2018年 01月 02日 ( 1 )

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 風が強く、雪が雨に変わりました。寂しくひきこもります。
 大晦日は、4時半の高速バスに乗りました。バス停には、同年代の女性が1人。「これからお出かけですか?それともお帰りですか?」と声をかけたら、娘さんの所に行くのだと。聞くだけ聞いて、自分の事を言わないのも失礼だと思ったので、私は1人暮らしでやってられないので、コンサートに行くのだと言いました。その女性はd0017084_101523.jpg「1年365日のうち、364日は一人が自由で良いけれど、年越しだけは精神衛生上良くないもんね」と言いました。そうそう、そうです。その女性、保健所から引き取った猫5匹と暮らしているそうです。夕方の札幌行きは、さすがに空いていました。6時をちょっと回った札幌は、見事にお店などが閉まっていました。
 今回は出発が遅かったので、尚の事夕食が困るだろうと、ホテルに勧められて「年越しプラン 2食付き」にしたので、茶碗蒸しや年越し蕎麦やスパークリングワインなどが付いたバイキングをいただいて、コンサートに出かけました。
 やはりゲストがビッグだからなのか、こんなに入ったジルベスターコンサートは、初めてです。毎年和服F376.gifの方が増えて行く様な気がします。でも、地方から冬の札幌に和服で出かけるのは無理。遠目なのではっきりわかりませんが、短めに和服を着て、ブーツを履いて、髪も洋風の方がいました。なるほど。
d0017084_1023097.jpg Ms.OOJAの声は、絶妙な揺らぎがある、ヒーリング効果を与えるシルキーボイスなんだそうです。フムフム。私は何ボイスだろう。Ms.OOJAの伴奏をサバサバと3曲やった後の札響の「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、ちょっとねっとり気味に感じました。
 渡辺香津美F6DF.gifの3曲目は「スペイン」でした。そう来たかぁ~。その昔、チック・コリアを聴きながら、弟がちゃんと鼻歌で歌っていたのを思い出しました。あれから幾度も、色々なパターンで「スペイン」を聴いているのに、私は歌えません。弟は、聴くだけの人で、自分では何も演奏しません。なのにもしかしたら、とんでもない才能を持っているのかもしれません。もったいないことをしましたね。
 山下洋輔F444.gifは、「ラプソディ・イン・ブルー」でした。お父さんにしたい指揮者No.1の現田茂夫さんと、「イチオシ!」の依田アナウンサーが、年内にちゃんと終わるかどうか心配していましたが、上手くいきました。ジャズの即興って、たとえばクラシックの難曲「ラ・カンパネラ」など、楽譜があって、努力した人が弾けるようになるというのは理解できますが、いったいどうなっているのか、そのからくりが全くわかりません。山下さん、げんこつや腕でも弾いていました。それを見たくて、今年はL席にしたんだっけ。75歳の2018年の抱負は「来る球は打つ」だそうです。ホ~F65A.gif
 今年は北海道150年だそうで、はるみちゃん知事のあいさつもありました。
 大晦日も休めない、大晦日だからこそ休めない札響の楽員さんにおとそをふるまわれて、雪の中島公園をホテルに戻ったら、雪だるまんF65D.gifになりました。
[PR]
by nyankai | 2018-01-02 10:00 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)