ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます

by nyankai

カテゴリ:音楽(合唱)( 888 )

 昨日は、ファーチレの前に、苫小牧で開かれた「歌謡芸能フェスティバル」というものによって行きました。カラオケサークルの合同発表会です。姉上(元R.R.Singersメンバー、歌大好き、去年韓国に付き合ってくれた)が「恋心」で出ました。姉様(元メンバー、歌上手い)が誘ってくれて、姉上の出番が済んだらd0017084_10122247.jpg、自分も札幌在住のお母さんの所に行くので、送って行くからと言ってくれて、お言葉に甘えました。
 私、別にカラオケ嫌いではないのですが、歌う場所に不自由していないので、特に必要も感じていないというスタンスです。ただ、その場を盛り上げるレパートリーが無いことや、今はやりの歌を一切知らないことや、歌いあげる系の曲が好きなので、ちゃんと聴いてもらえないと不満で、誘っていただいても皆さんを楽しませられないんじゃないかと、ちょっとその辺りに自信が無く、遠ざかっています。
 42回を数えるフェスティバルは、チャリティーで実績を残しており、議員さんや甲子園焼けの市長さん等があいさつし、d0017084_10142988.jpg献金贈呈も行われました。
 姉上の出番は7番目とのことで、聴いてから昼ちょっと前に出れば何とかファーチレには間にあうかなぁと思っていました。プログラムを見ると、何と73番までありますF7F5.gif。お昼御飯を挟んで、延々と続く様です。津軽スコップ三味線のサークルと、踊りが数人、サークル全員でが3曲、ベンチャーズコピーバンドが1つ、何人かプロの歌手がゲストとして歌うといった感じです。
 プログラムの曲名を見ても、姉上が歌った「恋心」と、「川の流れのように」「浪花節だよ人生は」位しかわからず、世の中にはこ~んなに演歌(広い意味でね)があるのかと、あきれました。「威風堂々」があったのでF65B.gif、検索かけてみたら、着物のおじさんが歌うド演歌でした。d0017084_10152513.jpg長身の姉上は、スパンコールの付いた緑のロングドレスがとても似合っていて、フェスティバルデビューとは思えないほど、堂々と歌っていました。かなりのご高齢の方も、お元気に歌っていました。カラオケって、どうしてこんなに愛好者が多いんでしょう。羨ましい。
 ファーチレにはあまり遅刻しないで済みました。最後に白羽の毒矢のメリスマを少し見てもらい、3年前よりはいくらかましかもと言ってもらえました。引き続き色々試しつつ工夫しつつ、がんばってみます。
 帰りも姉様が拾ってくれて、バスにも乗らず、札幌に行って来られました。助かりました。だけど、疲れました。今朝も疲労がとれていません。
 清宮君、練習に復帰したそうです。体重が6kgも減ったそう(ということは0.1tを下回った)で、かわいそうに。でも顎がシュッとしてイケメンになっていました。
[PR]
by nyankai | 2018-03-26 10:11 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)
 北国にも、春が少しずつやってきています。ペットボトルなど物置きに持って行った時、陽気に誘われて、トラクターの雪かきで花壇に入ってしまった石ころを何個か、遠くに飛ばしました。ソフトボール投げとか、超苦手でした。でもそれ、脚が悪くて体育ができなかった頃、投げ方を教えてもらっていないせいd0017084_9345787.jpg。美しいポーズを思い描いてやってみると、意外と飛ぶじゃないですか。楽しい。
 玄関すぐの花壇には、植えてもいない野菊、野菊は好きですが、増えすぎた野菊の残骸があまり良い見てくれではなく、思わずその場にしゃがんで、素手で根元から折ると止まらなくなって、すぐにけっこうな量になりました。まずいと思って、立ちあがろうとしたら、強烈な脚のだるさに、わが身の体調を思い知らされましたF3EF.gif  フキノトウ味噌を作りました。食欲今一なのですが、苦くておいしい。
