ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます

by nyankai

カテゴリ:ミュージカル(舞台)( 310 )

 笑美ちゃんの登場で、本当は息子は芝居でも大奮闘するべきなのですが、現段階ではそこでは大きな収入を得られていないので、しばらくは家庭を顧みられなくなる公演活動は比重を減らす、特に京都を離れる地方公演はやらない方針です。d0017084_9182715.jpgでも、来月(来年です)下旬、福岡の「キビるフェス」というのに呼ばれているそうです。呼ばれるならば、良いですよね。「キビる」は、福岡の方言で、「つながる」という意味らしいです。福岡は、1度大失敗をしていて、息子にとっては良い思い出が無い所の様ですが、巻き返しになると良いですね。
 「ツレがウヨになりまして。」をやるんだそうですよ。ヒロインは、福岡の女子大生に設定しているようです。1月27日(土)&28日(日)、パピオビールーム大練習室です。私は福岡近辺に知り合いがおりませんので、直接は営業ができません。もしもニャンコ座を見てくださっている方の中にいらっしゃいましたら、ぜひ体験してみてください。
 見落としていたことがありました。笑美ちゃんの誕生日である12月9日に、北海道交響楽団を設立した川越守さんが、亡くなりました。川越さんには、1990年に日高管内みんなで歌った「第九」で、指導していただきました。ほとんど経験者はおらず、田舎の合唱団員や、「第九ってどんなもの?」体験してみたい人の寄せ集めですから、たぶんけっこう下手だったのではないかと思います。演奏会が、12月9日でした。d0017084_9203848.jpg「第九だけに、9日で良かったね」と言い合ったのを覚えています。川越さんにしたら、たぶん数限りなく振った「第九」の1回にすぎないのでしょうが、不思議な偶然を感じました。川越先生、ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。
 パーキンソンの先輩である大魔王様の奥様は、ただ今リハビリで入院中です。クリスマス前には退院できないそうなので、まじょ子さんと2人で、クリスマスプレゼントを贈りました。そうしたらば、昨夜わざわざお電話をいただきました。私に「早くわかって良かったね。薬は良いのが出てきているから」と励ましてくださいました。
 今日本当は、観に行きたい公演がありました。シークレット歌劇団0931「エリザベーーート!」っての。A子さんにそれとなく振ったけれど反応なし。冬じゃなかったら、体調こんなじゃなかったら、もちろん一人で行ったんだけど無理でした。残念。
[PR]
by nyankai | 2017-12-16 09:17 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)
 たくさんの方に心配をかけ、好き放題にぼやき、愚痴り、助けてもらっていることを、お詫びして、感謝しています。絶対にいついつまでには元気になりますと言えないことが、悔しくもあり情けなくもあり、さらにわがままを言い続けることしかできないこと、大目に見てねとおd0017084_9504742.jpg願いするしかありません。
 昨日は、今年で10回目となる「労働文化祭のザ・ニュースペーパー」公演に行ってきました。今年はとうとう、前売りを買って置く自信が無くて、当日券にしました。A子さんが心配して、御主人が送り迎えしてくれました。ありがとうございます。
 冒頭、音響トラブルだと思わせて、松山千春が出てきて、「果て~しない 大空と・・・」と歌い、がっつりつかみました。安倍の出番が多かったかな。前原さんは、連合に謝っていました。d0017084_9531952.jpg貴乃花が良く似ていました。姜尚中さんが、静かにしゃべりすぎて聞こえないのも笑えました。そう、たいていのことが笑い飛ばせるんだと、改めて気付きました。ニュースペーパーの皆さんも、労働文化祭に来る人がお客だから、とりあえずやりやすいだろうなぁと思います。
