カテゴリ:人 あれこれ( 502 )

 昨夜は縦揺れが来ました。弱かったけれど、今までの揺れ方と違うので、寒気がして震えました。
d0017084_2257446.gif

 別に締め切りがあるわけじゃない、語呂合わせならば来月の方が良かったかもしれませんが、母の誕生日からちょうど1ヶ月なので、この辺りで書いておきます。
 もう1度、お母ちゃん、87歳の誕生日、おめでとうF7BD.gif
d0017084_932197.jpg 9月11日には、とても誕生日を祝うゆとりが無くて、ごめんなさい。私は相変わらず余震におびえ、片づけは進まず、心身の不調を抱え、でもたくさんの人たちに助けてもらって、こうして生きています。おかあちゃんにもらった命、大切にします。
 この間、髪を切った私の顔が、母に似ているのを強く感じました。写真は、母62歳(息子は4年生)の頃です。あの頃の母は、私たちも足しげく行っていたし、孫をかわいがって、きっと幸せだったのではないかと思います。でも、今私が感じている一人暮らしの不安を、母はどうやってやり過ごしていたのだろうかと、d0017084_9325671.jpg聞いてみたい気がします。
 母は昭和6年(1931年)生まれ、鍛冶屋(主に蹄鉄を作っていたもよう)の、2男7女の末っ子でした。貧しかったけれど、割かし育ちが良く見えたのは、末っ子でみんなにかわいがられたからだろうことと、精いっぱいの教育を受けられたこと、それに応える力が母にはあったこと、そんな理由からだと思います。
 小学校を卒業した後は、教員になった兄に引き取られて、池田町で女学校時代を過ごしました。写真は女学校1年6月とあります。今で言う、中学1年です。一緒に写っているのは姪っ子たち(私の従姉、5人姉妹の中の下から3人、きょうこ・のりこ・ともこのような気がしますが、自信はありません)です。母は終生兄夫婦を尊敬していました。伯母は高齢ですが、d0017084_934595.jpg存命です。
 母と私は、良く話した方ではないかと思います。それでも、もっともっと色々聞いておくべきだったと、残念に思います。子供の頃の事、戦争の事、音楽の事、仕事の事、父との事、子育ての事、そして何より、父と死別し、弟と私を大学に行かせ、その後をどんな気持ちで生きていったのか、今こそ聞きたいです。
 次々書くことがあって、書きそびれていましたが、毎年恒例、10月の子宮がん検診・乳がん検診・眼科検診にまとめて行ってきました。子宮の細胞診の結果はまだ知りませんが、おそらく異常無しでしょう。裸眼の視力は、気合入れて山勘で答えたら、何と1.0という、素晴らしい結果が出たのでした。私、もはや近視ではない。で、ヨガ行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2018-10-11 09:31 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)

 母が亡くなって、8回目の夏の終わりです。もう飽きるほど書いていますが、あの夏はひどい残暑でした。前日の夕方、眠っている様な母とお別れしたばかりなのに、病院からの急変の電話がありました。
 ねっ、おかあちゃん、最近ようやく「孫の心配くらい、好きにさせてよ」と言った、その気持ちがわかったよ。孫の事に対して、母親である私以上に一生懸命だったよね。子供が大好きで、子どもに関わる仕事が天職だと感じていて、だから私は時に、あなたの愛情を重すぎるd0017084_8375768.jpgと感じていたんだよ。
 反発ではないんだけど、私はそんな風にならないと、どこかで思っていたよ。幸い私は自分が1番かわいいから、息子がすべてだとは思っていないよ。でもここの所気になっているのは、息子の事だよ。30代半ばの息子が、母親に意見を求めてくるって、それも今までほとんどなんでも自分で決めていただろう息子がさ。お母ちゃんがもし生きていたら、何てアドバイスするF65B.gif案外私をさしおいて「やってみなさい」と喜ぶかもしれないね。私はとても言えない。だって、子どもが苦労するの、かわいそうだもん。
 と言っても、お母ちゃんと私、すごく仲良しだったよね。大学卒業して、私も生活が便利だからって下心満々で、同居を選んだんだけどさ、あの4年半はすごく楽しかったよ。
 いっちゃんと結婚するからって時、ドラマみたいにおかあちゃんにあいさつはしなかったね「じゃね」って感じで出て来たけど、やっぱり寂しかったんだよね。私は娘がいないから、本当の所はわからないんだけどさ。
