ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます

by nyankai

2009年 05月 20日 ( 1 )

本題に入る前に、1つ書き落としを指摘されましたので。18日のブログに、折れた桜が最後の花を咲かせたと書きましたが、それだけでは無かったのです。その桜は確かに最後の花なのですが、枯れて朽ち果てて仲間の肥料となり、命を受け継いでいくのでした。あぁ、やっぱり泣きそうだわ~(T_T)
d0017084_945533.jpgさて、本題です。この間母のグループホームに行って、ドアを開けると、何だか下手な歌が聞えてきました。元気に滑舌良く「お邪魔しま~す」と入っていくと、そこはカラオケボックスと化していました。マイクにボタンが付いていて、テレビに転送するタイプのカラオケでした。
入居者の中にも、やっぱりマイク離したがらない方がいて、それはそれでほほえましいものです。誰かが間違えたのか「愛の賛歌」が入り、「歌ってください。」と、マイクが回ってきました。それじゃ、まっ、ヒロインになりきって歌う私。「あなた~の燃える手で~ あたし~を抱きしめて~」くれる人がほしいな。
歌い終わって母を見ると、拍手してくれてるじゃありませんか。母の中に、まだそんな力が残っていたんですね。もっと歌ってと言われると、嫌いじゃないから悪い気はしないのです。楽しんでもらえるためには・・・と、「瀬戸の花嫁」を歌いました。民謡・軍歌・演歌は苦手分野だけれど、レパートリー増やして、ドレス着て、コンサートでもやろっかななどと思ってしまったのでした。
[PR]
by nyankai | 2009-05-20 09:01 | 社会 | Trackback | Comments(2)