カテゴリ:社会( 353 )

「災」の年 (12/13)

 ニャンコ座町の海岸地域は、北海道ではかなり雪が少ない地域です。年前に根雪になる確率は、案外低いのですが、昨日は何時間か降り続きました。高田三郎の合唱組曲「心の四季」の「雪の日に」は、d0017084_9275228.jpg雪が自らの汚れを隠すように降り重ねられると歌います。雪を見ていると、そうかもしれないなぁと思います。音もなく重なっていく、サラサラの雪です。
 今年の漢字は「災」になったそうです。さすがに、そうせざるを得なかったのでしょう。私の中でも、プラスの要素の漢字を選びたくても無理でした。「震」(13位)とか「揺」とか「倒」とか「壊」とか「恐」しか思い浮かびません。賛否両論あって、そんな漢字見たくも無い人もいるでしょう。私は逆に、明るい漢字を選ばれたら、どいつもこいつもお気楽なもんだとひがんだことでしょう。安倍の漢字は「転」だそうです。「大きな転機が訪れてきた・・・」とか「未来を好転させる・・・」ととかなんとか言いましたが、らりるれろを言えない彼は「みだい」と発音していました。早く転んでやめろF3F1.gif
d0017084_9283313.jpg 二日間にわたるお葬式の手伝い、無事にやってこられました。地域の出来上がったコミュニティーに、新参者として入ってきて13年目、周りはほとんど牛か馬の農家さん。お葬式の手伝いと言う風習が残っていることからして驚きで、戸惑いました。ほとんどの話題に入っていけず、皿洗いくらいしかできなかったのですが、それは今も変わってはいませんが、いつも会う人もわかって来たし、話せるようにもなりました。私、元々おしゃべりなんで。でも、ちゃんと気を付けてはいますよ、悪口には絶対に乗らないよう。「災」に関しては、揺れが大きかった地区ですから、みんな大なり小なりd0017084_9293794.jpg被災者です。
 手伝いの最大の仕事は、お供物や残った物を、みんなで均等に、すべてもらって帰ることです。一人暮らしであることなどは、みじんも考慮してもらえません。結果がこれです。かちゃ子さんとある子ちゃんに、SOSしました。どうぞもらいに来てください。
 出棺から戻ってくるまでの間、やや暇だったので、若い人に「ラインカメラ」というのを教えてもらいました。手伝いに行ったおかげね。さっそく遊んでみました。
 ごちゃコンで「ダンシング・ヒーロー」が大評判だったので、来年は「USA」を考えています。夕方のテレビで、忘年会シーズンに向けて、けがをする人が多くなっていると言っていました。靴下は滑るので、素足か靴で踊りましょうとか、無理に左足ではねないようにとか。気を付けないとね。
 テレビの歌番組で、ミュージカルが取り上げられることが、多くなったように思います。嬉しいな。濱田めぐみのクリスティーヌはびっくりしましたが、ありでした。新妻聖子のエリザベートも堂に入ったもの、二人ともハイC♯がきれいに出ていました。
 息子は、大変良い勉強をさせてもらっています。良かったら読んでください→ここ
[PR]
by nyankai | 2018-12-13 09:26 | 社会 | Trackback | Comments(6)

印刷死語の世界 (12/3)

