カテゴリ:自然( 132 )

 元々睡眠障害だったのが、パーキンソンを発症して悪化して、睡眠導入剤が合わなくなり、安定剤を飲み続けることが気になり、睡眠サプリとメラトニン受容体作動薬で何とか行けそうな感触がつかめかけていたところに、地震が来ました。あれ以来又強烈な不眠症です。睡眠不足は、パーキンソンに非常に良くないのです。薬が無いと寝られなくて、具合悪いったらありゃしない。昨夜は潔く飲みました。すぐに寝付いたけれど、せいぜい5時間ってところ。
d0017084_22564213.gif

 何も起こらなかったら、9月6日は台風21号の報告を書くつもりでした。そのための写真は用意してありました。何をどう書こうとしていたのか、今はもう思い出せないのですが、d0017084_858325.jpgあちこちに被害をもたらして、この辺りもけっこうな風が吹き荒れたのと、雷が鳴っていたのは覚えています。
 まず息子が、札幌で開かれる演劇祭に参加するために、関空災害で、交通手段の変更を迫られました。急きょフェリーに振り替えて、苫小牧に向かっていました。
d0017084_859030.jpg 写真を見てみると、ニャンコ座の被害は、大きいところでは、ベンチブランコが倒れ(倒れるまでは想定できていた)、手前の柵も倒壊した。花壇にある、石のプレートを乗せた金属のトレリス(みたいな物)が倒れた。バラの後ろの木製トレリスが、取り付けていたデッキの腐食部分ごとはがれた。知人が流木で作ってくれたd0017084_8593571.jpg不思議な建造物の1部が壊れた(これは翌日の地震で、完膚なきまでに崩れ落ちました)、この4点です。驚いたのは、ウドが一夜にしてほとんど葉っぱが落ちてしまったこと。その前にあった、まだ何本かいけると楽しみにしていたキュウリが、ちぎれてダメになってしまったことは、残念でした。d0017084_91199.jpg心配だった「クレマチス・アトゥムナーレ」の棚がびくともしていなかったので、ホッとしたのも覚えています。吹き荒れた潮風で窓ガラスが汚れたのでと、お隣さんが水洗いをしているのを見て「偉い!」と思いましたっけ。
 思い出しました。なんちゃって孫たちの所は夜中に停電し、停電すると断水するシステムみたいで、朝のトイレと冷蔵庫が大変だったようです。5日午後に復旧しました。が、12時間後に再び、地震で断水したのです。
 デイサービスの下見は、予定通り行ってきました。思ったよりずっと広い場所で、エレピにアンプをつないでみようかと、5日のうちに準備しました。30分と聞いていたのが、行ってみたら45分と言われ、ラインで相談して、「明日があるさ」を追加。1週間後を楽しみにしていました。来月14日にやる予定です。
 ダリは小食ですが、落ち着いています。このままだったら京都へ行けるかな。
[PR]
by nyankai | 2018-10-23 08:57 | 自然 | Trackback | Comments(2)

 ヨガは本当に良いです。初めは固い金属のようだった体が、パン生地位な感触になります。スライム位になってみたいですが。猫はスライムですね。それなら自分で毎日やりゃ良いに決まっていますが、先生に「吸って~、吐いて~」と言ってもらわないと、d0017084_9312797.jpgできないんです。
 苗を植え付けて長いこと、全く成長しなくて諦めていたミニトマトが、ようやく大きくなり始めたのは、いつ頃だったでしょう。もう暖房を入れ始めたのに、今だに食べきれないほど収穫できています。何もかまってやっていないのに、そこらで売っているのよりずっとd0017084_932221.jpg甘くておいしいです。
 ヨガの後、かちゃ子さんがトマト取りに寄ってくれました。せっかくなので、少し早いかなぁとも思ったのですが、南瓜もとりました。家にあった種を、ぶちまけただけなのですが、色々な種類のが混ざったように育ちました。ロロンとよくある普通のと、雪化粧が混ざったようなのとか、細長いのとがありました。おいしいと良いのだけれど。
 サツマイモはまだ枯れていないのだけれど、少し掘ってみるとなっているようなので、日曜日にでも収穫大会をやってみます。d0017084_9362870.jpg今年はハロウィン用のオレンジのデカイのができなかったのが、残念です。どこかで見つけたいな。