 d0017084_8392986.jpg一人になってからも、とてもキチンと暮らしていたよね。あんなにボケたくないからと、趣味を持ち、運動もし、努力していたのに残酷だよね。おかあちゃんにはかなわない、いつまでも立派な母親だと思っていたからこそ、衰えて行く姿を受け入れられなくて、情けなくて辛かったぁ。
 グループホームをたずねると、いつも「お帰り、もう終わったんだね(たぶん私は子供で、学校から帰って来たと思っていたらしい)。ごめん、買い物行ってなくて、ご飯の支度できてないの。困ったわ~」と言ってたっけ。私はそれが悲しかったけど、おかあちゃんは、もしかして幸せだったF65B.gif
 2010年8月30日の朝は、青空でした。9月に息子の公演を観に京都に行く予定をしながらも、迷っていた私の背中を「さぁ、心配しないで、心置きなく行っておいで」と押してくれた様な、そんな母の死でした。弟の家にお坊さんが来るので、行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2018-08-30 08:36 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(4)

 今日は甲子園の決勝です。北海道の高校が敗退してしまって、あまり興味も無く過ごしてきましたが、金足農は東北で、公立で、おまけにかちゃ子さんのお父さん母校らしく、応援は任せて。と言ってもこれから空港に駆けつけて、飛行機に乗っては無理なので、テレビの前で。d0017084_91921.jpg私らしい理由づけをするなら、ピッチャーの吉田君は、きれいな二重まぶた、鼻筋が通り、真っ白な歯、イケメンなので。いつかの夏の、駒大苫小牧みたいに、負ける気がしません。きっと優勝します。春夏連覇を目指す大阪桐蔭には、何の恨みもありませんが。
 息子の能登研(こう略す様だ)が終わりました。3泊4日で、集まった時点でグループ分けをして、1から脚本を作り練習して、最終日に発表するという、若いからこそできることだなぁと、遠い目になっていました。3泊4日の好きなことの合宿なんてこと自体が、大人になったら絶対にやれないんだと、高校生はわかっているだろうか。おしゃべりな息子の、次々流れてくるツイッターに、こんなのがありました。
「明日にはお別れなのに、3日目になってなんかすっかり生徒たちに慣れて馬鹿話する感じになっている。あー、教員になりたかったなあと思う。まあ、このご時世で講師だから許されて教員だったら許されないような下ネタとか言ってるけど、心は男子高校生d0017084_920448.jpg(34ちゃい)」
「2時まで顧問団と話し合っていた。わしも教育に関わりたい人生だった」
ふ~ん、そうなんだ。教員になりたかったんだ。一応社会の教員免許は持っているけどね、本気で教員になる努力を全くしていなかったことへの、今さらの後悔なのかな。
 両親とも教員、母方のその両親も教員、叔父も教員という、息苦しいようなDNAを肯定してくれたかのようで、嬉しくはあります。でも、演劇をやりたい子たちに演劇を教える講師と、どんな子もいっしょくたに教えなければならない普通の教員とでは、全く違うのですがね。こんなのもありました。
「豪華な部屋を名残惜しいチェックアウト。一人なのにベットが2つあるのが嬉しくて両方で寝た」そして
「すっかり仲良くなり別れたくない帰りたくないと別れを惜しむ生徒たち。わしは帰りたいよ。生徒は可愛いが自分の娘の方が可愛いに決まってるよ」
 高校生の講師にやりがいを感じ、講師の待遇に単純に喜び、でも家に帰りたいと思う息子の幸せは、私には良~くわかります。
 日付変わって、「まだいいねしてるやつら。高校生だろ。寝ろ」がありました。
 また、たまに変なトラックバックが来ます。今朝は外国語だけのが。タイトルの「Nam Giao」を、禁止キーワードにしてみましたが。
[PR]
by nyankai | 2018-08-21 09:14 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)

 大雪山系黒岳と旭岳では、初雪が降ったそうです。もうがっくりです。夏が来ないうちに終わるなんて。
     目覚めの窓の空の高さに言葉も出ない
 花壇はもう終盤の輝きです。トルコキキョウがきれいで、紫と淡いピンクと真っ白があります。キキョウは、咲いている姿もつぼみもとても愛らしいですが、d0017084_9135022.jpg枯れた姿がどう解釈しても美しさとは程遠いのです。だから一生懸命摘むしかありません。
 息子が「能登演劇堂(仲代達矢が作ったらしい)に高校生向けワークショップ(3泊4日)の講師に来た」と書いてありました。かなりの高待遇で、戸惑っています。そういう仕事もしていたんだ。知らなかったわ。そのワークショップがどれほどのものなのかはさっぱりわかりませんが、好きなことの仕事があるのはd0017084_9143098.jpg良いことです。