 ところで、私は最初から皆勤賞で10回観ているような気がするのですが、お楽しみ抽選会では、当たったことが無かったのです。d0017084_9535851.jpg今回は当日券なので、1003番というとんでもない番号でしたが、それが当たったのです。「新冠温泉レ・コードの湯回数券」が。賞品紹介の時、これは当たったら困るなぁと思ったのです。もちろん温泉は嫌いではありませんが、1人で温泉に行くような趣味もないし、まして車で30分以上もかかるレ・コードの湯へは、行くことは考えられない。よりにもよってこれが当たっちゃったなんて。私は、Tシャツか、又は米かDVDがほしかったのに。
 A子夫が「良いなぁ」と言ったので、わざわざ送り迎えしてくれたお礼に、6枚もらっていただきました。残った5枚。新冠か新ひだかの知人に、何かのお礼として使うとか、万が一誰かと出かけた際にお風呂おごるとかができれば良いかなぁと思います。何にしても、当たるというのは、悪い気はしないものです。
 終演後、ビクトリアによって、遅い晩御飯を食べて帰ってきました。
[PR]
by nyankai | 2017-11-23 09:49 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)
 昨日の十五夜は、良く見えました。満月は、明日だそうですね。
 昨夜はそんなことより、ハムの札幌ドーム最終戦、しびれました。大谷君、4番でピッチャー、10奪三振完封。たぶん行っちゃうんだろうけど、私達が付いているからね~。
         053.gif祐様、61歳おめでとうございます053.gif
 今日は、愛する祐様の誕生日です。d0017084_9401764.jpg今年も書かない訳にはいきますまい。これから1ヶ月半、祐様と同い年です。
 もう1年以上も祐様の舞台は観に行っていないけれど、つい最近のドラマの丈太郎さんでは、祐様を満喫させていただきました。現実に身近に、外見も含めて、あんな人がいたら、良いのになぁ。もちろん本当の祐様は、相変わらず謎のままです。それで良いのです。ただね、祐様、コンサートしてほしい。CD出してほしいですねぇ。
 素人の手作りほどやっかいな物はない、迷惑になるだけだと思いつつ、調子悪くて、なるべく寝ていたいにもかかわらず、今年もやってしまいました。今年は、巻き物風お誕生日カードです。和紙を棒に巻き付け、中身はアンバランスに洋風にしてみました。d0017084_9412340.jpg祐様が設立したねこにゃんニコニコパワー普及促進活動NEPO(NEkonyan nikoniko POwer activities)も意識して。後はシンプルに、紙袋の柄や使用済みカレンダーを利用したりして。物を捨てられない弱みが、こういう時だけ強みになるのです。何一つとして新たに買わなくても、でき上がりました。
 祐様、開いて笑って、そして捨ててください。1ヶ月半たったらお姉さんの私からの祝福です。
 昨日は思い切って、MSパーキンソンに電話してみました。紹介状やデータはあった方が良いとのことなので、すぐにいつもの神経内科に電話して、紹介状を依頼しました。「もうこちらには来ないという意味ですか?」と聞かれたので、「そうではありません」と答えました。実際、そういうつもりではないもの。直接関係無いと思うのだけれど、長いこと左肩が痛い。右ろっ骨と言うか胸筋も痛い。も~、嫌だわ~。
 昨日も寝ていたかったのだけれど、ワイドショーの選挙ネタもあきたし、どんどん色づくアイコ様と、ルバーブを収穫したら、虹が出ていました。
[PR]
by nyankai | 2017-10-05 09:35 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(2)
 札幌公演は、目標の200人に達しなかったので、撤退するそうです。残念ですが、収支が合わないのだから仕方ないです。正直、多岐にわたって私もしんどいので、本当に撤退でも良いなぁと思います。ただ観に行けば良い東京の方が楽です。と、言い切るのは本意ではないのですが、今の体調のまま悪化して行くなら、もう助けてやることもできないので。
