ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます

by nyankai

カテゴリ:音楽(合唱)( 884 )

生活感 (4/23)

 昨日は歌会でした。初めて、ナナさんとリコーダーを合わせてみましたが、とても4年生なりたてとは思えないほど上手で、これで安心です。ジロウさんも来てくれて、的確な指示を出してくれたので、どうなることかと思った「サウンドオブミュージック」も形が見えてきd0017084_1002072.jpgました。
 1985年と86年に、富川合唱団が、サウンドオブミュージックの中から何曲かを歌っている、ミュージックテープを発掘しました。思ったよりずっとうまかったというか、若くてキラッキラF37E.gifしています。ほとんどが20代~30代だもんね。ナナさんにテープを見せたら、もちろん知りませんでした。
 1曲紹介。3人(ピアニスト、まじょ子&私)で、ピアノ連弾をします。
 ☆「交響曲第40番第一楽章」―作曲:モーツァルト 有名な、タラランタラランタララ~ラッ です。モーツァルトの交響曲のうち、短調のものは2曲しか無くて、そのうちの1曲です。第一主題のメロディーは、ため息のモチーフと呼ばれるほど美しく悲しく、クラシックに興味の無い人でも、1度は耳にしたことがあるでしょう。父や親友、娘を相次いで亡くした頃に作曲されたそうです。
 一昨日のファーチレで、「生活感を無くして」という指示が出ました。バッハの音楽と生活感は、確かに似合いません。そもそも、演奏会には、生活感は持ちこみたくはありません。そう言えば、最初にファーチレに行った時、この合唱団には、生活感が無いと感じました。団員の皆さんからは、結婚している感じ、家庭人である感じが、ほとんどしなかったのです。この人達はいったい何者なんだろうF65B.gifと思いました。
 d0017084_1005427.jpg今は少しは何者なのかわかっては来ましたが、合唱をするにあたっては、何者であるかは関係ありません。相変わらず、ご飯したくしたり掃除したりするイメージが無い人が、たくさんいます。まっ、最初に抱いたイメージは、そう簡単に払拭されるものではないですから。ファーチレの人が関心持っているのは「合唱」と「日ハム(大谷君含む)」位で良いのです。
 ニャンコ座を建てる時、設計師さんに1番にお願いしたのが「生活感の無い家」でした。私自身も、生活感無い人になりたいし。その意味では、家事をあまりしない私は、大変正しいF3A8.gif
 施設で生活しているお義母さんの母の日の贈り物選びが難航していますが、「口紅」とか「きれいな色のソックス」って(その両方でも)どうでしょう。
[PR]
by nyankai | 2018-04-23 09:57 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

あつい1日 (4/22)

 昨日の札幌は暑い日で、半袖の子どももたくさん見かけました。
 ペガサス号から降りて向かう先は、歌友と待ち合わせて道新プレイガイド、の予定でしたが、降りないうちに、プレイガイドに並ぶと、少なくとも2時間待ちらしい(1番の人は6時に来た)とか、ネットもつながらないとか、とんでもないことが起こっているらしく、電話には出れないし、困りましたd0017084_941361.jpg。何がって、「札幌文化芸術劇場hitaru」のこけらおとし公演、古代エジプトに燃える、永遠の愛(あ~、ドーパミン大噴出しそう)「AIDA」のチケットとりの話です。2,302席、2公演、オペラ、高い、だからいくら何でも、あっという間に売り切れるわけは無いと、たかをくくっていました。が、目の前にした光景は、休日のスプラッシュマウンテンか、はたまた、李香蘭の日劇7回り半事件状態でした。
 並んで買うのはあきらめF3EF.gifて、自宅でネットで奮闘してくれている知人に運命を託しました。全部続き番号はダメでしたが、何とかとってもらえました。私は結局何もしていませんが、熱いチケット争奪戦でした。後で落ち着いて他のチラシを見たら、11月の「白鳥の湖」の発売も一緒だったのです。そりゃないわ。並んでいた人の半分は、そっちだったかも知れないじゃない。バレエも観たいけどね。
