<   2018年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 劇団四季の全国公演「SONG&DANCE65」に行ってきました。ミュージカルオタクは「ソンダン」と呼んでいるらしいです。私もそうしましょ。1999年に、創立45周年を記念して始められた、ミュージカルの良いとこ取りをした作品です。家にはすでに6種類のプログラムがありますから、おそらく北海道で観られる全部に行ったものとd0017084_985681.jpg思われます。
 今回は、行ける範囲は、札幌・旭川・岩見沢でした。行きやすさから言うと岩見沢(2日&3日)だったのですが、2月のチケット発売時点で、週末は練習が入ってくる可能性があるので、避けました。大正解でした。2日ファーチレで、3日歌会です。
 改めて、劇団四季は私よりも年上だったなんて、そして食える劇団で、なのに食えない演劇をやっている息子にそのきっかけを与えてしまったのが「CATS」だもんなぁ。四季を観始めてしばらくは、俳優さん達の顔と名前が一致していましたが、今はほとんどわかりません。変な意味じゃなく、それはどうでも良いような感じです。
 今回のソンダンは、知っている曲が多くて、より楽しめました。相変わらず、歌詞とセリフ回し(と言っても、ごあいさつ的なもの)は、四季らしくねっとりしていましたが、歌唱力が上がっているのはまちがいありません。プロのように出来る訳はありませんが、こうすれば良いんだ等と思うと、ごちゃコンのスイッチがようやく入った気がしました。えF65B.gifじゃ今までスイッチ入っていなかったのF65B.gif、になりますが、どうやら体調不良のせいか、変な慣れが出てきたのか、多少の遠慮があったのか、全力ではなかったのかもしれないです。
 ダンスは、それはもう、同じ人間なのにどうしてこんなことができるのだろうと、フラメンコもタンゴも、そのかっこよさに圧倒されました。この人達、d0017084_9955100.jpgどんだけ練習するのでしょう。
 「エビータ」「CATS」「オペラ座の怪人」、私にとって、四季・ミュージカル=ロイドウェバーでした。だから、この3作品からたくさん選曲されているのは、嬉しい限りでした。でもファントムはやっぱり、祐様以外には考えられません。
 ラストの「サークル・オブ・ライフ」は、もうちょっとで涙腺決壊しそうでした。そうか、「CATS」と「ライオンキング」は、いつもの特殊メイクではないので、雰囲気が違うのね。私、やっぱり心底ミュージカル好き。もしも、健康な体に生まれ変わったら、ミュージカルスターになることにしますF485.gif
 アンコールの曲は、とても感動的な、どこかで聞いたことのある曲でした。何だっけ・・・ず~っと気になって、そのままでは寝られない気がして、真夜中に調べまくった所、「ヴォルツオブヘブン」(ホイッスルダウンザ ウインド)でした。 ロイドウェバーの誕生日記念コンサートのビデオに入っている曲だ。安心して、ベッドに入ることができました。でもけっこうな雨が降ったりして、熟睡はできず、寝不足です。
[PR]
by nyankai | 2018-05-31 09:04 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(2)

 笑美ちゃんのおかげで、ダリの食欲復活と書いたばかりなのに、今朝早く吐いていました。でも水の様な物を少し、その後の様子も変わり無いので、d0017084_9143440.jpg大丈夫でしょう。
 ニャンコ座のテレビは、6月を中心に、映りが悪くなります。今年は一昨日から、NHKが入りにくいです。「このチャンネルはただ今放送されていません」っと表示されます。けんもほろろF46C.gifでしょ。Eテレは今のところ問題無いんです。地上波の電波は、防風林の方向から飛んでくるので、葉が茂ってくるこの季節なのでしょう。例年ですと、すっかり夏になるとなぜか直ります。雨風で、葉っぱが収まる所にd0017084_915231.jpg収まるのでしょうか。