 私自身が全然立ち直れていない地震があっても、こんな風に花がきれいに咲いたり、作物が生ったり、「毎年の約束の不思議さよ」なのです。自然に翻弄されているのに、自然に癒される、自分自身も自然の中の1部であると思えれば良いのでしょうか。d0017084_9333999.jpg私には無理でしょう。
 書く順番が後先になりましたが、今年もブドウ狩りに行けました。「あ~葡萄」です。行先は去年と同じ壮瞥でしたが、農園は違うところでした。行き当たりばったりでしたが、同じ頃だったのに、お目当ての「旅路」がもう終わりで、ちょっとがっかりしました。でも大好きなデラウェアが残っていたし、プルーンがめちゃくちゃおいしかったし、リンゴは目にも幸せだったし、行けて良かったです。行き帰りの紅葉もきれいでした。
 私を寝不足にしていた原因は、ミヨナオちゃんの不具合でした。昨夜、だいたい解決しました。もう少し自分でがんばらなくてはなりません。すっかり解決した暁には、詳しく書きますね。
 ダリがちょっと不調です。昨夜、何度も吐き気があり、水分を吐き、元気がありませんでした。今朝も、食欲なさそうです。気を付けてやらなくちゃ。今日は、三井ホームが再度点検に来ます。
 追伸:写真を用意していたら、強めの余震。めげるわ。
[PR]
by nyankai | 2018-10-12 09:06 | 自然 | Trackback | Comments(2)

 昨夜6時半ちょっと前、久しぶりの余震。ダリが目を見開いて、後ずさりしていました。ニャンコ座町の震度が1だなんて嘘です。絶対に3です。そろそろ薬なしで寝てみようと試みましたが、完敗でした。全く寝た気がしません。おまけに地震の夢を見てぐったりしています。たぶん夢だったのだと思います。d0017084_10192149.jpg台風が心配です。地震があまりにひどすぎて、その前日の台風21号の事、忘れていました。
 8日に流れた舞茸捜索は、これ以上無い天候の下、日勝峠の一昨年の台風10号被害の傷跡と、復旧の見学ツアーになりました。あの時、とにかく行ってみようと、道東道を通ってたどり着いた清水町の様子は、衝撃的でした。今年4月21日、日勝峠が復旧しました。良くがんばったなぁと思いました。通ってみたいなと思っていました。道は、まだまだ工事が続いていました。数えきれないほど、d0017084_102114.jpg水がえぐり取ったのであろう痕跡がありました。どれだけの雨が降ったら、こんなことが起こるのだろう。これからやって来る台風24号、どうかそれていってください。
 峠の展望台に、初めてゆっくり上りました。さすがに「第九」の町です。清水町の酪農振興に尽力した、高倉牧人さんの句碑がありました。
「残雪や峠越えれば酪農村」、思い切りシンプルですが、そこが力強い句ですね。巨大なエゾニュウがありました。普段身近で見るのは、d0017084_10221481.jpgせいぜい私の背丈位のですが、3mはありそうな感じでした。これが咲いている時に見てみたいです。7月かな。標高が高い所は、すでに楓・うるしなどが真っ赤になっていて、とてもきれいでした。
 私も以前住んでいたのですが、日高山脈のふもとのまじょ子町には、水力発電所があります。そこで 電力をまかなえています。だからこの間のブラックアウトでも、まじょ子町は4時間で停電が復旧したそうです。もちろん断水も無く、地震の被害はほとんど無かったそうです。d0017084_10225987.jpg9日(まだ停電断水中)には、水と食べ物を持って、勝手にやってきて、勝手に台所掃除をして行ってくれました。どんなに助かって、嬉しかったことか。心ばかりのお礼を添えて、タンクを返しに行きました。なのに、逆にお土産をいろいろ持たせてくれました。
 白い綿雲が浮かぶ青空、心地よい温度、自然はこんなにも優しいのに、時に信じられない牙をむく。改めてそんなことを考えた日でした。ところで舞茸は、いただきました。
 富田林のアイツ、ようやく捕まったんですね。すっかり忘れていました。
[PR]
by nyankai | 2018-09-30 10:17 | 自然 | Trackback | Comments(2)