 オーディオ周辺をちょっと整理したら、息子の声が録音されたテープが発掘されました。ようやく言葉をしゃべり始めた頃のと、幼稚園頃自分で勝手に歌を作って歌っているのと、童謡歌唱コンクールのテープ審査用に録音した、ボーイソプラノと3本。ものもちの良さは、家が片付かない元凶ですが、思い出は、しばし心を温かくしてくれます。私はこうして、捨て下手道を極めて行くのでしょう。
d0017084_936455.jpg ごちゃコンの曲紹介です。
 ☆「夕日が背中をおしてくる」―作詞:阪田寛夫 作曲:山本直純 大好きな曲です。子供に歌わせると、程良く高いから地声では無理で、自然と澄んだ頭声で歌ってくれます。合唱も良いですが、ソロでも良い味が出ます。
 ☆「心の瞳」―作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし 歌ったのは坂本九。1度紹介しましたが、もう1度。オモコーバージョンで合唱します。何より良いのは、前を向け、坂を登れと励ます歌が一般的な中、明日はすでにたかが知れていることがわかっている、昨日を振り返って良い、そこには歩いて来た人生があるだけという歌詞が、ほっとさせてくれます。
 ついでに発掘された、直径8㎝のシングルCD2枚。なぜ存在するのかわからない(買った記憶もらった記憶がある物は、他にも何枚かある)「サインはV」F7C3.gif(坂口良子)と「風が落とした涙」F46C.gif(小川ローザ)です。シャープペンシルの長さと、比較してください。ジャケットは、もしかしたら、ほしい人にはたまらない物ではないかと。だって、坂口良子のバレーブルマ姿と、小川ローザの「Oh!モーレツ」だよ。アダプターも残っていたので、再生してみました。
 息子は昨日、日本のバスティーユ大阪拘置所前に行って、「籠池出せコール」をしたようです。面白かったろうね。フィギュアスケートの世界選手権女子の結果ですが、わからないものですねぇ。
[PR]
by nyankai | 2018-03-24 09:33 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
 大坂なおみさん、やりましたね。高木美帆さん、渡部さんおめでとうF647.gif 
 今日は、なべさんの命日です。ネット上に残してくれているtwilogから拾ってみました。
       妻が部屋の汚さなじる今日もまた 結局こうした日々が幸福
 今年のごちゃコンで、「ドレミの歌」を歌うのは、すでにお知らせしてありますが、この件で重大な事実が判明しました。「ドレミの歌」は、実は「シ♭ドレの歌」だったのです。d0017084_9113288.jpg歌うに当たり、ちゃんと勉強しておこうと思い、ある子ちゃんが持っているDVDを借りました。平原綾香ちゃんが吹き替えをしています。それはそれはすばらしいです。が、
 ドレミの歌を聴いて、何となくお上品だなぁと思ったのです。それと、1番最後にマリアはハイCを出すのですが、それがどうしてもハイCに聴こえないのです。そうしたらあなた、ドレミの歌はハ長調ではなくて、変ロ長調だったのです・・・これって、何なのよ。その段階では、日本語吹き替え版を作るにあたって、下げたのかと思いました。でもそんなことして良いのか気になって、調べてみたのです。
 そうしたらあなた、映画は初めから変ロ長調なのですってよ。え~~~、知らなかった、ずっとハ長調なのだと思いこんでいました。今までに出会った楽譜はすべて、ハ長調だったし。リチャード・ロジャースは、ハ長調で書いたそうです。
 私は絶対音感が無いので、気が付かなかったのですが、今回は何か変だと感じたのです。変と言うのは、別に悪いと言っているのではないですよ。調による音色の違いは、どちらが良いかも好みだと思います。d0017084_9135296.jpgジュリー・アンドリュースが声が出なかった訳は無いから、映画を作るにあたって、変ロ長調の方が良いという結論に至ったのでしょう。
 私は移動ドだし、ドレミは単なる歌詞だし、出している音はシ♭ドレでも、ドレミと歌うのは、何の問題もありません。でも絶対音感のある人、固定ドの人を集めて、変ロ長調のドレミの歌を披露したら、どんな気分になるのでしょう。興味あります。劇団四季は、どちらで歌っているのかなぁ。これは確かめるために、絶対に7月からの公演に行かなくては。