 笑美ちゃんが、手が黄色くなるほどひたすら遊んだタンポポは、すっかり綿毛になって、飛んで行ってしまいました。タンポポは嫌いじゃありませんが、ガーデニングの大敵です。それが孫を喜ばせたのですから、良しとしましょう。
 同じような存在ですが、Yちゃんが「わ~、ツクシがいっぱい、かわいい~」ととても嬉しそうでした。そうかい、いくらでも持ってけF3F1.gifの気分でした。ツクシは絵的にかわいいのは同感ですが、スギナの横暴ぶりには、ほとほと手を焼きます。年々パワーアップしています。ミネラル豊富なスギナ茶は体に良いそうですが、あえてお茶にする気d0017084_9162423.jpgは起きません。
 私を悩ませる雑草の頂点に輝くのは、芝桜をほぼ全滅させてしまった、にっくき「ヒメスイバ」(別名すっかんこ:イタドリはすかんぽ、カタバミという説もある)です。かじると酸っぱい味がします。根っこが繋がっていて、どんどん増えます。Yちゃんが、「し~と~みたいや」と言いました。でもこれは未確認情報です。いくら調べても、ヒメスイバとし~と~が同じ植物であることに、ヒットしません。し~と~自体が、出てきません。
 ニャンコ座には、いただき物ですが、何種類かの山野草があります。中でも自慢なのは、野性の蘭の一種の「クマガイソウ」です。膨らんだ形の唇弁を昔の武士が背中に背負った母衣に見立て、d0017084_9174188.jpg源平合戦の熊谷直実に見立てたそうで、赤いのは「アツモリソウ」です。半日陰を好むそうなので、もみの木の下に植えています。最初2株もらったのが7株に増えて、今年は3輪花を付けています。昨夜の巨人との交流線に、ハムは勝ちましたF7C3.gifが、「熱盛」はつきませんでした。
 もみの木と言えば、新芽の帽子(私はそう呼んでいる)がかわいくって、好きです。もう少ししたら、この帽子は自然に脱げて無くなりますが、ついつい脱がしてしまいます。
 まだ体がクタクタです。草取りは控えた方が良いかもですが、今日は夜、劇団四季の「ソング&ダンス」に行きます。交通手段は、行きはペガサス号で、帰りはアッシー君です。
[PR]
by nyankai | 2018-05-30 09:12 | ハルとナツ | Trackback | Comments(2)

 5月も終わろうとしているのに、朝晩はけっこう寒いです。暖房入れています。笑美ちゃん(あざ名です)騒動にまつわる、大したことではないけれど、笑顔になれる良い話を拾い集めてみました。
 この所老いが目立ち、食も細くなってきているダリですが、立派な子守猫さんの役割を果たしてくれました。笑美ちゃんに会わせたとたん、笑顔がはじけ、猫なで声を出しました。「なでなで」と教えてやると、本人はなでているつもり、でもd0017084_9504019.jpg実際はポンポンだったりムギュッだったり。ダリは本当は多少迷惑だったのかもしれませんが、怒ることも無く、おとなしくしていてくれました。泣いている時も、ダリを連れて来たとたんに泣きやんで、ポンポンしたことも幾度かありました。そのダリ、息子たち滞在の中盤から、細くなっていた食欲が、少し持ち直してきました。笑美ちゃんのエネルギーが伝わったのかもしれませんね。ダリ、しっかり食べてね。
 笑美ちゃんの本名(秘密です、キラキラネームではありません)には、無声音が入っています。私が呼ぶ時には、少なくとも無声音を使います。ところがママは、有声音で発音します。正確には関西人ではないですが、まあ関西に近いので、そうなるのでしょう。息子は、ケースバイケースに聞こえました。おっ、息子の名前にも無声音が入っているね。Yちゃんにその事を話すと、無声音の概念そのものが無いようでした。歌う時に、きびしく言われる無声音ですが、おもしろいものです。後半には、私にも有声音が伝染してきました。
