カテゴリ:パッチワーク(手作り)( 128 )

 初夏の庭はしんとして、明るい日差しが降り注いでいる。不幸の陰などどこにも見出せないのに薔薇F7EA.gifの根元の雑草を引き抜こうとして、白い指先を突いた棘の痕が痛い。あとどれくらいの年月を、私は1人で生きねばならないのだろう。唇に指をそっと当て、自らをいつくしむように、深いため息をついてみた。
黒田夏ちゃんを超える、最高齢芥川賞を狙う私の自伝的小説のタイトル・・・ではなくて、皆様は「薔薇」と漢字で書けますかF65B.gifおそらくみんな読めるとは思いますが、私は書けませんでした。漢字から受ける豪華な印象もあり、この際書けるようになりたいと思いました。
d0017084_964949.jpgパソコンでフォントサイズ72に拡大して、紙に幾度か書いてみる。両方とも「草かんむり」。「ば」の方は、その下に「土」。土の間に「人」が2人。その下に「回」。「ら」は、「微」とは、微妙に違う字。何とか覚えました。やれやれと思ったら、そうだ「憂鬱」という漢字も、長年書けるようになりたいと思っていたんだっけ。その瞬間に「薔薇の憂鬱」という、すばらしいタイトルを思いついたのさ。小説になった上は、映画化、そしてミュージカル化を目指します。主演は私です。祐様も出してあげる。やっぱり、ちょっと大人の悲しさも孕んだハッピーエンドで。
「鬱」の字は、難しいからか使わないで「うつ病」と書かれますが、この難しい字が、何よりも事の深刻さを表していると思うんですけどね。「木」「缶「木」。「わかんむり」の下に「※」みたいなものを「うけばこ」に入れて、「匕」(七ではありません。「さじのひ」というらしい)に(鬯という字があります)、「さんづくり」。よ~し、これでもう、ピンク・フロイドの「鬱」も書ける。
ついでに、私が宛名書きで困る「さいとうさん」と「わたなべさん」の事を。
「斉藤」昔はこれで良かった。でも今は「齊藤」と「斎藤」とがあります。一方「渡辺」は「渡邉」や「渡邊」があって、プリントされた文字が細かいと、老眼にはお手上げです。この際、きちんと覚える決意・・・はしたものの、記憶力低下の進む頭では、どうかF3EF.gif
昨日は、大量にもらったスドキ(標準語ではしどけらしい)を茹でました。私のエンゲル係数は極めて低い。
でき上がった還暦ミニワンピース。知寿さんのには、ウエストにキラキラの飾りが付いていました。見つけたんですよF7C3.gif、私御用達のクレアーズで、ぴったりのカチューシャを。さっそく買って、壊して取り付けて、完成しました。知寿さんにはかないませんが、ブレブレ自撮りで雰囲気だけでもどうぞ。残席は2席になりました。間もなくsold outです。私の網タイツミニワンピ姿を見られる幸せな人は、後2人です。今日も寒そう。ウンチ
今日も、「名誉男性鈴子」の感想集だよ→ここ とても良いみたいで、あ~、行けないのが悔しいよ。
[PR]
by nyankai | 2015-05-16 09:01 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(2)

