人気ブログランキング |

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださいましてありがとうございます

by nyankai

カテゴリ:心もよう( 319 )

 掌返したようないいお天気F660.gifです。
 結婚式とか卒業式などのおじさんのスピーチの定番「人生には3つの坂がある。上り坂、下り坂、まさか」です。私のまさかは、6つもあります。d0017084_921512.jpg今きっついです。
 ①18歳の時、父(胃がん)が死んだ。
 ②母が60代後半で認知症になった。
 ③52歳の時、夫(原発性アミロイドーシス)が死んだ。
 ④パーキンソン病になった。
 ⑤震災で被災し、呆然とした
 ⑥息子がうつ病を発症し、入院した。
 股関節脱臼は、親は苦労したかもしれませんが、私にとってはさほどのことではありません。父の早すぎる死は、まじで起こるんだなぁと、初めてのまさかでした。母の認知症は、母に限ってと思っていたから辛くて、一時うつ状態になるほどのまさかでした。母の死は、親が先に死ぬのは自然なことだと受け入れました。
d0017084_933994.jpg いっちゃんの病気は、青天の霹靂でした。「なしてですかF65B.gif」でした。3つで充分なのに、次のまさかが、自分のパーキンソンでした。地震のメッカで暮らしてるのだから、あって当然とは思っていた地震は、規模が想定外でした。
 息子に関しては、「離れてやること」が大事で、上手くいったのだと勘違いしていました。2年保育の幼稚園で、不登園になりました。運動会が過ぎた頃から身体症状(自家中毒とか目やにとか)が出て、登園できなくなりました。私も慢性的は胃の不快感が続き、胃がんかもと思いました。夏休みに救われて、だましだましの登園でしたが、お遊戯会で「仮面ライダーブラック」を踊ることになり、一転、幼稚園大好きになりました。
 小学校入学は上手くいきましたが、2年生の時熱血先生のクラスになり、楽しい様子だったのに、視野障害を起こしました。眼科の先生はストレスが原因と言い切りました。息子はがんばり過ぎていたのです。3年生でクラスと担任が変わり、d0017084_941019.jpg徐々に治りました。
 転校も中学入学も問題なく過ぎましたが、高校で下宿生活を始めるとひどく寂しがり、成績が落ち、間違った選択をしたのかと悩みました。2年生になり落ち着きました。この下宿の部屋がひどいことになり、発達障害を嫌でも認識せざるを得なくなりました。
 大学は自分で選び、京都に旅立ちました。部屋が汚い以外は大きい問題も感じないでいました。自分の劇団を作ったのは、息子なりの居場所探しだったのでしょう。就職の時期といっちゃんの闘病の時期が重なり、信頼しているから好きにすれば良いと、しっかり向き合ってやれなかったのかもしれません。悔やまれます。
 これから「リトル・マーメイド」行きます。夜はチョクちゃんのリサイタルですが、残念ながら行けません。ご成功を祈ります。
by nyankai | 2019-05-22 09:01 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
 B.B☆Hallの打ち合わせ、行ってきました。ある子ちゃんが乗っけて一緒に行ってくれました。今年10回目ですよ。10歳年取ったんだと、d0017084_911955.jpgみんなでしみじみしました。
 歌の練習をしていて、思うことがあります。私はおひとり様なので、いついかなる時間でも、心置きなく練習できます。でも家族がいたら、そうはいかないよね。ブロ友さんが、連休中はご主人がいるので、家では練習ができないと言っていました。ご主人はほとんど存じ上げませんが、相当に音楽に理解がある方で、というより、「ベニベニ」はやっていませんが、合唱をする方です。それでもそうなんです。連休中ならば、一緒にどこかに行ったり、何かをやったり、食べたり、一緒に行動することが大切だから。