 d0017084_9511167.jpg笑美ちゃんは、(バババカですが)そこそこ歌は好きそうに見えました。シモン君が貸してくれたおもちゃの1つが、ボタンを押すと童謡が流れる物でした。その1曲が「ポッポッポ はとポッッポ」(タイトルは「鳩」)だったのですが、首を振りながら一緒に「ポポポ」と歌っている・・・ように感じました。いる間、私の上手な歌を聴かせてやろうと張り切っていましたが、Yちゃんがたくさん歌ってやっているので、それほど出番はありませんでした。
 昨日は買物に出た足で、家具屋さんで開かれていた押絵の展示会に行ってきました。布で作られた干支の人形が、とってもかわいらしかったです。何もしないで休むと決めていたのに、無性に草取りがしたくなって、やってしまいました。夜は疲れ果てて、倒れていました。
[PR]
by nyankai | 2018-05-29 09:49 | | Trackback | Comments(2)

 マエストロ練習2日目は、ちょうど姉様の車に行きも帰りも乗せてもらえました。ありがとう。バス賃は助かったし、車中でおしゃべりできて、楽しかったです。それで、15分ばかり早く着いてしまったら、チョクちゃんがソリストのボイトレ中で、d0017084_91306.jpg一緒に聴かせてもらえました。
 ずいぶん長いこと合唱をやっていますが、この年になっても新たなことがわかるのは、とても感動的だし、そう言えば、何度も注意されているなぁというのもあります。その時はわかっても、人は我流に逃げてしまうものなのでしょう。時々指摘してもらわないとだめなのです。
 昨日の最高の名言は、「一晩でずい分上達したね、ライザップみたい」でした。一回りして歌が上手くなるのなら、良いなぁ。やっぱり結果にコミットしなくちゃね。ところで、コミットって何F65B.gif他に「天使の目覚まし時計」と「音楽は妄想以外の何ものでもない」に、d0017084_92856.jpg座布団さしあげます。
 一昨日よりは疲れがとれていたので、白羽の毒矢「スタバ」の「インフランマ~~~~~」は、ややましでした。というか、割と良い気分で歌えました。チョクちゃんがひたすら「開けること」と「下を意識すること」を言い続けてくれたのと、そのチョクちゃんが側で歌っている横顔や後ろ姿を見られたことが、大きいと思います。
 マエストロには「音が正確で良かった、ブラボーです」、チョクちゃんには「下を意識できていた」と、一応及第点がもらえました。褒められて伸びるタイプなので、素直に喜びましょう。でも疲れるととたんに、メリスマが転がらなくなるので、これからは練習と疲労のコントロール勝負です。ごちゃコンとダブルなので。喉が疲れています。歌うのはともかく、おしゃべりはなるべく控えた方が良いかもしれません。あらっ、次の練習は5日後ではd0017084_92378.jpgありませんかF65A.gif
 コンサート前日は、当日の集合時間を考えても、さすがに泊まった方が良さそうです。会場のサンプラザのホテルが1番楽なので調べましたが、三連休もあってか、高いしそもそも空室がほとんど無い。これは考えなくちゃ。
 息子達が来ていたことは、ほとんど忘れました。低い位置に飾っていた物を片付けたままになっているのが、強いて言えばその残骸ですが、これを機会に少しシンプルにするのも良いかと思います。でもふとした時に、ニャンコ座の景色の中に、笑美ちゃんの小さな体を置いてみたり、かわいい声を探してみたりしている自分に気づいては、軽いため息をついています。今日は何もしないで、ダラダラしよう。
[PR]
by nyankai | 2018-05-28 09:00 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)

脱水 (5/27)

 笑美ちゃん性疲労症候群は、昨日が7割、今朝は3割と言うことにしておきましょうか。昨夜は腕がかなりだるかったですが、とりあえず、心の切り替えはd0017084_973259.jpgできています。
 昨日と今日は、マエストロによる練習です。オケも付きます。
