プチプチ歴女の独り言 (7/9)

 起きて真っ先に気になったのは、水害のその後と、タイの少年たちがみんな救出されたかどうかです。私が知る限りでは、潜水で4人がd0017084_935343.jpg脱出したそうです。
 何でも、働き方改革の一環で、大河ドラマも回数が減るんだそうで、昨夜の「西郷どん」はSPでした。それはかまわないけれど、それでNHKの人の働き方が、楽になるってのF65B.gif先週愛加那の無償の愛に泣いたばかりなので、いささか気が抜けました。
 SPは、ドラマ後半の重要な人物として、坂本龍馬(小栗旬)・桂小五郎(玉山鉄二)・岩倉具視(笑福亭鶴瓶)・勝海舟(遠藤憲一)の分析でした。私は歴史が好きです。でも歴女と言うのはおこがましいので、プチ歴女と思いましたが、それすらも自信無いので、d0017084_9362137.jpgプチプチ歴女位にしておいてください。
 この中で1番好きなのは、もちろん小学生の時に見た大河ドラマ「龍馬がゆく」(北大路 欣也)以来、幕末は龍馬一筋です。歴代の龍馬を演じた俳優は、武田鉄矢―顔似てるし海援隊だけど・・・、真田広之・藤岡弘・佐藤浩市・上川隆也・江口洋介・内野聖陽・玉木宏―どなたも良いせんいっていると思います。が、福山雅治がやって以来、龍馬=福山になってしまいました。今調べたら、映画「龍馬暗殺」では、原田芳雄がやったんですって。見てないF7F5.gif、いや~、チャンスがあったら見たいです。はい、私はプチプチ歴女と言うより、単なるミーハーなんです。
 幕末の志士たちの中で、民の幸せを目指していたのが、西郷らしいです。島流し処分は、大きな影響を与えているのでしょう。あれだけの活躍をしたのに、d0017084_9395670.jpg西南戦争に至るのはそういうことなのでしょうか。
 上野の西郷さんも、桂浜の龍馬も見ましたが、桂小五郎と岩倉具視は、確かに私の中でも今一の印象です。
 たまりすぎて嫌なので、ここ数年前編しか買わないことにしていたガイド本ですが、後編を買ってしまいました。改めて、主な出演者の年齢を拾って見る。鈴木亮平(1983)、瑛太(1982)、青木宗高(1980)、松田翔太(1985)、小栗旬(1982)、玉山鉄二(1980)、いるわいるわ息子と同世代が。あ~、息子達は正に今が旬なのに。活躍させてやりたいねぇ。
 息子達が来てくれた時に撮った写真、当初は1枚家族写真がとれれば良いと思っていたのです。それで1枚だけ、飾っておけるように大きな写真にしてもらいました。キャンパスフォトと言います。念願がかないました。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26973981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2018-07-09 12:02 x
私も子供の頃は大河ドラマ見ていましたが、それは親が見ていたからでした

福山ファンなので、龍馬は見ました❤️

歴女どころか、全く歴史には暗い人です💦

キャンパスフォト
良いですね〜♪( ´▽`)
Commented by こけし at 2018-07-09 12:30 x
お天気にも恵まれ、笑顔はじける最高のファミリーキャンパスフォトの出来上がりですね♪
Commented by nyankai at 2018-07-09 13:47
★姐さんへ
私も親、とくに父が時代劇大好きで、それで見るようになりました。
今回、龍馬=福山から脱却できるかどうか、別にできなくて良いですけど(^_^;)
油絵のキャンパスにプリントしてあるんですよ。

★こけしさんへ
はい、あの日のお天気の良さ、タンポポの黄色、そんなことが思い出されます。
by nyankai | 2018-07-09 09:31 | 映画・テレビ番組 | Trackback | Comments(3)