d0017084_94031.jpg数日前のことですが、ニャンコ座リポートのえらい古記事(2006年2月15日)に、非公開コメントが付きました。非常に珍しいことです。「綿棒で作るお雛様」の詳しい作り方を教えてほしいと、ご自分のメールアドレス(携帯)を書いてくださいました。
このお雛様は、知人からもらって、どうなっているかを調べて、自分でも作ってみました。それをイラストにして、ブログに載せたものでした。9年も経った今、こんな風に問い合わせが来るなんて、夢のようです。
ようやく発掘した(私の日常には、発掘作業が良く似合う)イラストをスキャンして、大きさを調整して、添付して、無事送ることができました。
それでも私は不安でした。あの程度のイラストをスマホで見て、で理解してもらえるのだろうか?・・・心配御無用でした。その方は、和裁をされているのだそうで。失礼いたしました、もう何も説明する必要はないだろうし、着物の材料になる布は豊富にあるでしょうから。できたら、ぜひお知らせくださいね、楽しみにしています。
d0017084_9424226.jpgd0017084_941328.jpgこのタイミングに、私は何と着物のリフォームをしていました。着物を縫うのとは正反対、着物を壊していたのです。緑の母のウールは、これから重宝すると思われる、ジャンバースカートと上着に。私の若い頃のウール(母が作ってくれた物で、長いこと箪笥のこやしになっていた)は、ロングスカートと上っぱりに分けました。二部式着物風です。これを着こなせたら良いと思います。評判良かったら、小紋や付け下げもばっさりやってしまいたいですが、ウールは単衣だから楽でも、裏地があると手間はかかりますね。舞台衣装になるでしょう。すみません、着物壊す人で。(写真は鏡なので、左右反転)
綿棒のお雛様は、テレビの前に飾ってあるのですが、毎朝起きるといなくなっています。ニャン達が夜な夜な遊んでいると思うと、何だか楽しいじゃないですか003.gif
昨日のブログを自分で読んで思いました。死んで40年以上たっても、娘に誕生日を祝ってもらえる父親って、幸せ者だなぁと。父の絵のモデルは、カラカラ浴場を作った、カラカラ帝王らしいです。ハルさん、ありがとう。ウンチ
息子の5月の新作、決まりました。
― 見た目は淑女 中身はおっさん、名誉男性鈴子 ―
應典院舞台芸術祭space×drama2015参加公演 第20次笑の内閣『名誉男性鈴子』
シアトリカル應典院(何と読むのだろう) 5月14~18日 です。

 追伸:衆院予算委員会の安倍の「日教組!」ヤジ事件、こんなのが首相だなんて、力抜けるわ。
[PR]
by nyankai | 2015-02-20 09:37 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(8)

起きたら、帳尻合わせの様に雪が積もっていました。唖然。雪かきできるかな。
風邪は昨日1日、良くなるでもなく悪くなるでもなく、インフルエンザは陰性なのですが、高くは無いけれど熱があるという、つっこみどころのない症状でしたが、背中・首・頭の痛みに根をあげ、もう1度病院に行き、ロキソニンを出してもらいました。それはあきれるほど効いたよ。マコと自分の通院して、ゴロゴロして2日間、ほとんど何もせず、棒に振ったなぁ。今朝は下がっているけれど、喉が少し。喉が強いなんて書くんじゃなかった。ウンチ今の所  
d0017084_14504693.jpg断捨離をする気は無いのですが、あきらかに持ち腐れている物は単なる場所ふさぎです。引き取った母の持ち物の中には、絶対に着ることのない多少の和服があり、その1枚をリフォームしました。和服のリフォームは、すっかりほどいて布として再出発させる方法と、できるだけ原形のままを利用する方法とがあります。後者の方が、手間もかからず、リフォームの面白さがあります。
二部式着物の要領で、上着とスカートにする方法が載っていたので、母のウールの着物をやってみました。切り取った袖で、ジャンパースカートの身頃を作るアイディアがすばらしいと思います。ウールだから扱いやすかったし、着てみるとあったかいです。それにしても、母がこの着物を着ていた記憶がありません。着たことあるのだろうか。
和服文化は、大切に守ってもらいたいです。でも私は、浴衣以外ほとんど着ないだろうな。残しておきたいのは、母の付け下げと私の小紋くらい。喪服は、2度と着る予定は無いです。着てたまるもんですか。私のウールも、上下セットにしたいのと、いつか振袖を、振袖を活かしたロングドレスにしたいですねぇ。
   薄日さし積もること無きあわ雪は
       君への思ひ届かぬに似て
(いや~たっぷり積もった)
今年の歌会始のお題は「雪」じゃなかったっけ?「本」でしたね。
 d0017084_14534473.jpg  冬日さす窓辺のソファーコーヒーを
       飲みながら読む田辺聖子
(大好きや)
ニュースは、阪神淡路大震災とオウム地下鉄サリン一色。どちらも6,000人以上の犠牲者が出たのだと、今さらながらに驚くとともに、20年の歳月を思います。
 追伸:ニャンコ座町にしたら、びっくりの雪です。豪雪地の皆様、こんなで弱音はいてすみません。でもいくらなんでも、風邪ひきで600坪の(必要なのはその1部だけどさ)除雪はまずいと思って困っていたら、重機による救助隊が入ってくれました。助かった。これで歌会ができる。
[PR]
by nyankai | 2015-01-17 09:15 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(2)

