<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

d0017084_1016506.gif

 もうすぐ、ある子ちゃんとシモン君が、ランタンつくりに来ます。ワ~イ。
053.gifHappy Wedding anniversary 36053.gif
 調べてみましたが、35回目が珊瑚婚式で、40回目がルビー婚式、その間は名前無しです。いっちゃん、どうして早く死んじゃったのさ。今、いっちゃんならどうするだろうという超難題にぶち当たっd0017084_9433159.jpgています。
 いっちゃんは、私が先に好きになったので、立場としては弱味があるはずなのですが、趣味が私、私が機嫌良くしていることが1番の幸せと言い切ってくれていました。生きているなら、きっと文句も愚痴も言うのでしょうが、死んで(10年前の2月)しまったので、一切の欠点は忘れました。私を守ってくれた、唯一無二の人です。
 とりわけ今で言う、イクメンだったわけではありません。私が仕事をやめたので、家の中の事は主に私がやって当然だと思っていました。細々としたことは私がやる、でも大事なことはいっちゃんが決断してくれる、それで良かったのです。無口だと認識している人も多いかと思いますがして、私とは良くしゃべりました。怖い先生として有名でしたが、私は叱られたことは1度もd0017084_9435622.jpgありません。
 共通の趣味があるのも良かったです。音楽は元々一緒、音楽で出会っているしね。旅行は初めはそんなでも無かったし、家にいるのが好きだったのですが、いっちゃんが色んな所に連れて行ってくれて、世界を広げてくれました。ニャンコ座を建てる肝心な時、私はたぶん母の認知症の事で少し鬱っぽくなって、フル稼働できないでいたのですが、その分心血注いでがんばってくれました。なのに、自分はトータルで1年くらいしか住めないで。
 全く別々の趣味も、ニコニコ尊重しあえました。機械に強くて、お酒は飲めない、運転大好き、空間認識能力抜群で、私の苦手分野をフルカバーしてくれました。どんな友達よりも、いっちゃんと行動するのが気楽で楽しくて頼もしくて、いつでも一緒だったから、死なれた時は、もう何もできない、どこへも行けない状態でした。
d0017084_9442694.jpg 私の母を大事にしてくれて、もちろん連れて行くと楽だったからではありますが、父との死別から10年経って、母は孫(息子の事)とたくさんのイベントや旅行に行けて、きっと幸せだったと思います。いっちゃんが死んだ時、お義母さんに、「こんなに看病してくれてありがとう」と言ってもらえて、本当に嬉しかったです。
 一つだけ文句がありました。旅行好きは良いけれど、アメニティーグッズを全部持ち帰るのはやめてほしかった。持ってきても良いけれど、自分で使い切ってほしかった。ただ今私、苦労しています。
[PR]
by nyankai | 2018-10-31 09:40 | 夫いっちゃん | Trackback | Comments(4)