 7月に、宣伝トークショー(ん?ワンマンショー?)をやった時に、「ここではやらないんですか?札幌までは行けないわ」と、数人に言われました。そうなんですよね。d0017084_1018171.jpg私にとって札幌は、行きたけりゃ行ける範囲ですが、そうでない人には、ハードル高いのでしょう。距離とか、乗り越える優先度は、人それぞれで、宣伝しなくても楽しみにしてくれている人は、どうなったって来てくれる訳だし。来てくれた人を相手に、もっと来てほしいなどと愚痴ることほど、良く考えたら、いえ、考えなくとも、悲しいです。後は、いかに宣伝能力のあるリピーターを作るかです。感想集ですよ→ここ
 「名誉男性鈴子」は、ネット配信でしか観たことはありませんでした。キャストもかなり入れ替わっているし、時事ネタを扱うのを売りにしているので、初演の時よりも進化しています。私の実体験も入っているのですよ。聞きたいですか?校長に新年度の希望を聴かれた新婚さんの私、「妊娠するかもしれないから、担任は外した方が良いんじゃないですか」と答えましたが、5年生の担任になり、見事に半分で産休に入りました。はい、鈴子に言わせると甘えているd0017084_10191584.jpg公務員ですよ。翌年12月に復帰するも、次の年度に際し、転勤が決まってから、「私、やっぱりやめるぅ」と、ドタ退職したのです。
 かなり面白かったです。母親じゃなけりゃ、連続3回同じ公演なんて見ませんよね。息子の書く本の傾向は、自分の考えを代弁する役はいますが、あくまで観る人に考えさせてくれます。楽ステで、後ろで笑ってくれていた天才中学生は、何を思ってくれただろう。
 キャストが入れ替わりながらも、芝居の力はついて来ています。何より、あれだけのセリフを浴びせられながらも、気持ち良いテンポを感じられます。こんなに面白いのに、もったいないです。私が大金持ちだったら、何かのスポンサーになって、テレビで取り上げてもらえるように、画策するのに。
 アンケートを書かなかった私の、ポイントを3つ。「高校の先生」(カフェインだめなら、麦茶じゃないと)「3ステの日替わりゲストが、2人がけの椅子に4人で座った所」「鈴子さんの退場」(中学生のママに大ウケだった)でした。
 東京公演と、京都公演との大大大成功を、北海道から祈ります。
[PR]
by nyankai | 2017-09-26 10:14 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(2)
 私はきっと、パーキンソンなんだなぁって気がします。何とか1泊2日の「第九」の練習と、「名誉男性鈴子」の3連続観劇、合間に「ゴッホ展」をのりきったけれど、疲労困憊で、昨夜帰宅しました。
 まず、一昨日は第九から。N氏に「第九は声のリハビリになるよ」と、半分冗談で声をかけたら、本当に来てくれました。名簿記入に際し、所属団体「富川合唱団」と書いてくれたそうです。しまった!私はかっこつけて「コーロ・ファーチレ」と書いてしまった。N氏ったら、初キタラが、観客ではなく出演だなんて、何とすごい人なんだ。一緒に楽しみましょう。
 練習もそこそこに、思うように動いてくれない脚で中島公園を突っ切り、シアターZOOに向かいました。懐かしい階段を下りると、とってもきれいな子が2人。d0017084_91065.jpg何年ぶりかで会う姪っ子姉妹でした。息子が、託児要員として頼んだのです。2人とも保育士です。でも、依頼は無かったそうで。それにしても、自慢して歩きたい位、2人とも美人です。ありがとうね。
 アフタートークをやっていました。終わって出てくる人の中に、何人か知人がいて、ごあいさつをしました。ありがとうございます。
 それにしても、写真で見てはいたのですが、息子がとんでもなく髪を短くしたのにはびっくりしました。出家したのかと思ったもの。さすがに写真で見たよりは少し長かったですが、待てよ、何かが違う。息子は高校の時、d0017084_924413.jpg役のためにスポーツ刈りにしたことが1度ありましたが、生え際は丸かったように思います。それなのに、今は真ん中が出っ張った富士額風。さては30歳過ぎて、両サイド禿げたか。でも誰かに似てる。そうだ、笑美内親王様だわ。あ~、今すぐ飛んで行って、笑美ちゃんのおでこを調べたい。
