ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます

by nyankai

2017年 11月 01日 ( 1 )

11月の逆襲 (11/1)

 今日は札幌で、「交感神経シンチ」という検査を受けます。4時間空けて2回やるんだそうです。何がしかの放射性医薬品を注射して、交感神経が集まる心臓をガンマカメラ(ガンマ線を可視化するカメラ)で撮影するみたいです。その減り具合を診るために、4時間後も必要みたいです。その間を、どう過ごそうか。つまり疲れてしまうか、d0017084_841799.jpg疲労回復に使えるかが問題です。
 母を悲しませたというボツ原稿のほかに、もう1つ発掘されています。せっかくだから、ここに書いておきます。書いたのは何歳の11月でしょうね。
    11月の逆襲
 二十日の卓上四季は「十一月の憂」についてだった。でも新聞を読む11月生まれの私は、遅めの小春日和の日差しが差し込む部屋で、猛烈に11月の反論をしたくなった。
 ひたひたと迫る冬の足音、日は短くなり、慣れない寒さは身に沁みる。山々は輝きを失ったのに、雪化粧は安定しない茶色の世界。行楽シーズンが過ぎたのに、クリスマスの華やぎにはもう1歩届かない。あ~、何と取り柄のない11月であることか、悲しい。
 でも、ちょっと待ってください。11月を再考してみましょう。この落ち着いた時を生かして、私はコンサートに出かけたり、ゆったりと買い物をする。来月に備えて、少しずつ家の中の片付けをする。あくまで、d0017084_845627.jpgゆっくりと。手紙を書いたり、長電話をする。たぶん相手もまだ忙しくは無い。年賀状の版画のデザインを考える。今のうちに風邪をひいておく。
 全国の11月生まれのみなさん、11月ってなかなか捨てたものじゃないですよね。ものは考えよう、周りが憂な風景でも、暮らしの工夫一つで色はついてくるもの。

 こんなことが書けたのも、あったかい家の中で、息子といっちゃんが帰って来るのを待っていられたからですね。少なくとも、誰も病気ではありませんでした。
 笑美ちゃんが、初めての発熱をしたそうです。当たり前にあることですが、新米のママとパパは、焦ったことでしょう。
 暖房を使い始めた10月の電気使用量ですが、去年同月の49%で済みました。良いね、ヒートポンプ。
 では、もう少ししたら行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2017-11-01 08:02 | 心もよう | Trackback | Comments(0)