 ネイルシールがあったので、貼ってみました。爪伸ばせないのでこんなですが。
 息子が京都に行って17年目、おかげさまでみんなの憧れ京都に、何度も行けていますが、パーキンソンにd0017084_9404993.jpgd0017084_9413882.jpgなってしまってからは、去年の2月に行ったきりです。歴史が好きだから、阪神を応援したいから、本当はどんな気持ちに突き動かされて行ったのだろう。楽しいことも、幸せも、辛いことも、絶望も、たくさんあっただろうし、これからもそうだろうけれど、京都は、息子にとって意味のある場所、京都でなければならないのだと思います。ダリの事が心配ですが、3日に行く予定ではあります。新作「そこまで言わんでモリエール」を観るためです。私はいつでも、息子の1番の理解者で応援団長でありたいd0017084_9423232.jpgからです。
 モリエールは、17世紀中期に活躍した、フランスの劇作家です。息子は時事ネタ社会風刺コメ―ディーをやっていますが、古典をやってみるべきだと助言を受けての新作です。古典の新作?モリエールの人生を大河ドラマにしたら、38話「ラシーヌの裏切り」の場面だそうです。ラシーヌは、こんな顔だったそうです。モリエールも、草葉の陰で笑ってくれる自信ありだそうです。どうか、ご来場ください。
 「ラシーヌ頌歌」という、この上もない美しい合唱曲があります。息子に聞いたら「ラシーヌなんてありふれた苗字だから、別人ちゃう?」という返事でしたが、そのラシーヌさんでした。モリエールは喜劇が得意で、ラシーヌは悲劇。モリエールに目をかけてもらっていたのに、裏切るんだそうです。
 ラシーヌ頌歌は、宗教曲です。大学で知りました。作曲はフォーレです。初めは、ラシーヌを讃えているのかと思いましたが、ラシーヌが神を讃える詩を書いて、フォーレが曲にしたってことです。d0017084_9434537.jpgとにかく美しいんです。裏切りという言葉が辛いほど。何度か歌いましたが、まだ日本語でしかやっていません。フランス語で歌ってみたいです。もう再来年までスケジュールが決まっているので、しばらく無理そうですが、ファーチレ、よろしくお願いします。農オケにも千歳フィルにも頼んでおこう。d0017084_9441771.jpgキーラーキーラー コンブレ~。
 物置の片づけで、大決心をしました。父と母のレコードの処分です。母はピアノも少し弾いたし、女学校では合唱部でした。父はリズム音痴でしたが、聴くのは好きでした。だからかなりのレコードが残されました。私はもう聴かないし、レコード館も寄贈は停止しているので、捨てる決心をしました。ジャケット(ハードケースで本付の全集もある)・インナージャケットから取り出して、分別。100枚以上あります。金額は考えないことにしましょう。さようなら、LPレコード。
 ついでに出てきたのが「LIVE UNDER THE SKY’84」の袋。84ってことは、息子を産んでから行ったんだ、私。中に、マッチと携帯灰皿が。時代を感じます。ブラック・ウルフと、ハービー・ハンコックと、ギル・エヴァンズと、ジャコ・パストリアスと書いてあります。何だか、泣けるぜ。
[PR]
by nyankai | 2018-10-30 09:32 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)

 強風です。早朝は猛烈な雨も降っていました。ダリは雀の涙ほどしか食べてはくれませんが、そばに来てゴロゴロと甘えてくれます。京都行き、d0017084_9554337.jpgd0017084_9561587.jpg迷う。
 この間紹介したジャンパースカートですが、大人のサーキュラースカートだったのですから、まだ生地が大量に余っているので、マーガレットを作りました。息子が小さい頃のママ友に、とても洋裁の上手い人がいて、上の美人の女の子に、不思議な物を作ってやっていました。それがマーガレットでした。
 子供用マーガレットの寸法の見当がつかないので、ネットで調べましたが、なかなかすっきり出てこないで、とあるサイトは型紙が有料だったので、たぶんこんなもんであろうと、適当に作りました。ニット生地なので、スカートと同じくジグザグで始末して、何となくさみしいので、スカートのポケットに合わせて、紺色の糸で、象を刺しゅうしました。どちらでも着られるように、左右で上下を反対にしました。袖口は少し絞った方が良いかなぁと思い、ゴムを通しました。これでスーツになりました。
 マーガレットと言えば、花ですよね。それよりも、私にとっては、なつかしい週刊少女漫画雑誌かなぁ。少女フレンドより、マーガレット派でした。わたなべまさこ・池田理代子・一条ゆかり・西谷祥子・水野英子等が好きでした。小学校高学年から中学位までは、良く買ってもらったかもしれません。なのに高校辺りから、バタッと漫画を読まなくなりました。又、英語圏の女性名で、「真珠」を意味するんですって。d0017084_9592827.jpgへ~。
 手に入れたハロウィンカボチャは、なんちゃって孫たちと一緒に、ジャック・オー・ランタンにしたかったのですが、どうもその時間が取りにくそうだったので、ナナ&ハッチ~はお持ち帰り。その中1個が傷んでいたので自分用にして、早くそこを取り除いた方が良いだろうと先に作りました。傷んだ部分はかなりの面積だったのでd0017084_958068.jpg、丸ごと取り除くには、デザインの工夫が必要でした。ネットで色々な顔を調べて、これだと言うのを見つけました。こういう顔です。シモン君は明後日来てくれる予定です。
 大きいカボチャは、やはり水分が多くて、何年か前に、ハロウィン当日を迎える前に、水が出て潰れてしまったことがありました。それは困るので、ドライヤーで乾かしながら作りました。
花屋さんで買ったプッチーニには、マジックで顔を描いていたのですが、ナイフを突き立ててみると、サクッと刺さったので、こちらもミニランタンにしました。細かい作業は大好き、お手のものです。ハロウィンが終わったら、レンチンして食べましょうか。
 思うだけですが、都会のハロウィン仮装イベントに参加してみたいです。ずいぶん前にこんな物も作ったなぁ。ナナさんのカボチャスカート。
[PR]
by nyankai | 2018-10-29 09:54 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(4)