 誕生日プレゼント、とどめが来ましたよ~。ダヤンだ。d0017084_9122722.jpg
 昨日、年賀状をスッティングと書いたら、こけしさんが懐かしいと反応してくれました。そうですよ、コピーなど無かった(コピーと言えば、こけしさんも書いているあの濡れている青焼きコピー、電子コピーはあったのでしょうが、ぜいたく品、デンネコと言っていたかな。)から、一般人はガリ版にロウ原紙を置いて、鉄筆でガリ切→カッテシングをしました。亡き父はガリ切の名人でした。上手い人のガリ切は、それはそれは美しかったのです。文字や絵はともかく、楽譜は大変でした。五線を引こうものなら、ペリッと破れてしまうのです。音符を書くと、d0017084_9131388.jpg穴が開いてしまうのです。原理は孔版印刷ですが、穴が開いてはいけないのです。
 苦労して、何とかガリ切が終わりました。原紙を謄写版にセットし、臭い油性のインクをローラーに付けて、印刷します。この印刷のことを、刷る→スッテイングと言いました。インクは良く手についてしまい、その手で知らずに顔を触ってエポニーヌになったり、下手すると服について、油性ですから洗濯しても落ちませんでした。謄写版は、あのd0017084_91489.jpgプリントゴッコの親分のような形をしていました。手前からローラーを転がして印刷し、戻しつつスクリーン部分を上げ、戻ってきたと同時に紙をめくる技ができるのは、かなりの上級者でした。写真はネットからと、ガリ切と思われる古い年賀状です。
 紙は苫更(西洋紙)が普通に使われ、大きさはB4が原則。B5の時は、セットし直して2回スッティングして、押切で切り離しました。苫更の風合いは今でも好きです。もう少し良い紙は、やや白い中質紙で、最高の上質紙が今の白い紙です。よほどの時しか使えませんでした。刷り上がりすぐはインクが乾いておらず、こすると汚くなりました。
 後に輪転機が導入され、紙原稿からファックス(ファクシミリとは別物)で原紙が作れるようになり、コピーもどこでもできるようになり、今は家庭にもプリンターd0017084_9144518.jpgがあるので何でもできます。
 1枚物ならそれでおしまいですが、時に文集などを作るときは、その先の作業が必要です。それは今も同じかと思いますが、寮では、袋とじをするために折ることを→オリッティング、ホチキスで綴じることを→トジッティングと言っていました。たった40年前の事です。別に不便だとも感じていませんでした。もうすべて、死語の世界ですね。
 大河ドラマをかけながら、版画のスッティング。足元にはダリが寝そべっている。これを幸せと言わずして、何とするです。「Hair LABO」は、自分でカットやセットをして良いようですが、どこまで伸びるか見ていたいです。
[PR]
by nyankai | 2018-12-03 09:11 | 社会 | Trackback | Comments(5)

ゆるいSNS (10/26)

 いやもう、ドラフトは痛快でした。やった、吉田君1本釣りです。直後の会見で「嬉しいです」って言ってたもの、ようこそ日ハムへ。栗山さんもニコニコで、さっそく今日秋田へ行くようですね。イケメンは持って生まれた才能です。これで又、キャンプから華やぐってものです。久しぶりに、血沸き肉踊りました。d0017084_9181644.jpg息子によると、1位吉田、2位野村、3位生田目、4位万浪、5位柿木というハムのミーハードラフトぶりがすごい、らしいです。
 ちょっと前に、なぜかわからないけれど、「シニア・ナビ」という広告が入ってきました。不調な心と体に、何となく優しい。ちょっと調べてみると「シニア・ナビは、今年で開設19周年を迎えた“アクティブシニアの生き方探し、友達作りを応援”するコミュニティサイトです。毎月1万人以上のアクティブシニアが集まり、趣味の発表やブログの公開、サークル活動など活発な交流が行われています。」と書いてありd0017084_9185310.jpgました。
 自分がシニアとは言いたくありませんが、そうであることは動かしがたい事実です。ツイッターとかフェイスブックとか、テンポが速くて細切れなサイトは便利ですが、正直相性が合いません。FBは、徹底的に見るだけです。だからこの「シニア」に惹かれたのかもしれません。登録だけしてみようかな。別に生き方探しを求めてなどいないけれど。
 たとえばミニ・メール。絵文字も無いし、写真も貼れない、そんな不便なところが良い。気になった人をのぞきに行ったとして、足跡を残すをクリックしなければ、残らない。お気に入りにしても、相手にはわからない。それを気持ち悪いととらえる人もいるかもしれませんが、私はd0017084_919381.jpg気楽です。
 そしてブログ、シニア・ナビブログでも良いし、外部ブログでも同じ待遇です。やっぱり暇な人が多いのか、みんな書くこと書くこと。更新しても、少しすると新着から外れています。愉快愉快。ランキング制度があります。いったい何本のブログが登録されているのかが不明ですが、ただ今のニャンコ座リポートの順位は、全体で108位、エントリーしているカテゴリ別には、「縫物」が6位、「ペット」が13位、「ガーデニング」が12位、「コーラス」が8位ですってよ。基準がさっぱりわかりませんが、合唱8位は不本意です。歌う意欲が戻ってきていないせいでしょうか・・・な訳ない。これはぜひ、1位を目指したいものです。
 去年一昨年は、体調の悪さや、お値段の高さにめげて作らなかった、How much? いいえ、イクラの醤油漬け、今年は作りました。錆びてしまったイクラ網も新調しました。1晩寝かせて、今朝いただきました。私は少し食べれば良い、後は冷凍して、息子やらにやります。
 昨日夕方、揺れました。ダリの食欲が又、落ちています。心配。
[PR]
by nyankai | 2018-10-26 09:17 | 社会 | Trackback | Comments(3)