 来月の「教文短編演劇祭」の記事が道新に載りました。でも「笑の内閣」とは一言も書いていなくて、がっかりしました。5団体しか出ないのだから、書いてくれたって良さそうなものなのに。
 息子は普段、何をして何を考えているのか、直接は言って来ないので(たぶん男の子なんてそんなものでしょう)、ネットに書いてあることから推し量るしかできません。それでもたまに、きっと自分の中にためておいた物が溢れそうになったのか、電話をくれることがあります。先日もそんなことがあり、もちろん中身を具体的には書きませんが、吐きだした事で少しは楽になっていれば良いなぁ等と思うのです。
 息子は30代も半ば、一般的には家庭を持っている人も多く、落ち着いて豊かな毎日を送っているのかもしれません。でも息子はやっている事が事だけに、正念場なのでしょう。家族がいて、d0017084_9164065.jpgバイトして、負担にならない程度に演劇をやっていければ充分に幸せな気がするけれど、それで良いのだろうか、と言うことらしい。それは私にもわからない。母親なので、どんなに大変な道のりでも、思い切り好きな事をやらせてやりたいという気持ちは、本当はあります。でも、責任とれません。
 演劇祭が終わって、ちょっとだけ帰ってくる息子の、至福のデッキで昼寝のために、意中のアウトドア用椅子を買いました。ところがこれが大した優れもので、リビングの、テレビの前のごろ寝用にうってつけなのです。年中、インドアで使うことになりそうです。
 今日は、姉様のSAIで、1カ月ぶりの「合唱団ちょろい」に行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2018-08-18 09:11 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

d0017084_833951.jpg
 夏休みは午前ヨガに来れるA子さんと、初めて行ったイタリアンのお店で、草だらけの庭をもう諦めたことを言うと、どうせ朝早く目が覚めてしまうなら、朝の涼しい時にやれば良いのだと叱られました。もっともです。今朝も5時前に目が覚めてしまったので、起きて、ほんの少し残っていたペンキ塗りをやってしまいました。電気代が安いうちに、洗濯もやってしまって、今すごく眠くなっています。さて、寝るか。
d0017084_8342147.jpg 朝ドラは見続けなければならないのが大変で、めったに見ないのですが、今の「半分、青い。」はことの他評判が良いので、少し前から遅ればせながら見ています。先週から今週にかけての展開は、他人事とは思えないでいます。何が他人事じゃないかと言うと、そりゃもう息子のことですよ。結婚して子どもが生まれて、息子は幸せなのですが、安定した生活となると、非常に心もとないのです。結婚する時も、子供を持とうと決めた時も、息子は演劇をやめる(もしくは趣味と割り切る)気が無い、京都でやっていくことは、2人で話し合って納得したはずです。でも現実は甘くはありません。
d0017084_8352282.jpg 「半分、青い。」では、夫は子供ができて、夢を追わない宣言をしました。でも前言を翻し、退路を断つと、母子から去ってしまいます。とんでもない無責任さではあり、許せないと思いますが、でもそれもわかるんです。きっとこの地球のあちこちで、こんなことはたくさん起こっていると思います。
 「青春の影」という、名曲があります。
 自分の大きな夢を追うことが 今までの僕の仕事だったけれど
 君を幸せにするそれこそが これからの僕の生きるしるし

 歌詞の解釈は諸説あり、作った本人は明確にはしていないそうですが、言葉からシンプルに考えると、正に夢みたいなことはきっぱり諦めて、地に足をつけて生きることにしたよという風にとれます。だとしたら、それで良いの、あんたF65B.gifってことになります。最後まで、ほんの揺らぎも無く、自分の決断は正しかったと思えるのかなぁ。
 そんなことで、夢を追い続ける息子の母親である私は、「半分、切ない。」のです。
 もう1度宣伝しますね。来る9月8日、教育文化会館で開かれる「短編演劇祭」に息子の「笑の内閣」が出ます。「君の名は」(タイトルには著作権はありません)を上演します。前売り1,300円で、5団体すべて観られます。ぜひお越しください。
[PR]
by nyankai | 2018-08-03 08:30 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.9まで、あと13日060.gif
