カテゴリ:音楽(合唱)( 916 )

四分音符を刻むバラードが好き (8/13 お盆)

 私の認識では、今日からお盆です。76-76坊さんは7日に来ていきましたが、昨夜なんちゃって仏壇を、一応お盆仕様にしました。これからフレーズドライのおりく膳(お盆のお膳は正式には「霊供膳(読み方:りょうぐぜん)」というらしい)をd0017084_9415783.jpgお供えします。
 昨日の、R.R.Singers恒例、夏の食事会@びらとり温泉は、とっても楽しかったです。行ってから、好きなものを注文したのですけどね。私は、ニシパ(アイヌ語で「長老」、「だんな」、「紳士」)ランチにしました。ナナさんとハッチ~、シモン君と、それはそれは賑やかに遊んでいました。
 9月のデイサービスのミニライヴは、曲目が「サウンド・オブ・ミュージック」「ドレミの歌」「越冬つばめ」「青い山脈」(マイミクさんの「盛り上がるよ」との助言により)、そしてアンコールはd0017084_9423661.jpg「ダンシング・ヒーロー」に決まりました。
 来年のごちゃコンは10回記念です。期日は今年と同じ、6月最終土曜日で良いだろうと。とりあえず練習して行く曲は「フニクリフニクラ~鬼のパンツ」「ブルグミュラーのアラベスク」(ボディー・パーカッション)「愛は勝つ」「さよならの向こう側」になりました。ジロウさんには「ニュー・シネマ・パラダイス」をお願いしました。もしかすると、「学生街の喫茶店」も入るかもしれません。ハモリが良いので。
 昨日、根暗なバラードと書いたのですが、バラード、大好きです。バラードとは、スロー・テンポで歌にストーリー性を持った感傷的なメロディーの総称らしいです。ゆったりしたテンポ、静かな編曲、美しいメロディーライン、感傷的な歌詞を特徴とする楽曲が、ポピュラー音楽におけるバラードと言えます。 d0017084_9435667.jpgさらに、典型的なパターンとして、ピアノなどによる静かなイントロとエンディングに向けての劇的な盛り上がりも挙げられます。
 静かなイントロ、はい、四分音符を刻むイントロの曲、たとえば「ローズ」、たとえば「You raise me up」など、たまりません。「レット・イット・ビー」もそうですね。あくまで私の感覚ですが、「海の声」「糸」「あなたに逢いたくて」「fou you」。もちろん、ノリの基準は8ビートですよ。
 今回選曲した「さよならの向こう側」もそうです。譜面を見ると難しいです。百恵ちゃんは、きちんと歌っています。それより息子の祐太朗君が上手いのなんのって。今さらながら、阿木耀子&宇崎竜童の曲には、うなる。
 気になるのが「グレイティスト・ショーマン」の「ネバー・イナフ」です。MAY.Jが「とても好きで歌いたいけど、相当の準備が必要」と言っていたそうで、彼女にそんな風に言わせる歌って、どんだけ難しいのかな。
[PR]
by nyankai | 2018-08-13 09:39 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

ピアノ調律師は突然やって来る (8/11 山の日)