 目下お悩み中の息子が、ぽつりと言いました。Yちゃんが大好きだけれど、何かを一緒にやりたかったかと問われたら、思い浮かばないと。意外なことでした。私は仕事をやめて、教員のいっちゃんを家で待っている立場ではありましたが、何が楽しかったって、d0017084_915325.jpg学芸会の衣装や小道具を一緒に作ったり、学期末に仕事が遅れ気味になって通信簿のハンコ押しをやらされたり、そんな些細なことです。富川合唱団の選曲も、演奏会の企画を練ったりもこの上なく楽しかったです。いっちゃんの運転する助手席に座ったとたん、このまま永久にどこまでも行きたいほどワクワクしました。いっちゃんと話すのが1番楽しくて、友達なんていらないと思っていました。実際友達づきあいは良くなかったと思います。
 こうして考えたら、私は内助の功タイプではないし、ましてや夫のお母さんタイプでもないし、それぞれ別の目標をもってお互いを尊重しあって生きる夫婦を目指すでもない、夫婦で同じことを、一緒にやりたいタイプだったんだと思います。農家はそんな体力が無いとしても、お店とか小さな工場とか、まあ同業者が良かったのでしょう。「しあわせのパン」を観た時、良いなぁってd0017084_922280.jpg思いましたもの。
 幸いに、やめたとは言え、私も教員経験者だったし、仕事ではないけれど共通する音楽があって良かった。夫婦には、一つ共通の趣味があった方が良いと思います。それについて時を忘れて話しできるような。夫婦って、一緒にいて1番面白い相手ではないんだろうか。私はそうだったと思うのだけれど、珍しいんだろうか。
 猫の事を「ウメ」だと認識しているらしいシモン君が、近所の長毛猫を見つけて「ダリ」と言ったんだそうな。それはすごい。シモン君の中では、普通の猫が「ウメ」、フワフワした猫が「ダリ」、すばらしいね。
 「なつぞら」、草刈さんのせんべいが割れて落ちました。「なしてですかF65B.gif
by nyankai | 2019-05-09 08:58 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
 北海道のGWなんて、寒さとの戦いだわ。開花直前の桜も引っ込んでしまいそうです。あと1歩です。
 昨日は午前中は良いと思ったのに、ナナさんとハッチ~に誘ってもらって競馬場に遊びに行ったのに、曇って寒くなってしまって、レース見ないで帰ってきました。それでも、ほうずきのクレープとか、タコロッケ(1個30円が、なぜか6個30円)とか、いずみのカレーパンなどを手に入れました。d0017084_9155447.jpg又、タコのえらのあげた物を試食しました。フワフワしておいしかったのですが、ネットで調べて形状を見ると、若干気持ち悪いです。ごめんね、タコ。
 私はこんな風に、声をかけてくれる人が複数いて、とてもありがたいと思っています。今、調子を崩している息子が、あんまり誘ってもらえないとこぼしていたのを聞いて、それはあまりに息子が元気が無さすぎる状態だからとか、GWだもの、みんなそれぞれ予定があるだろうとか、理由付けはできますが、じゃ、息子自身は今までどんな生き方をしてきたのだろうと考えるに至りました。
 私は決してできた人間ではありません。特に親切でもないし、思いやりの心に満ち溢れているのでもありません。でも大切な人には、心からそうしたいと思い、d0017084_917596.jpgもし自分がしてもらえたら嬉しいだろうなと想像できることを、やれる範囲でやって来たと思っています。
 息子は行動力はあります。何かをやろうとした時、なぜ?と思うほど、動員力もあります。でもそれって、息子がパワーに満ち溢れている状態での話です。弱っている友達、苦しんでいる仲間に、より添えてきたんだろうか。どうなんだろう。発達障害の人は、共感性が弱い。きっとそうなのでしょう。それは仕方が無い。悪いんじゃない。でも、考えることはできるはず。それに気づいて受け入れられた時に、息子は立ち直れるんじゃないのかな。そう思ったら、去年Yちゃんが言っていたあることを思い出しました。Yちゃんは、気づいていたんだわ。私はわかっていませんでした。
 去年5月、3人で2週間ニャンコ座に滞在してくれた時にd0017084_917314.jpgこんなことを書いていました→ここ 私はすでに感じていたのです。心配が現実になってしまっただけと言ったら、身も蓋も無いですが。
 息子は、メンタルのドクターに外を歩くよう勧められたそうです。良いですね。
 スカイツリーのお土産、いただきました。ありがとう。「なつぞら」は、私でも予想できた通りの展開で、泣きました。きっと明日も予想通りでしょう。
by nyankai | 2019-05-03 09:14 | 心もよう | Trackback | Comments(2)