 ドメニコ=スカルラッティの「スタバト・マーテル」は、2回目ですが、今回は10声すべてのパートに、弦楽器が付いてくれるので、ずい分と安心です。Y子さんと私のソプⅡを一緒に奏でてくださるのは、Kさんです。ヨロシク。1~7は、前回よりずい分とゆっくりで、ブレスが大変です。セピア色の音色で、との指示がありました。
 「Stabat mater dolorosa iuxta Crucem lacrimosa,」(悲しみの母は立っていた 十字架の傍らに、涙にくれ)は、額面通りに受け止めてはいましたが、ここからの色の違う部分は、残酷で怖い話なので、ご注意を。手首・足首に釘を打たれ、磔にされると、血は吹き出すのではなく、ダラダラと滴り落ちる。3~4時間すると、失血で意識を失い、首がガクッと前へ倒れ、窒息死する。それを見ている母のことだと、いつも歌詞の意味や背景を教えてくれるメンバーの説明を聴いて、ショックでした。
 「バスがすべてを形作る、バスを良く聴くこと」「竜骨の様な入りをする(この場合竜骨は、重船舶の構造材ととるべきかな)」白羽の毒矢ソロは、2週間ほとんど練習しなかったのと、体がヘトヘトのままだったのとで、あまり良い出来ではありませんでしたが、今日はもっと上手くやりたいです。
 この時点で脱水でした。喉がカラッカラで息が上がっていました。水筒に持って行ったお茶だけでは足りず、自販機で、d0017084_9928.jpgフルーツパンチと言うのを買いました。甘味のある炭酸系が飲みたかったのです。今日は、クエン酸とアミノ酸の飲料をもって行くことにします。
 次の「目覚めよ」ですが、最近、バロックは速目に演奏されるのが流行りだそうですが、マエストロはそうしたくないそうです。「バロックはがまん」だそうで。ソプラノは、「羽毛布団の上でウトウトしているオケに、「起きなさいF3F1.gif」と言う、メッセンジャーだそうです。再びメンバーの解説によると、結婚の行列の先頭を行くのは12~13歳の乙女達で、結婚適齢期の彼女たちにとって、絶好の婚活の場だから、テンションも高いとのこと。この話、どこかで聞いたことある。
 最後は、「ミサ g-moll」です。「バッハは過酷」だそうですが、昨日時点では、マエストロが思っていたほどひどくはなかったようです。だって、12日に特訓してもらったものね。
 帰りのバスの中で、もう1度、メンバーの作ってくれた解説を読み返しました。本当は、1泊すれば楽なのですが、家の方がくつろげるのです。今日も、元気にファーチレに行きます。
[PR]
by nyankai | 2018-05-27 09:04 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

 昨日のお見送り&1人で帰宅は、良くできましたF6CB.gif、私です。相変わらず「ママ抱っこ抱っこ」のままでしたが、保安検査場で奇跡が起こりました。Yちゃんと息子がバッグだのスマホだのかごに入れている時(とても空いていて、誰も待っていなかった)、足元にいた笑美ちゃんは満面の笑みで、検査場の入り口に取り残された私に向かって、歩いてきたのです。小さいから、貼られたロープの下をくぐりぬけて私の両手をとって、そのまま後ろ向きで、私を歩かせてちょうだいと言わんばかりで。も~d0017084_8574719.jpg、最後の最後にやるわね、この子。お持ち帰りしたいほどでしたが・・・いえ、いりませんけど。私の日常と健康が崩壊するもね。
 昨日のブログへのコメント「私達のほとんどの部分は、自分では覚えていない出来事によって形作られて生きているのだと思います。」が、心に沁みました。笑美ちゃんの癇癪にめげて、でもその後の寝姿に、すっかり騙されて、又明日遊ぼうねぇと思ってしまうのです。自分の子育ての記憶の中には、癇癪起こされたことが抜けおちているのですが、無かった訳は無い。夜泣きされて、車に乗せて走ったのは覚えています。人はたいていの辛かったことは、忘れるのですね。でも、その人の中に糧となって残っているってことにしてd0017084_8582151.jpgおきましょう。