 「アイーダ」は、ミュージカル版で理解しました。アイーダよりもアムネリスの方に、感情移入してしまいます。キタラで数年前に観ましたが、キタラは音楽専用ホール、今度はオペラ対応劇場なので、とっても楽しみです。
 昨日は、初オケとの合同練習でした。練習会場が暑い。4月はまだ冷房の季節じゃないですものね。コンマスはd0017084_942297.jpg農民管弦楽団の牧野さん。昨日は、エコファームのぶどう果汁2種類と、ジャガイモ&大根でした。それが、パネルの「よくねたイモ」が一瞬「たねイモ」に見えてしまった私は、もうじき芋蒔きをします。パーキンソン患者で、腕と脚がだるいくせに、やっぱり買ってしまった重いぶどう果汁を、がんばって持って帰りました。今日の歌会に出すよ~。
 オケは、弦楽器と木管楽器の小編成で、オーボエ大活躍です。合唱は午後集合でしたが、オケの方達は、午前中からがんばっていたのだそうです。驚いたのは、コントラバスが、まじょ子町の中学校の音楽先生だったことです。世間は狭い。It’s a small world F65A.gifまじょ子町の皆さん、どうぞ、聴きに来てください。
 ごちゃコンとファーチレが2週間しか違わないので、正直きついのですが、何とかなるでしょう。
 練習室のアップライトピアノは、アコピF444.gifですが、コントロールパネルが付いていました。自動演奏とか録音とか、そんなことができるらしいです。ヒェ~ッF7F5.gif
[PR]
by nyankai | 2018-04-22 09:39 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
 昨日は、A子さんが車に乗せてくれて、まじょ子町まで、ごちゃコンの練習に行ってきました。まじょ子町は、朝のうちは雪景色になっていたそうです。A子さんとまじょ子さんと私がタッグを組むのは、リコーダーアンサンブルHanaです。今年は、それにナナさんが入ってくれる予定です。まじょ子町は遠いです。どうしてA子さんが、行ってくれたかというと、A子さんの姪っ子が、結婚してまじょ子町に住んでいるので、会いに行ってみたかったんだって。
 d0017084_9292692.jpgA子さんが、姪っ子ちゃん宅を訪問している間、まじょ子さんとピアノの連弾の練習をしました。ピアニストと3人で、6手連弾「モーツァルト交響曲40番」を弾くのです。とっても簡単アレンジなので、ピアニストならぶっつけ本番でF3A8.gifなほどですが、まじょ子さんと私は、練習が必要です。
 リコーダーは、予定通り「さんぽ」と「サウンドオブサイレンス」です。アルトリコーダーが入る3部の「ジュピター」は、候補に挙がっていたのですが、ちょっと難しそうだったのと、3人で合わせてみたことが無かったのでそのすばらしさがわかっていなかったから、選曲からもれていました。それを試しに3人でやってみると、とっても良かったのです。改めてやってみたくなりました。それで、今度の歌会の時に、他のメンバーにお願いしてみようと思います。アンコールという奥の手を使ってもd0017084_9352168.jpg良いし。
 ☆「ジュピター」―作曲:ホルスト ホルストの代表的管弦楽曲「惑星」の中で、もっとも有名な「木星」です。ブログを書くにあたって、著作権のことを調べてみました。著作権は50年で切れるのだそうです。ホルストは、著作権がある間は、「惑星」のアレンジを許さなかったそうです。富田勲がシンセで演奏したのは著作権が切れる前で、大変な苦労をしたようです。日本では、平原綾香ちゃんのが有名になっていますが、私は本田美奈子ちゃんの→ここ も大好きです。カラオケで歌って、ドヤ顔するのが良いのよね。来年歌おうかな。
 アルトリコーダーはいちいち分解するのが面倒なので(と言うか、抜けなくなったF7CE.gif)、そのまましまえる袋を作りました。ソプラノ用は、キャスキッドソンの布が、すっかり色あせました。