老衰 (10/28)

 爆弾低気圧の中、運転を頼んで、ダリの病院に行ってきました。このままでは京都に行けないので。ダリの様子は、木曜日から飲まない食べない、吐き気があるでした。私のそばに来て「かまってよ」とちょっかいを出して来たり、チーズや鰹節を出すと、欲しがりますが、食べさせるわけにもいかないし。d0017084_9376.jpg吹き抜けの2階の高い所を歩いてみたり、決してぐったりしているわけではありませんでしたが、食べない飲まないのは、基本的にダメです。何も吐くものが無くても、オエッオエッとやっているのは見るに忍びないのです。
 検査の結果はやはり同じで、特に病気と言うほどの事ではなく、はっきりと「老衰」による腎不全でした。老衰・・・痩せてはいますが、相変わらず好奇心旺盛、真ん丸な目のダリを見ていると、不思議な気がします。
 吐き気止めの注射と、カリウムがダダ洩れ状態なので、脱水の補液にカリウムを入れ、d0017084_94127.jpgフォルテコール(ビーフ風味とバニラ風味のフレーバーがあり、猫の慢性腎不全における尿蛋白漏出抑制の治療に使われる。ダリのは甘い香りがします)はそのまま継続、になりました。
 老衰かぁ。ダリは2000年に、庭に現れました。まだやや子猫に見えました。長毛で得体が知れないので、息子が「おまえはだりだ?」と話しかけたのが、名前の由来です。サルバトーレ・ダリではありません。家の中でぬくぬくと暮らしているネギがうらやましかったのか、ベランダのガラスの向こう側に、べったりとはりついていました。ある日、私がベランダの戸にカーテンを挟み込んで閉めていたのでしょう。ネギが一生懸命戸を開けてやったのか、ダリが中に入って、うずくまっていました。ネギとダリの意思が通じて、ダリを保護することにしました。
 見るとおなかが膨らんでいました。これd0017084_94449.jpgはまずいと思い、かわいそうでしたが、おなかの子を処分して、不妊手術をしました。幸い病気も持っておらず、それからの年月を一緒に暮らしています。だから推定19歳、人間に換算すると92歳になります。立派な老衰でしょう。
 3ニャンでいた頃は、あたしは人間には媚びないとばかり、♀猫らしいツンデレでしたが、1匹になってしまってからは、良く甘えて、来客サービスもするようになりました。おてんばで、何度か脱走もしたし、(人間サイドから言うと)いたずらもしたし、閉じ込められもしたし、高い所から落ちたり、何かとお騒がせ猫でしたが、今は随分とお行儀良くなってしまいました。京都の間、薬は飲ませてもらえる段取りですが、今朝もカリカリは全く減っていませんでした。行けるかな。
 ハロウィンかぼちゃF3C2.gifが、手に入りました。今年は冷夏で不作だそうです。
[PR]
by nyankai | 2018-10-28 09:02 | | Trackback | Comments(3)

