カテゴリ:暮らし( 426 )

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 昨夜10時頃から、雪は降り始めたのは知っています。だんだんと強くなり、風もついてきたので、寝る前に新聞配達さんのために、玄関前だけでもと思い、雪かきをしました。なのに朝起きて、唖然としました。豪雪地の方にしたら鼻で笑われますが、積もっていたのです。d0017084_105031.jpgおまけに風のせいで、昨夜の努力は完全に無駄でした。
 昨日午後、給湯が凍ってしまったお風呂F695.gifを直しに、業者さんが来てくれました。この寒波のせいで、不眠不休でがんばっていたそうです。
 2006年に完成したニャンコ座は、オール電化の給湯セミオートでした。追い炊きはできないので、お湯を少し捨てて高温足し湯をしていました。ヒートポンプのエコ給湯にした時に、フルオートに・・・はならず、なぜかと言うと、ニャンコ座のお風呂が2階だからです。フルオートにするには、大掛かりな工事が必要になり、天井に穴を開けたりしなくてはならなくなったので、d0017084_1062284.jpgセミオートのままで良いことにしました。
 ところが、お湯が自動で止まらなかったのです。それは困ります。で、タンクのお湯を1度外に出して、外壁伝いに2階に上げて又家の中に戻す工事をしてもらったら、お湯もちゃんと止まりフルオートになりました。めでたしめでたしF3A7.gif、になるはずだったのです、この寒波で凍ってしまったのです。
 タンクから外に出た所で凍っているとわかり、業務用ドライヤーで何度か温めて、ようやく出てきました。写真は管の断熱の様子です。いくら何でももうこの冬は大丈夫だろうとは思うのですが、対策としては、凍った部分をスタイロホームなどで覆う物をこしらえる。d0017084_1094227.jpg本格的に熱線を巻く。どちらもとりあえずは急いで決めるのではなく、次回の冬までにで良いだろう。すぐにできることとしては、しばれる日はたまに追い炊きをして、管の中のお湯を強制的に動かしてやると良いとか。何だか、フルオートって気難しくて手ごわいね。
 凍っている間は、シャワーを湯船に入れて、ケチケチお湯はりをしていました。業者さん、ありがとうございますF3AD.gif業者さんは、猫が大好きです。ダリにもちゃんとごあいさつさせました。
 昨日の午後は、本当は吹奏楽のコンサートに行く予定でした。一昨年偶然知り合った、団員の方に案内をもらっていました。そんなことで、コンサートには行けませんでした。ごめんなさい。きっとすばらしかったことでしょう。忘れないように、ここにチラシを残しておきましょう。
 栃ノ心さん、優勝おめでとうございます。私は筋金入りのミーハーなので、イケメンの優勝歓迎です。でもそれ以上に私の中でモヤモヤしていたジョージアという国が、元グルジアであることがようやく定着して、良かったと思います。
[PR]
by nyankai | 2018-01-29 10:03 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 クリスマスカードと年賀状で、パーキンソンを告知したものだから、気づかった葉書がポツポツと来ます。ありがたいd0017084_9182236.jpgことです。
 昨日、A子さんが遊びに、ではなくごちゃコンのリコーダー演奏の相談に来てくれて、A子さんが菅沼孝三さんのライヴに行ってくれたことがわかり、良かったです。A子さんの家は、B.B☆Hallのすぐ近くですから、雪が降っても平気ですから。ピアノとギターとベースとのセッションもあり、とっても良かったそうです。行きたかったなぁ。
d0017084_9193487.jpg 去年のごちゃコンでは、リコーダーが思いのほか評判良くて、今年は少し成長した演奏ができたら良いなぁと思っています。プラスティックのしか持っていませんが、アルトリコーダーをやってみようかなぁと思っています。
 塵も積もれば山となるかどうかはわからないけれど、何もない日は、ほんの一カ所片付けてと思っています。息子が絡んでいない写真の中に、珍しい私のお着物F376.gif写真を発掘しました。どれも、わかりますよ。
 1枚目は93年、富川合唱団の団員の結婚式です。写真では地味に写っていますが、かわいらしいピンクのつけ下げです。もう、d0017084_9201440.jpgこの年齢が潮時だと思って着ました。これは数年後に、スーツに作り替えました。2枚目は、息子の小学校の卒業式です。紺系の小紋で、これは無事着物のまま残っています。3枚目は、ピンクの絞りの羽織は、キャミソールのロングドレスで、中に来ている紬の着物は、スーツになりました。たぶん、着物であるうちにと撮った、証拠写真です。普通の女のアラフォーって、1番きれいかもしれないね。
