少し前に、小さいですが余震がありました。相変わらず寝れません。フワフワするし、夜になると脚と腕がだるくて、けっこう辛いです。今日も鼻歌歌いたいほど良いd0017084_9373676.jpgお天気なのに。
 ミヨナオちゃん、ちょっと不調でした。あの地震を生き延びて、何事も無かったかのように元気だったのですが、先月下旬から、ドキュメントがワードに対して応答しないという、怪現象が起こっていました。とりあえずワードはデスクトップに保存して、私がやることの範囲では困ることは無かったのですが、新品ですし、そんな妥協するのは良くないと思ったので、又Kさんにご足労願いました。
 あれこれ調べてやってくれたのですがだめで、頼りになるサポートに電話して、トラブルが起こったと思われる前の状態に戻す作業をやってみたのですが、それが丸1日かかってクルクル回りっぱなしで、寝不足になりました。それでも直らず、初期化することになりました。データのバックアップをとって、サポートと話しながら、初めにデータを失わない設定で…あ~、用語がわからない…元の状態に戻すことをやってみました。上手くいきました。Kさん、ありがとうございます。もう足を向けては寝られません。もう少し、引き続き、d0017084_9381153.jpg永遠にお世話になります。
 データは残っていますが、すべてログアウトになったし、苦労して並べ替えたお気に入りの順番が戻ってしまったし、使いやすいようにしたスタートメニューのタイルやタスクバーもやり直しでした。えらく疲れました。私の技量を超えた作業でした。
 がんばりついでに、「ゴミ箱を空にする」時の音がしなくて寂しかったのを、自力で出せました。どえらいことをやり遂げたようで、いや~も~、達成感。
 そこそこ前から、トイレのリモコンの電池マークが、赤点滅しています。電池の残量が低いと警告しているのです。単3が2本。電池が切れた瞬間に重大なことが起こる訳ではないので、切れたら取り替えようと、すぐ側に用意してあります。その折にはまず、d0017084_9391142.jpgデジカメで使えなくなった中古から、試してみようと思います。我ながらシブチンだと思いますが、カメラでダメになった電池でも、時計ならしばらく動かせますから。
 先週、念願かなって、ダイソンのコードレスクリーナーを買いました。春にコードありを買ったのですが、吸い込み方に大満足したものの、小回りの点で後悔しました。最新のV10 ではなくてV6ですが、パワーそのものに差は無くて、バッテリーの持ちが短いだけとの事だったので、大掃除の時はコードありを使えば良いと割り切りました。短時間でも、まめに掃除する方が良いものね。A子さんは、ダイソンはごみが見えるから嫌なんですって。そういう感性もあるのですね。
 暖房による乾燥の季節です。自然加湿をしたくて、宮地楽器のルームミストを使っていたのですが、去年生産中止の連絡が来て、ピアノの中と枕元の分だけ備蓄しておきました。後2か所くらいほしいので、別をあたるしかないか。
[PR]
# by nyankai | 2018-10-22 09:35 | テレビ パソコン&携帯 | Trackback | Comments(2)

 昨日のジュリー…沢田研二の方が良いのかな、ちょっとひっぱります。本人の語る理由ならば、全く支持できないのですが、1部の情報では違う理由が取りざたされています。歌友が教えてくれた沢田研二の歌「我が窮状(9条か?)」です→ここ これを聴くと、もう一つの理由の方が、説得力があります。古いけど→ここ も良いかな。「昔ジュリー、今ジジイ」と言う人が、2,000人少ないからドタキャンする人とは思いにくいです。
 昨日は、地震後2回目のファーチレでした。余震が続く限り、過敏症の私は安らげないのですが、歌う場所に身を置けば、少しずつ打ち込めるようになっては来ました。来年4月6日のd0017084_9555773.jpg「メサイア」を目指しつつ、2月3日の「農オケ」の練習も少ししてくれるようで、助かります。「ゴーシュ合唱団」として150人集めるらしい農オケの練習は、年内は基本的に平日夜で、私は限りなく参加できません。それでも出て良いか確認したら、「ゼンゼンオッケ~」との事なので、甘えさせてもらうことにして、申し込みをしました。「天地の怒り」を歌うことへの抵抗は、もちろんありますが。宮沢賢治の時に集まった、あのキラキラした若いテナー、又聴けるかなぁ、楽しみ。