 昨日は、北海道新聞の記者が、ニャンコ座に取材に来ました。体験談募集に、たまっていたものを吐き出したくて、一気に書いてしまった4,380(原稿用紙5枚半ですねぇ)文字。1か月後の「その時、私は」のページに、1部を紹介してもらえました。それだけでもありがたかったのに、又特集を組むので、直接話に来たいと言ってもらえたのです。
d0017084_8541326.jpg それ以前に投稿している人は、(もちろん人口比からそうなってしまうのはわかるけれど)、厚真・安平・鵡川の人がいないことが不満でした。当事者は、投稿できる余裕などなかったのです。東胆振の3町がいつも取り上げられるけれど、私の所もひどかったのよ~という不満。様々な地震の記事が、ブラックアウトや断水や品物不足や経済へのダメージとかに比重が傾き、私みたいに揺れそのものの恐怖を引きずったままになっている者が、置いてきぼりを食っている不満等々。私が書かないで誰が書いてくれるの?そんな気分でした。インタビューを受ける当事者の方たちは、いつも穏やかな表情で、しっかりと受け答えをします。私はできないと思いました。だから書くと。
 記者さんは、地震の恐怖をわかりやすく細かく描写したとほめてくれました。書き魔ですから。まだ地震から2週間後で、余震の度に息苦しさを感じ、どこもかしこも片付いておらず、安らげる場所が無い状態でした。記者さんにとっては、被害を受けたd0017084_8544627.jpgイメージが湧かない程度には、片付いています。今は笑顔で元気に話せます。だから、証拠写真を見せて、書いてあることも、それ以降に分かったこと感じたことなども聞いてもらいました。後でわかったのですが、震源近くに住んでいて、大被害に遭った友人も、強い夜の余震には叫び声をあげるそうです。熱心に聞いてもらえて、地震から2か月あたりに特集を組む中に、使ってもらえるそうです。
 まだ片が付いてはいませんが、とりあえず記録します。ニャンコ座町は、全壊2棟、半壊48棟、一部損壊(ニャンコ座も含まれます)340棟。農業被害、河川被害、道路被害、商工被害、社会教育施設被害で、被害総額は25億4701万円だそうです。寄せられた義援金は2190万円、災害見舞寄付金がd0017084_8551228.jpg331万円だそうです。
 ニャンコ座の被害総額は不明ですが、失った物への寂しさは感じるにせよ、不便な生活はしていません。防災グッズや食べ物などを送ってくれた方たちには、心から感謝します。教職員共済からは、見舞金1万円が出ました。互助会は、避難勧告を受けて2日以上避難した場合と、住宅が半壊以上の被害を受けた場合なので、対象外です。幸いであると思わなくては。
 外の様子を書いたことがありませんでした。大阪の地震でありましたね。ブロック塀は簡単に倒れます。私が手抜き工事で作った塀など、ひとたまりもありませんでした。
 ダリが又、食べてくれません。病院に行った方が良いかなぁと思っています。
[PR]
by nyankai | 2018-10-27 08:53 | 9.6大地震 | Trackback | Comments(5)

 いやもう、ドラフトは痛快でした。やった、吉田君1本釣りです。直後の会見で「嬉しいです」って言ってたもの、ようこそ日ハムへ。栗山さんもニコニコで、さっそく今日秋田へ行くようですね。イケメンは持って生まれた才能です。これで又、キャンプから華やぐってものです。久しぶりに、血沸き肉踊りました。d0017084_9181644.jpg息子によると、1位吉田、2位野村、3位生田目、4位万浪、5位柿木というハムのミーハードラフトぶりがすごい、らしいです。
 ちょっと前に、なぜかわからないけれど、「シニア・ナビ」という広告が入ってきました。不調な心と体に、何となく優しい。ちょっと調べてみると「シニア・ナビは、今年で開設19周年を迎えた“アクティブシニアの生き方探し、友達作りを応援”するコミュニティサイトです。毎月1万人以上のアクティブシニアが集まり、趣味の発表やブログの公開、サークル活動など活発な交流が行われています。」と書いてありd0017084_9185310.jpgました。
 自分がシニアとは言いたくありませんが、そうであることは動かしがたい事実です。ツイッターとかフェイスブックとか、テンポが速くて細切れなサイトは便利ですが、正直相性が合いません。FBは、徹底的に見るだけです。だからこの「シニア」に惹かれたのかもしれません。登録だけしてみようかな。別に生き方探しを求めてなどいないけれど。
 たとえばミニ・メール。絵文字も無いし、写真も貼れない、そんな不便なところが良い。気になった人をのぞきに行ったとして、足跡を残すをクリックしなければ、残らない。お気に入りにしても、相手にはわからない。それを気持ち悪いととらえる人もいるかもしれませんが、私はd0017084_919381.jpg気楽です。
 そしてブログ、シニア・ナビブログでも良いし、外部ブログでも同じ待遇です。やっぱり暇な人が多いのか、みんな書くこと書くこと。更新しても、少しすると新着から外れています。愉快愉快。ランキング制度があります。いったい何本のブログが登録されているのかが不明ですが、ただ今のニャンコ座リポートの順位は、全体で108位、エントリーしているカテゴリ別には、「縫物」が6位、「ペット」が13位、「ガーデニング」が12位、「コーラス」が8位ですってよ。基準がさっぱりわかりませんが、合唱8位は不本意です。歌う意欲が戻ってきていないせいでしょうか・・・な訳ない。これはぜひ、1位を目指したいものです。
 去年一昨年は、体調の悪さや、お値段の高さにめげて作らなかった、How much? いいえ、イクラの醤油漬け、今年は作りました。錆びてしまったイクラ網も新調しました。1晩寝かせて、今朝いただきました。私は少し食べれば良い、後は冷凍して、息子やらにやります。
 昨日夕方、揺れました。ダリの食欲が又、落ちています。心配。
[PR]
by nyankai | 2018-10-26 09:17 | 社会 | Trackback | Comments(3)