蛍と火星 (8/2)

 今日のタイトルは、何だか小説っぽいと思いませんか。
 昨日はさすがのニャンコ座町も、暑さに参加できたようで、30℃をちょっと超えたかなぁ。釧路も根室も30℃というから、めったにないことです。これでこの夏も終わりの様な気がして、寂しいです。新聞のうそクラブには「災害と言えるほどの猛暑」に対しd0017084_98646.jpg、「北海道が緊急避難所に指定」とありました。ただし、太平洋沿岸ね。
 息子が参加する「教文演劇祭」は、「笑の内閣」でチケットが売れないと、マージンで工面する予定の旅費が出なくて困るとぼやいていたので、おかん始動。3枚売れました。
 昨日は、なんちゃって家に誘ってもらって、蛍を観に行きました。「びらとりホタルの会」の会員の方たちの大変な努力で、町の公園で繁殖しています。何年か前にも行きましたっけ。今回は、ある子ちゃんとシモン君も加わりました。人がそこそこいるのですが、何しろ暗いので、誰がいるのかがわかりません。シモン君は、嬉しそうに走り回っていました。若いから、暗くても見えるのかしら。
 蛍を見るといつも、音も無く光るのが不思議です。日が暮れて少しした頃、蒸し暑い夜が良いのだそうで、昨夜はうってつけでした。たくさんの蛍が光り、人懐こくてハッチーの手に何匹も止まったりしました。写真は良いのはとれませんでした。しまった、甘い水の歌を歌うの忘れました(注:ホ・ホ・ホ~タル来い)。
d0017084_993682.jpgd0017084_9913100.jpg どなたかわかりませんが、沙流川の向かい側の空に見える赤い星が、火星であると教えてくれました。最接近の時はこの辺りは雲に隠れていたそうです。確かに赤い。空間認識能力に欠ける私は、理科の中でも「天体」が非常に苦手でした。でも、星はきれいだ。下を見れば蛍、上を見れば星。何とぜいたくなのでしょう。
 夏の夜は、心が自由になる気がします。夜になっても寒くないのは、1年のうちいくらもありません。清少納言も「夏は夜 月のころはさらなり、闇もなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。」って書いたじゃないですか。帰りの外気温は22℃でした。
 夏の夜は、浴衣です。笑美ちゃんの浴衣を買いました。本当は、本当の浴衣にしたかったのです。それもピンクや赤じゃなくて、紺地が似合うような気がしました。でも探した限りでは、浴衣は100㎝からでした。私は和裁はできません。それで甚平で手を打ちましたが、帯が付いているのにしましたよ。紺地の浴衣ではなく、紺の帯でした。けっこう気に入りました。
 左肩の凝りと、眠気に似た、あくまで似た症状とれず、ヨガ行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2018-08-02 09:06 | 自然 | Trackback | Comments(3)

 私は良く、洗濯物を取り入れるのを忘れます。ニャンコ座の物干し場は、2階の寝室の外のベランダで、普通にリビングにいると、視界には入らないのです。せっかく乾いた洗濯物は、夜露にぬれてしっとりしてしまd0017084_9225820.jpgいます。
 報道によると、2010年が猛暑だったそうです。2010年がどんな年だったか、ニャンコ座を振りかえってみると、母が旅立った年でした。全国的に猛暑だった記載は無いのですが、確かに北海道は暑かったです。母が死んだのは8月30日のことでしたが、その後のいくつかのこなさなければならなかった諸々の記憶が、熱く熱せられた空気と共に蘇るのです。
 今日はこれからどうなるかはわかりませんが、ここ数日のニャンコ座町は、この上も無い天候でした。家の中にいると、日中は窓をほんの少し開けるだけで快適ですし、d0017084_9241491.jpg外もUVケアさえすれば、気持ちの良いことこの上無しです。畑の花や野菜は、長雨のせいでダメだった物もあれば、天気が回復して息を吹き返した様に良くなりつつある物もあります。
 昨日のペンキ塗りは、デッキの3分の1程でした。物をどかしながらなので、1度にはできません。デッキはオイルステインなので、夕方待ち切れなくて、ちょっぴりジョウロで水をかけて、完璧にはじいているのを見届けて、大いに自己満足・自画自賛しました。