 ホテルチェックインして、夕飯食べて、再びZOOへ行くと、雨の中傘をさして、人が並んでいました。こういう時は、臨機応変に開場しないとだめじゃない。
 ネット配信でしか観たことが無い「名誉男性鈴子」、感想は明日書くことにします。私は書き魔のくせして、めったにアンケートは書きません。その場でチャッチャと書くのが苦手なんです。終演後外に出たら、個人的には、飛び越えるミサイルより怖い、雷雨でした。くわばらくわばら。
 今年は早々と、大晦日のホテルと、ジルベスターのチケットを確保しました。
[PR]
by nyankai | 2017-09-25 08:58 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)
今日2公演、観て帰ります。
[PR]
by nyankai | 2017-09-24 09:08 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)

心の重し (8/25)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.8まで、あと22日060.gif
 良いお天気なのだけれど、何かが違う。そう、秋になった感じ。
 順序としては、16日のごちゃコンが先なのですが、私としては、次の週23&24日の息子の札幌公演「名誉男性鈴子」も同じ位というか、それ以上に気になるのです。と言うのも、息子は今d0017084_8503459.jpg、毎度のことの作品の稽古の進み具合やチケットの売れ行きの他、ちょっと心の重しを抱えています。
 「名誉男性鈴子」は、こんなお話です。
 平成の大合併で誕生した南アンタレス市初の女性市議会議員、黄川田鈴子は女性の社会進出の象徴として活躍していた実績をかわれ、引退する市長の後継指名を受け市長選へ出馬していた。しかし、鈴子は女性の社会進出の象徴といいながら、実際はきわめて男尊女卑的な言動を繰り返す、まさに「名誉男性」だった。
 息子の心の重しは、本人でもない、部外者の私が書けることには限度がありますが、単純に親として気にかかっています。信頼していた人とのトラブルを、引きずっています。詳細は分かりませんが、その相手を許せないことに苦しんでいます。許せないというのは、容易に消し去ることができないほど大切な人だった証であり、大きなエネルギーを奪ってしまうばけものみたいなものです。
 ず~っと以前にも、似たようなことがありました。その時も息子は憔悴しきっていました。もっと若い時だったので、心配で心配で、「わかった、私が代わりに、わら人形でも作って、一生その人のことを恨んでやるから、もう解放されなさい」と言ったことがあります。わら人形は作りませんでしたが、今でも時々思い出します。私は執念深いので、怖いよ。
 今はもう、代わりに恨んでやる作戦は、通用しないでしょう。理由が単純ではなさそうだから。私がやってやれるのは、鈴子の宣伝を手伝うこと位です。客席が満席になることが1番、息子の癒しになり、重しを取り除くことになるでしょうから。知り合いに、お手紙を出しました。チラシのみを送ってもインパクトに欠けるので、書き魔にできる数少ない方法で、手伝いましょう。
 札幌および、札幌まで行って帰ることが難し過ぎない皆様、「劇団笑の内閣」の「名誉男性鈴子」、9月23日&24日、「シアターZOO」で、両日とも2回ずつ公演ありますから、足をお運びください。とっても面白いです。
[PR]
by nyankai | 2017-08-25 08:49 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)
 おそらく、千秋楽チケットが当たる等余程のことが無い限り、昨日の「ライオンキング」をもって、北海道四季劇場での観劇は最後かなぁ、と感慨にふけっていたら、調べたら何と、2020年夏まで、土地賃貸契約を延長したんだって。な~んだ。とりあえず良かった。「心配ないさ~」です。
 で、ライオンキングですが、四季劇場「春」で2回、大阪MBS劇場、北海道四季劇場の杮落しで、少なくとも5回目だったことが分かります。私も好きね。d0017084_10145415.jpgミュージカル最高。