 昨日は、ピアノの調律でした。基本は年に1回ですが、暖房が本格的に活躍している真冬にもう1度来てくれて、軽く直して行ってくれます。もう長い付き合いでお世話になっています、Oさん。昨日は時々声を出しながら、d0017084_9123385.jpg楽しそうな調律でした。
 少し前に歌会をやっていた時、ニャンコ座のピアノがかなり狂っていて、「もうすぐ調律だから、ごめんね~。いつも直前にならないと連絡来ないんだよね」と言ったら、ピアニストも「そうなんだよね。明後日どうですかF65B.gifとかね」と。はい、今年も「明後日の午後どうですかF65B.gif」でした。ここ10年位、幸いに第一提案日時を断らずにすんではいますが。
 しっかりとしたピアノ磨きも年に1度です。ピアノを物置き台にするのはもっての外ですが、ついつい。乗っかっている物を降ろし、カバーを外し、埃をさっと払って、d0017084_9132398.jpgピアノ磨き開始です。ピアノを磨くためには、シリコンとコンパウンドと鍵盤はキークリーナーがあると良いです。気合入れて磨くと、暑い日ではなかったのですが、汗が滴りました。今年は、椅子も磨きました。
 いっちゃんが40年前に買ったピアノ、当時としては黒のアップライトでは最高級品でした。幾度かの引っ越しで傷も付いていますが、さすがに磨き上げると、鏡のようになりました。
 私はテノールリコーダーを持っているのですが、去年からごちゃコンでリコーダーアンサンブルを始めて、ちょっと本気になってきたので、次回はテノールも入れられたら良いなぁと思って、何度か抜き差ししていたら、ジョイント部分のコルクが経年劣化なのか、d0017084_91404.jpgポロポロとあめて(北海道弁:変質して機能を果たさなくなる)しまったのです。Oさんに、リコーダー修理はやらないかとふってみました。やらないけれど、ヤマハ(リコーダーはヤマハです)に知り合いがいるのでと、すぐに電話をかけてくれました。実物を見ないと何とも・・・とか何とかやり取りしていました。
 「Oさんに預けちゃって良いF65B.gif」と言ってみたら「良いですよ~F3A8.gif」と快諾してくれました。この頃、頼みごとが上手くなってきました。
 頼みごとと言えば、一応運転は極力しないように言われているので、ちょっとお願いして、ダリを病院に連れて行きました。相変わらず歯茎が腫れていて、少し痛いかもしれないと、2週間効く注射をして来ました。一応落ち着いてはいるので、このまままだしばらく一緒に暮らしたいです。ダリ、よろしくね。
[PR]
by nyankai | 2018-08-11 09:11 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(9)

「ドレミの歌」は泣き歌だった (8/9 長崎原爆の日)

 新基地建設反対を最後まで貫いた、翁長知事が亡くなりました。たいていの人が亡くなった時は、心からお疲れさまでした、安らかにお眠りくださいと思うのですが、翁長さんは、さぞやり残したことがおありかと、死んでも死にきれないと思っているのではd0017084_921152.jpgないでしょうか。
 昨日は友人達と3人で、劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」を観てきました。先発隊として、先月なんちゃって孫ファミリーが4人で観劇し、「ドレミファソラシ♪スタンプカード」に4個スタンプもらってくれていました。そして昨日残りの3個をもらって、見事にチャームをゲットしました。
 20世紀中盤の2大ミュージカルだと思う「サウンド・オブ・ミュージック」(もう1つは「ウエスト・サイド・ストーリー」)は、何を今さらですが、知っているはずのストーリーも歌の数々も、それはそれは感動新たでした。今年のごちゃコンで歌うために、何度か見た映画版とはやや違う点もあり、修道院の場面からあっという間の「ドレミの歌」に、しまった、私は子供の声にメチャメチャ弱いんだと思う間もなく、ウルウルしていました。d0017084_9214584.jpgペギー葉山がドレミと出会った時、「涙がボロボロ出てきた」そうです。ドレミの歌は、泣き歌だったのですね。
 ミュージカルを大いに誤解している人は多いとは思いますが、ミュージカルって、わかりやすいんですよ。ストレイトプレイならば10分かかるシーンも、きっと半分で済むはずです。トラップ大佐が間違いを認め反省する場面のスピードも、ミュージカルじゃなきゃ、突っ込みを入れてしまうでしょう。
 ごちゃコンで歌った時も、もちろん単独でも名曲ではありましたが、この物語の流れの中で私も歌いたかったと、震えが来そうでした。もう1度歌い直したいほど。
 相変わらずの四季のセリフ回しは、ややべたつき感がありましたが、歌はみんな上手かったです。特に子供達、フリードリッヒ松下君のボーイソプラノは、堪能させていただきました。別に分ける必要はないのですが「キャッツ」とか、前回観た「ソング&ダンス」がどちらかと言うとダンスミュージカルなのに対し、歌ミュージカルでd0017084_9223180.jpgした。
 四季を観始めた頃から知っている久々の村さん、渋かったです。もっと驚いたのは、荒川務です。同行者が知らなかったので、教えてやりたくて、帰宅してから検索かけたら、こんなのが出て来ました。荒川務は1960年生まれのアイドル歌手。14歳の時に歌った「太陽の日曜日」でレコ大新人賞をとったそうです→ここ 思いだした、女の子みたいだと思ったものでした。
 笑美内親王様の、ご邸宅用プールの写真が送られてきました。滑り台もシャワーも付いているのだそうです。
[PR]
by nyankai | 2018-08-09 09:18 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

世にも不思議な合唱団チョロイ (7/18)

