい頃は、写真はとても貴重だったので、そんなにありません。でも親は程よく残してくれました。昨夜アルバムをめくってみると、小学2年生で、股関節の手術を受けた時(昭和38年)、退院も近い頃だと思うのですが、病院で撮った写真がありました。看護婦さんと、今村さんという患者さんとで写っていました。今村さんは、部屋が近い子供の患者を集めて、勉強を教えてくれていました。みんなに慕われていて、私も大好きでした。d0017084_9181686.jpg脚は悪かったのですが、元気に見えて、なぜ長期入院をしているのか理解できていませんでした。後でわかったのは、脊椎カリエスだったらしいです。数年後にがんを患い、亡くなったことを知りました。お父様からのそのお手紙に、「聖イグナチオゆういち」と書いてあったことを、不思議と今でも覚えています。きっとまだ若かったのだろうに。
 髪型が、今と同じです。我ながら、なかなかの美少女ぶりではありませんか。
 ハンズで、電気のいらない加湿器を見つけました。大きな容器が残っていたので、それ用に買ってみました。病院の結果などは、又改めて。
by nyankai | 2018-11-22 09:13 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
 ようやくあちこちで初雪の便りです。ニャンコ座もこうなっています。クリスマスツリーを買い替えたので、古いのはデッキに置きました。ここは根雪にはならないでしょう。d0017084_9191076.jpg今日はパーキンソン病院です。札幌へは、冬コート&冬靴ですね。
 体調は良くありません。左腕と左脚がかなりだるくて、痛い位冷たくなったり、動きにくかったりします。
 今日はまるで4月1日かと思うほどの事です。一切触れないでおこうと思っていたのですが、後になってつじつまが合わなくなっても困るのと、本人からも希望があったので書きます。私の心配事の半分位です。
d0017084_9205384.jpg 息子が立憲民主党の京都市議会議員選挙で、中京区予定候補になっています(京都府連の大会でお披露目・党本部からも公認済み)。定数5に対して8人、勝ち目は五分五分です。
 もう何を考えているんだか。もちろん昨日突然聞かされたわけではないですが、私は最初から反対でした。理由は情けないほど単純です。心配でたまりません。息子は発達障害で、普通(この普通と言う言い方は間違っています)当たり前にできるだろうことができません。それはもう、信じられないほどのレベルで。だから必ず、くだらない失敗をします。劇団とバイトでならば、笑って許してもらえた、もしくはただ叱られていれば良かったことが、d0017084_9231415.jpgそうではなくなり、間違いなく人間の本質ではないところでたたかれます。靴そろえていないとか、人と話中に携帯見たとか、後から来る人にドアを開けて待っていなかったとか。母親としてそれを見ていることが、かわいそうで忍びないからです。したがって応援はしません。母親の役目として、これからも反対し続けながら、見守ることしかできません。でも中京区に住んでいる人がいたら、息子の話を聞いてやってください。
 今、NHKが「発達障害ってなんだろう」のキャンペーンをはって、様々な番組で取り上げています。私も息子を理解したいのですが、道半ばです。
 息子は、演劇で今一思い通りの活躍ができないまま、バイトをし続ける人生に、いささかの疑問を持ち、何かを思い切りがんばりたいのです。時事風刺ネタをしている息子が、本気で社会に向き合おうとして導き出したのが、これなのでしょう。
 本日から笑いの内閣「そこまで言わんでモリエール」の東京公演で、今は東京に行っています。笑の内閣はもちろんやめないけれど、今公演の後は、しばらく演出・出演はしなくなりそうです。アゴラ劇場です。よろしくお願いします。こちらは応援します。
by nyankai | 2018-11-21 09:18 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)