人気ブログランキング |

友達は良いもんかどうか (10/21 国際反戦デー)

 昨日書き忘れたのですが、ノルディックウォーキング中に大量の雪虫に遭遇しました。口の中に入りそうなほど。もうこれは「雪虫の飛ぶ~札樽国道~君と肩かすかに触れて~」なんてロマンチックなものではなく。雪虫って、羽をもつアブラムシが白腺物質を身にまとった姿で、別名は綿虫だそうです。友達は良いもんかどうか (10/21 国際反戦デー)_d0017084_20191877.jpg
 「エール」見て、朝から泣きました。「緑の丘の赤い屋根・・・」この歌の良さを、初めて知りました。知ることに、遅すぎることは無い。
 息子は発達障害で手帳をもらえて、お片付け支援も受けられるようになりました。「部屋が汚いのよぅ」と人様に言うと、皆さん「男の子ってそんなものよ」と言ってくれるのですが、汚いのレベルが違うこと、ご存じで❔発達障害って、凡人には理解不能なことがあるのです。でもその分どこかしら天才ですから、本人が困っていないなら良いのです。良いのですが、一緒に暮らす方の身にもなってほしいとも思います。こちらが困ることがあるんで。
 とある発達障害と思われる子供に、友達ができないと、親が悩むいくつかの事例に遭遇しました。その気持ちは良~くわかります。息子は発達障害ですが、比較的人とかかわることが好きと言うか、寂しがり屋と言うか、まっ、相手が良く理解してくれてこそですが、友達が多いです。でもそこが苦手と言うか、そもそも友達を欲しないタイプの人もいます。はっきり言って、無理やり友達と遊ばせようとするのは、大きなお世話とういう話です。大きなお世話は、必ずストレスになり、良い結果にはならないでしょう。
友達は良いもんかどうか (10/21 国際反戦デー)_d0017084_20194936.jpg
 友達は良いものだ、子供は友達と遊ぶべきだ、友達がいないことはかわいそうは、とんだ勘違いなこともあるのです。思えば私もかなりの年まで、さほど友達を必要とは思いませんでした。家族が大好きで、家に帰ればそれで安心で楽しかったからです。でも高校生位からは、家族では満ち足りないこともあったし、大学で家を離れたら、自然と友達ができて行きました。それだけのことです。
 ましてや、選択的発達者である彼らは、一人でいることが自然で心地良いのだと思われます。彼らの多くは、驚くほどの能力を持っていることがあり、例えばその分野できっと友達ができるでしょう。その能力を生かすために、自らコミュニケーションをとろうとするでしょう。そばにいる人は、それをしっかり見ていて、助けを求められたら、全力で応えれば良いのだと思います。
 付け加えるなら、「私は何があってもあなたの味方だけれど、私もがんばっていることをわかってね」とは言いたいです。
 日曜日に里親さんの所に行った「おたる」ちゃんは、「蘭」ちゃんになったそうです・・・スーとミキはどこ❔「ねずこ」さん(仮)にも、里親候補が現れたそうです。
 今日の1枚目の写真は、とりあえず説明なしで、パーキンソン病院に行って来ます。

トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/28270435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nyankai | 2020-10-21 08:58 | 社会 | Trackback | Comments(0)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださいましてありがとうございます


by nyankai