ちょっとしたお裁縫をしていました。針仕事をしている時間は、至福の時間ですから。作品は、改めて記事にします。
d0017084_9171717.jpgミシンをかけをしていて(そう言えば私のミシン、何度かもう壊れるから新しいのをと行動を起こすと、とりあえず直る、ミシンにもプライドがあるらしい)、手にしていた糸切りばさみが、するりと落ちました。予想したカタンという音がしなかったので、不思議に思ってみると、ハ~~~ッ?005.gifお見事に、フローリングの床に突き刺さっていたのです。ほんの数㎝横には、私の右足の甲がありました。あまりのことに、すぐにカメラを持って来て撮影しました。
確かに先は尖っているから、突きささることは絶対に無いとは言えませんが、でもでも、ナイフ投げ名人でもない限り、こんなに上手く行くことは無いと思います。とあることを思い出しました。2008年11月の、「トロフィー殺人事件」です。棚の上にある、ト音記号の付いたトロフィーを、たぶんダリが落として、床にあったお茶の袋に突き刺さった事件です。
d0017084_9175243.jpgトロフィーが頭に突き刺さることは無いと思いますが、はさみは足にささるかもしれません。糸切りばさみ傷害事件が起こる所でした。と言っても、自業自得で。
自分の過去記事を検索したい時、エキサイト検索内で探すよりも、普通にキーワードで探した方が、すぐに出てきます。タイトルは、検索で引っかかりやすいように、良く考えてつけています。
何かを調べようとしたら、「ニャンコ座リポート」が出てきてしまうことが、時々あります。嬉しいやらあきれるやらです。「トロフィー殺人事件」も、一発でヒットしました。
「糸」でも(「弦」でも良いのですが)のは、糸には、何かを縫い合わせたり、織物になったりする力があり、一方はさみは、切るのが仕事なので、分が悪いようです。でも、糸や布はハサミが無ければ、本領を発揮するのは難しいですね。
ウンチほれぼれする程のですが、天気が良いので、道路が乾いている間に、マコを主治医の所に連れて行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2015-01-15 09:14 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(2)

d0017084_98549.jpg昨日は「いずみ」友達の、K子さんに会い、「スタバ」でおしゃべり。毎年ハワイのコンドミニアムに1ヶ月滞在するという、羨ましいK子さんから、おみやげもいただいちゃいましたし、執筆(?)に関する話もできました。
「スタバ」の練習も、充実した時間でした。8月16日のコンサート目指して、がんばります。
マコが元気に迎えてくれるか、とても気になりましたが、とりあえず元気です。ウンチ  
  1月12日 金曜日  天気 晴れ  温度 -3度
今日、やっと手芸ができ上がりました。ひめ鏡台かけです。白の布にししゅうをしました。もうだいぶ前からやっていましたが、ししゅうにとても時間がかかりました。ピンクのうら地をつけて、最後に赤の糸でふさをつけました。でき上がった時、何ともいえない良い気持ち。家のひめ鏡台に合わせて作ったのでぴったりです。母と私は「今度、ひめ鏡台を買う時は、このカバーに合わせて買おうか。」と言ってわらいました。

d0017084_992873.jpg先日の絵が、何十年かぶりで発掘されたのとは違い、このカバーは、和箪笥の着物の所に、ずっと存在を知っていました。
針仕事は、母の横で覚えました。へき地に住んでいたし、母も特にししゅうは習った訳で無し。キャンブリックやエイティースクエアやシーチングなど、間近では手に入っらなかっただろうから、白の、およそししゅうには不向きであろう、固いブロードを使っていて、よくぞがんばった思います。25番を使っていますが、8等分にして、1本1本ほぐして束ね直すなど、知っていたとは思えません。花芯がフレンチナットステッチ以外は、むずかしいサテンステッチです。今は、クロスステッチとチェーンステッチとアウトラインステッチ位しか、やる気ないです。偉いです、私。
左下に、黒っぽい小さなシミが3つあります。血痕です。針を刺して、血がついて、その痛みと同時に、泣きたいほど落胆したのを覚えています。針を刺した傷は、意外に痛いので、母が大した汚れではないと慰めながら、針傷の痛みにはこうすれば良いと、裁ちばさみでとんとん叩いてくれました。
母の数少ない嫁入り道具だったのだろう姫鏡台に合わせて作ったカバーでd0017084_9114087.jpgすが、使っておらず、ずっと箪笥の中で眠り続けているのです。
「姫鏡台」といえば「僕らのすべてはまねごとだったのさ」です。大学の友達と「ガロじゃなくて、かぐや姫みたい。」と当惑しました。ガロはこのあたりから、人気が落ちて行ったのだそうです。今聴いてみると、良い曲です。かぐや姫ではなく、やっぱりガロはガロです。ドーナツ盤がどこかにあるはずですが、発掘されていません。
[PR]
by nyankai | 2015-01-12 09:06 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(0)

