2015年 02月 21日 ( 1 )

羨ましい友達 (2/21)

最近たて続けに、音友のうらやましい話題が、新聞に載りました。
一つ目は、隣町の音友JELLYさんが、映画に出る話。それも主演です。
隣町では、ずいぶん長いこと「田んぼdeミュージカル」という、高齢者映画製作団体061.gifが活動しています。5作目の新作「紅い花 白い花 咲き乱れ」は、戦後樺太から引き上げ、林業に従事する若者がヴァイオリンを習得し、札幌で歌手を目指す物語だそうです。主人公のモデルご本人が演じるはずだったのですが、諸般の事情で歌友が努めることになったそうです。JELLYさん、まだ56歳だよ。ずるくないですか?良いなぁ。がんばれ。
d0017084_9465776.jpg二つ目は、大晦日に一緒にカラオケをしたイケメンKo君が、札幌市民ミュージカル060.gifに出る話。
Ko君は、町民参加型のミュージカルを、指導して上演してくれた劇団出身です。今は、札幌市民ミュージカルで活躍しています。次回作は、去年急死した、フリーアナウンサーのジャンボ英克さんをしのぶミュージカル「ハング・イン・ゼア~極楽協奏曲~」だそうです。Ko君が何の役かはわかりませんが、彼の声はすばらしいので、それを遺憾なく発揮してほしいです。私も又、ミュージカルに出たいなぁ。
新聞ついでに、新聞の話題を。長年気になっていたことがありました。特に、去年の衆議院投開票日の翌朝の新聞を手にした日に、その疑問はがまんできないほどになりました。とても薄くて軽かったのです。道新朝刊は、知る限りでは、ほぼ30~36ページ(もちろん偶数)です。新聞のページ数には、どんな決まりがあるんですか?
新聞関係の知人がいるので、思い切って聞いてみました。以下↓
新聞のページ数には、基本最低が決まっていて、その日のニュースの量で(たとえばスポーツ・公務員の人事異動・入試の問題と解答等々)増えるそうです。2ページずつ増やさなくてはならないので、簡単ではないでしょう。又、広告で増える場合は良いですが、会社の判断で増える場合は、それだけ経費(インク・紙等)がかかります。投開票日の翌朝は、その取材や結果を掲載する時間の問題があり、ページは少なくなるとのこと。なるほど、納得できました。
話変わりますが、犬や猫などのペットを飼っている人は、そうでない人より、年間医療費が2割安いそうです。癒されるのは大変結構なことですが、大事なことを忘れています。お金に限って言えば、飼うにはその2割以上の出費がある、特にペット医療費は、全然予定外に、保険に入っていないととてつもなくかかる場合があるってことを。あくまでお金に限れば、ですよ。ウンチ
今夜の歌会は、ハカセ次郎さんが来てくれます。ヴァイオリンが入るよ。
今日は、息子が、「大大阪舞台博覧会」に出ます。→ここ
[PR]
by nyankai | 2015-02-21 09:46 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)