 日曜日とあって、会場はお子ちゃまも多く、ほぼ満席に近かったです。私の真後ろは、パパとそうねぇ5歳位のぼくでした。夏休みにディズニーランドに行くらしい、楽しい会話をしていました。それが、始まったとたん「怖い、お家へ帰りたい」・・・ライオンキングは6年ぶりですが、音量が大きい感じはしました。圧倒的な大迫力にやられてしまったか、幾度も「お家へ帰ろう」に、パパ必死でなだめるも、ぼくちゃんの機嫌は治りませんでした。1部の終了を待たず、パパ子は退場してしまいました。パパ気の毒。
 右斜め後ろには、4人家族が陣取っていました。幼稚園くらいの女の子と、パパとママと、何とママは、笑美ちゃん位の赤ちゃん(性別不明)を抱っこ紐でくくりつけていました。その赤ちゃん、1度もぐずらず。恐るべし、君はミュージカルのd0017084_10173359.jpg申し子か。
 四季の俳優さん達、本当にわからなくなりました。昨日のキャストで知っているのは、ザズをやった明戸信吾さんくらいなものでした。ダンスも歌もレベルアップしています。でも、合唱バカとしてちょっとだけ言わせてもらうなら、デュエットなど、少人数で歌う時、ビシッとハモっていない事があって、気になりました。
 歌は、何がどうしてそうなるかわかるつもりですが、ダンスは同じ人間の体なのに、どうしてあんな風になるのか、見当が付きません。
 ティモンとブンバは、当然北海道弁です。聞いているうちに、訛りがうつってきました。でも私「・・・だべさ」とは、子供の頃から言いません。カテコがとてもしつこくて(喜んでいます)「帰れないべさ」になりました。
 今さらですが、愚息は、劇団をやっています。四季の様に、一劇団の中に俳優や演出家や音響や照明や営業がいて、企業として完結する様な所は、数少ないでしょう。先日一緒にイベントに来てくれた丸山君もKさんも、息子の劇団員と言う訳ではありません。かけもちをしているのです。たとえば、製作者として何カ所もの劇団の仕事をとるとか。そうやってようやく、なりたっているのです。
[PR]
by nyankai | 2017-07-24 10:12 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)
 豪雨予報が出ていましたが、夜中は良く眠れていたので、どのくらい降ったのかはわかりません。北海道に梅雨は無い、はもはや通じないのでしょう。
 昨日の続きです。イベントの中身は、丸山君のワンマンショー「太っている僕の世界」「僕の好きな先生」「笑の内閣の歴史」と、中学時代の国語の先生を交えたトークショーと、短編「君の名は。」の上映でした。
 丸山君は関西弁の早口でまくしたてるのですが、滑舌が良いから、何を言っているかは良くわかります。どこまでが本当なのかは不明ですが、とても面白かったですd0017084_1012463.jpg。というか、切なくなったりしました。彼は海外公演には出たくないそうです。それは自分のセリフに誇りを持っているので、字幕では嫌なのだそうで。なるほどね。 都会と田舎という比較ではなく、お客様の年齢層というか、場馴れ度の問題と言うか「ここ、笑って良い所ですよ~」というのはありましたけど。
 「君の名は。」は、観たことありませんし、映画「君の名は。」も観ていません。皆さん、タイトルには著作権が無いのはご存知ですか?無いんですよ、だから、パクリではありません。内容は書けませんが、最後のシーンで、あ~、そうだったのかもしれないと、なんだかウルッとしました。
 ナカジマさんは、お客様にコーヒーと麦茶を出してくださって、もう、脚を向けては寝られません。超早割チケットは、私が買い占めた分も入れて、10枚売れました。札幌はチケット制でしたが、ニャンコ座町はカンパ制でした。いくら集まったのかは、あえて聞きませんでした。
 後片付けをして、家に戻って、両方!のお寿司と塩牛丼で打ち上げ。国語の先生も、実家で作っているというトマトのはね品をどっさり(これ、3人はもって行ってくれなかったから、配るの大変だったんだから)、d0017084_10135743.jpgサイダーとビールを持って来て加わってくれました。