 何度か歌った「メサイア」は、いっちゃんの闘病から、いなくなってしまった後、そして東日本大震災まで、色々な想いとつながっています。そして今回も又、新たな想いが加わりました。昨日はメリスマ特集で、メリスマのある曲を中心に練習しました。
 隣近所数名で、そろそろ近すぎて見えない人が増えてきて、楽譜と指揮者両方にピントを合わせるには、中近眼鏡が必需品である話で盛り上がりました。私は随分前から愛用しています。
 木曜日にボイトレを受けた時に、参加者の一人が、体全体を柔らかく使って発声する方法を教えてくれた美穂さんに「ではなぜ、合唱団などはお行儀よく気を付けして歌っているのですか?」と質問しました。やっぱりそう見えるんですねぇ。d0017084_9563334.jpg美穂さんの答えは、「あの人たちは表面はお行儀よく見えるけれど、内側の筋肉をしっかり使い、決して固くなっているのではないのですよ」でした。はい、気を付けは誤解です。内側のイメージをきちんと持てたら、不必要にバタバタしない方が歌いやすいに決まっています。
 農オケでも、「凱旋行進曲」を歌う「アイーダ」ですが、hitaruこけら落とし公演には様々な劇評があり、ほとんどが絶賛していますが、その中に、「演出が旧式で、悪いということではないが、登場人物の演技にもっと演劇的な表現が欲しかった」と言うのがあり、私が感じた「オペラは動かない」は、あながち的外れじゃなかったのです。
 キタラのある中島公園は、桜などが紅葉していて、とてもきれいでした。体調は、地震前には戻っていません。まず、寝られないです。結局薬を飲んでいるのですが、睡眠の質も量も足りていません。そのせいなのか、地震酔いが続いているのか、肩こりで酸欠しているのか、浮遊感があります。昨日はどうしても札幌で買いたい物があって、それ自体は楽しかったのですが、その後強烈なだるさに閉口しました。ちょっと新たな悩み事もできたりしてさ。
[PR]
# by nyankai | 2018-10-21 09:45 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

 朝から一揺れしました。ダリですが、先週より血色が良いと言われました。猫の血色はどこを見るのかわかりませんが。補液をして、薬が2週間分出ました。ここ数日のお気に入りは、割ったカリカリです。小さくすると食べやすいのと、割ると新たに良い香りがするんじゃないd0017084_852422.jpgのかなぁ。
 思ったように歌えないなら、好きなこと、手仕事をやってみよう。ガタが来て入れ替えた家具、木工教室で作った収納に、ちょっと手を入れてみました。色を塗って、前面には壁紙を張り、本当は上蓋を開けるのだけれど、引き出しがあるように、撤去したボックス家具からはずした取っ手をつけてみました。良いんでないかい(*^^)v・・・今ミヨナオちゃん、どう変換したか教えようか、「委員で内科医」だって。すごい人だね。
 もひとつおまけに針仕事。母がなぜか持っていた薄緑の生地で、訳→ここ あってサーキュラースカートを作りましたが、とてもすてきなエピソードだったけれど、2度と履かない気がしたので、笑美ちゃんのジャンパースカートに作り直しました。伸縮性のある生地なので、ニット糸でジグザクミシンかけただけの、d0017084_8532583.jpgらくちん裁縫でした。本に載っていたのは、グレーの生地なので、象のポケットがついています。でも何だか面白くないので、別の木綿地でポケットを作って、ブランケットステッチで貼り付けました。ブランケットステッチは、右へ進む人と左へ進む人がいるようですが、私は右へ参ります。でもどちらかと言うと、左寄りです。かわいらしくできたのではないでしょうか。