地震と新聞 (10/16)

 地震からこのかた、余震におびえながら、生産性の低い(自分で言うのは良い)生活をしてきました。一昨日の夜遅く、急におしっこがしたくなって、我慢できずにトイレに行くと、あ~っ、経験のある痛みが。やっちまったか、膀胱炎。昨日は寝つきが良かったわけでもないのに、d0017084_9293213.jpg早くに目が覚めてしまい、いつもは体を休めるためにグズグズ布団の中にいるのですが、ひどい寝不足だけれど、とにかく起きて、やることやって、病院に行こうと思いました。
 症状が変わりなかったので、近所のおじいちゃん先生の病院へ行きました。ここの良い所は、注射してくれるんです。決して注射が好きではないのですよ。注射が即効性があるからです。風の便りに、病院も被害があったと聞いていました。看護師さんが鵡川の人で、ひとしきり被災話で盛り上がりました。昼頃には、痛みがほとんどなくなり、d0017084_9302734.jpg後は薬を飲み切るだけです。今朝も大丈夫。
 昨日の新聞には、「地震と新聞」の特集が組まれ、読みごたえがありました。あの朝、ぐちゃぐちゃの家の中で茫然としていた時、朝刊が来ました。読む余裕はありませんでしたが、配達されたことが不思議でした。何日もたってようやく読むと、台風被害が1面の、何でもない普通(言ってはいけないかもしれませんが)の朝の新聞であり、その普通の日が来なかったことがショックです。
 特集には、新聞にかかわる人たちが、どんな思いで紙面を作り、d0017084_9325772.jpg配達したかが書かれてあります。地震の瞬間には、まだ6日の朝刊のすべてが刷り上がってはいなかったそうです。6日の夕刊は、来るはずないと思っていたのに、しっかり来ました。驚きと同時に、安心もしました。ニャンコ座町の新聞屋さんは、被災して、建物が使えなくなっています。鵡川の新聞屋さんは、倒壊しました。
 三度の飯より好きな歌が、今一歌えないでいる時、だからと言って、この際の片づけも進まない。別にやらなくても良いことならできるかもしれない。さて、何ならできる?そうだ、ハロウィンだ。譜面台とターキッシュクレッセントが、余震でどうなるかとても怖いけれど、何とかこうなりました。そう言えば、いっちゃんの病名がわかった時も、クリスマスの飾り付けが、とてつもない不安を紛らわせてくれましたっけ。
 ダリには、強制給餌をやってみました。注射器に柔らかい缶詰を入れて、少しずつ口の中に入れてやるのです。もぐもぐしてくれますが、昨夜自分から食べてくれたのは、割ってやったカリカリをほんの少しでした。たまに吐き気もあります。
 消費税の件、ポイント還元ががキャッシュレス限定なんて、ふざけてます。
[PR]
by nyankai | 2018-10-16 09:25 | 社会 | Trackback | Comments(2)

イラスト入りナンバープレート (9/2)

