2018年 10月 18日 ( 1 )

 昨日載せた木の実、ほら、疑問はそのままにしておけないので、調べました。シソ科低木のムラサキシキブでした。何という素敵な名前d0017084_9114157.jpgでしょう。
 余震はおとなしくなりつつありますが、それはそれで油断させておいて強いのが来そうで、怖いのです。何しろ、ハイリィー・センシティヴ・パーソンだもんで。
 ニャンコ座には、一生ものと言える家具と、とりあえず使えれば良いと思って買った、いわゆるボックス組み立て家具とがあります。この地震で、大きな差が出ました。すっかり壊れた物はありませんが、たぶん耐用年数が過ぎたボックス家具は、ガタがきています。余震の度に、必要以上の音を立てるヤツがいまして、その音を聞くと本震がフラッシュバックするのです。そんな我慢することないんじゃないかと、排除することd0017084_9122318.jpgにしました。
 この際だから、前々から入れ替えたいなぁと思っていたのも、実行したいです。とは言え、60歳を過ぎて、お金も無いから、新しい立派なものを買うのではなく、物自体を少し減らして、うまく入れ替えられたらと思います。
 寝室に、機械に強いいっちゃんが色々持っていた接続コードやら何やら、訳の分からない物が入っていた、3段引き出し。これが小さな余震でも、ギシギシ言って恐怖をあおりました。私は使いこなせないので、明らかに何であるかわかるものを除いて処分し、あれをこっちに、これをさらにこっちに、なんてことをやっていたら、空にすることができました。軽くゆすってもグラグラです。長い間、おやっとさ~でございもした。いきなり捨てられないので、とりあえず物置で、もう少し働いてください。
 その代わり、一昨年オープンチャーチの木工教室で作った収納ボックス(持ち腐れていた)を持ってきて、替えた電球やら(壊れていないやつ)をd0017084_9125525.jpg入れました。
 寝室には、どこで買ったか覚えていないのですが、アジアンテイストのウインドチャイムをかけていました。とても良い音で気に入っていたのですが、地震ではそれが真っ先になりだすのです。震災の前までは、地震なのか気のせいなのかを判断する基準として、便利だと思っていたのですが、今はまだ辛さの方が勝ってしまうので、タオルで巻いて片づけました。いつか元気になったら、又飾りたいと思っています。
 10月分水道料の全額(ニャンコ座は下水が無いので、上水のみ2,160円)が免除になりました。地震の断水分としてです。6日の午後から13日の夕方まで、ちょっとだんすぃ~でした。免除はありがたいですが、町が貧乏になりそうで、複雑な気分。
 ダリは陽だまりで寝ていることが多いです。割ってやったカリカリを、たまに少し食べてくれるようになりました。
 さてと、ヨガ行こう。
[PR]
by nyankai | 2018-10-18 09:10 | 9.6大地震 | Trackback | Comments(4)