 まじょ子町への道中、水芭蕉の群落は、まだ頭を出した所でした。二風谷ダムのダム湖には、おびただしい白鳥がいました。天気も悪く、自分の車ではなかったので、写真は撮ってないです。宮沢章二作詞・中田喜直作曲の「約束」の2番は、白鳥が主人公です。けっこう好きですよ。「愛の白鳥よ~ 励まし合いながら~」
 木金土日は、ヨガ・ゴミ拾い・告別式&歌会、そしてまじょ子町遠征と、今の私にとっては体にきつい過密スケジュールでした。今日は予定無し。ダラダラします。
[PR]
by nyankai | 2018-04-16 09:27 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)

DRUM TAOの進化 (4/9)

 島根で震度5強とか。大きな被害が出ていませんように。大谷は、今日もすばらしい。
 昨日は、又お母さんの所に行く姉様の車に乗せてもらって、札幌へ。ファーチレの練習でした。ず~っと先だと思っていたコンサートも、3ヶ月後になりました。白羽の毒矢のソロだけは、毎日欠かさず練習していますが、まだまだ調子の波があります。何年合唱やってんのF65B.gifですが、未だに発声はわかっていません。
 ファーチレを早引きさせてもらって、会場を出ると、雪が舞っていて、ひどく寒かったです。地下鉄を乗り継いで行った先は、秋には閉館するらしいニトリ文化ホールです。d0017084_1015837.jpg「DRUM TAO」の公演「ドラムロック 疾風」でした。2015年夏、近くの町で公演があって、あっけにとられた、非言語系エンタテイメント和太鼓集団です。基本は和太鼓なのではありますが、プログラムの言葉を借りると、圧倒的な“日本の超カッコ良さ”、日本の伝統芸術が最先端のエンターテイメントに進化した公演です。あ~、言葉にはできません。
 コシノジュンコの異様なと言って良い衣装も衝撃で、私の好きなロン毛のお兄さんも多く、あっでも、会場の1番人気は、トサカ頭のしんごさんでしたが、女性は完璧なプロポーションで、大きな太鼓をたたく様は、卑弥呼様で(これ、前回も書いた)。舞台セット、ダンス(と言って良いかな)、筝、篠笛、三味線、等も進化していました。お笑いの要素も、無理が無く良かったです。大きな太鼓の音は、空気を振動させて、内臓にビリビリきましたd0017084_10155478.jpg。尚、TAOはお尻筋は見られません。
 A子さんが誘ってくれて、早々とチケットを押さえておいて良かったです。グッズの宣伝コーナーもあって、そこで見せられたデンデン太鼓の超絶技巧に魅せられて、もう物は増やすまいの誓いはあっさり崩れ、笑美ちゃんが来てくれた時のおもちゃにと「DEN DEN」を買ってしまいました。A子さんも孫のために買ったので、2人でごちゃコンで披露しましょうかね。
 帰りは千歳空港までJR、A子さんのご主人が迎えに来てくれていて、乗せてもらいました。ありがとうございます。楽しい1日でしたが、帰宅したら、もう動けないほどに疲れていました。ドーパミンの怪です。
 息子は昨日、桜花賞に行ったそうで。それも演劇の友人のご親戚が馬主で、そのご好意で、馬主席で観ると言う機会をいただいたそうです。馬主席なので、ドレスコードだそうで。テレビに映るからとラインが来ましたが、練習中に来てもどうにもなりません。そういうことは、前日までに連絡することF65A.gif
[PR]
by nyankai | 2018-04-09 10:13 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
 昨日の相撲の騒ぎ、開いた口がふさがりませんでした。若い行事が、周囲の客の反応に促されて言ってしまっただとF65A.gifそういう言い訳は見苦しい限りです。だとしたら、彼にそう言う行動そさせた責任は、どこにあるのでしょう。そして、大量の塩を撒いただとF3F1.gifもっともらしい理由を付けていますが、あれは絶対に違います。相撲協会、絶望的にだめですね。彼女たちがいなかったら、市長さんはどうなっていたでしょう。大門未知子に、居あわせてほしかったですね。
 昨日はヨガの後、A子さんに一緒にランチをしてもらいました。その後、しゃべったり、しゃべったり、リコーダーの練習をしたり、しゃべったり、しゃべったりして、やろうと思っていたことがほとんどできない1日でした。夜はバテバテでした。でも、生きていたから、d0017084_974677.jpg私、偉い。