 私達はどうしましょう。ピアノはエレピを使うので、ピアニストさえ良ければ(彼女は絶対音感があります)すぐに下げることはできます。下げれば、私はB♭なら出せるので(ハイCはちょっと危険)、良いかもしれません。
 色々な物が芽吹いています。昨夜の「ダーウィンが来た!」はエナガでしたが、ダリがずいぶん長いこと見ていました。息子が、子供向けワークショップ「ディベートをやってみよう」の講師をしたそうです。そういう仕事が、安定して入ると良いのですが。
[PR]
by nyankai | 2018-03-19 09:07 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
 大坂なおみちゃん、すごいですね。次は1位と当たるんですね。
 症状、行きつ戻りつです。昨日は午後からあちこちだるくて、フーな感じでした。もしかしてこのままいけるんじゃないかと思うと、又すぐに自信無くなる。
 ファーチレでは、白羽の毒矢の「スタバ」のメリスマソロが突き刺さっているので、毎日あ~かこ~かとやってみています。小平さんが言っていた、8割位の力で金メダルをとれる、つまり100%の力を出せて、運よく上手くいくのではなく、80%位でヨシッのレベルにしておかないと、心配ですから。メリスマを上手く転がすためには、声を出す、思っているよりもっと声を出し続けると言うことのようなd0017084_10202288.jpg気がします。
 ごちゃコンの方は、近くになって焦らなくても良いように、がんばっています。
 ☆「The Sound of Music」060.gifより「サウンド・オブ・ミュージック」・「ドレミの歌」・「すべての山に登ろう」―作詞:オスカー・ハマースタインⅡ世 作曲:リチャード・ロジャース。今さら説明の必要もないミュージカルからd0017084_1022540.jpg3曲を歌います。
 中学生の時だと思いますが、父がセールスマンに負けて、映画音楽全集(LPレコード)を買った中に、サウンド・オブ・ミュージックは入っていました。何度もかけては一緒に歌いました。初めは「ドレミの歌」だけのつもりでしたが、ジロウさんがせっかくなら3曲やろうと言ってくれたので、他の2曲はジロウさんに、私達の人数とレベルに合わせたアレンジを丸投げしました。
 私達のごちゃコンはいつも、衣装がバッチリです。今回も、イメージはフォークダンスのスカートなんだよねーと言うことで、積立貯金をして、スカートを買いました。実際の映画では、ワンピースにエプロンとか、ジャンパースカートみたいですが。何しろ形から入って、それに力をもらって、歌を仕上げて行く団なんです。スカートは2種類あって、ウエストゴムのフリーサイズなので、5人の女性メンバーのために、3枚と2枚買いました。私はとりあえず、縦じまの方を引き取りました。
 男性は何着れば良いんだF65B.gif私のイメージでは、チロリアンハットとベストと半ズボンとハイソックスなんですがF7CE.gif
 フォークダンスと言えば「オクラホマミキサー」(藁のなかの七面鳥)「マイムマイム」(水だ水だ)「コロプチカ」(行商人)「ジェンカ」(レッツ・キッス)で、どれもアルプスじゃないでしょ。どうして、こういうイメージが固まってしまったのでしょう。
[PR]
by nyankai | 2018-03-16 10:18 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)
 昨日のブログ、全く心当たりないのですが、非公開になっていました。気が付いて戻したら、「イイネ」が消えていました。機械のやることはわからない。今日はどうでしょう。
 元々神経たかりで、股関節が悪くて外でめいっぱい遊ぶことができない子供の頃から、寝付きが悪い傾向がありました。それでも長いこと特に気にすることなく付き合っていましたが、いっちゃんが死んでから、眠れない症状が強くなり、睡眠導入剤や安定剤のお世話にd0017084_1064350.jpgなり続けてきました。