延期 (4/19)


更新、遅くなりました。本当は、今日帰る予定だったのですが、1日延期になりました。ダリのことは、ちゃんとしてあります。発声練習は、近所迷惑にならない程度にやっています。d0017084_19154186.jpg
by nyankai | 2019-04-19 12:37 | 心もよう | Trackback | Comments(0)

決意と相談 (3/6)

 今日はパーキンソン病院です。そして午前中に、年に1回位診せに来いと言われている、変形性股関節症の整形外科にも行くので、前の晩にd0017084_7123259.jpg下書きをしました。
 昨日のヨガは、先生がCDを忘れて恐縮し、音無しでした。私の頭には「ベ~ニッ ベ~ニクレアトルスピリトゥス・・・」い~ぞっ。これじゃ瞑想じゃなくて迷走ですが。夕方から両腕が気持ち悪いだるさになりました。
 決意とは何かと言いますと。ニャンコ座のリビングには、薪ストーブを置くステージがあり、煙突も付いています。今は、以前使っていた薪ストーブっぽく見える灯油ストーブが取り付けてあり、新鮮な灯油を入れればたぶん焚けるはずです。ここの暮らしが安定したら、憧れの薪ストーブを導入するつもりでした。でもいっちゃんがさっさと死んでしまって、手ごろな価格のストーブを探したり、薪の調達を考えながら月日が流れ、東日本大震災の後は本気で電気のいらない暖房を模索しながら、今一本気になれずにいました。
 そこへ9.6地震。自分がひどい目に遭ってみると、電気はいらなくても、薪ストーブが燃えている所に震度6が来たらどうなる。灯油やガスストーブは耐震装置が働きますが、薪ストーブはそうはいかないでしょう。もう恐ろしくて、いくら憧れていても断念する決意をしました。今のストーブを飾りのままにして、d0017084_7131453.jpgオーブンのスペースに飾り付けをして、その決意表明とします。
 相談の方はと言うと。こんなチラシを見つけました。「♪北海道二期会の声楽家が教える♪ 2019年度 オペラ合唱ワークショップ 前期・基礎コース 参加者募集」・・・hitaruができるまでは、オペラって遠い存在でした。ミュージカルオタクなのにね。こけら落としの「アイーダ」を観て、なんて面白いんだと思いました。そして、農オケコンサートで、オペラの曲を歌えて幸せでした。このワークショップの講師の一人は、何と農オケの「誰も寝てはならぬ」で共演させていただきましたところのカラフお(う)じ様です。
 めちゃくちゃそそられます。始まるのは5月、月2回、水曜午前の部があります。参加費は20,000円、最後には終了公演(9月)があります。はい、わかってますよ。4月に「メサイア」が終わるとして、その後「天地創造」が続くし、6月「ごちゃコン」、7月音取りできていない「ベニベニ」、私にそんな余裕は無い。9月までコンサートが続く恩人Y子は「私は無理だけど、やんなよ、やった方が良い」とささやきます。あ~、どうしよう。とりあえず、行ってきます。
 雨の予報が出ています。靴に防水スプレーをたっぷり塗りました。傘を持って出かけます。
by nyankai | 2019-03-06 07:11 | 心もよう | Trackback | Comments(3)
 昨日は、用のある人の車に乗っかって、9.6後初めて厚真の被災地に行きました。新聞やテレビで見るとのは全然違いました。明日かd0017084_9263081.jpg明後日書きます。
 今日は「メサイア」練習です。行きだけは姉様SAIに乗せてもらえることになりました。姉様のお母さんの誕生日だそうです。おめでとうございます。
 インフルエンザ大流行も、身近では聞かないまま、ややおさまってきた感じです。直接の知人では、発病したのは知る限りでは1人でした。
 昭和43年3月3日日曜日、私もうすぐ卒業を控えた6年生でした。僻地に住んでいましたが、親はイベントを大事にしてくれる人で、ひな祭り🎎だから、夕食はそれなりの準備をしてくれていました。どこから調達したのか、桃色のひし形の雛ケーキもありました。私は夕食を楽しみにしていましたが、昼過ぎから具合の悪さを感じていました。でも子供なので、それをちゃんと自覚できず、ましてや伝えるなどできませんでした。