 安田さん、良かったですね。帰って一服したら、あなたが見聞き体験したことを、聞かせてください。
 昨日は昼前まで、けっこうな雨でした。札幌にどの靴を履いていこうか、折り畳み傘ではまずいだろうかなどと苦慮していたら、家を少し出る前に上がりました。何と普段の行いがd0017084_10183925.jpg良いのでしょう。
 昨日の病院はやや空いていて、杖の方、車いすの方、手押し車の方などが、穏やかな表情で来院していて、おかげさまで私など全然大したことないのを知れ、とは思いました。ジュンセンセは相変わらず、整った優しい笑顔で迎えてくれました。「はい、調子良いです」と答えられないのが、残念です。自分でもわかっているのです。筋肉の硬さ自体が悪化したのではありません。でもとにかく、だるくて、疲労感が半端なくて、眠れなくて辛いのです。
 ごちゃコンの頃までは、強いだるさがありました。でも何となく、7月&8月は軽くなったように思っていました。8月の後半は、d0017084_10191886.jpgメラトニン受容体作動薬だけでいけそうな感触もありました。それが地震でぶち壊しになったのです。ちょっと心配事もありますし。犯人は、むしろこっちか。
 診察の結果は、やはり特に悪化しているわけではありませんでした。パーキンソンの薬は、合っている、効いていると判断されました。自分でもそう思います。睡眠に関しては、昼間眠気を感じたら、寝られる状況ならば、昼寝をしてみる。一般論だけれど、体調や気力があれば、運動を心がける、でした。安静にしていてはいけないのです。
 一応禁止されている車の運転は、今の状態では本当にしんどくて、町の中の用足し以外は、乗せてもらうことが多いです。好意に甘えています。地震の時は、たくさんの人が間接・直接に手を差し伸べてくれました。感謝してもしてもしきれません。でも私は何もお返しすることができません。d0017084_1020869.jpgえ~、わかっていますよ。誰もお返しなど求めてなどいないことは。
 私の60代は、こんなはずではなかった。人は人のために生きると思ってきました。自分のためだけに生きるなら、甲斐が無いと。役に立つなどと、うぬぼれているのではないです。でも自分が何かをする、誰かが喜んでくれる、目の前の人ならとてもやりがいを感じるし、どこかの知らない人でも良い、そういう実感が欲しいと思ってきました。なのにこの頃は、「迷惑かけるだけの私」思考に陥ることがあります。こんな風に言ったら、ヘラヘラ笑いながら発言は撤回しなかった、例の生産性議員と同じになってしまいそうで、とんでもないことですが。
 そんなことは無いよ、などと慰めてくれる必要はありません。今私が欲しいのは、実感と自信かな。
 昨夜はまっすぐ歩けないほど疲れてボ~ッとしていたので、そのまま寝られると思ったのに、布団に入っても全然眠くならない。用意しておいた薬を飲んだらすぐに眠りましたが、4時間ほどで、「おはよう」でした。
 エフピー錠に、ジェネリックのセレギリンが出て、1,000円ちょっと安くなりましたF7C3.gif
[PR]
by nyankai | 2018-10-25 10:14 | パーキンソン | Trackback | Comments(2)