 パーキンソンの薬が眠くなると聞き、確かに多少の眠気を感じることもありましたが、エフピーが追加されてからは、急に眠気が襲ってくるので、車の運転はできるだけ控えてとまで言われたのに、逆に全然眠たくならなくて困りました。体験の無い人は、眠くなるまで寝なきゃ良いだけのことじゃないなど、心無い言葉を発することがありますが、それは間違っています。眠れないのは辛くて、体も頭も疲れているのです。デパスに助けてもらっていますが、なるべく薬無しで眠れるようになりたくて、ささやかな努力はしているのですよ。でもがんばって寝る、というのはどこか変な気がするのです。
 この間、こんなCDを買ってみました。「究極の眠れるCD」F64D.gif。ヨガの時に流してくれる音楽(私が行っている所は、インド音楽ではありません)が心地いので、何か試してみたくなったのです。ゆったりとしたメロディーと水の音が調和していて、自然と体の力が抜けて行き・・・と、セラピストが推薦しています。
 川のせせらぎが聞こえて、知らない曲が流れてきます。この場合、知らない曲の方が良いかもしれない。眠りにはやはり「水」なんでしょうかね。それで、効果のほどですが、d0017084_107255.jpg1週間になりますが、良くわかりません。1度、60分最後まで聴いてしまいましたが、途中は眠っていたのかもしれません。人によっては、おしっこしたくなっちゃうかも。
 ヒーリング系のごちゃコンの曲、紹介します。
 ☆「天地の声」―作詞:遠山歌乙 作曲:森元奨六 去年の6・7月の「みんなのうた」で、歌っていたのは新妻聖子です。新妻さんが歌っていたからかもしれませんが、聴いた瞬間に、神秘的でFall in Love016.gifでした。すぐに楽譜を入手。幸い、易しい二部合唱に編曲されているので、最少人数合唱団の私達には、合っていると思います。大地に風に水に、すべてのものに神は宿る、そういう歌です。
 川のせせらぎ~ 海のさざ波~ 雨の音~ 風の音~ いや、降り過ぎ吹き過ぎ、1度眠ったのに目が覚めてしまい、嵐の音が気になり、あまり寝られませんでした。過ぎたるは及ばざるがごとし。国道が冠水しているようです。
 イチローの記者会見を見ました。あ~、イチローって、とても良い声なんだ。
[PR]
by nyankai | 2018-03-09 10:04 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)
 細々と練習してきたR.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.9ですが、昨日は男声もそろい、本格的に始動しました。
 練習には、もぐもぐタイムが必要なので、今月いっぱいで閉店してしまう近くのケーキ屋さんF7BD.gifで、オリジナルケーキを作ってもらって、みんなで食べました。フルーツいっぱいの優しい味でした。ありがとう「パサパ」。
 まず、日程を確認。今年は、d0017084_1014591.jpg6月30日(土)の夜です。皆様、お忘れなくね。予定が無かったら、ではなく、他の予定を入れないでぜひお越しください。
 去年は50周年と言う大切な年だったのに、その時は一生懸命やっていたつもりではあったのに、終わってみると完全に不完全燃焼でした。それは私の怠慢などではないのですが、私の事を考えて遅くしてくれたのに、あまりに体調不良で、集中できなかったのです。もうあんなことは嫌です。と言って、体調が戻っている訳でもなく、ただこの状態に慣れて来たかなぁという程度であるのと、病気の正体がわかったのが1番かな。
 昨日は、男声も一緒に歌う曲をしました。2人とも別に音とりしてやらなきゃならない人ではないので、約束事の確認をして、とにかく歌ってみる感じでしたが、男声が入るとやっぱり、豊かな温かみが出るわぁ。これから折を見て、演奏する作品を紹介して行きますね。
 昨日は、お子達も来ていたので、ワヤワヤでした。1歳4カ月のシモン君は、成長して照れが出てきているナナさんとハッチ~の後を継いで、とても良い反応をしてくれます。両手を持って、持ち上げるととても喜んでくれるものだから、ドーパミンが出て、d0017084_10154840.jpg一瞬パーキンソン治ったんじゃないかと言う位、元気になれました。案の定、みんなが帰った後どっと疲れが出て、2時間寝ましたけどね、気持ちは大丈夫です。男の子パワ~もおそるべしだわ。昨日はデパス飲んで寝たのですが、体重いです。