 本州の猛暑・酷暑を思えば、どうってこともないようやくの夏にです。それにしても、危険なほどの猛暑って、東京オリンピックは大丈夫なのか?毎年恒例のラベンダー内職と暑中見舞い作りを始めました。まれに見る長雨にもめげず、d0017084_9224945.jpgラベンダーは案外良いです。
 コンサートが終わり、改めて「コーロ ファーチレ」という、得体の知れない合唱団の事を思います。ファーチレで歌う条件はただ一つ、そのコンサート当日の都合がつくかどうかです。もちろんコンサートに出ないという自由もあるにはありますが。
 大学時代の歌友に声をかけてもらったのは、月に1度か2度土日の午後に練習している、けっこう上手い合唱団があること、オーケストラと一緒に大曲を歌うらしいこと、参加方法が断然緩くて出入り自由、d0017084_9232995.jpg等々でした。
 行ってみると、それは本当でした。団人名簿・連絡網・パートリーダー等と言う普通はあるだろう組織に相当するものは無く、たぶん団長も存在しません。会場などを借りるための名前を使う人はいます。一応問い合わせ先もいます。連絡に使うFacebookグループの代表者、mixiコミュニティーの管理人もいますが、団長とは違うでしょう。ある日知らない人が隣で歌っていても、変に思われることはありません。それぞれが、得意分野を担当している感じです。
 今回の打ち上げで、そこら辺りが、また新たにわかった部分がありました。ファーチレの前身が「BNC」という団体であったことは、何度か聞いたことがありましたが、それは「望洋台(については長くなるので略)なりゆきコール」の略だったそうです。その後、望洋台関係者がいなくなったのでd0017084_9243715.jpg、たまたま手元にあった楽譜の歌詞の中の「facile」が気に入って採用し、facileはイタリア語なので、コールではなくて、コーロになったのだそうです。旗揚げ当時のメンバーは、今はほんの数人です。これは、富川合唱団の「富」リッチ、「川」リバー=R.R.と並ぶほど、面白いです。
 「facile」の意味ですが、軽快な、滑らかな、器用な、達者なとか、たやすい、容易な、楽な、安易な、やさしい、簡単な、みたいな感じです。それを大阪弁で言うと「ちょろい」だそうで、「合唱団チョロイ」になります。良いわぁ~、これ。参加条件やスタンスは正にその通りですが、バッハもスカルラッティもfacileではなかったよ。
 ついでに、「合唱団」の呼び方も整理すると、英語はChorus で、イタリア語がcoro、ドイツ語だとChorです。合ってますか?
 40kgを切って焦った体重が、とりあえず超える所までは戻りました。良かった。
[PR]
by nyankai | 2018-07-18 09:21 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

スカルラッティとバッハ 後編 (7/17 山鉾巡行)

 豪雨被災地の暑さも深刻な事態ですが、京都の猛暑も息子達が心配です。北海道はようやく梅雨明けしたか、長雨のストレスから解放されて、さわやかな夏がやって来た・・・かもしれません。d0017084_9161667.jpg雨にぬれ続けていたイチゴは、お日様を浴びて、もう小ぶりのしか残ってはいませんが、私の好きなあったかくて甘いイチゴです。
 何十年も途切れることなく歌い続けていたのに、去年はの夏から秋にかけては、喉の絶不調に見舞われ、幸い何となく復調しました。もうこれ以上発声改善の余地はあまり無いと思っていたのに、春からですが、ドイツ留学帰りのチョクちゃんのボイトレを何度か受けて、いかに今まで喉を開けていなかったか、下への力を意識できていなかったか、無駄に力んでいたかを思い知らされました。コンサートに来てくれた歌友が、私とチョクちゃんの口の形が同じだったと言ってくれました。私はひたすら、横から後ろからチョクちゃんのまねをしていたのです。成果が出たのです。ドイツ仕込みですよ。でも、真似できないことが1つあります。d0017084_916401.jpg歌っていない時、ほほ笑みを絶やさず、背筋を伸ばして座っていること。写真をみると、私は不機嫌な顔で座っています。
 聴いてくださった方何人かから、キラキラしていたと、感想をいただきました。勝手にメリスマがキラキラしていたと解釈させてもらっています。
 ファーチレにいると、オケと一緒に歌えるのが当たり前になっていますが、それはとんでもなくありがたいことです。今回のスタバには、10声にそれぞれ弦楽器が付いてくれました。バッハのプログラムで特筆すべきだったのは、オーボエのすばらしさです。オーボエって、こんなにすてきな楽器だったんだ。又、コントラバスのまじょ子町の中学校の先生は、d0017084_9181372.jpgすご腕です。
 打ち上げで聞いた、何人かのかの話で、ファーチレのいきさつとか、様々なご縁とか、これからのこととか、マエストロの「音楽は妄想だ(妄想とは、亡き女を想うこと)」とか、本当に合唱って良いなぁ、合唱が好きで良かったなぁと思いました。
 15日のサンプラザホールは、関ジャニ∞の札幌ドームに負けない程、熱かったと思います。
 ファーチレはとりあえず、1ヶ月後に、写真やDVD配りや、今後の相談のために集まります。コンマスの農民管弦楽団は、来年2月3日kitara大ホールで、合唱入りの演奏会を予定しているそうです。曲は「土の歌」で、合唱団員募集中だそうです。一か月先の集まりのために、合唱バッグにしっかりと「メサイア」と「土の歌」の楽譜を入れました。
 久々に1泊家を空けて「ただいま~」と帰宅した時、ダリは油断していたのか、すぐには来ませんでした。一瞬の間の後、足元に絡みついてきたダリに、心から安堵しました。多目に置いて行ったカリカリも完食していて、嬉しかったです。
[PR]
by nyankai | 2018-07-17 09:10 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