 家の周りがトンボだらけになりました。良い天気でそこそこ暑いですが、秋です。9月になったのに、午後6時の音楽はやっぱり「我は海の子」のままでした。このまま月末になると、違和感ひどいだろうなぁ。
 この間車に乗せてもらった折、ふとナンバープレートが目に入って、偶然だとは思いますが、面白いナンバーが多いように感じ、車内がd0017084_9105417.jpg盛り上がりました。
 お参りに来るお坊さんの車は「76-76」(ナムナム)ですが、その日は「13-13」(良いさ良いさ)、「23-23」(フミフミ又は兄さん兄さん)、「16-16」(人生色々)、「17-17」(良いな良いな)、「80-80」(晴れ晴れ又はバレバレ)、実際に見ました。いっちゃんの最初の車は「96-96」(髪黒々)でした。
 前に書きましたが、ハワイで見たナンバープレートが、ヤシの木と虹のイラスト入りでかわいくって、うらやましくて、そう思う人は私ばかりじゃない様で、おみやげとしてたくさん売られていました。
d0017084_9122978.jpg d0017084_9131064.jpgd0017084_913416.jpgd0017084_9141578.jpg


 日本でもイラスト入りが導入されるようです。ネット上に上がっているので、いくつかお借りしました。良いですね。私の所は室蘭ナンバーで、残念ながら導入の予定はありません。すぐ近くの苫小牧市が、トマチョップ入りで導入するらしいのですが、苫小牧市ではないのです。残念無念、なんとかなりませんかね。d0017084_9162633.jpg引っ越すわけにはいかないしね。
 我が家のシエンタちゃんのナンバーを「11-22」だと勘違いしている人がいるようですが、違います。それは私の誕生日ではありますが、わざわざ誕生日を付けて歩きません。でも「11-22」はあちこちで見かけます。ワンワンニャンニャンならば許せますが、良い夫婦として付けているなら、むかつきます、嫉妬で。人様の誕生日を勝手に付けんじゃないわよ~、などとも思います。
d0017084_917246.jpg 昨日は、横の砂利の町道ににぎにぎしく、ほくでんのトラックとか建柱車とかが来ました。電柱を積んでいました。電柱を1本、立て直した様です。
 この間設定してもらって細々勉強中だったパソコンのミヨナオちゃん、昨日はメールアドレス・写真・ドキュメントに入っているいくつかを、引っ越してもらいました。それで、何とか今日のブログを送信してみます。上手くいくかな~~~っ。
 石破に入れたい訳じゃないけれど、安倍に反対するために自民党員になろうと思ったけれど、会費を2年連続納入していなければ参加不可能なんだって。ケッF6C0.gif
[PR]
by nyankai | 2018-09-02 09:08 | 社会 | Trackback | Comments(2)

「感動」と「元気」の違い (8/23)

 昨日は午後から晴れて、とても蒸し暑くなりました。
 何でも、甲子園ロスとか、吉田ロスとかになっている人がいるみたいです。私はそこまでのめり込んでいなくてd0017084_9143387.jpg良かったです。
 この頃良く聞く「感動をもらいました」という言い回しに、私はどうしても違和感を覚える件です。結果ならばまだ良い、「感動をもらいに行きます」って何だ。大人がそんなことを言うものだから、勘違いして「感動をあげられたら嬉しいです」って、それは無いんじゃないの。私ならこう言い換えます。「感動しました」「感動しに行きます」「感動してもらえたら嬉しいです」・・・おや~~~っ、気が付いたよ。
 「感動」は名詞ですが、「する」をくっつけたら「感動する」という動詞になります。政治家や官僚は、その方が高級だと思うのか「感動をする」なんて言いそうです。感動するのは自分です。感動することを期待するのは良いことだと思います。でもその感情をやったりもらったりって、何となくしっくりしません。
 それに対し、たとえば「元気をもらう」「幸せをあげる」「勇気をもらう」「笑顔をあげる」には、問題を感じません。これらは「する」を付けても、動詞にはなりません。「元気する」と言う日本語は、今の所ありません。「お元気してるF65B.gif」は聞いたことあるかも。「元気になる」「幸せになる」「勇気が湧いてくる」「笑顔になる」です。ね~d0017084_9151998.jpg~~っ。
 迷う言葉もあります。「安心」です。「安心する」だから、私のへ理屈から言えば「安心をもらう」はブーなんだけれど、いっちゃんが死んで間も無い頃、ある人に「安心をください」って口走った事があるわF46B.gif
 私が時々婦人科で受ける、保険の効かないグルタチオン点滴ですが、パーキンソンの症状に効く・・・かもというデータがあります。効くというより、パーキンソン患者の脳では、グルタチオンが減っているのだそうです。効くかどうかはわからないのですが、私の場合、左肩凝り頭痛には効きます、ような気がします。偶然見たテレビ番組で、菊の花にグルタチオンがたくさん含まれているのですって。子供の頃、母が良くおいしいと食べていましたが、苦くて嫌でした。今なら、大人の味がわかるかもしれない。来年は植えるわ。苗って売っているんだろうか、食用菊。
 今日はヨガから帰ったら、パソコンの引っ越し作業です。私がやるんじゃないけど。もしも明日ブログの更新が無かったら、それはパソコン使いこなせないせいだと思ってください。変な写真は、猫柄パックとスノウで作って遊んだものです。
[PR]
by nyankai | 2018-08-23 09:13 | 社会 | Trackback | Comments(2)