 ラベンダースティックは、昨日リボンの差し入れが来たので、もう少しがんばってみようかとd0017084_92545.jpg思います。
 ネットのニュースや、息子のツイッターで見つけて、気になった事があります。自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック)が月刊誌への寄稿で、同性カップルを念頭に「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がない。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」と行政による支援を疑問視したそうで、人権意識を欠いた記述だと批判が上がっているそうです。唖然茫然です。自由民主党所属、元日本維新の会所属。元新しい歴史教科書をつくる会理事。これは筋金入りだわ。でもなぜ「この、はげ~~~~っF3F1.gif」があれほど批判されたのに、こちらは報道すらされないのでしょう。面白くないから、笑えないから、だとしたら、私たちもずい分となめられたものだと思っていたら、遅い時間帯のニュースと、今朝の朝刊で報道されました。
 相変わらず、左脚がグニュグニュ動きます。こんなに不必要にまめに動いているんだもの、そりゃ疲れるのも無理ないでしょう。
[PR]
by nyankai | 2018-07-25 09:21 | 自然 | Trackback | Comments(4)

 危険なレベルの猛暑・酷暑のさ中の皆様、お見舞い申し上げます。私の所は、これ以上ないってほどの、最高の天候です。いえ、今朝は曇っていてd0017084_9135947.jpg寒いです。
 そんな中、遅れに遅れていた1番牧草の収穫作業が行われていて、あちこちからトラクターの音が聞こえてきます。例年ですと、牛さん用と馬さん用は少し事情が違いますが、1番牧草は7月上旬、遅くとも今頃には終わっています。ニャンコ座の前も、去年までは作業を見物できたのですが、今年はポニーも含め、6組のお馬の親子が草を食んでいるので、今年は見られません。
 ところで、私達が牧草と呼んでいる草、ニャンコ座も元牧草地ですから、私がいつも格闘している雑草は、したがって牧草なんです。いったいどんな草があるのかと気になって、調べてみました。オーチャード(カモガヤ)・チモシー・イタイアンライグラス・アルファルファ・クローバーetc.の様です。イネ科とマメ科ってところでしょうか。
 d0017084_9144053.jpgでは実際に、見に行きましょう。庭は、年に何度か人を頼んで刈ってもらうので、伸び放題になることはありませんが、牧草を刈る寸前の所をみると、私の背丈ほどにもなっています。たぶんそれは、オーチャードとチモシーだと思います。振ったら猫が喜びそうな。聞く所によると、馬はクローバーが好きなんだそうです。アルファルファはちょっととんがったクローバーみたいな葉っぱだそうですが、ニャンコ座には無いようです。とても栄養価が高くて良いのですが、北海道では、完全に乾燥させるのが難しいらしいです。
 d0017084_9151527.jpgアルファルファの別名はムラサキウマゴヤシですが、男声合唱の「富士山」(草野心平/作曲多田 武彦)の第2曲を聴いた時、なんと良い歌なんだと思いました。男声合唱はを妬んだほど。「少女たちはうまごやしの花を摘んでは巧みな手さばきで花環をつくる それをなわにして縄跳びをする 花輪が円を描くとそのなかに富士がはひる・・・」の、ウマゴヤシっていったい何かが永遠の謎でした。そうか、「馬肥やし」ね。クローバーみたいなものだったら、根気があれば、長い縄の様にはできますね。それが牧草であったところが、シロツメクサではないのが重要かと思います。
 浅利 慶太が死んだって。ある意味、私や息子の人生を左右した人かも。札幌にキャッツシアターができて、息子も連れて観に行ったのが、事の始まり。キャッツが無くても私は歌は歌っていたでしょうが、ミュージカルにはおそらく触れることは無かったように思います。ごちゃコンはやっていないかもしれません。息子に至っては、おそらく演劇してはいないんじゃないかな。祐様という俳優も生まれていない。今何を思うや。