 去年のごちゃコンでデビューした、リコーダーアンサンブルHANAですが、リコーダーが大好きらしいナナさんを誘って若返りを図り、今年もやってみようとしています。A子さんと私とで選曲してしまいましたが。
 ☆「となりのトトロ」より「さんぽ」―作曲:久石譲 「歩こう 歩こう」のあの曲です。ソプラノリコーダーには優しい、ハ長調の2部に編曲されています。伴奏CDもあるので、楽しく吹けると思います。
 ☆「サウンド オブ サイレンス」―作曲:ポール・サイモン ソプラノリコーダーで吹くにはギリギリのニ短調の2部です。易しいピアノ伴奏が付いているので、もしかしたら、エレピのギター音で弾いたら良いかもしれません。大人の曲ですが、哀愁を帯びたそのメロディーは、子どもの心を打ちます。小学校で教えていた時、子どもたちは、すぐに気に入ってくれました。
 「サウンド オブ サイレンス」のタイトルを初めて聞いた時、少し不思議に思いました。だって「沈黙の音」って何だF65B.gifそれぞれの意味は、サウンド=音。音響。また、ある傾向をもつ音楽や演奏のスタイル。サイレンス=沈黙,無言; 音を立てぬこと、静粛 です。歌詞の和訳を見ると、なお難しいです。長い歌です。メロディーも、短調で始まるのに、長調になって、又短調で終わる。
 そう言えば、「サウンド オブ ミュージック」も不思議です。だって「音楽の音」でしょ。上手く言えないのですが、重なっている気がする。と、子供の頃から思っていました。きっと日本語には単純に置き替わらないニュアンスなのでしょう。どちらも、それが一つの単語としてある、そういうことでしょうか。
 1曲目「Sound of Music」の出の、マリアソロ、歌わせてもらうことになったのよぅ。マリアだよ、おこがましいですが。ジロウさんに、「そこは訳詞ではなくて、英語で」と言われ、ただ今必死です。
 今日は入学式が多いそうです。お入学おめでとう。弱い雪が降っています。
[PR]
by nyankai | 2018-04-06 09:01 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
 日に日に暖かくなり、お隣の苗屋さんには、ビオラの苗がドサ~~ッと並び、壮観です。でも去年は、31日にがっつり雪が積もったので油断大敵、d0017084_93164.jpgまだ玄関に雪かきがあります。
 ごちゃコンで歌う「サウンドオブミュージック」のアレンジが、ようやくジロウさんから届きました。歌詞を書きこみながら、歌ってみる。ソプラノはほとんど聞き慣れたメロディーだから良いとして、後は、ジロウさん、私たちをちょっとばかりかいかぶってはいまいかF7CE.gif。これはかなり、気合を入れねば。
 ファーチレの方は、「スタバ」のメリスマソロを別として、全体では、何というか、ソプラノが4パートあって、他に9パートが聞こえてくるので、特に難しい訳ではないのですが、迷子になってしまい、きっちり数えないと入れないので、気が張ります。
 それ以上に難しいのが、紺バッハの「Missa in g」です。音源が上手すぎるせいもありますが、CDと一緒に歌うのが不可能です。長い合唱人生で、難曲は数々ありました。ここ何年かに絞っても、まず、合唱のセミナーのために、松下耕さんが書き下ろしてくれた「明日」は、与謝野晶子の詩の重さと音とり苦労しました。いつか、もう1度歌いたい曲です。次が、農民管弦楽団の牧野さんが作ったオラトリオ「農民宮沢賢治の祈り」で、変拍子あり、臨時記号ありで、牧野さんの頭の良さについて行くのが必死でした。でもその分、歌いきった時はぐっとd0017084_941126.jpgきました。
 さて、紺バッハですが、6曲中合唱は3曲で、後はソロです。「明日」や「宮沢賢治」とは別の難しさなのです。バッハですから、臨時記号は多々ありますが、変拍子ではないし、きっちりできています。臨時記号は、慣れてくれば、和声がわかるので自然に感じることができますが、とにかくテクニック的に、譜面通りに歌えないのです。ピアノで、指が動きません、に相当します。こんなの初めて。もちろん、ゆ~っくり歌えば不可能ではないのですが、限度ってものがあるでしょう。息も続かないしね。マエストロはどれ位を要求してくるかわからないし。難曲に困っている難局です。