 寝不足やら旅で相当疲れているはずの3人ですが、最後にツイキャスってのを3人でやっていたのが、とってもおかしかったのです。私も一言だけ発しました。ホエイとは「ヨーグルトの上澄み」って。
 客間の無いニャンコ座、寝室のベッドにスタッフの女子と私、リビングに丸山君、ダイニングに息子が寝て、みんな割と機嫌良く起きられて、1番寝かせたプリンとコーヒーだけお腹に入れて、空港へと向かったのでした。
 洗濯したら、エネルギーが切れたというより、とても寂しくて仕方なかったのです。息子滞在は22時間ぽっちでした。息子が母の日にくれたピンクのカーネーションは、庭に定植したら、2度目の花期を迎えています。1人暮らしは自由で気ままで良いです。でも、寂しくて。最後は誰かと暮らしたいなぁ。
[PR]
by nyankai | 2017-07-22 10:10 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)
 息子たちを空港へ送って、それからゆっくり書きますので、どうぞご心配無く。

 ずい分ごゆっくりになってしました。例によって、気の持ちよう(自分で言うのは構わない)、で元気だったのですが、空港でもう1回美味しいものを食べたいので朝ご飯はいらないという御一行様を送り、戻って粗末な朝ご飯を食べ、節約タイム前に洗濯をしたら、もうエネルギー切れになりました。
 昨日はまず息子だけが1本早いバスで来て、ナカジマさんにごあいさつして、家に着いてすぐに、マコのお墓に行き、返す返すも残念がっていました。息子の言うのにはd0017084_15503172.jpg「このアロハ、破れちゃったんで、直して」。みごとなかぎ裂き。私は針仕事は好きですが、繕い物は得意ではない。でも良いアロハなので、がんばってみた。
 昼近くに2人が来て、会場で仕込みをしました。心配だった借り物のプロジェクターも、スムーズに動いてくれて、次に、息子が自慢したのだろう、ニャンコ座町が誇る「いずみ」のそばを食べに行きました。2人の感想は、「すごくおいしい、けど、蕎麦とも違うような・・・」でした。わかる、その感想。
 息子達の居た2泊3日は、抜け落ちたように寒い日でした。息子の至福、デッキの昼寝はほとんどできなかったようです。3人はそれぞれに、夕方までを過ごしていました。ニャンコ座は、野中の一軒家で、馬がいる、牛がいると。キツネと鹿も見せてやりたかったわね。丸山君は、何かのアレルギーが出て、d0017084_15525535.jpgちょっとかわいそうでした。
 トークイベントが終わってから食べたのですが、「夕食は、お寿司が良い?塩牛丼が良い?」と聞くと「両方!」という答えが返ってきたので、そうしました。「お寿司なら農協のお寿司、牛丼は、焼肉のたれで手抜きだよ」と付け加えると「農協のお寿司」が、非常にウケました。確かに、のうきょうのおすしは、不思議かも。
 おやつタイムは、苦労の末手に入れた「エゾアムプリン」@富良野(直径20㎝)でした。何だか不思議プリンです。できたてよりも、時間をおいた方が、おいしくなるみたいだとのことで、みんなで今朝も食べました。d0017084_15552786.jpg何となくコクが出て来たようでした。
 さて、開演1時間前に小屋入りして、丸山君は熱心に準備、スタッフの子は入念に確認作業、息子はフラフラ、ナカジマさんは、飲み物の用などをしてくださっていました。誰も来なかったらどうしよう。写真は息子のを拝借、私も写っています。
 1番乗りは、従兄の奥さんでした。ほらね、私は彼女の絵画展には必ず行きます。次はA子夫妻、ご主人がプロジェクターとスクリーンを貸してくれました。その後は、わからんない、ナカジマ家の皆様総動員で、20名以上かな。名乗られて、一瞬分からなかったのですが、息子の中学時代の英語の先生が来てくださって、新聞の力もあったのだなぁと、良かったです。
 長くなってきたので、明日に続く。
[PR]
by nyankai | 2017-07-21 07:46 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)