 夜、ミュー友から電話があり、来年9月、ヒタルに「レミゼ」が来ることがわかりました。
[PR]
by nyankai | 2018-07-19 09:05 | 自然 | Trackback | Comments(4)

 タイの少年たち全員が救出された事、d0017084_9241399.jpg本当に良かったです。救出作業に当たった方の尊い犠牲を忘れてはならないですね。
 毎年どこかで洪水被害は起こりますが、今年は特にひどいです。ニュースを見ていて思い出しました。小学校だったか中学校だったかは忘れましたが、「天井川」の事を習いました。天井川とは、堤防内の砂礫堆積の進行によって、川床面が周辺平野面より高くなった河川。 平野の開発が進み、堤防により河道の固定化をはかると、砂礫の供給堆積がさかんな川では、堤防内での堆積が進行し河床が高くなり、ふたたび氾濫の危険が増すのです。が、その頃の私は、水面が土地より高いまでは想像できても、川床が土地より高いイメージが、どうしてもできませんでした。
d0017084_9245262.jpg 14年も毎日ブログを書いていると、書き魔ですから書くことが枯渇してしまうことはありませんが、以前に書いたことを忘れてしまって、又書いていることは、多々あると思います。長いこと読んでくださっている方にしたら、それ前も書いているよ、ボケたんじゃないのと思うかもしれません。特に、亡き両親の誕生日や命日には、その思い出などを書くのですが、エピソードが新しく供給される訳ではないので、同じことを何度も書いているかもしれません。
 去年のちょうど今頃、九州豪雨の事を書いていました。エキサイトブログには、そのブログ内で、キーワードを入れて検索かけると、記事が出てくる仕組みがあって(普通どのブログにもあるのでしょうが)、「大雨」で探してみると、けっこうたくさん出てきました。たとえば、2013年の7月31にも、「大雨の被害が続いています。お気の毒です。」と書いてありました。そうだったんだ。
 雨の歌の中に、d0017084_9251591.jpg好きなのがあります。
 ☆多田 武彦の「雨」作詞者:八木 重吉です「雨の音が聞こえる、雨が降っていたのだ」初めてまともに男声合唱を聞いた時だと思います。何てすてきなのだろうと思いました。
☆「雨の遊園地」作詞:谷内 六郎/作曲:中村 八大「 木立も ブランコも メリーゴーランドもベンチも みんなみんな雨にぬれていた」
 ☆合唱組曲「水のいのち」 作曲:高田 三郎 詩:高野喜久雄、「雨」 「降りしきれ 雨よ降りしきれすべて立ちすくむものの上に」
 ☆「あめふりくまのこ」作詞:鶴見正夫/作曲:湯山昭 おかあさんといっしょの歌で、弟が大好きでした。「おやまに あめが ふりました あとから あとから ふってきて」
 こんなに優しい歌がたくさんあるのに、なぜ時々こんな牙を向くのだろう。
 今日は、パーキンソン病院です。
[PR]
by nyankai | 2018-07-11 09:20 | 自然 | Trackback | Comments(2)

 GW終わったとたん、てのひら返したような良いお天気。ケンカ売ってんのかF652.gif
 2日の病院で倍になったパッチと体調の関係ですが、翌日の3日の夜、相変わらず腕と脚はだるいのですが、ちょっといつもより動ける感じがしました。もう2年半近くも具合悪いので、d0017084_945409.jpg相当疑い深くなっています。1日や2日良い日があっても、誤差の範囲内だろうと、信じることができないのです。良くなったと期待して、その後がっかりしたくないからです。昨夜は歌会が楽しかった分、夜は倒れていました。1日の中で30分位、とてもこわい時間があります。これが医者の言う、車禁止の副作用なのかな。でも今夜は、B.B☆Hallに打ち合わせに行くのだ。ガンバレ私。