d0017084_927191.jpg 夕方になり、さらに悪くなって、とうとう吐いてしまいました。母がびっくりして熱を測ってくれた時すでに遅し、高熱がありました。雛ケーキどころか、もう起きていることさえ不可能で、即病人になりました。楽しい夕げになるはずだったのに、とても悲しかった記憶は残っています。
 翌朝は治っているどころか、ますます病状は悪化していて、4歳下の弟もダウンしました。でも地元に病院は無く、車も持っていなかったので、2人で寝ているしかありませんでした。学校で風邪が流行っていたのでしょう。父が地域を往診して回っているお医者さんを確保して、つれてきました。ようやく治療を受けられたのですが、余程重い風邪だったのか、結局1週間学校を休みました。当時は土曜日は休みではありませんから、6日休んだことになります。今思うと、インフルエンザだったのかもしれません。d0017084_9285165.jpgすっかり本調子にならないまま、卒業したかもしれません。写真はその頃の弟と私です。
 毎年ひな祭りになると、ちょっとこのことを思い出します。桃色のひし形のもちろんバタークリームの雛ケーキ、食べられなかった雛ケーキ、父は甘い物を食べると頭が痛くなるほどの辛党でしたから、食べてはいないでしょう。かろうじて発症が遅れた弟と母とで食べたんでしょうか。当時2年生の弟に聞いても、そりゃ覚えていないでしょう。
 帰りに札幌で、思い切りおしゃれな雛ケーキを、1個だけ買って帰ろうかな。自分のために。それにしても私、笑美ちゃんのお節句だと言うのに・・・ちょっとかわいそうなばあちゃんだって気がする。
by nyankai | 2019-03-03 09:19 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
 9.6の後、しばらく私のそばで寝ていたダリですが、いつの頃からか又2階には来なくなりました。朝私が階段を下りて行くと、d0017084_9355919.jpg見上げるダリは必ず一鳴き「オアオン」。F465.gif飼い主バカですが、おはようと聞こえます。
 ブログの地は白が読みやすいを貫いてきましたが、3月だからスキンを変えようと思い、エスニック柄があまりに素敵で採用してみましたが、やっぱり読みにくいので、すぐ白いのに戻しました。ほんの何時間かの緑地のスキン、見た方はどれ位いるでしょう。
 昼間ヨガは基本木曜日なのですが、会場の都合で来週は火曜日になりました。火曜日にお願いしていた足つぼマッサージさんに連絡して、月曜日に替えてもらいました。快く変更してもらえて良かったです。
 そろそろストレートに飽きてきたのや、元日に「相棒」で見た大地真央のヘアスタイルがあまりに素敵で、顔が違うんだから同じになる訳無いのですが、パーマかけたくなっていました。d0017084_9365211.jpg4月の「メサイア」前にもくろんでいたのですが、中旬にキルト展があることがわかり、それならばぶつけて行こうかと、いつもの美容室に問い合わせたら、狙った日時は空いていませんでした。1度電話を切り、考え直す。美容室を後にして、何とか調整できました。
 そうだ、私みたいにほとんど自由時間の身でも、スケジュール調整をすることは、多々あります。人生ってつまり、時間配分なんだなぁと思いました。子供の頃、国会って予算委員会ばかりやっているのを不思議に感じました。お金を何に使うか論じることが1番の仕事だと、d0017084_9385532.jpgわかっていなかったのです。
 平取の絵画展に行きました。従姉や知人が出品しています。「みんな違ってみんな良い」絵画展でした。ホールに立派なひな人形が飾られていたので、しばし見とれました。すぐそばのソファーで、JKがスマホをいじっていたので、「あの、厚かましいお願いですが、お雛様と一緒に写真撮ってもらえますか」とお願いしてみたら「だいじょぶで~すF3A8.gif」と、ニコニコとシャッター押してくれました。ありがとうJK。でも返事の「だいじょぶです」は、やっぱり何となくしっくりしませんでした。
 薬やめたので、睡眠負債が半端無いです。夜眠気を感じるようになり、何とか寝付けるので、やめているのですが、4時間程で目が覚めてしまいます。その後しばらくは、がんばって布団の中にいるのですが、ウトウトするだけです(と思います)。腕や脚は、かわらずだるいままです。明日は練習なので、今夜は潔く薬飲んで寝ます。