 でも、これをオーケストラで歌えるのは、合唱冥利に尽きるってものです。パ~パラパラパラパッパッパ パ~ラッパッパ パ~ラッパ~ 切ない前奏に聴き惚れて、歌うの忘れるかもしれません。
 青バッハ「目覚めよ」は、7曲中2曲で、特にソプラノは楽さしてもらえます。1曲目のコラールは、なんかこう、萌えますF379.gif、というとらえ方で良いF65B.gif
[PR]
by nyankai | 2018-03-29 09:02 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
 昨日は、ファーチレの前に、苫小牧で開かれた「歌謡芸能フェスティバル」というものによって行きました。カラオケサークルの合同発表会です。姉上(元R.R.Singersメンバー、歌大好き、去年韓国に付き合ってくれた)が「恋心」で出ました。姉様(元メンバー、歌上手い)が誘ってくれて、姉上の出番が済んだらd0017084_10122247.jpg、自分も札幌在住のお母さんの所に行くので、送って行くからと言ってくれて、お言葉に甘えました。
 私、別にカラオケ嫌いではないのですが、歌う場所に不自由していないので、特に必要も感じていないというスタンスです。ただ、その場を盛り上げるレパートリーが無いことや、今はやりの歌を一切知らないことや、歌いあげる系の曲が好きなので、ちゃんと聴いてもらえないと不満で、誘っていただいても皆さんを楽しませられないんじゃないかと、ちょっとその辺りに自信が無く、遠ざかっています。
 42回を数えるフェスティバルは、チャリティーで実績を残しており、議員さんや甲子園焼けの市長さん等があいさつし、d0017084_10142988.jpg献金贈呈も行われました。
 姉上の出番は7番目とのことで、聴いてから昼ちょっと前に出れば何とかファーチレには間にあうかなぁと思っていました。プログラムを見ると、何と73番までありますF7F5.gif。お昼御飯を挟んで、延々と続く様です。津軽スコップ三味線のサークルと、踊りが数人、サークル全員でが3曲、ベンチャーズコピーバンドが1つ、何人かプロの歌手がゲストとして歌うといった感じです。
 プログラムの曲名を見ても、姉上が歌った「恋心」と、「川の流れのように」「浪花節だよ人生は」位しかわからず、世の中にはこ~んなに演歌(広い意味でね)があるのかと、あきれました。「威風堂々」があったのでF65B.gif、検索かけてみたら、着物のおじさんが歌うド演歌でした。d0017084_10152513.jpg長身の姉上は、スパンコールの付いた緑のロングドレスがとても似合っていて、フェスティバルデビューとは思えないほど、堂々と歌っていました。かなりのご高齢の方も、お元気に歌っていました。カラオケって、どうしてこんなに愛好者が多いんでしょう。羨ましい。
 ファーチレにはあまり遅刻しないで済みました。最後に白羽の毒矢のメリスマを少し見てもらい、3年前よりはいくらかましかもと言ってもらえました。引き続き色々試しつつ工夫しつつ、がんばってみます。
 帰りも姉様が拾ってくれて、バスにも乗らず、札幌に行って来られました。助かりました。だけど、疲れました。今朝も疲労がとれていません。
 清宮君、練習に復帰したそうです。体重が6kgも減ったそう(ということは0.1tを下回った)で、かわいそうに。でも顎がシュッとしてイケメンになっていました。
[PR]
by nyankai | 2018-03-26 10:11 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)
 北国にも、春が少しずつやってきています。ペットボトルなど物置きに持って行った時、陽気に誘われて、トラクターの雪かきで花壇に入ってしまった石ころを何個か、遠くに飛ばしました。ソフトボール投げとか、超苦手でした。でもそれ、脚が悪くて体育ができなかった頃、投げ方を教えてもらっていないせいd0017084_9345787.jpg。美しいポーズを思い描いてやってみると、意外と飛ぶじゃないですか。楽しい。