 d0017084_946241.jpgニャンコザクラは、きれいに咲いています。どこかへ行かなくても家で花見ができるなんて、幸せですね。ニャンコザクラは、私の調べでは、カスミザクラです。その他に勝手に出て来た「エゾヤマザクラ」が2本咲いています。枝ぶりが横には張らず、縦方向に伸びて行く白い桜もあります。花が丸っこくて、愛らしいのです。ヤマザクラは葉が茶色っぽいですが、この桜の葉は明るい緑で、満開までもう少し。八重咲きのしだれ桜も咲き始めました。つぼみの時は真っ赤でかわいいです。その八重桜のすぐ側に、こっこがたくさん生えて来たのですが、しだれでもないし、つぼみは赤くないし、白っぽい花が咲きました。不思議です。
 Face bookに登録しないと読めない物があるので、やむを得ずしただけで、本気で使う意思が無く、もしかするといくばくかの失礼をしているかもしれません。これ以上ネットの世界に、時間とエネルギーを割きたくはないのですが。数日前にブログF679.gifをいじっていて、d0017084_9471036.jpgFace bookにも自動的に投稿できることがわかって、やってみました。したっけね、「Facebookの方にもシェアしてもらえると、コメントしやすいです」って、コメントが付きました。実際に知っている人なので、嬉しいです。でも私は、Face bookには力入れないからね。言っておきます。と書いて、写真を入れてしまったF7CE.gif
 階段対策ですが、本格的なガードは、それなりのお値段なので、100均の突っ張り棒とネットで、こんな風に考えました。元々は、おてんばなダリが窓から脱走しないように取り付けてありましたが、今はその元気はありません。とりあえず、音も無く勝手に上ってF3EE.gifしまわないよう、d0017084_9475110.jpg時間稼ぎができれば良いので。これ位なら、脚がだるい私でもそのまま上れるでしょう。もう1ヶ所、ダリトイレの前にも設置しました。砂場だと思って遊んだら困るのでね。これなら、ダリにご迷惑はかけないでしょう。
 昨夜の「西郷どん」、吉之助と月照様が抱き合って入水しました。私が大河ドラマを本気で見るようになったのは、1966年(5年生)の「源義経」からです。義経役の尾上菊之助の美しさに魅せられたのです。月照様のお父様です。ファンレターを出して、返事ももらいました。よく似て美しくて、ちょっとドキドキしました。姐さんに勧めてもらったドラマの世界F65B.gif
 それにしても、西武強すぎ。大谷すばらしい。
[PR]
by nyankai | 2018-05-07 09:43 | 自然 | Trackback | Comments(4)

 昨日は何となく春霞かと思ったら、北海道に黄砂が来ていたんですって。今さっき、3分位雪がちらつきました。
 ニャンコ座の東隣は苗屋さん、西隣はパパサラリーマンでママトリマーさん、北隣は町道と防風林で、南隣はと言っても何百mあるかな、基本牛屋さんですが、なぜか馬がいます。ただ今2頭の仔馬が生れていて、たぶんもう2~3頭生まれそうです。4頭はサラブレッドで、1頭がたぶんd0017084_927747.jpgポニーちゃんだと思います。
 有数の馬産地に住んでいるのに、その気になれば競馬場に歩いていけるほどなのに、競馬には全く興味が無くてゴメンナサイなのですが、馬そのものは美しくてかわいいと思います。だからこんな近くに、お馬の親子がいることがとても楽しいのです。
 広大な(本当です)ニャンコ座ガーデンと放牧地の境目は、ネットで仕切られているので、安心して馬さん達に会いに行けます。「こんにちは」と声をかけると、わらわらと来てくれます。d0017084_9284511.jpg緑になり始めた草を、一生懸命食べています。仔馬は母さんの側にくっついて歩きます。人間の赤ちゃんは、手足が短いですが、仔馬は(牛もそうですが)脚が長いです。いや、首が短いのかな。だから、普通に立ったままでは草まで届かないので、前脚をめいっぱいハの字に開いたりしながら、草を食べます。時々、春の日を浴びながら、おそらく得意顔で走ったりもします。競走馬になるのでしょうか。
 たぶんポニーちゃんも、お腹大きいように感じます。もしも仔馬が生れたら、どんなにかかわいいでしょう。サラブレッドと一緒にいると、ポニーはみどりのマキバオ―に見えてしまって仕方ありません。顔もそういう顔に見えますd0017084_9292552.jpg。ついつい「たれ蔵」と呼びかけてしまいます。彼女は、失礼ねF65A.gifと怒っていることでしょう。仔馬とたれ蔵は、同じくらいの大きさです。