 大学に入ってすぐに父を亡くしましたから、はっきり言って大学に行けるだけがやっとの、貧しい暮らしでした。でも母にしたら、娘に一通りの着物を買い与えたかったのでしょう。本音、私がほしかったのではありません。その分、母自身が好きなことにお金を使ってくれた方が良かったのに、とは思います。でも、母が娘に対しての気持ちって、そういうものなのだろうなぁ。それが母自身の幸せだったのでしょう。つけ下げと小紋に締めている帯は、自分で買ったように思います。帯はそのままタンスに眠っているはず。
 和服はもちろん嫌いではありませんが、あまりに遠い暮らしをしてきてしまいました。日本の文化として、大切にして行ってほしいと、🎎タペストリーを作りながら思っています。
 今日はファーチレF7EE.gifです。バッハとスタバ、がんばりま~す。
[PR]
by nyankai | 2018-01-20 09:17 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 なぜか雪が降っています。データ放送見ても、雲は無いことになっているのに。
 まだお年玉の結果は出ていませんが、7日までに投函しないと10円余計にかかっちゃうよが周知徹底されたせいか、年賀状がほぼ来そろった(こんな言葉は無いかも)ように思います。去年までですと、必ず2~3人は、消印のある年賀状があったのですが、今年はありません。100枚ちょっといただきました。喪中の葉書や寒中見舞いを含めると、もっと多くなります。くださった皆様、どうもありがとうございます。
d0017084_9322543.jpg ここ何年かいく人から、「今年で年賀状をやめます」と言うのをいただきもしました。私も、自分で書けなくなった母のために、作って出しました。そういう方には、お気持ちを尊重して出さないことにはしました。基本的に2年いただけなかったら、やめることにしています。これだけの分量ですから、1年では何かの手違いと言うことも考えられますから、2年です。やめるとことにしたのか、お加減でも悪いのか、もっとつっこめば、私が知らないだけで、お亡くなりになってしまったか、その理由は気にはなりますが、仕方ありません。結果的に最後になってしまった年賀状は、できるだけとっておく事にはしています。特別な理由が無ければ、私からやめたケースは、無いつもりでいます。私は、版画するのが好きだし、書くことも好きだし、年賀状作業を億劫だとは全く思いませんから。
d0017084_933655.jpg 考えて調整して15日に投函した、アメリカのち〇子ちゃんへの年賀状は、30日に着いてしましましたが、彼女が「年賀」と朱書きしてくれたカードは、元日に届きました。メアリーのクリスマスカードもちゃんと来ました。とてもきれいな切手が貼ってありました。メアリーのとち〇子ちゃんのあて名書きを眺めていると、これはあくまで私の全く個人的な感想なのですが、日本人ほど美しいアルファベットを書く人はいないんじゃないかと思ってしまいます。私も鉛筆で下書きしてから、緊張して、とってもきれいに書きます。そして鉛筆は、消しゴムで消します。
 今回1枚だけ腑に落ちないというか、どうするか迷ってしまう人がいます。かつての職場の大先輩で、高齢の男性です。正直言って親しい人ではなく、どちらかと言うと義理年賀状の部類です。去年消印のある年賀状が10日に来ました。これはたぶん、もらった人にだけゆっくり出すことにしたのだろうと忖度して、出しませんでした。それなのに、ギリギリ7日投函と思われる、9日配達で来てしまったのです。これからだと、62円で・・・そういう問題ではなく、どうしてF65B.gif私の年賀状がほしいのかなと言うのは、うぬぼれですけどね。
 写真は、ひらめきで選んだ名作年賀状です。深い意味はありません。
[PR]
by nyankai | 2018-01-11 09:20 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 三が日が過ぎ、お天気はF660.gif、世間様はそこそこ日常に戻り、ホッとしました。
 大晦日に泊まったホテル(教職員互助会の割引特典がある)で、サービスのおみくじを引くと、何と「末吉」でした。私には、いやにマッチするなぁと感じました。d0017084_9554715.jpg「努力次第で光明のある運勢 人事を尽くして天命を待て」だとさ。今の私に、よくもこんな言葉を投げかけられるもんだと、ある意味あきれました。何を努力せいちゅうねん。いくつか取りだしますと。
 「恋愛」は、切ないですが我慢する事も時には大事・・・我慢かぁ
 「願望」は、1つ1つ片付けて・・・何をどうすれば