 寒空の下、それでも近所では1番牧草作業が始まっています。ニャンコ座のイチゴもこじれたまま赤くなり始めています。変な形で小さいのですが、食べてみると甘くておいしいのです、不思議。早く牧草日和にd0017084_815538.jpgなぁれ。
 今日は父の日です。母の日に遅れて、父子家庭で育った女性が、がんばったお父さんに感謝して発案(1909年)し、正式に6月の第3日曜日に制定されたのは、1972年って、おっそ~い。私は、子どもの頃から知っていたような気がしますが、気のせいかな。イベントを割とちゃんとやってくれる家庭だったので、父の日も祝ったように思うんだけど。
 いっちゃんのお父さんは、大正11年(1922年)生まれ(だから何歳F65B.gif96歳だわF65A.gif)去年、お義母さんが歩けなくなってしまい、施設に入所したので、d0017084_8163959.jpg一人暮らしをしています。義妹が市内にいて、デイサービスなども上手く利用しているので、至らない嫁だと少しだけ後ろめたく思いながらも、特別心配はしていません。耳が遠いですが、大きな声で話せば、筋はしっかり通っています。
 はっきりいつからだったかは思い出せませんが、母の日&父の日には必ず、贈り物をしてきました。母の日は良いのです。女ですから、何が嬉しいかそこそこ見当が付きます。今年は、施設にはいった義母への贈り物選びは苦労しましたが、口紅とソックスで、たぶん及第点はもらえたと思います。でも義父へは、困りました。去年はアクティヴだった義父がめっきり外出しなくなったのが心配で、d0017084_8171898.jpg散歩してほしいと思い、帽子を贈りました。今年は、笑美ちゃん台風が吹き荒れたので、考える時間と余裕が無くなっていました。
 頼みの綱は、郵便局の「父の日ギフト」。家事は何でもできる義父ですが、寄る年波には勝てず、晩酌もしなくなったと言うし、お義母さんもいないので、全く手を加えなくても食べられるものと思い、ご飯に混ぜるだけでウナギご飯になる「ごはんの素」にしました。おいしく食べてもらえると良いのですが。
 私の父がやや早めに死んでしまったので、大人になった時、父親とはどう付き合って行くのか、今一イメージができません。買い物ついでに見つけた、父の日のお菓子を買って、父の写真にお供えしてみました。
 今日はなんちゃって孫達の運動会です。お天気は大丈夫ですが、寒いです。何を着て行けば良いF65B.gif
[PR]
by nyankai | 2018-06-17 08:13 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.9まで、あと16日060.gif
 目が覚めたら、眩しいほどのお日様でした。昨日ははっきりしない雨が降り続けました。ナイロン上下を着ても、ガーデニングは無理そうだったので、終日寝ていようかと思っていたのに、午後来客がありました。元団員のN谷さんです。母くらいの年齢です。d0017084_965162.jpgフライヤーとチケットができてすぐのこと、届けに行くと町の車が停まっていたので、手渡してすぐに帰ってきました。見ていて心もとない彼女の一人暮らし、町の福祉関連の人が来ていたのでしょう。夕方かかって来た電話で、チケット代は後日もらいに行くからと言っておきました。
 昨日又電話が来て、車を手放して足の無い彼女は、タクシーでお金払いに来ると言うから、ならば私が行くから、いつも私が行くばかりだから、帰りも送るから、たまにはこちらに来てほしいと頼みました。いくら運転を控えるように医者に言われていても、近距離だから人様を乗せても良いだろうと思い。
 N谷さんは、予期せぬお金が入ったとかで、8月に、息子さん夫婦2組とハワイに行きます。あちこち行ったことがある彼女ですが、d0017084_973467.jpgハワイは初めてだそうで、1度だけ行った私が、写真を見せながら、偉そうにウンチクを傾けたのです。つばの広い帽子とサングラスは必要だとか、パンケーキは食べてみた方が良いとか、ABCストアでほとんど何でも(おにぎりも)買えるとかね。
 履き物について問われました。ハワイだから、サンダルが良いと答えました。彼女は夏でもストッキングをちゃんと履いて、靴を履く生活をしてきたそうです。立派です。別にそれは悪くないけれど、ちなみに私はこれを履いて行ったよと、大好きなカーニバルジョイのサンダルを見せました。砂浜を歩くにはクロックスの靴。軽いし、ビーサンより安定してd0017084_981667.jpg良いと思うと言いました。