 5月に笑美ちゃんが遊びに来てくれる予定ですが、それまでにもっと仲良くなっておきたいです。至近距離で馬を見せてやりたい。泣くかもしれないけど。
 ビオラの苗を買いました。いっちゃんのホワイトガーデンとウッドデッキと玄関と、3カ所に植え付けました。白い雪が消え、ようやく緑が顔を出し始めた世界に、黄色や紫等の色が入ると、心踊ります。枯れ草や枯れ枝を少しだけ片付けたりしました。今年のガーデニング始めです。病気を知っている苗屋さんが「花の仕事は、楽しいよ。休み休みがんばんな」と励ましてくれました。
 そうそう、大坂なおみちゃんのおじい様は、根室漁協の組合長さんなんですって、何だか嬉しい。
 明日はとても些細な訳あって、更新が少し遅くなるかもしれません。心配しないでください。
[PR]
by nyankai | 2018-03-30 09:25 | 自然 | Trackback | Comments(2)

 ニャンコ座の玄関ポーチはけっこう広いので、無駄な物を色々置いて楽しんでいます。食べ物を粗末に扱うことはいけないですが、ちょっとなら許してもらおうと、去年秋から、3種類のカボチャを飾っていました。雪が降り始めた頃、それに10円ハゲみたいな傷が付きました。そこから、くり抜くように中身が無くなって行きました。自然の猛威です。
d0017084_9392263.jpg ニャンコ座には鹿も来て、畑の物を食べてしまいますが、このくり抜きの技は、鹿ではなくてアライグマでしょう。アライグマは、ラスカルの人気で飼い始めた人が、手に負えなくなって野に放ち、増えているのだそうです。雑食性で農作物の被害が多く、駆除の対象になっています。町に言えば、わなを貸してくれるそうです。キャラメルコーンを入れておくと、良く捕まるのだそうです。賞金も出るそうです。
 片付ければ良いのですが、このカボチャがどんな結末をたどるのかを見届けたい気もして、そのままにしています。アライグマは夜行性なので、鉢合わせしたことはありませんが、雪の朝には、足跡を発見しました。猫などと違って、細長いのです。指が長いので、器用に物をつかめるのだそうです。
 近くで1度、たぶん狸らしい物を見たことがありますが、考えてみると、狸とアライグマの違いは瞬時には認識できません。狸はイヌ科で温厚(死んだふりはするとか、それでばかすなどと言われているのかな)、アライグマはイタチの仲間で、d0017084_940521.jpg凶暴だそうです。
 ダリが初めてベランダの外に現れた時、風貌が特異で(その頃は無知で、野良猫状態の長毛猫がいるとは思っていなかった)、狸かアライグマなのかと一瞬思いました。それで「お前は誰(ダリ)だF65B.gif」と聞いたのです。
 昨夜の「うたコン」は、松本隆特集だったので、見てみました。ほんの一部しか知りませんが、彼の詞が好きなので。感想です。久しぶりに歌を聴いたアグネス・チャン、悪いけど、人前で歌うと言うことをどんな風に考えているんだろう。まだ衰える年(たぶん同い年)じゃないでしょうに。松田聖子。アイドルの時から上手かったんだな。今もずっと徹底して歌手を演じている、大したものです、ファンじゃないけれど、恐れ入りました。島津亜矢、歌ったのは「Dreaming Girl」ですが、松本さんが「最強」と表現しました。いやもうその通り。すごいわ。そう言えば、あの辛口毒舌の荒井洸子さんが、絶賛していたもん。で、松本隆。プロの作詞家です。私が歌を作らない理由、世の中にこんな詞があるのに、どうして私が詞など書けましょう。
 息子の所に、演劇仲間Pさんが赤ちゃんを連れて遊びに来てくれたそうで、「うちの娘は竹内結子、Pの娘は山崎賢人(女の子だけどこの例えは理解できる)に似ている。赤ちゃんにしては2人とも美人なので、winkみたいな美人デュオでデビューすれば良い」とつぶやいていました。親バカだわ。ババは冷静です。今朝は近所に、貴乃花部屋の朝稽古を見に行ったそう。赤ちゃんもいっぱい来ているみたい。
[PR]
by nyankai | 2018-03-07 09:37 | 自然 | Trackback | Comments(2)