 病気、少し悪くなっちゃったか、両腕がだるいです。でも、地震のストレスによる一過性のものだと思いたいです。今日はパーキンソンd0017084_9142913.jpg病院です。
 地震のおかげなんて、決してありえませんが、物に対する考えが変化し、グズグズと処分を保留していた物を、何とかしてみようかと言う気になっています。でも、体がついていかない状態です。ノロノロとやっています。
 ぐちゃぐちゃになった物置には、いっちゃんの蔵書(の半分くらい)やプロレスと旅の本や資料、仕事の記録、引き取った母の物、母がえりすぐって残した父の物、同じく私の子供時代の物、高校までの息子の本、頼まれたわけでもないのに残してある息子の物などが、どっさり入っています。幾度かは捨てて、減ってきてはいたのですが、これを機に一気に減らしたいと思いました。減れば、家の中にあるまだ捨てる決心がつかない物を、物置にd0017084_915414.jpg移せるもね。
 母は一時、子供にピアノを教えていたので、その未使用の教材(楽譜や音楽ノート)がけっこう残っていました。趣味でやっていた大正琴の楽譜もありました。いっちゃんは写真を撮るのが大好きで、たくさんの息子の写真を母にあげました。母はいつも喜んで、丁寧にアルバムに保存していました。当然同じ写真が家にもあります。それらを一気に処分。
 その中に、古ぼけた和紙で装丁された厚い本がありました。写真集でした。「北海道廳立小樽工業學校 卒業記念寫眞帳」と書いてあります。廳は庁、學は学、寫眞は写真です。要するに、父の卒業記念アルバムでした。小樽工業學校とはたぶん旧制中学で、後に北海道小樽千秋高等学校→北海道小樽工業高等学校、そして今年北海道小樽未来創造高等学校になった所でしょう。
 父は昭和2年の早生まれですから、入学は14年春、卒業は20年3月と思われます。d0017084_915555.jpg戦争のまっただ中、モノクロではありますが、こんなにりっぱな卒業アルバムが作られていたことに驚きました。残念ながら、最後の数ページが取れていて、探しましたが見つからず、誰がどんな風に編集したのかがわからないのですが、手描きのカットがあったり、レイアウトが工夫されてあったり、今のものと基本は変わりはありません。和紙だからこそ、73年を経過してもしっかりしているのだと思います。
 父が何科だったのかもわからず、ひたすらページをめくりました。機械科に父の名を見つけました。同じ写真に写っている生徒の名前の横に赤ペンで、「印刷工場」「三井砂川」「帯広自動車…(読めない)」「自営業」等と書き込まれていて、父本人は、「東京芝浦電気株式会社」の川崎工場に就職したと聞きました。目が悪くて特攻隊になれず、電波探知機を作っていた、工場が空襲を受け、布団かぶって逃げた、仕方なく北海道に帰ってきた。私が聞いていたのはそれだけでした。
 今回片づけをしなかったら、私は一生その存在に気付かなかったかもしれません。
[PR]
by nyankai | 2018-10-24 09:13 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(3)

 元々睡眠障害だったのが、パーキンソンを発症して悪化して、睡眠導入剤が合わなくなり、安定剤を飲み続けることが気になり、睡眠サプリとメラトニン受容体作動薬で何とか行けそうな感触がつかめかけていたところに、地震が来ました。あれ以来又強烈な不眠症です。睡眠不足は、パーキンソンに非常に良くないのです。薬が無いと寝られなくて、具合悪いったらありゃしない。昨夜は潔く飲みました。すぐに寝付いたけれど、せいぜい5時間ってところ。
d0017084_22564213.gif