 どこで買えるかと困った顔をしたので、送りがてらマックスバリューに入っている靴屋に寄る提案をしました。彼女は、今5,000円しか持っていないと不安げに言いました。N谷さん、今までどんだけ高い靴買っていたんだ。大丈夫だと太鼓判を押し、靴屋に行きました。幸い気に入ったのがあって、2足買って、5,000円でお釣りが来ました。ハワイがとっても楽しみになったと、喜んでくれました。パーキンになっちゃってからの私には、自分が何の役にも立たない感が巣食っているのですが、ちょっとだけ役に立てた実感があって、私こそ嬉しかったです。
 2ステの衣裳は、「ダンシング・ヒーロー」に合わせて、肩パッドスーツ(ちょっぴり加工)、手作りショルダーホン付きです。アクセは、パール(風)ネックレスと、厚かましいピアスにしました。
[PR]
by nyankai | 2018-06-14 09:04 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.9まで、あと24日060.gif
 今日はパーキンソン病院の日です。病院は午後ですが、午前中に美容室に行きます。ごちゃコンが近いので、カラーしてもらうのと、久しぶりにヘッドスパも予約しました。白髪を恥じているのではありませんし、我妻マリさんのグレー系の髪に憧れてさえいますが、d0017084_722078.jpgとりあえずこのままでは、伸びた分だけくっきりはっきり白いので、見た目と自分の気分とが一致しないのです。この一致は大切で、たとえば太っている人が痩せたいと思うのは、もちろん健康上の理由もあるでしょうが、自分の気持ちとのかい離があるからだと思います。私はもう2kg位太った自分が好きです。
 そんなことで、1番早いバスで札幌に行くので、こんな時間に更新しています。
 最近とても悲しい体験をした友人がいます。でも私は無力で、何もしてやれることはありません。何かしてやれると思うこと自体がうぬぼれであるとか、そういう意味じゃなく、本当に彼女の悲しみをいくらかでも軽くしてやれる方法があるなら、すぐにでもしたいとd0017084_7225372.jpg思っているのです。
 せめてものと、色々考えて選んだ物を送りました。「届いた」と、すぐに連絡が来ました。最後に、「封筒の封のテープが『愛の挨拶』で嬉しかった」と書いてありました。気が付いたんだ。
 マスキングテープが好きで(別にペンキ塗りするためにじゃなく、最近きれいなマスキングテープがあるでしょ)、かなり前に3本セットで買った中の1つが、白地に赤で楽譜がプリントされているものでした。買った時は、何の曲であるか知らなかったと言うか、興味もなく、ちゃんと見ようとも思っていなかったのです。d0017084_723585.jpg音楽好きな友達の手紙に使えば良い位な気持ちでした。ずっと後になって、ある時しげしげ眺めたら、それが「愛の挨拶」(エルガー)だと気付きました。調べてみると、調も正しいホ長調です。ただそれだけのことです。でも、友人も気付いてくれたのです。気付いて、嬉しいと思ってくれたのです。悲しみの中にいる彼女が、ほんの一瞬マスキングテープに嬉しいと思ってくれたなんて、私の方こそありがとうです。
 今日は病院で何と答えましょう。体のだるさは変わってはいません。でも気持ちが元気になって、もしかして元気になり過ぎて、動き過ぎかもしれません。ひどく疲れています。よく眠れなくて、疲れをリセットできません。そんな感じでしょうか。筋肉のこわばりは、ジュンセンセに診てもらわないとわからないので。
[PR]
by nyankai | 2018-06-06 07:19 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(4)

 何の面白みも無いカレンダーの5月をめくると、すでにかなりの書き込みがある6月が出てきました。一昨日の夜から昨日にかけ雨が降りました。話によると、雷も鳴ったらしいのですが、幸いその時は眠っていたのか、聞かないで済みました。雨で落ちついたのか、とりあえずNHKは入るようになっています。
 昨日はヨガの後、d0017084_926394.jpgなんちゃってママとようやく、念願の「俺の目利き」ランチをしました。あんかけ焼きそばをたべましたが、とてもおいしかったです。ランチメニューはまだまだあるので、又行かなくちゃ。
 昨夜テレビでで、自ら命を絶った31歳の歌人が報道されました。いじめをきっかけに、好きなことをやれていない人生に甘んじている辛さを、歌に託していたそうです。
