2016年 07月 15日 ( 1 )

 昨日も3時過ぎまで、私は起き上がれない人でした。脚と腕のだるさだけではなく、とにかく寝ていたいのです。これはもう、抗うつ剤のせいではないかと、にわかに不安になりました。薬に知識のある友人が、出してもらったジェイゾロフトは、効き目が出るのには少しかかるので、ちゃんと飲んだ方が良いと言ってくれたので、気をとd0017084_10471928.jpgり直しました。
 こんなじゃ、もう行けないとさえ思ったのですが、がんばってがんばって「田中彬博コンサート」に、おしゃれして行ってきました。
 アッキーも、もう何回目なのか忘れるほどになりました。初めて聴いた時から、圧倒的なテクニックではありましたが、まだ押しがきかないというか、そうだ、忠さんについて行けば良いみたいな感じだったのですが、すっかり自分を確立した感じです。良いぞ、そうやって成長していくのだ。「アッキーの一人バンド紹介」のファンです。それと、京都の人だってのが、何だか嬉しいのです。そう言えば、京都は祇園祭も佳境に入ってきた所ですね。
 ひで&たまちゃんも元気で、相変わらずあったかい歌を聴かせてくれました。今年に入って、ちょっと苦しいこともあったようですが、それを乗り越えつつあるようで、良かったです。
d0017084_10485260.jpg 「ひでたまッキー」というユニット名で、歌声の部もやってくれました。私には、少々キーが低かったけれど、歌えるって幸せだなぁ~と思いました。
 夏の夜のコンサートって、すごく開放感があって好きです。一晩中でもやっていたいです。
 交流会にも出て、おいしいご馳走をいただき、楽しく話もできました。でも、だるさはけっこうきついです。昨日は左脚付け根・太腿・膝周辺主に外側が、強烈にだるかったです。黙っていてもだるい。少し力を入れるとガクガクしました。でも楽しい時間の間は、体は軽くなって、口はもっと軽くなります。「私、9月のコンサートやります、来てね~」なんてことを言いながら、愛想振りまく。私が具合悪い人には見えないかもしれません。「私病気かもしれないんです」と言っても「大丈夫だよ!」と言われると、そんな気がしてくるものです。
 帰宅してから、ニャン達にご飯をあげたら、お腹が空いていたのでしょう。カリカリの食いつきは良かったですが、分量は今一です。
 「ただしヤクザを除く」東京公演感想集です→ここ 印象的だったのは、「他者の享楽への嫉妬」が根底にある、です。
[PR]
by nyankai | 2016-07-15 10:44 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)