2015年 02月 23日 ( 1 )

「THE KIPPERS×ジャッキー吉川 SPECIAL LIVE」に、行ってきました。
私は、祐様などおっかけに等しいもの、禁じられても好きなこと以外は、コンサートや演劇や展示会などは、行くかどうかを決める判断材料は「義理」です。こう書くと、とんでもないことのように感じるかもしれませんが、親しい人、大切な人ががんばる晴れの舞台は、応援したい気持ちが湧きあがってくるのは、自然なことでしょう。昨日のライヴは、音友がスタッフとして参加するからとか、チケット売りにがんばっていたから、です。だから、寸分たがわず、好みと一致しているかと言われたら、完全一致ではないのですけどね。
d0017084_946885.jpg前座は、「PILE」というバンドでした。ピアノの木村さん?(違っていたら、ごめんなさい)、ブラバーでした。ボーカルは、努力を要す。私はボーカルへの点数は、かなり辛いです。
キッパーズは、結成50周年を超えているそうです。すばらしいです。ヒットした言葉が「薬飲みながら、がんばっています。」でした。そうなのね、このおじ様達、薬(ヤクと読んではいけません)飲んでいても、こうして楽しそうに遊んでるんだ。音楽は正にplayです。
当初、チケットをさばくのが大変だったそうですが、会場は満席に近かったです。大型バスも来ていましたが、おそらくキッパーズのお客様達でしょう。踊りたい070.gifおじさんおばさんが、いっぱいいるものですね。本格的に踊る人から、盆踊りと大差ない(すまぬ、盆踊り!)人まで。私が踊れるのは「ハチのムサシ」と「妖怪体操」と「マイムマイム」と「北海盆歌」位で。
ジャッキー吉川は、言わずと知れたブルコメのリーダーです。もう77歳だそうで、半年間、車いす生活も経験したそうです。確かに高齢者ではありますが、それがドラムをたたくと、生き生きした力強いアーティストになっているのです。音楽の力、恐るべし。ジャッキーさん、うるさいってば。
「ブルー・シャトゥ」と「スミレ色の涙」が歌える曲で、他に数曲聴いたことある程度でしたが、アンコールの「キャラバン」は、ドラム対決(ジャッキーさんとキッパーズのドラマー)は、うなりました。
 ☆「昭和のマイナーコードメドレー」好評につき、今年もやります。勝手にしやがれ~愛の泉~およげたいやきくん~UFO~黒猫のタンゴ~ひと夏の経験~北の宿から~勝手にしやがれ
「UFO」の振りを思い出さなくては。黒猫のウンチウンチウンチは009.gif
[PR]
by nyankai | 2015-02-23 09:35 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)