昨夜はあれほどきれいな月夜だったのに、天気予報通り、未明に雷雨があり、マコと一緒に布団かぶっていたら暑くなって、足を出しました。次に目が覚めたら、明るくなって晴れていました。
昨日は、アルコちゃんと、グリーンカレー、スポーツジム(私は筋トレ、アルコちゃんはエアロバイク)、プール、温泉、楽しかったです。
まずは息子の川柳  レンズかえマンガがとてもよく見える  息子はね小学生でド近眼
d0017084_939679.jpgd0017084_9395638.jpgなんちゃって孫たちに依頼された、移動ポケットが出来上がったので、お届けしました。移動ポケットとは言っても、どこでもドアと異次元ポケットが合体したものではありません。そんな物作れたら、ノーベル賞どころではないわね。
ノーベル賞と言えば、赤崎さんの顔を見た瞬間に、鈴木先生の時にも思った、やっぱり学者顔ってあるんだと確信しました。それと、天野さんのお母様のインタビューがありましたが、お母さんもすごく賢そうでしっかりしていたのが、強烈でした。
d0017084_9402917.jpgd0017084_941429.jpg話がとんだ所へそれましたが、移動ポケットとは、ポケットの無い服を着た場合にハンカチとティッシュなどを入れて、付けたり外したりが可能なポケットのことで、小学生に流行っているのだそうです。ヘ~~~ッ、知りませんでした。来春お入学のナナさんに頼まれたのですが、お姉ちゃんにある物を、弟が欲しがらないわけが無いからと、それぞれの替えを含めて、2通り2個ずつ注文を承ったのです。
大した手間でも無いのですが、何しろ実物を見たことが無く、作り方はプリントアウトしたのをもらったのですが、イメージできずに、あ~でもないこ~でもないと、手こずりました。できてみると、どうってこともなかったのですが。
いかがでしょう、目玉は、移動ポケット用のクリップ・・・と言ってしまっては、身も蓋も無い。服をパッチンと挟んでも良いし、パンツやスカートのウエストに取り付けても良いし。ナナさんは、さっそくハンカチをたたんで入れて、身につけてくれましたが、ハッチーは、興味無い感じでありました。
そう言えば、私たちが子どもの頃は、ハンカチはたたんで、安全ピンで胸の所に留めました。楽しい針仕事をさせてくれて、ありがとう。大人でも応用できるかもしれませんね。読者の皆様で、もしも欲しい方がいましたら、材料費のみでお作りしますよ。
この日、ハッチーの言動に、非常に面白いことがありました。テーブルの上のおやつをきちんと並べて、私に写真に撮れと言います。孫ママも私もブロガーなので、おいしいものを目の前にすると、写真を撮る習性になっており、そうするものだと思っているのでしょう。
昨日mixのiのメンテナンスがあったのですが、その後外部ブログが反映されません。なぜでしょう。
息子の「超天晴!福島旅行」は、予約が500を超えたみたいです。素直に嬉しいです。宣伝用動画を見てね→ここ
[PR]
by nyankai | 2014-10-10 09:34 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(0)

d0017084_9262156.jpg一緒に映画を観たみっちさんと、前回会った時に、手作りの美しい物を見せてもらいました。その時は、いつかチャンスがあったらね、位の気持ちだったのですが、一昨日又少し話題になって、作ってみたい衝動がフツフツ湧きあがり、家には無いであろうトレーシングペーパーを買って帰りました。
「光の箱」という名前で、検索をかけると、たくさん出てきます。アーティスト松村泰三さんが考案した、光の反射を利用し、トレーシングペーパーに投影する、広い意味では万華鏡ですかねぇ。著作権とかあるかもしれないので、私が細かく説明しないでおきます。今回はとりあえず、そこらにある物で作ったし、ちょっとおとなし目でしたが、近いうちにもっと大げさなのを作ってみたいです。美しい物には、心ひかれます。上っ面の、という訳ではないのですが、美しい物は心を満たしてくれます。上手く写真が撮れていないだけで、実物はもっと美しいです。
d0017084_92743100.jpg  8月22日 くもり  きよしちゃんのおたんじょうび
きょうは、きよしちゃんのたんじょうびなので、いなりずしをしました。そうしたら、きよしちゃんは、たくさんたべました。わたしたちは、はっぴばすでいをうたってあげました。きよしちゃんは、よろこびました。