 ところで、乳幼児の寝姿って、カエルみたいなあのWMポーズって、いったい何歳くらいまでするのでしょう。これをされると、みんな許しちゃいます。股関節が柔らかいんですね。もう1つ、ぜひご紹介したい寝姿があります。お座りしたまま前に倒こんだ様なポーズです。ヨガの子供のポーズによく似ていますが、お尻はもっと上がっています。
 私が文句言ったし、Yちゃんも口添えしてくれただろうし、昨夜は珍しく息子から、家に着いた報告ラインがきました。帰宅直後らしい写真も付けて。笑美ちゃんは前から見ると小顔に見えるのですが、頭囲はむしろ大きいのだそうです。横顔の時や後ろ姿の写真を見ると、納得できます。京都は暑そうです。この写真は、いつ撮ったのかニャンコ座でのものです。
 私はと言うと、帰宅してちょっと片付けをして、なるべく息子達がいた痕跡を消して、とりあえず腰が苦しかったので、マッサージに行きました。事情(幾度も笑美ちゃんと階段上り下りをした)を話すと「良くがんばりました」言ってもらえました。「来て良し帰って良し」ですかF65B.gif今の所、寂しさよりもホッとしています。脚と腕は、思い出したようにだるいです。それ以上に家の中が寒いです。熱源がいなくなっちゃったので。何より、お風呂に浸かって目を閉じたら、笑美ちゃんの顔が浮かんで、笑い声・泣き声・猫なで声・階段登る気合声が聞こえて、止まらなくなりました。
 夜は歌会にシモン君が来てくれて、借りていたおもちゃを返すことができました。シモン君、ありがとうね。
[PR]
by nyankai | 2018-05-26 08:55 | | Trackback | Comments(2)

 もうすぐ息子達が帰ってしまいます。11時の飛行機です。これ、前の晩に書いています。書き魔の私が、ブログ書くのしんどいくらいの、2週間とちょっとでした。テレビも新聞も満足に見られず、完全に浮き世離れしていました。三世代同居は期間限定だからやれたのであって、そうじゃなかったらやれません。もっともずっとそうだったら、きっとこんなには疲れないのではd0017084_815098.jpgありましょうが。
 笑美ちゃんがいなかったら見せてはいなかった、息子とYちゃんの顔が見えて、新たな心配事ができました。私はもう息子に対してはなすべきことをした、隠居の身で良いと100%安心していたのですが、そうではないのかもしれないのです。直接何かをする訳ではないですが、本当に必要な時は、意見を持たなくてはならないかもしれません。
 笑美ちゃんはあまりに幼すぎて、1歳5ヶ月の時、タンポポでたくさん遊んだこと、馬に草をやったこと、幾度も階段登りをやったことをd0017084_8161616.jpg覚えていることはありません。でも、どこか頭の片隅で、生きる力の素になってになってくれるんじゃないかと、ばあちゃんは期待してしまうのです。
 同年代の子はシモン君しか知らないし、自分の子育てのことは、ほぼ忘れてしましましたが、笑美ちゃんは癇癪持ちだと思います。1日数回、火の点いた様に泣きわめくことがあります。ママ以外は手の付けようがありません。息子はどうだったんだろう。たぶん、ポヨ~ンとしていて、大泣きされたのは、数えるほどしかおぼえていません。覚えていないだけかも知れません。
 息子は障害があるとはわかってはいましたが、d0017084_816439.jpgパパ業はかなり難しそうです。Yちゃんと笑美ちゃんを愛しているのだから、ちゃんと治療やサポートを受け、努力してほしいと思います。
 Yちゃんは幸い、天から授かったママの才能がある様で、とっても楽しそうに一生懸命です。むしろその笑美ちゃん命のがんばりが、どうかYちゃんを、笑美ちゃんを、息子を追い詰めませんように。
 側にいて助けることができないのが歯がゆいですが、息子達が楽しく笑って暮らせますように、私はニャンコ座からいつも、気持ちを送り続けます。
 9時になったら、出発します。空港から1人で帰ってくるのは、とても寂しいでしょう。
[PR]
by nyankai | 2018-05-25 08:10 | | Trackback | Comments(3)