スカルラッティとバッハ 前編 (7/16 海の日)

 ファーチレコンサートに浸っている間に、パリーグが2勝し、フランスが優勝していました。昨夜は打ち上げに参加し、車に乗せてもらって家まで送り届けてもらい、へとへとだったので、メラトニン受容体作動薬だけで眠れるだろうと思ったのだけれど甘くはなく、うとうとしただけで(と感じました)d0017084_10543530.jpg朝を迎えてしまいました。でも今日は全面休業なので、別にかまいません。
 何から書こうか、いつもはワードに書いてコピペして、一気に送信するのですが、今日は思い浮かぶことから、ちびちび書いてみましょう。
 改めてプログラムをみると、コンサートのタイトルが「スカルラッティとバッハ」でした。改めて見なくとも、最初からそうだったのですが。なかなかお誘いしにくいプログラムだったのですが、やってみれば、来てくれた方は、絶対に苦痛ではなかったはずです。お客様は、148人だったそうです。会場のサンプラザホールの近くに住んでいる、A子さんの娘さんが来てくれたのですが、お見送りの時「とっても良かった」とニコニコしてくれていました。もう一人の知人も、音楽をやっている人ではないのですが「未体験の音楽だったけれど、とても良かった」と感想をくれました。バッハとスカルラッティは、同じ年に生まれました。でも生まれてきた音楽は、相当違うものです(←プログラムより)。その対比も面白かったのではd0017084_1056344.jpgないでしょうか。
 気が付いたら、メンバーにお兄さんはいますが、お姉さんがいなくなっていました。私と誘ってくれた大学の友達と指導者3人が、女では最年長か。お姉さんたちの幾人かが、聴きにきてくださっていたのが、とっても嬉しかったです。ファーチレ、来年25周年だそうです。富川合唱団は50年を超えたって、かなり立派なんじゃないか?とは思いましたが。その歴史なんかも、打ち上げで聞けて有意義でした。
 私の白羽の毒矢ソロは、私自身の評価は、目指す自分なりの完璧には及ばず、悔いはあるのですが、3年前の途方に暮れた状況から考えれば、格段の出来だったと思います。打ち上げの席で、思いまよらずマイクが回ってきたのですが、感謝しかない気持と、こんな席で楽しくないことを言うのはと迷いましたが、パーキンソンになってしまった事実と、歌えなくなるかもしれない不安と、d0017084_10564087.jpg「ファーチレをリハビリだと思って使っていいよ」と言ってくれた指導者と、ドーパミン出すためにも、これからも歌いに来たいこと、希望を捨てないことを伝えました。帰りがけに、マエストロにあいさつをしたら「あなたが歌ってくれるから、全く安心していられました」と、泣きそうな言葉をいただけました。何とありがたいのでしょう。
 一昨日は、いつもおいしいところだけをとっているファーチレに、せめてお恩返ししたくて、プログラム折をするために30分早く行こうと、バスを降りて歩きだしたとたん、駅の商業施設の「セール」の文字に吸い寄せられました。安い・・・白のカットソー990円也。説明してくれた店員さんにあやふやな笑顔を返して、待ち合わせている友達の所へ行き、「Tシャツ、お揃いで買おう」と連れて行きました。スタバのソプ2は、相変わらず2人ぼっちです。チームソプ2のささやかな気合入れです。それから昼ご飯を食べて、会場に行って、プログラム折りもできました。
 長くなりましたので、後編はワードに書いて、明日送信します。良かったら明日も読んでください。
[PR]
by nyankai | 2018-07-16 10:11 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(6)