 「病気」は、時間はかかるが治ります・・・ホントかF65B.gif
 「失物」は、西の方をよくさがして・・・心がけます
 紙の年賀状に代表される、すたれ続けるお正月の風習の中に、最近とんと見られなくなった、d0017084_9574426.jpg車の外側前方につける〆飾りがあります。22歳で最初の車のオーナーになった時に、嬉しくて買い求め取り付けました。いつの頃からかやらなくなって(あまり売ってないかもしれない)しまいましたが、車内には取り付けています。そういうことに無頓着な私も、車の交通安全に関しては、神にも仏にもおすがりします。
 3日の夜は、お楽しみの「ニューイヤーオペラコンサート」を見ました。クラシック好き、歌が好きと言いつつ、オペラは少々敷居が高くて、恥ずかしい位知識がありません。日本にもこんなにオペラを仕事としている人が、ごまんといるんだと言うことに、毎年驚いています。d0017084_9583653.jpgロッシーニ没後150年(北海道誕生と一緒だ)で、実はロッシーニ作曲ではないらしい「猫の二重唱」F465.gifを聴けたのは、もうけものでした。
 ベルディ「椿姫」は、やっぱ良いですねぇ。ヒロインが病気で死ぬ、これ以上涙を誘うストーリーは無いです。息子に良く言います。脚本を書くときは、安易に「死」に頼らないでほしいと。どんなに世界が平和でも、死は避けられません。いっちゃんが死んでしまっても、治らない病気になっても、私はとりあえず生きて行かなきゃならないんだし。死ぬ事によって完結する話ではなく、生き続ける話を書いてほしいなぁ。
 話がすごい方向に脱線だ。オペラ歌手の体力って、半端じゃないですね。マイクを使わず声を出すという作業と、歌詞を語るという作業と、必ずしも一致する訳ではないことを同時に行うのだから。
[PR]
by nyankai | 2018-01-04 09:54 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

明けましておめでとう

 皆さま、明けましておめでとうございます。
 コンサートから帰ってます。雪❄が降っています。
[PR]
by nyankai | 2018-01-01 01:17 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 世間様があわただしいほど私は暇で(もちろんやるのが望ましいことは山ほどあることは知っている)、遊んでくれる人を求めてはいけない辛さに、押しつぶされそうになります。年越しは、家族という単位を持たない人間にとっては、特に仕事からの解放という良い方の側面が無い場合、とにかく早く過ぎ去ってくれるのを待つしかないのです。
第7位 ダブル第九と讃歌d0017084_9412924.jpg 
 体調悪いと言いながら、4月には千歳フィルと一緒に、ファーチレでメンデルスゾーンの「讃歌」、8月には北海道ベートーヴェン協会の演奏会で「合唱幻想曲と第九」を、そして11月にも俊友会管弦楽団の演奏会で「第九」を歌うことができました。上できです。夏から秋にかけて、喉の調子が悪くなり、第九のフーガのAを伸ばせなくなりました。ごちゃコンの練習をしていても、良く音が下がりました。病気のせいか、もしくは怖れていた老化現象かと、耳鼻科で検査を受けましたが、声帯に特に異常はなく、たくさん歌うように言われ、11月の第九では何とか復活できました。
第8位 スマホデビューd0017084_9415257.jpg
 電話とメールしかしないからガラケーが良いの、という信念を曲げたのではないのですが、今スマホを覚えなかったらもう手遅れになるんじゃないかと心配で、とうとうスマホデビューしてしまいました。幸いお店のキャンペーンで安いキュアホンに出会えたので、とりあえずそれに。でも、あまり語りたくない。持ちぐされています。
第9位 お掃除機器導入 
d0017084_9431936.jpg 体調悪し、掃除も全然していない惨状を見かねて、親しい人が、スチームクリーナーと掃除機を購入するに当たり、2台ずつ買ってお値引き頼むからと、勧誘されてのりました。もの事は、すべからく道具で決まるというのには、かなり賛同できます。午後10時からは、かなり電気料金が安くなるからと、寝る前にちょっとだけ掃除する怪しい人になっています。
その他 ダリのその後
 マコが逝ってしまい、ダリはとうとう一人っ子になりました。人間で言うと私よりもおばあちゃんでしょう。昨日は歯石の付いた臼歯を抜かれて、さすがにぐったりしています。今朝ようやく、ゴロゴロ言うようになりました。
[PR]