 玄関すぐの花壇には、植えてもいない野菊、野菊は好きですが、増えすぎた野菊の残骸があまり良い見てくれではなく、思わずその場にしゃがんで、素手で根元から折ると止まらなくなって、すぐにけっこうな量になりました。まずいと思って、立ちあがろうとしたら、強烈な脚のだるさに、わが身の体調を思い知らされましたF3EF.gif  フキノトウ味噌を作りました。食欲今一なのですが、苦くておいしい。
 オーディオ周辺をちょっと整理したら、息子の声が録音されたテープが発掘されました。ようやく言葉をしゃべり始めた頃のと、幼稚園頃自分で勝手に歌を作って歌っているのと、童謡歌唱コンクールのテープ審査用に録音した、ボーイソプラノと3本。ものもちの良さは、家が片付かない元凶ですが、思い出は、しばし心を温かくしてくれます。私はこうして、捨て下手道を極めて行くのでしょう。
d0017084_936455.jpg ごちゃコンの曲紹介です。
 ☆「夕日が背中をおしてくる」―作詞:阪田寛夫 作曲:山本直純 大好きな曲です。子供に歌わせると、程良く高いから地声では無理で、自然と澄んだ頭声で歌ってくれます。合唱も良いですが、ソロでも良い味が出ます。
 ☆「心の瞳」―作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし 歌ったのは坂本九。1度紹介しましたが、もう1度。オモコーバージョンで合唱します。何より良いのは、前を向け、坂を登れと励ます歌が一般的な中、明日はすでにたかが知れていることがわかっている、昨日を振り返って良い、そこには歩いて来た人生があるだけという歌詞が、ほっとさせてくれます。
 ついでに発掘された、直径8㎝のシングルCD2枚。なぜ存在するのかわからない(買った記憶もらった記憶がある物は、他にも何枚かある)「サインはV」F7C3.gif(坂口良子)と「風が落とした涙」F46C.gif(小川ローザ)です。シャープペンシルの長さと、比較してください。ジャケットは、もしかしたら、ほしい人にはたまらない物ではないかと。だって、坂口良子のバレーブルマ姿と、小川ローザの「Oh!モーレツ」だよ。アダプターも残っていたので、再生してみました。
 息子は昨日、日本のバスティーユ大阪拘置所前に行って、「籠池出せコール」をしたようです。面白かったろうね。フィギュアスケートの世界選手権女子の結果ですが、わからないものですねぇ。
[PR]
by nyankai | 2018-03-24 09:33 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
 大坂なおみさん、やりましたね。高木美帆さん、渡部さんおめでとうF647.gif 
 今日は、なべさんの命日です。ネット上に残してくれているtwilogから拾ってみました。
       妻が部屋の汚さなじる今日もまた 結局こうした日々が幸福
 今年のごちゃコンで、「ドレミの歌」を歌うのは、すでにお知らせしてありますが、この件で重大な事実が判明しました。「ドレミの歌」は、実は「シ♭ドレの歌」だったのです。d0017084_9113288.jpg歌うに当たり、ちゃんと勉強しておこうと思い、ある子ちゃんが持っているDVDを借りました。平原綾香ちゃんが吹き替えをしています。それはそれはすばらしいです。が、
 ドレミの歌を聴いて、何となくお上品だなぁと思ったのです。それと、1番最後にマリアはハイCを出すのですが、それがどうしてもハイCに聴こえないのです。そうしたらあなた、ドレミの歌はハ長調ではなくて、変ロ長調だったのです・・・これって、何なのよ。その段階では、日本語吹き替え版を作るにあたって、下げたのかと思いました。でもそんなことして良いのか気になって、調べてみたのです。
 そうしたらあなた、映画は初めから変ロ長調なのですってよ。え~~~、知らなかった、ずっとハ長調なのだと思いこんでいました。今までに出会った楽譜はすべて、ハ長調だったし。リチャード・ロジャースは、ハ長調で書いたそうです。
