ブログトップ

ニャンコ座リポート since 2005 April

いっちゃんずるい (9/17 敬老の日)

 午前3時ちょっと前に、大きな余震がありました。私は又叫んでいました。収まったら、ダリが2階に上がってきて、私にぺったりd0017084_1045079.jpgくっつきました。
 ニャンコ座の近くにあるセブンイレブン横の供水所が、ます。だありました。と言うことは、断水は完全に復旧していないのです。私も水に関しては安心できないでいます。がけ崩れの心配があり、一部に出ていた避難指示は、専門家の調査が終わり、解除されたそうです。知人もいるので、本当に良かったです。報道されるのは、厚真・安平・鵡川がほとんどですが、ニャンコ座町も平取町もひどい所はあるんですよ。
 今のところ、毎日誰かが訪ねてきてくれるので、笑っています。ご飯も食べています。でも歌えません。試しに、デイサービスで歌う予定の「サウンドオブミュージック」を歌ってみました。「さわやかな 山の夜明けは…」、別に喉の調子が悪いわけじゃない、声は出ましたが、全く気持ちが乗りません。「涙さえ忘れられる大好きな歌がある」、そんなの嘘だ。あんなに心を込めて歌詞を歌うことに努力してきたのに、今の気持ちと全く違う絵空事を歌うなんてできないとd0017084_10453219.jpg思いました。
 こんな大地震、もちろん人生初です。大地震は1968年・1982年・2003年にあり、震度は5で恐ろしかったですが、軽いものが落ちた位です。1952年の十勝沖は生まれてはいませんが、父と母に、家の中がぐちゃぐちゃになったなんて話は聞いていません。父も母もいっちゃんも体験していないことを、私は体験してしまったのです。いっちゃんは、そりゃ辛いことのいくつかはあっただろうけど、もちろんアミロイドーシスになってしまったことは納得できないだろうけれど、こんな目に遭わないでさっさと死んでしまって、ずるいよ。私も地震の前に、死んでしまっていたd0017084_10474772.jpgかったです。
 手つかずのニャンコ座の惨状を見た人が、他に一人います。その人は茫然としている私に、妙に落ち着いて「大丈夫だよ」と言ってくれました。昨日になって、「本当は、これはひどい、大変なことになったと思ったんだよ」と、白状しました。でも一緒にパニックになったら私がもたないと思って、がんばって平静を装ってくれたのだそうです。
 荒れたリビングにいたくはないので、ようやく崩れ落ちた楽譜やミュージカルのプログラムやCD・DVDの壁面収納を直しました。ケースはいくつか壊れましたが、たぶん無事だと思います。でも壁や家具が随分と傷ついてしまいました。
 夜、思い当たらない宅配が届きました。マコ印のお兄さんは「冷凍ですから」と。差出人は何とち〇子ちゃんでした。アメリカから冷凍が来たのかとびっくりしましたが、長野でした。長野のおやきです。「野沢菜」「きのこ」「やさい」「ポテト」「あんこ」「なす」「切干大根」「かぼちャ~」「にら」です。ち〇子ちゃん、ありがとう。1日1個ずつ、味わっていただきます。
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/27111655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミルママ at 2018-09-17 12:28 x
夜中の余震は札幌も震度3でした

グリはあっという間にベッドの下に潜り込みました

収まって欲しいものです
Commented by 滝原夏希 at 2018-09-17 17:40 x
伯父の法要のため栗沢の寺に泊まっていました。
夜中揺れ出して老朽化した建物なので、ほんとに崩れるかと思いました。早く落ち着いてほしいですね本当に。
歌に関して全く同感です。
地震勃発以来いちども練習に行ってません。
いろんな感情が渦巻いてますが、とにかく一言でいうと歌う気力が全く湧いてこないのです。
へらへら気持ちもこもらないのに歌ってる場合か、という気もします。
でも本番はもうすぐやってきます。
葛藤の日々です。
奮起しなくちゃ。
いろいろ大変かと思います。
ケガに気をつけてください。
こんなことしか言えなくてごめんなさい。
Commented by nyankai at 2018-09-17 22:56
★ミルママさんへ
余震怖い、ひたすら怖いです。

★夏希さんへ
隣の鵡川町では、潰れてしまった家を何軒も見ました。
歌ってる場合か、と言うことはないと思いますが、現に息子が公演を敢行したのは偉いと思っていますし、私もデイサービスのコンサートをやろうとしたし。
そうなんです、ちょっと歌ってみたけれど、嘘くさくて歌ってられないのです。
歌いたい気力が帰ってくるまで歌わなくて良いのか、無理やり歌うことで元気になっていけるのか、わからないです。
22日はコンサートあるんですね。当然ですよね。この辺りのイベントは軒並み中止です。私は、行けるかどうか今はお返事できません。
Commented by こけし at 2018-09-18 08:51 x
これも又、時薬が必要なのかもしれませんね…
Commented by nyankai at 2018-09-18 22:42
★こけしさんへ
辛いことがあると、つい何のために生きるのかって考えてしまいます。
by nyankai | 2018-09-17 10:43 | 9.6大地震 | Trackback | Comments(5)