 夜「西郷どん」を見て、あの紀尾井ホールの「紀尾井」は地名であって、「紀州」「尾張」「伊井」の藩邸があったことがが由来だって、知りました。本来ならば、伊井ではなくて「水戸」が入るべきで(仕方ないよね、直虎ががんばったんだから)、「紀尾水」にならなくてはいけなかったと、水戸は根に持っていた。だから「桜田門外の変」が起こったと言わんばかりの感じで、非常に面白かったのです。
 お雛様、片付けました。来年もまた、飾れるだけの元気がありますように。写真の雛人形は、なんちゃってママのクラフトバンド手芸作品のサンプルF65B.gifです。来年の笑美ちゃんのため、注文しました。
[PR]
by nyankai | 2018-03-05 10:11 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)
 オリンピック引っ張ります。エキシビションを見て、改めて羽生君の個性を再確認しました。彼からは、男の汗臭ささがほとんど感じられないのです←これ、最大の褒め言葉です。だから彼はそれをめいっぱい使っています。だいたい、あのヒラヒラキラキラの衣装を着こなせるのは、羽生君ぐらいなものですよね。d0017084_9173293.jpg宇野君は又それとも違う、第3の個性です。面白すぎるわ。
 ザギトワとメドベージェワは羽生君のフェンだそうで、エキシビションのフィナーレでは(決まっていたのかもしれませんが)、しっかり2人で両サイドをとっていたように見えました。わかるよその気持ち。
 CD整理をした時、何枚かボーイソプラノ・カウンターテナー・ソプラニェッタのCDが出てきました。私、この辺りが好きなんですよね。7月のファーチレは、カウンターテナーが2人出るみたいですよ。
 メリスマが上手く回るかどうかは、永遠の課題でしょう。前回、歌姫さんに特訓してもらって、少しだけできるようにはなったのですが、まだやってみないとわからない、たまたま上手くいっただけレベルです。どんなに突然振られてもできる、できるようになっておかなくては。歯磨きしながら、突然思い立ってやってみたら、やたら上手くいったのです。なしてF65B.gif その時は上の奥歯の外側を磨いていました。だからソフトパレットがきちんと上がって、やや歯を見せる感じになっていたのです。これはいったい・・・d0017084_9191771.jpg歯ブラシを抜いてやってみる、ちょっと下手、もう1度歯ブラシ入れて頬骨を持ち上げてみると、回るではありませんか。これかF37E.gif でも、ステージで歯ブラシ使えないしね。
 そういえば、閉会式で「オリンピック賛歌」歌ったのも、11歳のボーイソプラノでした。賢そうなかわいい少年でした。彼のボーイソプラノは、たぶん後ちょっとでしょうけど、すくすく成長してほしいです。(次の冬の五輪が北京だとのこと、口パク騒動ってのがありましたっけ)
 ボーイソプラノ君の前に、13歳のエレキ少年がすばらしい演奏を聴かせてくれました。で、ふと頭をよぎったことがあります。もちろん自国開催で力が入ったことは言うまでもありませんが、試合運びやら対応やら様々な点で、幾度か韓国と言うお国柄に、強い負けず嫌い根性を感じたのです。も~怖い程。私自身は負けず嫌いですが、日本にただようお人よし体質は、それは悪くないなぁと思うのです。フェアでしょ。
 昨日は私の泣きごとに反応して、まじょ子さんが電話をくれました。ありがとう。
[PR]
by nyankai | 2018-02-27 09:15 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
 おやっ、今日は二・二六事件のあった日ですね。
 オリンピック楽しませていただきました。一昨年のリオも寝転がりながら見て、まさかまた同じように具合悪いオリンピックテレビ観戦になるとは、夢にも思っていなかったです。もちろん選手の中には、怪我や病気と闘った(ている?)人もいますが、とりあえず高みを目指す練習ができることに、うらやましさを感じつつ。でも昨日はなぜか、こんな感覚忘れていたほど、調子が悪くなかったです。今日もそうだと良いですが。
