2016年 06月 30日 ( 1 )

 草負けなのか、プチプチができています。爪にも泥が入ってたり、これでこそ、6月の私の手です。昨日も、1度寝たらプッツンしてしまうので、午後はややがんばってみましたが、そうでなくてもキャシャリン、だるくてすっかりなまってしまった私に、それほどのことができるはずもなく。ターシャのあの痩せこけた体は、いったいどんな作りになっていたのでしょう。
 d0017084_956593.jpg北海道の6月の雨量は、平年の2.8倍だったとか(まだ終わってないけど)。ニャンコ座町の海岸部は、昨日も海霧(ガス)がかかって、暑さの蚊帳の外でした。それでも、勝手にバラが咲いてくれて、初めの花がもう限界にきていたので、毎年恒例、ベルサイ湯のバラ風呂をしてみました。
 ツルハへ行って、「贅沢 泡とろ ローズフェミニンの香り」という入浴剤を買ってきました。正確には浴用化粧料というみたいです。中身は、バラエキス・ローズヒップエキス・ヒアルロン酸・コラーゲンで、なんか良さそうじゃないですか。
 バラを摘む。生前の母が持っていたバラです。グループホームに移り、町営住宅の花壇に、バラが残されました。それをニャンコ座に移しました。何という種類かもわかりませんが、毎年そこそこ咲いてくれます。
 本当はもっと泡をたてた方が良いみたいですが、それでは花びらが埋もれてしまいそうで、こんな具合にしました。とろとろして、あったまりました。
 d0017084_9574476.jpg今年のテーマソングは・・・、自分を励まそうと「マイベビベビバラバラ」と歌ってみました。でもこれ、バラの歌ではないですよね。
 バラ(薔薇)をそれぞれ外国語では何と言うか。英語はもちろんrose (ローズ)です。イタリア語だとrosa(ローザ)、フランス語はrose(ローズ)、ドイツ語はrose(ローゼ)、ロシア語だとрозаキリル文字(ローザ)、中国語は玫瑰 méigui らしいです。
 ダリはやっぱりほとんど食べてくれません。点滴し続けることが、ダリに良いのかどうか、良くわかりません。無理やり食べさすものだから、きっと嫌なんでしょうね。又、隠れてしまいました。もうテレビの後ろも安心できないと思ったのか、今度は、クロネコの箱の中でした。今日は私が病院に行くから、ゆっくりのんびりしていて良いからね。
 日ハム7連勝で、貯金も増えて行っているのですが、何しろ銀行が大富豪で困ります。「ただしヤクザを除く」の感想集です→ここ
[PR]
by nyankai | 2016-06-30 09:52 | 暮らし | Trackback | Comments(0)