 昨日は、A子さんとアンサンブルHANA*MIZUKIの練習。スーパー調律師Oさんが突然来て、中間の臨時サービス調律をしてくれました。
by nyankai | 2019-03-02 09:32 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
 昨日午後はテレビもネットも見ていなかったので、夕方になって、池江璃花子さん白血病の報に接して、言葉を失いました。泣きそうです。かわいそうすぎます。東京オリンピックって、もしかして来年ですよね。どうしてそんな残酷なことが起こるんですか。神も仏も無いと思います。人生に無駄なことなんて一つも無いなんて嘘。私は口が裂けても、いっちゃんが早死にしたことも無駄ではなかった、パーキンソンになったことは無駄ではない、なんて言えません。d0017084_9173992.jpg絶対にそうは思いません。この世は理不尽だらけだと開き直るしか。そして慣れるだけだと。無駄なことではなかったと言えるのは、その後の人生を、無駄なことにしないで生きていく、本人なのです。
 そりゃ今どき、白血病は恐れる病気ではないのかもしれません。もしかしたら璃花子さんも寛解して、奇跡の復活をするんじゃないかと、私も思います。でも今日この日のこの現実は、18歳の世界のトップスイマーにとっては耐え難い事だろうし、親御さんの心情を思うと、辛すぎます。璃花子さん、どんだけこわかった(北海道弁)か。一番重要なのは、オリンピックじゃなくて、璃花子さんの若い命であり、心なのです。
 白血病と言うと、いつも本田美奈子さんを思います。美奈子さんは、やせっぽでも歌える希望の星でした。クラシックを歌うようになった彼女の歌は、私が目標とするものの一つです。2005年に亡くなった後、いくつかの特番がありましたが、ちょうどいっちゃんのアミロイドーシスがわかった頃で、同じ血液の病気だし、移植とか抗がん剤とかも経験していたし、とてもそれを見ることには耐えd0017084_9181245.jpgられませんでした。
 今私がこんなブログを書いても、璃花子さんの何の力にもなれませんが、書かずにはいられないのです。あなたのことを思っている人がたくさんいることを、伝えたいです。
 今朝の最低気温は-17.0℃だったようです。下がってるやんF3EF.gifでももうそろそろどうでも良いか。日曜日にファーチレが終わって外に出た時、5時が明るいのだと気づいて、とても嬉しかった、あの気持ちを思い出そう。
 ベビーキルトのちょっとしたアイディアは、これです。何に見えますか?一応サバトラ猫です。これに耳が付きます。ただ今作成中です。バインディングが終わりましたが、キルティングが少々足りない所があるので、追加しています。あまり密にかけると、肌触りが固くなるので、その辺りを考慮しながらです。
by nyankai | 2019-02-13 09:15 | 心もよう | Trackback | Comments(4)
 昨日は大荒れの予報が出ていたので、マジで心配でした。1度だけペガサス欠航体験があり、JR→JR→タクシーと苦労したものだから、昨日は万が一の場合の宿泊の手はずを整え、フェイスタオル、歯ブラシ&トラベル化粧品セットをバッグに忍ばせて出かけました。3時頃から雪が降りだし、4時半辺りではけっこうな降りでしたが、その後あがって、自動車道が速度規制で多少遅れましたが、d0017084_910434.jpg無地帰宅できました。
 バス停に置いた車は、いくらか雪をかぶっていましたが、10分位で雪下ろしをして、家の前は朝刊配達さんへ迷惑かけない程度に雪かきをしました。やればできるじゃないの、私。
 中学生くらいまでは、内弁慶外味噌っ子でした。家が大好きで、家族とはしゃべるのですが、学校ではそれほどしゃべりませんでした、と言うか、別に話す必要を感じなかった・・・と思っているのは私だけかもしれなくて、当時の証言をとったら、案外しゃべってたと言われるかもしれない。高校では話の合う友達ができ、大学で家を離れると、d0017084_9111898.jpgおしゃべりの才能が開花しました。
 昨日はまず美容室。美容師Sさんとは、女子トークさく裂します。良く、美容師さんに話しかけられたくない苦労話を聞きますが、全然理解不能。楽しくて仕方ありません。次回かその次かには、パーマかけて、大地真央にしてねと、お願いしてきました。毛先を少し遊ばせてもらったのに、雪の湿気で、帰宅した頃には寝ぐせ風になってしまいました。でも白髪無しの記念写真を撮ってみました。もちろん、スマホアプリによる、詐欺写真です。