文化系部活にも日の目を (8/22)

 大阪桐蔭高校、優勝おめでとうございます。君達は強かったです。努力が報われましたね。アウェー状態の中、実力を発揮できたこと、すばらしいと思います。甲子園の虹、きれいでした。雨が降った気配無いのに。そうか、d0017084_1062353.jpg球児たちの涙の集大成か。
 でも甲子園がある度に、野球ばっかりずるいよね、と少し思う。そうでなくとも、体育会系は華々しくて、中でもとりわけ野球は突出していて、と体育会系には無縁の私は思うのです。高校ばかりじゃない、オリンピックだってそう。世界文化の祭典なんてのが、世界中で注目されることはありえないです。アジア大会では、トランプ(決してあのとんでもない人のことではない)があるそうで、ユニークですね。
 文化系部活の中でも、合唱はまだかなりメジャーな方です。吹奏楽も演劇も。ここの所脚光を浴びているダンスもそうです。写真甲子園なんてのもあります。発表会やコンクールなどがありますからね。競うことが1番大切な目的ではありませんが、レベルアップにつながる励みにはなります。
 いっちゃんは、高校の時生物部だったそうです。「何やってたのF65B.gif」と聞くと、「カエルの解剖」という答えが返ってきました。地味な感じがします。高校の友人は、名前は何といったかな・・・ESS、要するに英語部でした。同じ高校にいてもいつもは存在を忘れていて、学校祭で思いだす茶道部とか華道部、ナントカ研究会。高校にはアマチュア無線部がありました。自分と息子の卒業アルバムを見たら、社会科部・点訳部・文芸部・人形劇部・家庭科部もありました。d0017084_1041149.jpg図書と放送と新聞は、局が多いですね。息子が高3の時、クラスに囲碁の強い子がいて、何かの試合に出るらしく、合同壮行会で、手書きの「囲碁部」(学校には無い)のプラカードを作って、1人で壮行されたと言っていた記憶があります。それを気にしない高校って、良いなぁと思いました。
 いえね、文化系部活にも日の目を見せてやってほしいと思った訳です。
 昨夜はやれることはやったにもかかわらず、ベッドに入って目を閉じて、長めの呼吸をしても、シャバーサナをしてみても全然眠くならず、(おそらく2時間ほど)そうこうしているうちに雨が強くなり、これはまずいと思っていたら案の定雷F65F.gifが。仕方ないので、念のためにパソコンのコンセントを抜きに降りて、「どうしたのF65B.gif」って顔のダリを少しナデナデして、綿毛布をすっぽりかぶって、胎児のポーズでいた所、ようやく眠ったようです。
 先週ようやく買えたパソコンが、届いてしまいました。私はまだ心の準備ができていないのに、あ~、Kさんがとりつけにやって来てくれます。
[PR]
by nyankai | 2018-08-22 09:59 | 社会 | Trackback | Comments(3)

「々」が好き (8/15 終戦の日)