by nyankai | 2017-12-30 09:40 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 今日は、4位から6位までを発表します。この3件に関しては、今年はお金をいっぱい使ってしまったなぁの部門です。
第4位 4月、韓国旅行をするd0017084_9152250.jpg
 こんなに具合悪いのに、3泊4日の韓国旅行に行ってきたのが今年だなんて、自分でも信じられないです。私の人生3度目の海外旅行でした。特別韓国に行きたかったと言うよりも、息子が韓国公演を実現し、それを応援に行ったのです。そういう動機が無ければ、一生韓国へ行くことはないだろうと、自分を奮い立たせました。
 行って良かったです。近頃は何かと心が痛んでしまう両国関係ですが、まぁ観光客に嫌な思いをさせることはないだろうけれど、とても良くしてもらって、思い出深い旅行ができました。個人的には、あかすりの所でしてもらった、眉とアイラインの刺青(F65B.gif)が、大変役立っています。メイクの手間が省けマスカラ。1年半ということで、とれたら又行きたいほどです。
d0017084_9161765.jpg 何かとだらしない息子ですが、韓国公演を実現してしまった行動力は、尊敬しています。どうか、来年こそは演劇で食えるようにさせてください、と演劇の神様にお願いしています。
第5位 5月、屋根と外壁とお風呂F695.gifのメンテナンスを受ける 
 身の程知らずの高品質・高価格の三井ホームですが、10年目のメンテナンスを受けないと、保証が切れてしまうF7F5.gifとおどかされて、とりあえず1回と思って受けました。足場を組んで、大掛かりなものになりました。玄関と2階バルコニーの風除も考えたのですが、予算オーバーにつき、断念しました。
第6位 7月、ヒートポンプ導入d0017084_9165075.jpg
 震災以降上がり続ける電気料金は、オール電化住宅には酷でした。そこへやってきたのは、ヒートポンプ最強の営業マンO氏。前に別会社に給湯の試算だけしてもらった時は、あまり良い結果が出なかったのですが、今回は暖房とセットです。思い切ってやってもらいました。今の所、良い数字が出ています。10年位で元がとれると良いのですが。
 でも、フルオートになったお風呂は、未だ使いこなせていない私です。「設定」をいじって、1度凍結させてしまったのです。
 第7位以降は、又明日に続きます。もう少しお付き合いください。
[PR]
by nyankai | 2017-12-29 09:12 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
d0017084_915054.png

 いつもこの時期になると、〇大ニュースを書いています。去年までは下の方から書いていたのですが、今年は思い切って上から行ってみます。
第1位 ニャンカイ、パーキンソン病になるF3F1.gif
 大変不本意ながら、これが1位です。調子が悪くなったのは、去年の初めですが、今思うともっと以前から、左足かかとは氷のように冷たくなっていて、おかしいなあと思い当たります。
 あちこちの病院に行って、原因がわからず、気持ちもボロボロになって、ついこの間ようやく確定診断が出ました。結果が結果だけに、分かって良かったなど、優等生的なことも言えないけれど、何とか治療して行きたいです。そのうち動けなくなるのではないかと、とても怖いです。生きている意味がわからないです。でも死ぬのはまだ嫌です。
第2位 笑美ちゃん、元気に1歳になるF37E.gifd0017084_9171898.jpg
 今年1月下旬に生まれる予定だった孫(笑美ちゃん、あざな)は、せっかちなのか、去年12月9日に生まれてしまいました。とてもちっちゃかったのですが、1カ月以上の保育器生活を経て、その後はすくすく育ち、元気に満1歳を迎える事ができました。
 体調不良の私にとって、笑美ちゃんの存在は大きな支えです。残念ながら、まだ1回しか会ったことはありません。その夜は、パパとママをゆっくり寝かせてやりたくて、良く泣く彼女を抱っこしていました。京都は遠いですが、笑美ちゃんに、私の事を認識してもらって、「ばあちゃん」とかわいい声で呼びかけてもらって、もしもできるなら、2人でおそろいのワンピースを着てでかける、のが私の夢です。
第3位 7月14日、マコが旅立つF46C.gifd0017084_919755.jpg
 外猫時代も含めると、15年も一緒に過ごしたマコが、3年間の闘病生活の末、7月14日のたぶん早朝、旅立ちました。見事なニャン生でした。彼は本当に良いヤツで、怒ったのを1度も見たことがありません。
 側で見ているつもりでしたが、朝目が覚めたら静かに死んでいました。猫のように死ねたら良いなぁと思います。たぶん、ですが、猫は具合が悪くても、それを淡々と受け止め、その先にもしも「死」があっても、それを不安になど思わず、その瞬間もジタバタもせず、嘆きもせず、死んで行くのだと思います。マコ、ありがとうね。