 軽く昼食を食べて、カードの次に作り始めたベビーキルトの、さすがに手持ちでは足りない材料を買いました。思ったより迷って、てこずりました。
 次にrakuらく館へ。ここでも自分でもあきれるほど、マッサージさんとは、筋肉体操話で盛り上がったり、ほとんどしゃべっていました。途中睡魔が来て、もしかして少しd0017084_9122552.jpg寝たかもしれない。
 ようやく本当の目的の、パーキンソン病院へ。「割と元気です。でもこの間、骨密度がやばいことになっているのがわかりました。食べ物は気を付けているつもりなんですが、運動が足りませんね」「ビタミンDも必要ですよ」「お日様には当たっているんですが、ところでセンセ、スキーやって日に当たってます?」「ナイターが多いですね」ジュンセンセは車いすドクターで、チェアスキーが趣味なんですって。ナースには手編みの猫カーディガンを褒められて、良い気になる。病院でも話す。
 診察では薬が効いていて悪化はしていないので、特に変わりが無ければ、次は1か月半後で良いそうです。その分薬が多くなったので、お値段高くて腰抜けました。
 息子が久しぶりに、演劇関係の写真を載せていました。おバカで安心しました。
by nyankai | 2019-01-24 09:08 | 心もよう | Trackback | Comments(4)
 今日(午後)は月に1度のパーキンソン病院です。その前に髪を切ってからそのままで、白髪も随分伸びてしまったので、美容室に行きます。今日の天気はとても心配です。1度だけペガサス欠航の体験があるので、万に一つと思い、ホテル姉様d0017084_7243064.jpgマンションの予約を入れておきました。これで安心。
 「マーラー8番」の申し込みをしたことは、我ながら大それたことだと思っています。だってさ、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)だよ、NAF(ニャンカイ・アート・フェスティバル)じゃないよ。エッシェンバッハだよ。CDを貸してもらったので、ひたすら聴いています。合唱は単なる趣味ではあるけれど、よくぞここまで来たもんだ、I have come a long way.と言う気分です。まだ申し込んだだけですけど。
 人が大好きなことを続けられるって、そうたやすくは無いのかもしれません。逆に好きなことをやめてしまうのはどんな時でしょう。大学を卒業して、始めた仕事が音楽の先生でした。富川では、合唱団の団長さんが、手ぐすね引いて待っていました。以来、その合唱団で40年、たくさんの人が辞めていき、そのたびに引き留めて(多分)嫌がられ、責任ある立場になってしまって、よそにも移れず。結婚した相手は同じ趣味で、一緒に歌い続けたし、息子が生まれても、近くに母がいてくれて、全く困りませんでした。今はごちゃコンが10回目を迎えます。就職・結婚・出産・転居は、私が合唱をやめる理由にはなりませんでした。恵まれていました。そして、満を持して、ファーチレと言う場が与えられました。矛盾して聞こえるかもしれませんが、ファーチレは合唱が好き、以外に縛りが無い、ゆるい所が助かります。
d0017084_7251869.jpg やり切った、気が済んだ。新たなやりたいことを見つけて卒業できるなら、その人は幸いでしょう。でも、本当はやりたいことがあるのに、やり続けたいのに、やめてしまうって、どんな気分なのだろう。時々、あきらかにそれがわかることがあります。「やんなよ!」と励ましたくなります。
 そんなことを考えていたら、最近の話題、タッキー引退を思いました。決して人の価値を外見で判断はしませんが、面食いです。イケメンが好きです。タッキーは私のイケメンランキング(あくまで個人の感想です)でも上位です。大河ドラマ「義経」をやった時は、毎週心躍っていました。あんな美しい牛若丸は、しばらくは現れないと思います。タッキー、新しいやりたいこと、思い切りやれますように。でもタッキーは、努力の及ぶところではない天から与えられた容姿が、人を幸せにすることを、ちょっと知らないかもしれません。
by nyankai | 2019-01-23 07:23 | 心もよう | Trackback | Comments(3)