 本日の夕方をもって、息子達が来て2週間になります。最初2週間と聞いた時には、何考えてんだこいつら、と思いましたが、考えてみたら、この先2度と無いことだろうから、ありがたいことでした。おかげで私はフラフラd0017084_964920.jpgですが。
 Yちゃんが、どうせならば、バイト休めるギリギリの2週間滞在を提案してくれたそうです。そして、土日はファーチレのマエストロ練習なので、私が寂しさに浸っているゆとりも無いだろうと、明日帰るように日程を組んでくれたようです。
 この2週間、いったい何をしていたのかと言うと、外出はいっちゃんの両親に会わせるために岩見沢に行ったのと、笑美ちゃんのひな祭りの着物を縫ってくれた方とその仲介をしてくれた人におみやげを渡しに千歳に行き、その前に苫小牧に寄ったのと、数回の外食と、図書館と競馬場のみです。本当は、温泉1泊旅行位したかったのですが。
d0017084_972687.jpg 私自身が子育てをしていた時は、いっちゃんが出かけるのが好きだったのと、私の母をいつも連れて歩いていたので、負担が分散され、1歳代からあちこち行ったような気がしていました。でも実際に笑美ちゃんがいてくれると、1日中離乳食と大人のご飯に振り回され、寝てくれている時間以外は、かわいい笑美ちゃんに付き合って、私は病人なんだから何もするまいと思った初志は、こっぱみじんに崩れ去りました。息子がいっちゃんに比べると、とんでもないダメパパであることと、私が母ほどには良いおばあちゃんではないことが原因です。
 「食」に執着が無い私は、炊飯器も電子レンジも電気ポットも、基本コンセントを抜いていました。それが、ほとんど差し込みっぱなしで、フル稼働していました。d0017084_975522.jpgYちゃんは気持ち良い程良く食べてくれます。あの細い体のどこに入っていくのか。笑美ちゃんもママに似たのか、良い食いっぷりです。きっとママ似のすらりとした美人になるでしょう。笑美ちゃんのミルクも麦茶も、湯ざましを使います。昨日の朝、食後のコーヒーを入れようと思ったら、スイッチが入りませんでした。ポットは、化粧品の通販のポイントでもらったのを使っていました。それが壊れたのです。トリセツを見ても、どう考えても壊れたのだと思い、新しいのを買いました。参考までに、笑美ちゃんと私のお便秘は治まっています。
 私、お疲れさまでした。もうひとがんばりです。今夜は、息子の大好きな店のお寿司です。夜の外食は難易度が高いので、息子がとりに行きます。
 昨夜は、息子の中学時代の国語の先生が来てくれました。その時笑美ちゃんはまるで気を使ってくれたかのように、パパになついている様を見せてくれました。
[PR]
by nyankai | 2018-05-24 09:05 | 暮らし | Trackback | Comments(3)

 私はもうヘトヘトです。不眠症ではありますが、さすがに眠たい。
 昨日はこれ以上無いと言うほどの五月晴れの下、プロのカメラマンに記念写真を撮ってもらいました。還暦赤いドレス写真を撮ってもらった時に出会ったさとみさんのご縁で終活市場に出て、そんな関係で、ウエディングやプロジェクトのマネジメントの会社を始めた彼女に、d0017084_9392653.jpgお願いしました。
 というのも、去年韓国に行った時に、笑美ちゃんにチマチョゴリを買って帰りました。もうこんなチャンスは2度と無いと思い、自分の分も買いました。たぶん浅草などに売っている、着物と同程度の、なんちゃってチマチョゴリだと思うのですけど。1歳用を買ったので、誕生日にお金を送り、ぜひ1歳の記念写真を撮ってもらいたいとお願いしました。でも一向に撮った気配が無いので、「着られなくなるよ」と催促しました。そうしたら「お母さんも買ったのなら、そちらで一緒に撮りましょう」になってしまったのです。
d0017084_941537.jpg 笑美ちゃんが赤ちゃんと言うことで、写真館に行くのではなく、ニャンコ座に来てくれることになりました。美容師さんもいかがですかと言うことになり、エ~イこうなったら、矢でも鉄砲でも飛んで来い気分になりました。さとみさん、美容師さん&カメラマンさんが来ました。