 白羽の毒矢に当たって引き受けてしまった「スタバ」のソロの練習をせねばと、まだ発病の自覚は無かった2015年夏のファーチレの演奏会のCDを引っ張り出しました。私はいったいどんな風に歌っているのか。当時は何とか及第点だと思っていたのですが、今聴くと下手です。理想のレベルが上がったのは良いことだけれど、できるのか、私。
d0017084_9442530.jpg CD発掘に当たり、あまりに脈絡ない収納にあきれ、CD&DVDの整理をしました。音楽が趣味の割には、それほどCDは多くは無いと思います。以前は、コンサート等でCD販売をしていると、買わなきゃ悪いような気がして、買ってサインしてもらったりしていたのですが、切りが無いのでやめました。
 単純にクラシックとミュージカルとそうでない物、男性と女性、自分の出たコンサート、練習用音源等ざっくり分けました。LPレコードをCDに落としてもらった物が何枚も発掘されました。いやいや、あることは知ってはいましたが、しばらく聴いていませんでした。中に「ガロ」の「吟遊詩人」がありました。
 私の世代の高校生の頃は、フォークソング全勢でしたが、「学生街の喫茶店」が出てきた時は、なんておしゃれなんだと驚きました。何がって、今思うとハモリだったのだと思います。大学に入って、いっちゃんがマークに良く似たかっこうをしていたこともありましたが、私はずっとガロ派でした。なけなしのお金で買った「吟遊詩人」は、大好きなプログレ風でもあり、世間ではほとんど認知されていないかもしれませんが、レベル高いと思います。作詞は阿久悠さん、作曲はメンバーがほとんど、編曲は松任谷さん、色んなミュージシャンが参加しています。忠さんの名前もあったので、もしも又忠さんに会えたら、話題にしてみたいです。
 レコードの歌詞カードには、鉛筆でコードが書き入れてありました。一生けん命耳コピしたのね。アルバムタイトルの「吟遊詩人」のその曲は「吟遊詩人が、ギターをかきならし歌う歌は、特別の人じゃない普通の人のこと あの時代愛してた仲間の青春を、歌ってきかせたいと今思う」。「おらおら」の若竹さんが書いていました。若い頃は、主人公=私だったけれど、少しずつ距離感を保てるようになったと。それはひょっとして、歌う時にも、生きるのにとても大切なんじゃないかと思いました。
[PR]
by nyankai | 2018-02-26 09:41 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
 福井の方たちの難儀を思えば、どうってこともないのですが、昨日はKさんのトラクターの後、細かい雪かきを知人に助けてもらいました。物置きやネギ&マコのお墓まで道を付けてもらったり、ウッドデッキにたまった重い雪をどかしてもらったり。今すぐではないけれど、将来一人でニャンコ座に住み続けるのは絶対無理だなぁと、切なくなります。d0017084_9403173.jpgそれにしてもこの景色、もう2度と見られないかもしれないので(それほどニャンコ座町は、いつもは雪少ないのです)、載せておこう。近所のかまぼこ型の倉庫が、雪の重みでつぶれていました。
 何でも「あたしおかあさんだから」という歌の歌詞が、物議を呼んでいるそうです。息子も参戦していました。歌詞を読んでみました。おしゃれをして働いて遊んでいた女性が、赤ちゃんを産んで、色々なことをがまんして、でも産んで良かった幸せという歌の様です。それが、d0017084_941880.jpg母親の自己犠牲を美化していると炎上しているそうです。息子も、こんな恩着せがましい親は嫌だよ、子供がいるからって妻にも絶対にやりたいことは我慢させないぞF65A.gifと怒っていました。
 私は一人しか子供を持ちませんでしたから、大したこと言えませんが、今は何一つ犠牲にしたとは思っていません。恵まれていたと感謝しています。息子には堂々と言いますが、あなたのいない人生等考えられないなんて、d0017084_9415648.jpgそんなこと全く無い。いなけりゃいない幸せがあったと思うって。Yちゃんに何も我慢させないと言い切った息子に、ちゃんと伝わっていると思いました。良かったです。ほら、「こんにちは赤ちゃん」にも「時々はパパと・・・」のくだりがあるでしょう。