 何も起こらなかったら、9月6日は台風21号の報告を書くつもりでした。そのための写真は用意してありました。何をどう書こうとしていたのか、今はもう思い出せないのですが、d0017084_858325.jpgあちこちに被害をもたらして、この辺りもけっこうな風が吹き荒れたのと、雷が鳴っていたのは覚えています。
 まず息子が、札幌で開かれる演劇祭に参加するために、関空災害で、交通手段の変更を迫られました。急きょフェリーに振り替えて、苫小牧に向かっていました。
d0017084_859030.jpg 写真を見てみると、ニャンコ座の被害は、大きいところでは、ベンチブランコが倒れ(倒れるまでは想定できていた)、手前の柵も倒壊した。花壇にある、石のプレートを乗せた金属のトレリス(みたいな物)が倒れた。バラの後ろの木製トレリスが、取り付けていたデッキの腐食部分ごとはがれた。知人が流木で作ってくれたd0017084_8593571.jpg不思議な建造物の1部が壊れた(これは翌日の地震で、完膚なきまでに崩れ落ちました)、この4点です。驚いたのは、ウドが一夜にしてほとんど葉っぱが落ちてしまったこと。その前にあった、まだ何本かいけると楽しみにしていたキュウリが、ちぎれてダメになってしまったことは、残念でした。d0017084_91199.jpg心配だった「クレマチス・アトゥムナーレ」の棚がびくともしていなかったので、ホッとしたのも覚えています。吹き荒れた潮風で窓ガラスが汚れたのでと、お隣さんが水洗いをしているのを見て「偉い!」と思いましたっけ。
 思い出しました。なんちゃって孫たちの所は夜中に停電し、停電すると断水するシステムみたいで、朝のトイレと冷蔵庫が大変だったようです。5日午後に復旧しました。が、12時間後に再び、地震で断水したのです。
 デイサービスの下見は、予定通り行ってきました。思ったよりずっと広い場所で、エレピにアンプをつないでみようかと、5日のうちに準備しました。30分と聞いていたのが、行ってみたら45分と言われ、ラインで相談して、「明日があるさ」を追加。1週間後を楽しみにしていました。来月14日にやる予定です。
 ダリは小食ですが、落ち着いています。このままだったら京都へ行けるかな。
[PR]
by nyankai | 2018-10-23 08:57 | 自然 | Trackback | Comments(2)

 少し前に、小さいですが余震がありました。相変わらず寝れません。フワフワするし、夜になると脚と腕がだるくて、けっこう辛いです。今日も鼻歌歌いたいほど良いd0017084_9373676.jpgお天気なのに。
 ミヨナオちゃん、ちょっと不調でした。あの地震を生き延びて、何事も無かったかのように元気だったのですが、先月下旬から、ドキュメントがワードに対して応答しないという、怪現象が起こっていました。とりあえずワードはデスクトップに保存して、私がやることの範囲では困ることは無かったのですが、新品ですし、そんな妥協するのは良くないと思ったので、又Kさんにご足労願いました。
 あれこれ調べてやってくれたのですがだめで、頼りになるサポートに電話して、トラブルが起こったと思われる前の状態に戻す作業をやってみたのですが、それが丸1日かかってクルクル回りっぱなしで、寝不足になりました。それでも直らず、初期化することになりました。データのバックアップをとって、サポートと話しながら、初めにデータを失わない設定で…あ~、用語がわからない…元の状態に戻すことをやってみました。上手くいきました。Kさん、ありがとうございます。もう足を向けては寝られません。もう少し、引き続き、d0017084_9381153.jpg永遠にお世話になります。
 データは残っていますが、すべてログアウトになったし、苦労して並べ替えたお気に入りの順番が戻ってしまったし、使いやすいようにしたスタートメニューのタイルやタスクバーもやり直しでした。えらく疲れました。私の技量を超えた作業でした。
 がんばりついでに、「ゴミ箱を空にする」時の音がしなくて寂しかったのを、自力で出せました。どえらいことをやり遂げたようで、いや~も~、達成感。
 そこそこ前から、トイレのリモコンの電池マークが、赤点滅しています。電池の残量が低いと警告しているのです。単3が2本。電池が切れた瞬間に重大なことが起こる訳ではないので、切れたら取り替えようと、すぐ側に用意してあります。その折にはまず、d0017084_9391142.jpgデジカメで使えなくなった中古から、試してみようと思います。我ながらシブチンだと思いますが、カメラでダメになった電池でも、時計ならしばらく動かせますから。
 先週、念願かなって、ダイソンのコードレスクリーナーを買いました。春にコードありを買ったのですが、吸い込み方に大満足したものの、小回りの点で後悔しました。最新のV10 ではなくてV6ですが、パワーそのものに差は無くて、バッテリーの持ちが短いだけとの事だったので、大掃除の時はコードありを使えば良いと割り切りました。短時間でも、まめに掃除する方が良いものね。A子さんは、ダイソンはごみが見えるから嫌なんですって。そういう感性もあるのですね。
 暖房による乾燥の季節です。自然加湿をしたくて、宮地楽器のルームミストを使っていたのですが、去年生産中止の連絡が来て、ピアノの中と枕元の分だけ備蓄しておきました。後2か所くらいほしいので、別をあたるしかないか。
[PR]
by nyankai | 2018-10-22 09:35 | テレビ パソコン&携帯 | Trackback | Comments(2)