 あまり眠れないまま起きたら、理稀ちゃんが見つかっていました。良かった。
 昭和20年8月15日のイメージは、蝉しぐれの中の玉音放送というイメージが沁みd0017084_9252922.jpgついていますが、私は幾度となく母から、あの夏は寒い夏で冷害になったと聞かされ続けたので、その日の札幌の気温を調べました。最高気温が23.9℃で、8月の平均気温が22.2℃だそうで、15日はおそらくまだ女学校は夏休みだったろうから、母は太平洋に面した町で終戦、そりゃ寒かったろう。
 私は書き魔ですが、人には其々(それぞれと読みます)、自覚しているしていないにかかわらず、文章のくせがあります。私は、擬態語を多目に使っていそうで、特にキラキラとかザーザーとか繰り返すのが好きです。昨日もヒクヒクと書きました。繰り返す・・・ついでに、漢字で繰り返す言葉も好きかもしれないと思いました。「時々」とか「色々」とか「様々」とか、良く使うような気がします。それで、思いつくまま書いてみます。すべて使うという訳ではありません。
d0017084_9255914.jpg 「満々」「上々」「多々」「並々」「中々」「個々」「先々」「其々」「内々」「凛々」「別々」「厭々」「唯々諾々」「粛々」(翁長さんが菅官房長官に対し、この言葉の冷たさを指摘していた)「半々」「淡々」「悠々」「嬉々」「奇々怪々」「脈々」「並々」「(虎視)眈々」「三々五々」「益々」「子々孫々」「日々」「数々」等々。
 確か以前にもこの「々」の字について書いた記憶があります。その時、この「々」をどうやって入力するかを話題にしました。これは字ではなくて、記号なのだそうです。d0017084_9271528.jpg「おなじ」とか「ノマ」とかで入力すると出ます。「どう」でもでました。「繰り返し」と入力すると、々、ヽ、ゝなどが出て来ます。パソコンを始めたての頃は、「佐々木」と入力して「佐」と「木」を消していました。
 「々」がかっこ良くて、佐々木さんがうらやましく思った事もあります。他にどんな名字があるでしょう。ありました、「野々村」さん。地名もあります、「代々木」。では名前ならばいかに。「菜々子」とか「寧々」とか「茶々」とか。じゃ、男の子はどや。キラキラは避けて・・・思いつきません。そりゃ、考えれば何とでもなるでしょう。読みは連濁して良いのだから、「飛々樹」とか「多々志」とかね。もしもお知り合いにいたら、教えてください。
 終戦記念日は、あくまで玉音放送により、日本の降伏が国民に公表された日であって、日本政府が、ポツダム宣言の履行等を定めた降伏文書(休戦協定)に調印した日は、9月2日です。母は戦中の価値観がどうのこうのよりも、もう女学校で畑仕事ではなくて、勉強ができるようになると、嬉しかったと言っていました。
花壇は終盤です。雨ですが、パーキンソン病院へ行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2018-08-15 09:22 | 社会 | Trackback | Comments(2)

ツイッターより (7/10)