 ところでこの歌、私も正直、浅いなぁ狭いなぁと思います。子育て真っ最中の人が、それでも襲ってくるストレスに対し、時にはこんな風に自分に言い聞かせるのは、わからなくもないです。じゃなきゃ煮詰まる。辛くなったら、こう乗り切るのもありだよねぇ、だったら良かったのです。でもこれを歌にして、声高に主張するってどうだろう。私が息子を預けて働いたのは、ほんの短期間でしたが、職場に着いた時はこっちの方が楽かも、と思いました。そういう切り替えは、当然あるのです。
 もしかすると作者は、こう考えて自分を励ますのも良いよという気持ちで書いたのかもしれないけれど、聴く人がみんな一律に、わかってくれるとは限りません。こんな時は、あまり期待したらだめみたいです。私もついこの間、真意は伝わるはずと信じて疑わず、コメント失敗しましたF46B.gif。それは又いつか別な時にでも。
 久しぶりに、笑美ちゃんとスカイプしましたが、前髪を切ってしもぶくれに見えました。
[PR]
by nyankai | 2018-02-07 09:37 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)
第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 好きなことに没頭できていると、ドーパミンが出て体調の事が気にならない、のだとしたら、寝ている時間以外はそうするべきなのでしょうか。その算段をするのもしんどいし、そんなの不可能でしょう。それが過ぎた時の反動と言うのか、d0017084_9574025.jpg疲労感はけっこうきついです。
 昨日はファーチレの後、さほど長い時間ではありませんが、チョコレート仕入れにがんばりました。基本義理チョコも友チョコもしませんが、日頃お世話になっている人にお礼の意味を込めてと、息子にも買いましたよ。あらかじめカタログを見て、目星は付けていました。それにしても、チョコレートは高い。チョコ貧乏になってしまいました。ついでに流行に踊らされるのはしゃくですが、帰っても夕飯が無いので、なだ万で恵方巻き(ハーフ)を買って帰りました。
 ファーチレは、中身の濃い練習ができました。「スタバ」のソプⅡは相変わらず、私をファーチレに誘った大学時代の音研の歌友と2人きりで、増える気配もないですが、こうなったらとことん付き合うしかないでしょう。バッハは、ようやく少し歯が立って来たところです。これからです。
    この音はいかにもバッハと膝を打つ バッハが見たら笑うだろうか
d0017084_9581491.jpg お風呂に入る時もバッハを聴くのですが、寝付きの悪い私は、ベッドに入る時F64D.gifも小さい音で聴くことにしました。本当はヨガの時のCDなどが良いのでしょうがね。照明を落とすと、不思議な感覚があるのです。いっちゃんの願いでトロピカルテイストを取り入れた寝室なのに、バッハのミサが流れると、ヨーロッパの石造りのお城(教会ではない)の中にいるような気がするのです。もちろんそんな所で寝たことなど無いですよ。
 一般的な睡眠のパターンは、眠りに落ちたとたんに深くなって行くとか。なのに私の場合は、全然眠い感覚が無かったり、眠ったとしても細切れに目が覚めてしまうのです。CDは聞こえているけれど、2曲目の記憶が無いとか、あれっ、7曲目が飛んだとか、とうとうCD終わっちゃったとか。ただ、最近はその事に焦りを感じなくなったのが、大いなる進歩です。寝る時に、「目覚めよと呼ぶ声がする」なんか聴いちゃだめかぁF485.gif 帰りのペガサス号の中で、盛大にいびきをかいている人がいたわ。 昨夜も、あまり寝たような気がせず、今朝は体が重だるいです。  
 練習会場の北区民センター玄関前の今年の雪像は、これでした。去年はピコ太郎さん、一昨年は五郎丸さんでした。
[PR]
by nyankai | 2018-02-04 09:53 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)