弟の誕生日は、実は過ぎています。母は、その日が給料日前の苦しい日であることを、良く笑いながらこぼしていたので、きっとこうなったのでしょう。参考までに、私の誕生日は、給料日直後です。弟は4歳下ですから、3歳になったということです。右にいるのは、祖母だと思います。右背景の、ピンクの6個の丸と、茶色の物体は、意味不明です。
漢字を書けないのはともかく、カタカナも無し、「はっぴばすでい」をあえて直させなかった母のおおらかさは、褒められてしかるべきかと。私なら、がまんできなかったでしょうから。
   いろいろに光が結ぶ乱反射 
        歌うハートや恋するしずく

チケット貧乏は続く。サラ・ブライトマンとれてしまいました。嬉しいけれど、高い008.gif。キャッチコピーは「世界でいちばん美しい歌がある。」ですよ。
今夜は、まじょ子町に、「和太鼓×三味線×絵画パフォーマンス」というのを鑑賞しに行きますが、お天気が悪いです。嫌だわ。
[PR]
by nyankai | 2014-08-22 09:25 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(0)

昨日は北海道も暑かったらしく、今日はさらにという予報も出ていますが、太平洋側は蚊帳の外、ガスがかかったりして寒いですよ。雪が少なく、極端に寒くはならない利点があるから、贅沢は言わないようにしなきゃ。
d0017084_9424938.jpgハワイの結婚式に着るワンピースが出来上がりました。まぁまぁですな。フラダンスサークルで買ったたっぷりの布地が、何年もそのままになっていたのです。サーキュラースカートにと思っていたのですが、キルトウィークの会場の、リバティープリントのお店で見た、ややローウェストのギャザーたっぷりのワンピースが忘れられず、似たようなデザインを本で見つけて、がんばってみました。
洋裁は全くの我流ですが、型紙の作り方さえ書いてあれば、何とかなります。ノースリーブ、ノーカラーで、写真では見えませんが、後ろがVネックになっていて、背中がおしゃれっぽいです。前身頃のダーツのウエストラインからリボンが出ていて、後ろで結んでいます。スカートはたっぷりのギャザーで、結婚式に参列する用なので、丈はかなり長めにとりました。もしも、夏のお出かけ着には長すぎる様だったら、後から切っても良いかなと思います。これに合う帽子がほしい。できるならば、ハワイへ行って買いたい。
昨日は、プラセンタの後、ちょっと買い物を。100均で、買った帽子を飛ばしてしまったら泣いちゃうので、帽子止めと、アイマスクと耳栓を。
古くて重いキャリーバッグを使うことにはしたのですが、ロックのことが解決していません。鍵はかけないけれど、チャック式ではないので、万が一バーンと開いてしまったら困るから、ベルトを物色しました。TSAロック付きのは、3,000円ちょっとします。単なるベルトで良いかなぁと迷ったので、買いませんでした。
d0017084_9444522.jpgハワイと日本のコンセントは、同じだということがわかりました。電圧は、日本が100Vで、ハワイは120Vです。
ハワイと関係ありませんが、去年の秋から欲しかった長靴を買いました。今履いているのは、もう裂けてしまって、泥が入って困っていたのに、シブチンだわ。ガーデニングにも、雪かきにも使う長靴です。良いのがあったんです、1,000円お安くなって。
ここ最近、話題にしている人から電話がかかってくるという、不思議な現象が起こります。私もとうとう、超能力を授かったのかもしれません006.gif
今夜は、B.B☆HALLで、リハーサルです。
[PR]
by nyankai | 2014-05-29 09:42 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(10)