明日書きます (7/15)

 朝、スマホで1行書いて送信したつもりでしたが、できていませんでした。
 ファーチレコンサート無事終了し、私はとても満ち足りていますが、とても疲れ(昨夜あまり寝れていない)のと、まだ頭が整理できていないので、明日書きます。
 おやすみなさい。
[PR]
by nyankai | 2018-07-15 23:37 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

ファーチレコンサート明後日ですよ (7/13の金曜日)

 昨日は良く寝れたから元気なはずだったのに、朝の一通りのやるべきことが終わると、腰のあたりにけっこうな疲労感がやってきました。横になったら最後、しばらく起きられなかったのです。まっ、良いか。ですが、明後日はファーチレのコンサート。明日から行って、練習して、泊まりです。d0017084_1124037.jpg大丈夫か、私。
 ニャンコ座リポートを始めたのは、2005年4月ですが、ファーチレに入ったのはもう少し前です。ついこの間のような気がするのですが、ずい分経ちました。今の若い合唱人間は違うのかもしれませんが(たぶん違う)、私のように、地方で、少人数でやるしかなかった合唱バカにとっては、都会でレベルの高い人達に混ざって、大曲を、オーケストラといっしょに歌うなんて事が、夢のまた夢だった訳です。大学時代の友達から声かけてもらって、月1~2回、土曜か日曜に練習、これを逃したらもう一生夢を叶えることはできないと思い、d0017084_8582180.jpg参加しました。
 以来、ファーチレはもちろん、農民管弦楽団とか、去年の第九とか、大それたことやらしてもらっています。ファーチレは、大人数で大曲を大オケととは限りませんが、いつも何かしら新しいことやってみようと言うスタンスが魅力です。明後日のコンサートは合唱は30人ほどですが、選りすぐりの楽器奏者と共演できd0017084_8591218.jpgます。
 「バッハのカンタータ140番」「スカルラッティのスタバトマーテル」「バッハのミサg-moll」という、なかなかお誘いしにくいプログラムですが、どうぞ聴きにいらしてください。私は、ほんのちょっぴり、白羽の毒矢ソロを歌います。上手く行くと良いのですが。練習の心残りは無いですが、自信も無いです。
 傷んだバラの花を摘もうと、横着して腕を出したままやっていたら、右腕にチクッときました。毛虫ちゃんがいました。見る見るうちに、そこが毛虫の形に腫れてきました。あわてて家に入り、洗い流して、パーキンソンのパッチを貼った後のケアのために出ているステロイドのクリームを塗り、殺虫剤でやっつけに行きましたが、私の殺気を感じたのか、もういませんでした。腫れた所は、2時間位で治りました。
 ヨガ友から「奇跡のレッスン ミュージカル第一弾!」が放送されるとお知らせがあり、見ました。高校の名門演劇部が、ブロードウェイの「コーラスライン」のオリジナルキャストから指導を受ける様子でした。股関節悪いし、もう年だし、パーキンソンにもなってしまった私が書くのははなはだ変だけど、私やっぱりミュージカル好きだわぁ。生まれ変わったら、ミュージカルスターになる。
[PR]
by nyankai | 2018-07-13 08:56 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

移調楽器 (7/6)

