2018年 01月 22日 ( 1 )

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 ダリは長毛で、特に冬は毛の中に埋もれている様な風体になってしまい、体の表面にガピガピの毛球ができてしまうのは仕方ないとしても、毛づくろいをして体内に取り込んでしまうのが困りものでした。時々、ウンチゲボと呼んでいる(形状が似ている)、毛球を盛大に吐いてすっきりしていたのですが、d0017084_10221880.jpg老化のせいかそれが上手くいかなくなってしまったようです。ブラッシングは心がけているつもりですが。
 昨日の朝、何度もオエッオエッとやっているのか聞こえ、そうでなくとも不眠症の私は、そのたびに1階に様子を見に行き、座布団の上と洗面所のマットの上と床に水分を発見するものの、ウンチゲボは見つからなくて、きっと胃が気持ち悪いままなのであろうと、心配になりました。数日前から朝方吐く様子があり、食欲も落ち、昨日の朝はとうとう大好きなおやつをやってもプイと横を向き、「ほっといてんか🙀」と言わんばかりの態度になりました。
 これは何とかしてやらなくてはなりません。歯周病の通院までまだ1週間あるけれど、後悔したくないので、病院に連れて行きました。診察の結果は、おそらく毛球のせいであろうと、皮下補液と吐き気止めの注射とラキサトーンという、毛球の除去及び形成防止をする薬の様な物が出ました。これをとりあえず3日位3g~5g(先生は1㎝位と表現した)をなめさせ、その先は1週間に1度を目安にとのことでした。成分は流動パラフィンと白色ワセリンと、少々何だか物騒な感じ。d0017084_1022494.jpgそれにコーンシロップ等の糖類を配合してあって、甘い香りがします。
 猫って、お世話しないではいられない愛しいものです。私は370円の花まるうどんでがんばるしかないです。
 帰宅してちょっとすると、何事もなかったようにいつものお気に入りの場所でくつろぎ、水を飲んで、カリカリを食べてくれました。その後、キルティング中の私と一緒にテレビを見ていました、かどうかはわからないけれど、そばにころがっていました。卓球やっていました。ダリ、卓球おもしろいねぇ。私は全然できないけれど、こんなにおもしろいって知りませんでした。毛球は早く出しちゃってね。
 一昨日ペガサス号の窓から見た日高線の列車、ほとんど人が乗っていませんでした。これからますます車に乗れなくなるであろう私にとって、何が望ましいのか、悲しいため息の出る光景でした。
[PR]
by nyankai | 2018-01-22 10:20 | | Trackback | Comments(0)