ワゴンRは、たった1泊で帰って行きました。はがきを出しに行っただけでした。ガソリンたくさん入っていたので、もっとどこか行けば良かったかな。
一昨日のキルトウィークについてです。毎年、ライヴ近くになってしまってあわただしくて、今年も迷っていたのですが、姉上が連れて行ってくれました。
d0017084_923428.jpg駐車場が見つからなくてもたもたしたので、到着したのが昼近くなり、パッチワーク弁当(お茶付き800円)というのを買って、食べながら、キャシー中島さんのトークを聞きました。60歳を過ぎたのに、相変わらずきれいでお元気そうです。太ってるけどね。
お嬢さんを亡くする体験をしたキャシーさんは、「悲しいことだってありましたが、前を向きましょうよ。」と言いました。そう言えば、野原チャックさんはどうしているのだろう。いっちゃんが死んだ年に、最前列センターでチャックさんのトークを聞き、実技講習を受けて、チャックさんとマイミクになって、幾度かメッセージを交わしました。チャックさんも最愛のご主人を亡くされて、何年も立ち直れなかったこととか、車を運転しながら、目にワイパーが必要な位泣いたことなどを、話してくれましたっけ。
d0017084_9245410.jpg主催がHTBなので、会場ではONちゃんが愛嬌をふりまきまくり。私たちも一緒に写真に写ってもらいました。
猫が好きだから目に着いただけなのかもしれませんが、猫の作品が多かったように思います。キャシーさんも、薔薇の花に猫がかくれんぼしているようなタペストリーを出展していました。ニャンコ座の3ニャンたちも、今や高齢猫になりました。私もこの3ニャンの姿を、パッチワークに残しておきたいと思いました。
何度も書いていますが、今年は倹約なので、キルトマーケットの誘惑には絶対負けまいと決心して行きましたが、作品が掲載された本だけは買ってしまいました。リバティープリントの夏のワンピースがとてもすてきでしたが、お値段が26,000円。私にとっては、ゼロが1個多いのです。形を目に焼き付けて帰ってきました。いったいどんな人が買うのだろう。
ハワイの結婚式用に、ワンピースを縫いたいのですが、なかなか取りかかれないでいました。もうずいぶん前に、1年半ほどフラダンスを習っていたことがあって、その時に、ピンクのプルメリア柄の生地を買ったのに、教室が無くなってしまい、そのままになっているのです。何とかワンピースにしたく、昨日型紙を作りまた。
[PR]
by nyankai | 2014-05-17 09:22 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(2)

d0017084_925290.jpg報告が遅くなりましたが、私が痩せすぎていて、みんなと同じドレスを買えないで自分で作った騒動、金さんドレスが完成しています。(注:銀さんドレスは、姉上が着用の予定)
みなさんのは、カラオケや合唱やダンスの衣装専門メーカーのドレスで、ロングドレスとしてはかなりお安い方ではあります。でも私は、ワイド幅のサテンを着丈分で大丈夫と言われて、1m50㎝購入。後はミシン糸とファスナーだけで済んだので、2,000円ほどでした。
私は何でも作れると誤解されることがあるのですが、とんでもありません。型紙が無いと作れません。幸い、シンプルなドレスの型紙を持っていたので、丈をズズ~ッと伸ばして布に置いていくと、どうしても前見返しがとれない。お店の人、着丈分で良いと言ったのに。前見返しにはぎを入れるなら、いっそのこと見返しを黒にしてみました。そうすれば、靴と手袋を黒にして良いと思ったのです。
d0017084_9271897.jpgその分、コサージュを作ってみました。近づいて見られると、洋裁は我流なので、色々下手くそですが、遠目には問題無いできでしょう。
これで衣装は何とかなるだろうライヴですが、昨日はまじょ子さんと、大王様と、練習をしました。
まじょ子さんとは、連弾の練習と、まじょ子さんにも参加してもらいたい「気球に乗ってどこまでも」と「花のまわりで」と「瑠璃色の地球」の練習。大王様とは、オリジナル曲「あなたへ」の伴奏を、厚かましくも私が担当することになったので、その合わせです。
それがです。約束の時間に、大王様が奥様と、もう一人女性を伴って現れました。その方は、会ったことがある人でした。去年の9月、8人のチェリストのコンサートでお隣の席になった、まじょ子さんの町に体験移住していて、関西出身のプロのミュージシャン、そうそう、彼女です。今年も又、来てくれたのでした。専門家の前でピアノを弾く、それはプレッシャーでしたが、助言してもらい、新鮮で、とても勉強になりました。
去年は、一期一会であると思いましたが、昨日の再会は、この縁を確信にしてくれました。まだ彼女の事をほとんど知りませんが、ブログ「空の鳥」→ここ をリンクさせてもらいましたので、皆さんもご覧になってください。
今日はこれから、年に1度の町内会のゴミ拾いです。どうしてなのか、春になるとゴミがたくさん落ちているのに気づきます。まあまあのお日和で良かったです。がんばってきます。
排水管業者は、明日の午前中に来てくれることになりました。
[PR]
by nyankai | 2014-04-14 09:20 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(7)