 こんなに全国規模で雨の被害が出るのは、珍しいんじゃないでしょうか。まだまだ心配です。松本智津夫死刑囚の死刑がd0017084_913183.jpg執行されたそうです。
 この間、サックスを吹く知人と話していて、記譜法の話題にぶち当たりました。ごちゃコンで、私はアルトリコーダーを吹いたのですが、「ソレドシラソファ」と吹かなきゃならない所を、アルトの「ド」はソプラノで言う所の「ソ」なので、音符の下にカタカナで「レラソファミレド」と、ずるい書き込みをしました。サックス人は、最初から楽譜が「レラソ」になっているべきだと主張しました。いや、実際に出る音は「ソレド」なのだから、カタカナは私個人の情けない事情であって、コソッとやることであると譲りませんでした。
 私ができるのは、歌と、下手なピアノと、リコーダーやせいぜいハーモニカ、とても人様には言えやしない程度に吹いたことがある楽器は、フルートとオーボエ(幸か不幸か偶然にもC管)、触ってみたのはヴァイオリン位なものなので、楽譜と出てくる音が一致している体験しかd0017084_9141276.jpg無かったのです。
 中学でブラスバンドをやっていた時、クラリネットの人の楽譜を見て、驚愕した覚えがあります。それは実音ではなかったのです。そういうものであるとは理解しましたが、すっかり納得はしていませんでした。そのせいで、フルートにとってはどんな曲も「B♭」や「E♭」になって、損したような気もしました。
 リコーダー論争によって、今度こそちゃんとわかろうと思いました。ある種の管楽器は、移調楽器と言って、管によって楽譜を書きなおした方が読みやすくなるから、と言うことでした。わかった、それはわかった。
 ついでにわかったことは、リコーダーのアルトとバスは実音で記譜するけれど、ソプラノは楽譜より1オクターブ高い音が出ている・・・あれっ、そうだっけ。こういうのは移高楽器というんだと。そうね、実音だと加線ばかりになって、読みにくいことこの上無しにd0017084_9144683.jpgなるでしょうから。
 弦楽器は移調しないけれど、ビオラはハ音記号を使うことが多いそうです。私が愛する合唱の場合、テナーは4段組みの時はト音記号だけれど、男女2段の時はヘ音記号です。テナーは偉いと思っています。ト音記号のテナーは、実音は1オクターブ下が出ていますね。
 私は絶対音感が無くて、おまけに移動ドなので、移調楽器を受け入れるのはそれほど抵抗ないと思われますが、絶対音感があって固定ドの人は、見ている楽譜と出てくる音の違いをどんな風に感じるのでしょう。どなたか、教えてください。
 ぶち当たった知人とは、議論が白熱し過ぎて、嫌がられました。私はとっても楽しかったのですが、反省F3AD.gif。ここは私のブログなので、思う存分書きました。
 書き落していましたが、午後6時のオルゴールが7月から、「夕焼け小焼け」から「我は海の子」に変わりました。大谷も復調みたいで、良かったわ。
[PR]
by nyankai | 2018-07-06 09:10 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

青い服は私を待っていた (7/5)

 台風はどうF65B.gif起きた時は降っていませんでしたが、降ってきました。ヨガですが、行けるでしょう。
 相変わらず不眠症で、目はこんなに眠くてボ~ッとするのに、頭の芯が覚醒している感覚です。d0017084_9121815.jpgぐっすり眠りたいなぁ。
 昨日は、信じる者は救われるグルタチオンを受けに行ってきました。終わったらちょうどお昼だったので、こんな物を食べました。「大人のお子様ランチ」。大人になってからず~っと食べたかったのよぅ、お子さまランチ。ちゃんと旗もたっていましたが、どこの国旗かわかりませんでした。わからないままにしておけない性格・・・程々にしないと相手を疲れさせるらしい負けん気・・・ごめんなさいと思ってはいますが、それが私を支えて来たのだから仕方ない。d0017084_9131966.jpgすぐに調べたら、なぁ~んだ「イタリア」。(緑…国土:白…アルプスの雪・正義・平和:赤…愛国者の熱い血)息子に笑われるかな、そんな事も知らないのかって。だってさ、三色旗って、たくさんあるんだもの。あのベルギーだって、色違い。
 ごちゃコンの3ステは、青い服を着ようでした。メンバーの一人が「青い服なんて、きれいで良いんじゃないF65B.gif」と言いました。おそらくほんのひらめきで、その時点では、根拠とか意味とかがあった訳ではないと思います。
 私はそのステージで「生きるものの歌」を歌うことになっていました。正直に書きましょう。初めは、すごく歌いたい歌があった訳ではないのです。だから、d0017084_9151171.jpg歌ったことがある歌の中でと、ぼんやり考えていた時に、デューク・エイセス解散関連のテレビ番組で歌っていたのを見て、確信に変わったのでした。作詞の永さんは、パーキンソン病でした。
 1度目は思いだせないほど前に、合唱で歌いました。2度目は一昨年、苫小牧でひょんなご縁から、終活イベントでコンサートをやることになり、終活にこんなにふさわしい歌は無いと思い、選曲しました。「世界がどんなに平和でも 悲しい夜は来る」は、まさしく私の体験ですから。春に、富川合唱団の元メンバーの幾人かに、とても悲しいことがありました。
 曲を選ぶ時は、ちょっとしたきっかけからかもしれませんが、歌い込んで行くと、もうこの歌しかありえないでしょうと言えるほど、必然になっていくのです。何だかんだ言っても、私は歌いあげるのが好きなんだな。
 青い服は、うってつけでした。「涙」に「愛」に「明日」に「未来」に。そして、スパンコールの細身のドレス等ではなく、風に吹かれる青い木綿のゆったりしたワンピースのイメージができ上がりました。狙って行ったお店で、その服は私を待っていました。私は迷うことなく、その服に導かれたのです。
[PR]
by nyankai | 2018-07-05 09:10 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)


ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(合唱)

ミュージカル(舞台)
パッチワーク(手作り)
テレビ パソコン&携帯
人 あれこれ
旅 グルメ イベント
美 健康 体力
暮らし
社会
自然
スポーツ
ハルとナツ
おはなし
夫いっちゃん
コラムニスト気どり
心もよう
映画・テレビ番組

パーキンソン
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ

生きる詩
あかねといおな日記
まんまみーあ!日和
merol choco
日常のあれこれ
レストラン白川亭 栄店の...
普通にしあわせ
 ボンと ピッピと Da...
東京の今
笑の内閣稽古場日記
維摩と語る
の ん び り
POPさんの仕事場
高間響の選挙予想専門ブログ
代々木上原便り
15周年記念CD制作の特...
シェーンの散歩道
シャンソン歌手 佐藤みずえ
『もりのおとわ 』
☆千載一遇☆
CO・CO・Aのケセラセ...
わたし達の愛しいわんちゃ...
歌い手菅野千恵のarou...
薔薇好き花好き庭が好き〜...

リンク

最新のコメント

★ミルママさんへ いい..
by nyankai at 13:08
昨夜は眠れましたか? ..
by ミルママ at 12:18
★ミルママさんへ 役に..
by nyankai at 18:23
云々 うんぬん。 ..
by ミルママ at 14:21
★こけしさんへ 日中も..
by nyankai at 15:29
日中の生活はなんとかなっ..
by こけし at 12:28
★ミルママさんへ 眠い..
by nyankai at 11:56
まずは、眠りにスッと入れ..
by ミルママ at 10:26
★ミルママさんへ そう..
by nyankai at 12:30
わたしもバラードは大好き..
by ミルママ at 11:34
★シモンさんへ もしか..
by nyankai at 15:43
★ミルママさんへ はい..
by nyankai at 11:23
オープンチャーチは楽しそ..
by ミルママ at 11:02
★シモンさんへ そうで..
by nyankai at 23:39
お邪魔するのは二度目です..
by シモン at 20:54
★シモンさんへ シモン..
by nyankai at 20:30
突然すみません。 猫の..
by シモン at 19:30
★ミルママさんへ はい..
by nyankai at 17:49
うっかりうっかり! ..
by ミルママ at 15:45
★姐さんへ はい、とて..
by nyankai at 15:34

画像一覧

ブログジャンル

音楽
猫

ブログパーツ

ライフログ


つばめのツンちゃん


転勤天国ぐうたらグルメ


いのち輝かそう2 (いのちの万葉集2)


くらしの詩(うた)をつづって〈2008〉道新生活面「いずみ」筆者94人の作品集


いのち輝かそう~いのちの万葉集3


この地球(ほし)に生まれて―ミュージカルKAGUYA創遊記


コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方

帝国の慰安婦

最新のトラックバック

楽しく・速く・上手くなる..
from 歌の上達法【完全歌唱】
筋肉マン貸します!
from 筋トレ初心者のための筋肉トレ..
フラダンスを始めませんか?
from 自宅でかんたんフラレッスン
新婚旅行 ランキング 海外
from 新婚旅行 ランキング 海外
疲れ・だるさのこのサプリ
from クオリタ
ハリケーン損害、大規模停..
from 【新着】アメリカ ハリケーン..
英語学習のスランプ脱出法
from 英会話独学のヒント
老人ホーム 最新情報 -..
from 知識陣 健康
英会話を身につけるには
from 英会話独学のヒント
車傷 車の傷の補修法と対処法
from 車傷 車の傷の補修法と対処法

記事ランキング

ファン

検索