 ところで、巷で騒がれているジュリー問題です。理由を聞いて、唖然としました。人の考え方は自由ですが、私は反対です。私ごときにお誘いが来た理由がわかりました。あの時は正確に書きませんでしたが、8,000円のチケットをただでくださると言うお誘いでした。主催者は、ジュリーに失礼があってはならないので、d0017084_85446100.jpg必死で席を埋めようとがんばっていたのでしょう。私など理解できようもないプライドが、ジュリーにはあるでしょう。嫌がられても、とにかく返事もらえるまで、自分で宣伝のメールを送り続ける息子を、心底偉いと思いました。外見を繕うことをやめたジュリーの決断を、それはそれで良しと思ってきましたが、一気に気持ちが変わりました。行かなくて良かった。
 今日のファーチレは、キタラで練習です。チケット買おうかと、さっき調べてびっくりしたのですが、今年のジルベスターコンサートは、シンガーソングライター/大黒摩季、アルトサックス/寺久保エレナでイイネと思っていたら、会場がhitaruで、それはもっとイイネだけれど、開演が5時で、7時過ぎには終わってしまうんですって。ひどい、私の大晦日の楽しみが奪われました。
[PR]
# by nyankai | 2018-10-20 08:51 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(5)

 ムラサキシキブ、家の中に飾ろうとしたら、実がポロポロ落ちる。じき無くなってしまいそうだったので、スプレーのりをかけて補強しようと。ところが何年も使っていないので、噴射口が詰まって出ない。横っ腹に、ペイントうすめ液で、ノズルを掃除せよと書いてあります。今、うすめ液は無い。さて、どうしようか。d0017084_9221674.jpgそうだ、除光液だ。早速ノズルを浸してみる。1号かぎ針でかき出してみると、きれいになりました。それでも出ない。本体の上の方に、まだ固まったのりがあるに違いない。本体にちょっぴり除光液をたらす。ノズルをセットして押す。ノズル取り出す、と、そこに溶けたのりが入っている。かぎ針でかき出す。これを4回繰り返したら、あなた、めでたく噴射できたじゃありませんか。しつこい性格で良かった。
 長い前書きでした。昨夜の私は、股割きでした。誘ってもらっていた隣町のボイトレと、前々日にわかった、毎年恒例「労働文化祭のザ・ニュースペーパー」公演との間で。いつも11月でした。今年は札幌公演が10月だから、怪しいと思っていたのに、気づいていなかったのは不覚でした。連合が宣伝しなさすぎなのが悪いんですけどね。でも、基本先約優先。声を出したいし、d0017084_92547.jpg講師の横尾美穂さんは、夏に1度聞かせてもらっていたしで、後ろ髪惹かれましたが、ボイトレを選択しました。
 良くわからないのですが、高齢者のための様々な行事の一環で、この間ゴスペルを聴きに行った縁で誘ってくれた、ようです。
 行ってみると、おばあちゃん・おばあちゃん・おばあちゃん・・・に、おじいちゃん少し、20人位。この中にあっては、私は若い方の人です。でも、美穂さんのやっていることも資料もかなり高度で、びっくりでした。それをエネルギッシュに、体を使って、わかりやすくやってくれます。「発声には身体状態、メンタルの状態が深くかかわる」、はいそうです。そこが良くないので、なかなか思ったように歌えない。でもちょっと無理して声を出す状況に追い込んで、元気になろうと思って行ったのです。
 このハイテンションへの違和感、何だったっけ?劇団「I’M」だ。ミュージカルおたくのくせして、あの何かが乗り移ったようなハイテンションには、なかなかついていけませんでした。昨日の私は、本当に左腕と脚がけっこうだるく、余震やダリや息子の心配等々、そして残っている羞恥心で、その時と似た感じでした。美穂さんは、どんな結果でも認めてほめてくれました。
 美穂さんのミニライヴもしてくれました。わかったこと。ゴスペルはこぶしを回してアレンジする。多くの人は、クラッシックはそれができない不自由さを指摘しますが、それは違います。みんなでやるときはともかく、ソロなどは、けっこう飾り(装飾音符とかトリルとかトレモロとかターンとかモルデントとか←これらの記号を入力する方法がわからない)を付けます。メリスマも近いものがあるし。
 会場を出ると、とても寒かったです。昨夜、揺れました。その後又しばらく、頭がユラユラしていました。ダリは少し食べてくれています。明日はファーチレなので、今日これから、病院に連れていきます。
[PR]