 先月の2週間にわたる息子家族の滞在は、世間様から見ると、何の問題も無く幸せいっぱいに見えたでしょう。もちろんその通りでありがたいことです。私は「来て良し帰って良し」の孫を実感したどころか、いっちゃんがいなくなってしまって初めて、一人暮らしも良いものだと思ったほど疲れました。孫と遊んだから、だけではなく、精神的にd0017084_9272889.jpg疲れたのです。
 何度も書いていますが、息子はたぶん発達障害です。それはパパとして、かなりデメリットになります。妻と娘を心から愛しているのに、表に現れる態度は、気が利かない不器用で自分勝手な怠け者です。それが私にもストレスになったのです。そして、これからの息子達が、とても心配なのです。
 息子と買物をして支払いをする時、息子が「端数はポイントで払います」と言いました。何て頭良いんだと、感心しました。そうなんです、息子は本当は変に頭良いんです。たとえば、1度会った人の名前と顔が一致するとか、スケジュールはメモらなくてもすべて頭に入っているとか、国会議員の名前を選挙区に対応させてすべて言えるとか・・・d0017084_928815.jpgパパ業には何ら役に立たない点で。
 演劇に関して、最近、自分がちゃんとできない人間なので売れないのではないか、と気付いたらしいです。それでも、好きなことをやれているのだから、生きていてくれるのだから、親としては十分なんだろうと感謝しなくては。
 喉の疲れは戻りました。腰の張りはまだ抜けてはいませんが、昨日のヨガも気持ち良かったし、たぶん楽になっていくでしょう。パーキンの腕と脚のだるさは、良くも悪くも現状維持です。
 息子が携帯壊れた(息子はガラホです。蓋の無いスマホだとすぐ壊してしまう恐れ大)と焦っていましたが、どうやら直してもらえたようです。どうして34歳にもなる息子の心配してるんだろう。
[PR]
by nyankai | 2018-06-01 09:25 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)

 毎日確かに楽しいですが、疲れがピークって感じです。そんなつもりじゃなかった、じゃどんなつもりだったのかと言うと、もうちょっと病人らしくしていようと思っていました。何しろファーチレ行ったり、歌会を2回もやってしまったので、私が本当にパーキンソン病の患者であるとは、思われていないのかもしれません。できることなら、そう認識され続けるのがd0017084_8502221.jpg理想ではありますが。
 でも、つい手を差し伸べてしまうのです。放っておけないのです。幾度も幾度も話題にしていますが、息子は何がしかの障害を抱えています。何がしかのというのは、本人が大学時代にちょっとだけ病院に行ったものの、面倒になってやめてしまったそうで、正確な障害がうやむやのままわからないのです。自分一人の時は、面倒くさいですませられても、家族を持てばそんな訳にもいきません。
 「ニャンコ座リポート」を見てくださっている皆様は、息子の「明」の部分だけを評価してくださって、本当にありがたく思っていますが、実は「暗」の部分はかなり深刻です。私から見ても、息子は父親としてはあまりに頼り無いのです。
 息子が結婚した時、心底嬉しいと思いました。安堵しました。障害があって、食えもしない演劇をやっている息子は、絶対に結婚などできないと思っていましたから。2人は楽しそうでした。もう私は心配することは無いと思っていました。子供を持ちたいと聞かされた時は、不安はありましたが、覚悟してのことであろうと納得しました。でも子育ては、d0017084_8514349.jpg息子にはとても高いハードルだったのです。息子の得意分野は、子育てにはなかなか活かされないのです。
 もちろん息子は妻を心から愛し、娘をかけがえのない存在と思い、3人で幸せに暮らしたいと思っているのです。その家族の問題に首突っ込むのは本意ではないのですが、そんな訳にもいかなくなっています。だから私の体は、何だかズタズタです。どこかで崩れてしまいそうで、自信ありません。
 でも笑美ちゃんは、ひたすらかわいいです。泣きっぽいですが、それは自己主張がはっきりしているから、と感じます。顔をお見せできないのが残念です。こんな完璧にかわいい顔は無い、って言うほどです。今朝も早起きして、元気いっぱいです。起きた時に、ママに「頭が爆発しとるよ」と言われて、後頭部を触っていました。言葉はしっかり伝わっています。
 歌会やりました。ナナさん、ハッチ~、シモン君、遊んでくれてありがとうね。「西郷どん」良かったです。
[PR]
by nyankai | 2018-05-21 08:48 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)