 大雨の被害があまりにひどくて、今の所こうして平穏に暮らせている自分に感謝しつつも、やり切れないものを感じています。息子のツイッターを良くのぞくのですが、いくつか興味深いものを見つけたので紹介せずにはおけない気持ちになりましたd0017084_10214091.jpg。息子の発言ではありません。
 もし今も民主党政権が続いてたら、災害対策本部はとっくに設置され、NHKは常時特別報道番組体制となり、官房長官は日に何度も会見し、自衛隊は速やかに大勢投入され、県を超えた消防の協力なども政府主導で行われ、総理大臣は被災地入りのタイミングを調整し始めてる。んではないだろうか。
 そこそこ、何か対策に本気度を感じられないのです。現場で汗水流している方達のことでは、決してありませんよ。政府の本気度です。もちろん、あの3.11の時の報道は、私の心を萎えさせるものではありましたが、必要なことでした。こんなのもd0017084_10221254.jpgありました。
 安倍に一番欠けてるのは「やってるふりを装う」だと思うのよな やりたいコトとそうじゃないコトの姿勢の違いがあからさまだし。
コント「ザ・ニュースペーパー」の安倍はいつも「これからもがんばっているふりをすることをがんばります」と言って去ります。
次にこれです。
 【大雨の被害を受けていない方へ】 折り鶴を贈るのはやめてください。場所も取る上重く、モノがモノですから捨てづらい、食べ物でもなければ売ってお金にできるものでもない。完全に作る側の自己満足でしかありません。折り鶴を作る費用を募金してください。お願いします。東日本大震災経験者より。
 このツイートにはすぐに「送る側の気持ちも考えて下さい!」 とか「送られる側の気持ちは考えなかったのかーそうかー」 などとd0017084_10271693.jpgリプライがあったそう。
 支援物資仕分け作業中、あけたら段ボール4つとも千羽鶴だったときの徒労感って凄いんですよ。気持ちと要るものは別。
 同じ土俵に上げて良いのかわかりませんが、息子は公演(特に地方公演楽日)に贈られる祝い酒や、飲み物食べ物や花の処理に困って、泣きそうになると、幾度も言っています。送られる側の気持ちがすべてであって、被災者は送る側の気持ちなど汲みとれる段階ではないのです。ツイートした人は、落ち着いてから、被災地のことを決して忘れてはいないと言う意味の折り鶴を否定しているのではありません。
 昨日は、何となく体調悪い日でした。それでも済ませたい最低限のことはできたかな。今朝は今の所、悪くないです。タイの少年達は、脱出が8人になりました。大谷君すごい。日ハムより大谷に事が話題になる北海道です。
[PR]
by nyankai | 2018-07-10 09:04 | 社会 | Trackback | Comments(2)

結愛ちゃんとコゼット (6/10)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.9まで、あと20日060.gif
 昨日大事件が起こりました。洗濯器の排水のホースが外れて、洪水になりかけました。幸い変な音にすぐに気付いて対処したので、大惨事にはなりませんでした。責任はすべて、自分自身にあります。床が、水ぶき掃除できてきれいになった、d0017084_10101881.jpgということにしましょう。
 ニャンコ座リポートは、社会派ブログではないので、めったに時事ネタはとりあげないのですが、結愛ちゃんの事件は、見るのも痛々しくて辛くて怒りがこみ上げて仕方ありません。あんなに愛くるしい5歳の子が、ノートに「きょうよりかあしたはできるようにするから ゆるしてください」などと書き残して、なぜ自分がこんな目にあうのかわからないまま死んでいったのです。タイピングしながら、ウッウッと嗚咽がこみd0017084_10111451.jpg上げてきます。
 継子いじめと言う話は、たとえば「シンデレラ」などもそうですが、昨今聞くのは、父親が別の場合が多いように感じます。結愛ちゃんの母親は、かばうと自分の立場が危うくなる等と供述したそうですが、結愛ちゃんのママと言う以外に、どんな優先すべき立場があったと言うのでしょうか。
 虐待される少女のイメージは、私の中では「レミゼ」のコゼットです。でも彼女は、親元で虐待されていたのではなく、母のファンティーヌは必至で働き、髪を売り歯を売り、最後には自分を売ってまで、娘を守ろうとしていたのです。コゼットにその気持ちはきっと届いていました。ジャンバルジャンに助け出され、その後は幸せになれました・・・d0017084_10125038.jpg小説と現実を一緒にするな、ですけど。
 ついこの間、笑美ちゃんが来ていったので、実感があるのですが、小さい子を育てるのは簡単ではありません。怒りに似た感情が、瞬間的に湧き上がること自体は否定しません。でも笑ってくれた時、寝顔を見る時、これ以上の幸せは無いと感じるものでしょう。結愛ちゃんは、パパとママを信じていたのです。大好きだったのです。愛されたいと心から思い、そのために必死で勉強もしたのです。
 昨日は寒かったです。グラジオラスの芽が出てきてしまっていたので、寒さに鼻水出そうになりながら、ようやく植えました。ちょっとと思って外へ出たのに、ずるずると2時間あまり。気が付くと、腕も脚もガクガクになってしまいました。これはダメだよね。
[PR]
by nyankai | 2018-06-10 10:07 | 社会 | Trackback | Comments(2)