# by nyankai | 2018-10-19 09:07 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

 昨日載せた木の実、ほら、疑問はそのままにしておけないので、調べました。シソ科低木のムラサキシキブでした。何という素敵な名前d0017084_9114157.jpgでしょう。
 余震はおとなしくなりつつありますが、それはそれで油断させておいて強いのが来そうで、怖いのです。何しろ、ハイリィー・センシティヴ・パーソンだもんで。
 ニャンコ座には、一生ものと言える家具と、とりあえず使えれば良いと思って買った、いわゆるボックス組み立て家具とがあります。この地震で、大きな差が出ました。すっかり壊れた物はありませんが、たぶん耐用年数が過ぎたボックス家具は、ガタがきています。余震の度に、必要以上の音を立てるヤツがいまして、その音を聞くと本震がフラッシュバックするのです。そんな我慢することないんじゃないかと、排除することd0017084_9122318.jpgにしました。
 この際だから、前々から入れ替えたいなぁと思っていたのも、実行したいです。とは言え、60歳を過ぎて、お金も無いから、新しい立派なものを買うのではなく、物自体を少し減らして、うまく入れ替えられたらと思います。
 寝室に、機械に強いいっちゃんが色々持っていた接続コードやら何やら、訳の分からない物が入っていた、3段引き出し。これが小さな余震でも、ギシギシ言って恐怖をあおりました。私は使いこなせないので、明らかに何であるかわかるものを除いて処分し、あれをこっちに、これをさらにこっちに、なんてことをやっていたら、空にすることができました。軽くゆすってもグラグラです。長い間、おやっとさ~でございもした。いきなり捨てられないので、とりあえず物置で、もう少し働いてください。
 その代わり、一昨年オープンチャーチの木工教室で作った収納ボックス(持ち腐れていた)を持ってきて、替えた電球やら(壊れていないやつ)をd0017084_9125525.jpg入れました。
 寝室には、どこで買ったか覚えていないのですが、アジアンテイストのウインドチャイムをかけていました。とても良い音で気に入っていたのですが、地震ではそれが真っ先になりだすのです。震災の前までは、地震なのか気のせいなのかを判断する基準として、便利だと思っていたのですが、今はまだ辛さの方が勝ってしまうので、タオルで巻いて片づけました。いつか元気になったら、又飾りたいと思っています。
 10月分水道料の全額(ニャンコ座は下水が無いので、上水のみ2,160円)が免除になりました。地震の断水分としてです。6日の午後から13日の夕方まで、ちょっとだんすぃ~でした。免除はありがたいですが、町が貧乏になりそうで、複雑な気分。
 ダリは陽だまりで寝ていることが多いです。割ってやったカリカリを、たまに少し食べてくれるようになりました。
 さてと、ヨガ行こう。
[PR]
# by nyankai | 2018-10-18 09:10 | 9.6大地震 | Trackback | Comments(4)

 このタイトルでブログを書いたことがあると思い検索したら、「めんどうくさい女」がヒットしました→ここ
 オセロで世界一になった福地君、帰りの飛行機の機長さんは、36年前に最年少記録を作った谷田さんだったんですってね。福地君のオセロの才能もさることながら、王d0017084_937116.jpg子様好きな私は、そのルックスにうっとりしています。こんな孫が欲しい。笑美ちゃんに会った夢をみました。
 地震にかまけて、9月からの庭がどうなっていたのか関心も無く、気づくと花達はほとんど終わっていて、アロニアも姫リンゴも無くなっていました。カラスが食べてくれたんでしょうかね。地震が無ければ、随時載せていただろう花の写真、季節外れですが、これから載せていきます。
d0017084_9374258.jpg 知人の子供の性格の話をして、少しして、こんな新聞記事を見つけました。「人一倍敏感な子たち」「関心高まる『HSC』」。「Highly Sensitive Child」の子、これなんだわ。感受性が豊かで人の気持ちや環境の変化によく気が付く一方、ささいな失跡にも深く傷つく気質を持つ子どもを指すそうです。さっそく、新聞をコピーして渡しました。でも読むほどに、私自信がこんな子だったわ、というより、未だそのままであることに愕然としました。