 私は絶対音感が無いので、気が付かなかったのですが、今回は何か変だと感じたのです。変と言うのは、別に悪いと言っているのではないですよ。調による音色の違いは、どちらが良いかも好みだと思います。d0017084_9135296.jpgジュリー・アンドリュースが声が出なかった訳は無いから、映画を作るにあたって、変ロ長調の方が良いという結論に至ったのでしょう。
 私は移動ドだし、ドレミは単なる歌詞だし、出している音はシ♭ドレでも、ドレミと歌うのは、何の問題もありません。でも絶対音感のある人、固定ドの人を集めて、変ロ長調のドレミの歌を披露したら、どんな気分になるのでしょう。興味あります。劇団四季は、どちらで歌っているのかなぁ。これは確かめるために、絶対に7月からの公演に行かなくては。
 私達はどうしましょう。ピアノはエレピを使うので、ピアニストさえ良ければ(彼女は絶対音感があります)すぐに下げることはできます。下げれば、私はB♭なら出せるので(ハイCはちょっと危険)、良いかもしれません。
 色々な物が芽吹いています。昨夜の「ダーウィンが来た!」はエナガでしたが、ダリがずいぶん長いこと見ていました。息子が、子供向けワークショップ「ディベートをやってみよう」の講師をしたそうです。そういう仕事が、安定して入ると良いのですが。
[PR]
by nyankai | 2018-03-19 09:07 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
 大坂なおみちゃん、すごいですね。次は1位と当たるんですね。
 症状、行きつ戻りつです。昨日は午後からあちこちだるくて、フーな感じでした。もしかしてこのままいけるんじゃないかと思うと、又すぐに自信無くなる。
 ファーチレでは、白羽の毒矢の「スタバ」のメリスマソロが突き刺さっているので、毎日あ~かこ~かとやってみています。小平さんが言っていた、8割位の力で金メダルをとれる、つまり100%の力を出せて、運よく上手くいくのではなく、80%位でヨシッのレベルにしておかないと、心配ですから。メリスマを上手く転がすためには、声を出す、思っているよりもっと声を出し続けると言うことのようなd0017084_10202288.jpg気がします。
 ごちゃコンの方は、近くになって焦らなくても良いように、がんばっています。
 ☆「The Sound of Music」060.gifより「サウンド・オブ・ミュージック」・「ドレミの歌」・「すべての山に登ろう」―作詞:オスカー・ハマースタインⅡ世 作曲:リチャード・ロジャース。今さら説明の必要もないミュージカルからd0017084_1022540.jpg3曲を歌います。
 中学生の時だと思いますが、父がセールスマンに負けて、映画音楽全集(LPレコード)を買った中に、サウンド・オブ・ミュージックは入っていました。何度もかけては一緒に歌いました。初めは「ドレミの歌」だけのつもりでしたが、ジロウさんがせっかくなら3曲やろうと言ってくれたので、他の2曲はジロウさんに、私達の人数とレベルに合わせたアレンジを丸投げしました。
 私達のごちゃコンはいつも、衣装がバッチリです。今回も、イメージはフォークダンスのスカートなんだよねーと言うことで、積立貯金をして、スカートを買いました。実際の映画では、ワンピースにエプロンとか、ジャンパースカートみたいですが。何しろ形から入って、それに力をもらって、歌を仕上げて行く団なんです。スカートは2種類あって、ウエストゴムのフリーサイズなので、5人の女性メンバーのために、3枚と2枚買いました。私はとりあえず、縦じまの方を引き取りました。
 男性は何着れば良いんだF65B.gif私のイメージでは、チロリアンハットとベストと半ズボンとハイソックスなんですがF7CE.gif
 フォークダンスと言えば「オクラホマミキサー」(藁のなかの七面鳥)「マイムマイム」(水だ水だ)「コロプチカ」(行商人)「ジェンカ」(レッツ・キッス)で、どれもアルプスじゃないでしょ。どうして、こういうイメージが固まってしまったのでしょう。
[PR]
by nyankai | 2018-03-16 10:18 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)