 4位以下は、明日に続きます。薬が効いている・・・かも・・・と書きましたが、昨日はツリーを片付けた後買物に行ったら、腰周辺がしんどくて大変でした。それと別件ですが、コーヒー飲んで伸びをした時、首と背中の境目がピキッとして、痛いのなんのって。
[PR]
by nyankai | 2017-12-28 09:15 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 北海道にしては珍しく、昨日は雨のクリスマスイヴになりました。あられも降りました。夜になって風が強くなり、何度も目が覚めてしまい、d0017084_1022358.jpg寝た気がしません。
 誰とも会わないのはまずい、話をしないのもまずいと思っていたら、昼前にちょっぴりかけ足の来客。午後は、沙流川アートギャラリーの「クリスマスギフト展」へ出かけました。最後の最後に、この冬初の本格的雪道運転にd0017084_10234252.jpg、多少ビビりました。
 もういく度目になるのか、定義はわからないのだけれど、近辺のアーティスト達が、クリスマスに関わる(関わらなくても良いのかもしれない)作品を展示したり、一部販売もするイベントです。廃校になった校舎で行われています。なんちゃって孫達と、時間を待ち合わせて行きました。
 結構にぎわっていて、主催者はこの地始まって以来の人口密度だと、喜んでいました。良かったですね。d0017084_10242010.jpgコーヒーF7B4.gifとヨイトマケをいただきました。
 どれも良い作品でしたが、特に気になったのは、ステンドグラスと、ししゃもオーナメントと、ニャンコ座町在住のアーティストkeito さんのフェルト作品です。鑑賞中に、keito さんの新作「香香」が3匹届きました。急いで1匹お買い求めしました。背中と頭を、少しピンクにしましょうかねぇ。ダリに行方不明にされないよう気をつけないと。
d0017084_10262520.jpg 帰り道にスーパーに寄ると、予約じゃないケーキF7BD.gifもチキンもありましたが、1人では別に食べたいこともなく、無くなりそうなリンスと食器洗剤を買っただけで、早々に帰宅しました。
 去年までは、25日のクリスマスパーティーのリハーサルがあったのですが、会場のお店に貸し切りの予約でも入ったのかは知らないけれど、今年は当日(今日)になり、本当に1人ぼっちの寂しいイヴでした。ニャンコ座に移り住んだのは2006年ですから、今年は12回目のクリスマスでした。いっちゃんは2006年も2007年も入院中でしたから、1度たりとも一緒にクリスマスを過ごした事が無いんだと再確認して、改めて自分を傷めつけるように盛り下がっていました。後ろ向きに生きるのは、案外楽です。今日のパーティーは、天候が心配です。
    家々にクリスマスの灯ともる頃 猫と私はTVタックル
[PR]
by nyankai | 2017-12-25 10:20 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

 昨日はお天気は良かったのですが、行きは事故処理の関係、帰りは凍結の速度規制のために、高速バスが遅れました。それでも無事に行って来られて、良かったです。普通に札幌に行って、普通にファーチレの練習をして、普通に疲れた感じです。札幌の人込みを歩いていて、そこにへたり込みたいほどの疲労感をおぼえたこともあるのに比べると、上できでした。このまま行けばいいのだけれど、期待はしないでおきましょう。
 気が付けば、もう10年以上のファーチレ在団です。ぶれないで、歌いたい曲を追求する所であり、そしてそれはファーチレと出会う前には体験しにくかった分野であり、それでいて安心して居心地が良いのです。
d0017084_1026736.jpg
 早く準備したら、早々にでき上がってしまいました。これ以上持っていても仕方ないので、一昨日投函しました。今年のクリスマスカードです。笑美はあざなので、本物には本名が入っています。もちろん顔もはっきり写っています。基本、喪中の葉書をくださった方あてなので、お悔やみの言葉も入れました。
 年内のファーチレの練習は、昨日で最後でした。ちょっと早いですが、「良いお年をね。来年もよろしくお願いします」と言って、お別れしました。来年、7月15日、サンプラザホールでコンサートをします。ごちゃコンと近いので気になりますが、のりきってみせるさ。
[PR]
by nyankai | 2017-12-10 10:24 | 暮らし | Trackback | Comments(2)