 私はお先にヘアとメイクをやってもらい、どうかなぁと思ったのですが、Yちゃんもやってもらえました。笑美ちゃんのチマチョゴリは、思ったよりぴったりで、嫌がるかなぁと思ったのですが、大丈夫でした。その後は普段着になって、庭の何カ所かで色んな場面を作って、撮影が進みました。カメラマンさんは、赤ちゃんのあやし方がとても上手で、連射で撮るので、きっとすてきなショットがたくさん撮れていると思います。500枚も撮ったそうです。私は、お任せで(1番は笑美ちゃんがかわいらしく撮れていること、d0017084_9414267.jpg2番は私のしわが目立ちにくいこと、3番は息子が変顔していないこと・・・Yちゃんは美人だからどれでも大丈夫)50枚を選んでもらうことにしました。息子達は200枚を希望しました。でき上がりは6月中旬です。ブログの写真は、私のカメラの分です。
 息子の障害やYちゃんの母親になってからの変化などで、決して楽な道を行けるような状態ではありません。だからこそ全部ひっくるめて、昨日と言う、この上も無い春の1日を、しっかりと記録しておきたかったのです。
 笑美ちゃんは、良い出会いのおかげか、その後とても落ち着いてご機嫌の良い状態が続きました。昨日も得意のジップロック開けに熱中していました。1歳の時に送ったお金は、笑美ちゃん貯金に入れてもらえればそれで良いです。
[PR]
by nyankai | 2018-05-23 09:35 | | Trackback | Comments(2)

 ニャンカイさんの孫奮闘記は、今日も続きます。背中から腰にかけて、ガシガシな感じです。マッサージ受けd0017084_13551181.jpgたい。
 ようやくお天気にも恵まれるようになって、八重のしだれ桜は満開です。オダマキやヒダカハナシノブなど、紫系の花も次々咲いています。
 笑美ちゃんは、笑ったり泣いたり忙しい子です。感情表現が豊かと言えばそうですが、育てる方は大変かもしれません。良く考えてみると、ずい分と声を出し続けられるものです。強靭な声帯を持っているのかもしれません。これは、こつを聞いてみなければ。
 来てくれた頃は、綿毛のタンポポはほとんど無かったのに、今は半々くらいになりました。綿毛を飛ばすのも、黄色のをちぎって遊ぶのも大好きです。手が黄色くなります。ついでに服まで黄色に染まってしまいます。毎日がd0017084_13523517.jpgタンポポ祭りです。日に日に、あちこちにひっかき傷ができてきます。穏やかな空の下、小鳥がさえずり、息子達と草の上を散歩する、これ以上の幸せは無いはずなのに、これだけじゃ違うなぁなどと、心のどこかが含み笑いをしている感じがしました。
 昨夜は、数少ないおふくろの味コロッケを、息子に助けてもらいながら作りました。塩コショウをふる前に、笑美ちゃんの分をとり分けました。小さなコロッケにしてみましたが、さまして食べさせてみると、お気に召したらしく、手づかみでどんどん行くこと。フライの衣は初めてだとのことなので、途中からは衣をはがして食べさせましたが、それでも大人の1個分くらいは食べたのではないでしょうか。d0017084_1353362.jpgなくなったと知って、とたんに怒りだしました。その時出た言葉が「いやじゃ~」。いくら岡山出身のママの子だからと言って・・・笑える~、笑美ちゃん、コロッケを気に入ってくれて、ありがとう。
 息子は、病院受診を決心したようです。結果が単なる怠け者だったら困るなぁと言っていますが、そんなことは無いでしょう。それだったら困ります。本人の努力不足、親(つまり私)の育児失敗ですから。
 笑美ちゃん、ルバーブの初収穫を手伝ってくれました。ジャムができました。
 今日は、プロに記念写真をとってもらいます。
[PR]
by nyankai | 2018-05-22 08:45 | | Trackback | Comments(4)