 ブロガー仲間が、同じことを書いていて、チェックリストを上げていたから、私もやってみました。控え目に(たとえばユーモアのセンスがあるとは、おこがましくて言えないとか、年齢の割に難しい言葉を使ったのかもしれないけれど、この頃は自分の無知さにあきれるので)入れて15個。立派なものです。これは生来持つ気質なので、治療できるものではないのです。本人は困っているのに、周りからはわがままにd0017084_9383475.jpg見えやすいのです。
 そ~かそ~か。叱られると(もっと優しく諭してくれたら良いのにと)へこむ、深読みして失敗して勝手に傷つく、相手にめんどうくさい人と嫌がられそれを自分でも持て余す、痛いのには耐えられないとか、疑問は放っておけないとか、今日できることは今日中にやらないと気が済まないとか、思い当たることばかり。HSCがそのまま大人になってしまった私。眠れないのも、余震のたびにパニック発作状態になるのも、このせいでしょう。幾度、鈍感になりたいと焦がれたことでしょう。感受性が強いってことで、納得しましょう。
 いっちゃんが、明日できることは今日はしない人だったので、人はそれぞれ違うんだと気づき、ずいぶんと助けられました。だからいつまでも、私の横にいてほしかった。
 ダリは変わりません。起きてみたら、割ったカリカリが少しだけ減っていました。動いていますが、お別れの時はそう遠くは無いのかなって気がします。
[PR]
# by nyankai | 2018-10-17 09:32 | 心もよう | Trackback | Comments(2)

 地震からこのかた、余震におびえながら、生産性の低い(自分で言うのは良い)生活をしてきました。一昨日の夜遅く、急におしっこがしたくなって、我慢できずにトイレに行くと、あ~っ、経験のある痛みが。やっちまったか、膀胱炎。昨日は寝つきが良かったわけでもないのに、d0017084_9293213.jpg早くに目が覚めてしまい、いつもは体を休めるためにグズグズ布団の中にいるのですが、ひどい寝不足だけれど、とにかく起きて、やることやって、病院に行こうと思いました。
 症状が変わりなかったので、近所のおじいちゃん先生の病院へ行きました。ここの良い所は、注射してくれるんです。決して注射が好きではないのですよ。注射が即効性があるからです。風の便りに、病院も被害があったと聞いていました。看護師さんが鵡川の人で、ひとしきり被災話で盛り上がりました。昼頃には、痛みがほとんどなくなり、d0017084_9302734.jpg後は薬を飲み切るだけです。今朝も大丈夫。
 昨日の新聞には、「地震と新聞」の特集が組まれ、読みごたえがありました。あの朝、ぐちゃぐちゃの家の中で茫然としていた時、朝刊が来ました。読む余裕はありませんでしたが、配達されたことが不思議でした。何日もたってようやく読むと、台風被害が1面の、何でもない普通(言ってはいけないかもしれませんが)の朝の新聞であり、その普通の日が来なかったことがショックです。
 特集には、新聞にかかわる人たちが、どんな思いで紙面を作り、d0017084_9325772.jpg配達したかが書かれてあります。地震の瞬間には、まだ6日の朝刊のすべてが刷り上がってはいなかったそうです。6日の夕刊は、来るはずないと思っていたのに、しっかり来ました。驚きと同時に、安心もしました。ニャンコ座町の新聞屋さんは、被災して、建物が使えなくなっています。鵡川の新聞屋さんは、倒壊しました。
 三度の飯より好きな歌が、今一歌えないでいる時、だからと言って、この際の片づけも進まない。別にやらなくても良いことならできるかもしれない。さて、何ならできる?そうだ、ハロウィンだ。譜面台とターキッシュクレッセントが、余震でどうなるかとても怖いけれど、何とかこうなりました。そう言えば、いっちゃんの病名がわかった時も、クリスマスの飾り付けが、とてつもない不安を紛らわせてくれましたっけ。
 ダリには、強制給餌をやってみました。注射器に柔らかい缶詰を入れて、少しずつ口の中に入れてやるのです。もぐもぐしてくれますが、昨夜自分から食べてくれたのは、割ってやったカリカリをほんの少しでした。たまに吐き気もあります。
