ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます

by nyankai

2009年 05月 10日 ( 1 )

d0017084_83745100.jpg今日は「母の日」ですが、母の所には行きません。一昨日プレゼントは届けてきたし、ピークは過ぎたとは言え、二十間道路の桜祭開催中で、グループホームと同方向の国道がいったいどんな渋滞になっているか、想像するだけで怖い。
「ニャンコ座リポート」によると、一昨年の15日、祭りが終った平日、ハラハラと散る桜の下を母と散歩したとあります。まだ何とか会話が成立していた頃。夫のアミロイドーシスが再び進行しているのがわかって、この先いったいどうなるのか、得体の知れない不安が心にべっとり張り付いていた頃。ずい分と遠い昔のような気がします。
母はもう自力では歩けないし、ほとんど会話らしい会話ができません。母の言っている言葉を聞き取れないのです。そして夫は、いくら話しかけようにも、この世にはいてくれません。あらやだ、いくら久々の雨が降ったからって、朝から湿っぽい(T_T) 息子は「ななふん」を買って来てくれたじゃない。
d0017084_8393622.jpgその息子、前回の公演のこと、初めて全国的な演劇関係雑誌に取り上げられました。 興味がある方は、本屋さんで立ち読みしてみてください。「演劇ぶっく」という本で、表紙は「蜷川さん&ウェンツ」だそうです。
宗教観から少し関係がざらついてしまった夫のお母さんには、義妹経由でプレゼントを贈りました。「いのち輝かそう」の本も送りました。
写真はニャンコ座の「かすみ桜」で、バックは最近造成中の和風庭園です。
[PR]
by nyankai | 2009-05-10 08:35 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)