 消費税の件、ポイント還元ががキャッシュレス限定なんて、ふざけてます。
[PR]
# by nyankai | 2018-10-16 09:25 | 社会 | Trackback | Comments(2)

 良く眠れないし、体もだるいし、気持ちは今一だし、何かをやるのは億劫なのですが、家にいても余震が怖いので、少しでも興味が持てること、良い意味の義理があることには、がんばって出かけようと思っています。
 ダリは、一見普通に見えますが、まだほとんど食べてくれません。d0017084_922415.jpg水は飲んでいるのですが、おしっこの色は薄めになってきたかもなぁと言う気もします。腎臓、弱くなっていますね。
 沙流川アート館の「みみせんコンサート」に行ってきました。9月17日の予定だったのですが、震災で延期になっていました。真壁悦子さんの作品展の期間中の開催でした。みみせんコンサートと言うだけあって、うまい人は出られないんです。だから私はだめ、と言うことにしておいてください。d0017084_9231612.jpg音楽愛好者はいっぱいいるんだなぁと、嬉しかったです。ギター・マンドリン・ピアノ・ヴァイオリン・チェロ・フルート・筝・洋琴・オカリナ・トランペット・三線・トンコリ、一気にこれだけの楽器体験をできるなんて、なかなか無いことです。
 私は歌人間なので、思い入れが強すぎるのですが、歌は誰でも歌えるけれど、人に聞かせる歌を歌うって難しいと、つくづく思いました。たくさんの知人に会って、驚きました。この人脈を作り上げた、主催者の偉大さを思いました。何となく気になってしまったのは、トンコリ吟遊詩人による室生犀星の「背中にホクロのある鮎が・・・」のd0017084_924051.jpg弾き語りでした。
 なんちゃって孫達と、出していただいたお茶とお菓子でくつろぎながら、「来年はアラベスクのボディーパーカッションで出ようか」なんて話をしました。
 そのままニャンコ座に来て、サツマイモ堀をしました。今年は寒い夏だったので、あまり期待はできませんでした。堀時は、植え付けてから100日~120日。緑の葉の中に、黄色い葉が混じってきたらOK。霜には当たらない方が良い。d0017084_935157.jpgまさに今でしょう。
 去年みたいに、巨大なのは無かったし、数も少なかったですが、何個か取れました。孫たちはキャッキャと喜んでいたので、良かったかなと思います。苗の購入者は私ではないので(そういう意味ではないけれど)、3本もらって、後は持って帰らせました。少し寝かせた方が良いらしいので、おいしくな~れ、甘くな~れと気を送りながら、待ってみます。
 たったそれだけの事なのに、だるい左脚が筋肉痛になりました。情けなし也。朝刊の「ひと」コーナーは、農民管弦楽団の牧野さんでした。素敵に写っています。「土の歌」まだ歌える自信ないですが、出たいです。でも夜練習がほとんどなので無理、出ても良いのかなぁ。私も音楽と農(作)業をやっていたいです。
[PR]
# by nyankai | 2018-10-15 09:21 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)

 確か3日前は余震おとなしかったのに、一昨日昨日はしっかり来ました。その度に、息苦しくなります。阪神淡路を体験した友人は、2か月間は気を抜けなかったそうで、そんなものなのでしょうか。私は精密地震計になってしまって、ほんのちょっとの揺れも逃しません。時々めまいなのか地震なのかわからなくなります。困ったものです。
d0017084_11125082.jpg 12日の事ですが、三井ホームが再点検に来てくれました。里塚の液状化の所に、2軒三井の家があるそうで、家は何ともないので、基礎をやり直すのだそうです。ニャンコ座は、外壁のサイディングの隙間が空いたこと。長い目で見ると傷むので、コーキングする。内壁のクロスの補修。クロス屋さんは、わからないように直してくれるそうです。一ヶ所やってみてくれました。お見事です。見積もりを出してくれるので、余震が収まってからやることに。私もやってみたくて、ちょっとこんな物を用意してみました。
d0017084_11133025.jpg お気に入りの食器棚の割れたガラスは、ドアごと外して持って行って、同じガラスor似たガラスを入れてもらうことにしました。キッチン収納のロック機能の外し忘れは、メーカーのミスなので、このガラスを代替えに補償の線で進めてくれるとのことです。
 家が何軒か倒壊した隣の鵡川でも、2軒ある三井ホームは無事だったそうで、三井ホームは地震に強いから、安心してくださいとのことでした。でも今回に限って言えば、私はひそかに疑っているのですが、この地区ではどうやら泥炭の上に建っている家は、被害が少なかったようなのです。いわゆる免振になったのです。d0017084_1114598.jpgニャンコ座は、深くて固い地層まで杭を打ち込んであります。だからまともに揺れてしまったのではないかと。だから泥炭の上に建てれば良いのでは絶対になく、あの液状化は、泥炭のせいで起こっているそうです。
 さて、ダリの事です。診断は、歯肉炎は引き続きあるものの、大きな病気ではなく、老化による腎機能障害が、静かに進行してきている状態とのことです。血中にリンが多いのだそうです。誕生日が来ていれば19歳、人間で言えば92歳(超高齢猫)ですからね。血液検査・吐き気止めの注射・ナントカの補液・カントカの飲み薬(Fortekor)で、軽~く1万円越え。これで、腎臓機能が維持できるかもしれないのだそうです。とりあえず、1週間後です。
 行き帰りの車の中では吐かなかったし、帰ってすぐ病院で買ってきた缶詰をやると、少し食べてくれましたが、今朝はカリカリは全く減っていませんでした。缶詰も舐めた程度。
 リビングの照明、100形に替えました。夢のように明るいです。嬉しい。
[PR]
# by nyankai | 2018-10-14 11:09 | | Trackback | Comments(0)

 とんだ失敗をしてしまいました。10月1日ネギの命日を、すっかり忘れていました。仏教的に言うならば、三年忌です。前日に大きめの余震があって、軽い物が少し落ちて、あまりの恐ろしさに、もう一人暮らしは嫌だなどと書いています。d0017084_9524029.jpgそこに、ネギの事を思い出す余裕は無かったのです。それでも不思議なことに、1日のブログに、ネギのお墓の写真を載せています。私の中に、何となく14日という数詞がありました。でも14日(7月)は、マコの方でした。ネギ、ごめんね。
 ダリの不調は治っていません。一昨日から水分しかとってくれません。吐き気もひどくは無いですが、続いています。吐くものは泡のような水っ気だけです。昨日、晩年のネギが好んでいた場所、和室の無いニャンコ座では唯一和テイストの赤い座布団のある場所にダリがいたので、縁起でもないと驚きました。あれは、ネギの命日を忘れていることの、私への警鐘だったのかもしれません。
d0017084_9531432.jpg ネギは歯茎過形成とか、がま腫とか、フラフラグルグル回ったり、顎が外れたり、色々トラブルがありましたが、腎臓が悪くなり、水をたくさん飲んで、薄いおしっこをして、痩せて痩せて、それでも疑問を持ちながら点滴に通い、精いっぱい生き切ってくれました。
 ネギは子猫のうちに、生まれた所から1匹だけ、引っ越しに連れて行きました。それがストレスになったのでしょう、超人見知りになってしまって、いっちゃんと私にしか付きませんでした。オス猫特有のおにぎり顔ではなくて、とてもイケメンでした。
 d0017084_9534823.jpg一昨年、私が体調不良に陥り、その年に猫たちが3匹ともに次々と色々トラブルが起こり、難儀しました。でも猫達のためにがんばらなくてはと思えることで、私が保てていたのかもしれません。
 ネギの何よりの功績は、ダリを招き入れたことでした。友達が欲しかったのか、ベランダに来ていたダリを、一生懸命引き戸を開けて、ダリが入ってきて、そしてダリも飼うことにしたのですから。そういう意味では、ダリはネギに大きな恩義を抱いていることでしょう。だから、具合が悪くなることで、ネギのことを思い出させてくれたのでしょう。
 ネギ、これからダリを病院に連れて行くから、心配しないでね。ダリを呼ぶのは、もう少し待ってね。まだしばらく見守っていてね。
[PR]
# by nyankai | 2018-10-13 09:44 | | Trackback | Comments(2)