移調楽器 (7/6)

 こんなに全国規模で雨の被害が出るのは、珍しいんじゃないでしょうか。まだまだ心配です。松本智津夫死刑囚の死刑がd0017084_913183.jpg執行されたそうです。
 この間、サックスを吹く知人と話していて、記譜法の話題にぶち当たりました。ごちゃコンで、私はアルトリコーダーを吹いたのですが、「ソレドシラソファ」と吹かなきゃならない所を、アルトの「ド」はソプラノで言う所の「ソ」なので、音符の下にカタカナで「レラソファミレド」と、ずるい書き込みをしました。サックス人は、最初から楽譜が「レラソ」になっているべきだと主張しました。いや、実際に出る音は「ソレド」なのだから、カタカナは私個人の情けない事情であって、コソッとやることであると譲りませんでした。
 私ができるのは、歌と、下手なピアノと、リコーダーやせいぜいハーモニカ、とても人様には言えやしない程度に吹いたことがある楽器は、フルートとオーボエ(幸か不幸か偶然にもC管)、触ってみたのはヴァイオリン位なものなので、楽譜と出てくる音が一致している体験しかd0017084_9141276.jpg無かったのです。
 中学でブラスバンドをやっていた時、クラリネットの人の楽譜を見て、驚愕した覚えがあります。それは実音ではなかったのです。そういうものであるとは理解しましたが、すっかり納得はしていませんでした。そのせいで、フルートにとってはどんな曲も「B♭」や「E♭」になって、損したような気もしました。
 リコーダー論争によって、今度こそちゃんとわかろうと思いました。ある種の管楽器は、移調楽器と言って、管によって楽譜を書きなおした方が読みやすくなるから、と言うことでした。わかった、それはわかった。
 ついでにわかったことは、リコーダーのアルトとバスは実音で記譜するけれど、ソプラノは楽譜より1オクターブ高い音が出ている・・・あれっ、そうだっけ。こういうのは移高楽器というんだと。そうね、実音だと加線ばかりになって、読みにくいことこの上無しにd0017084_9144683.jpgなるでしょうから。
 弦楽器は移調しないけれど、ビオラはハ音記号を使うことが多いそうです。私が愛する合唱の場合、テナーは4段組みの時はト音記号だけれど、男女2段の時はヘ音記号です。テナーは偉いと思っています。ト音記号のテナーは、実音は1オクターブ下が出ていますね。
 私は絶対音感が無くて、おまけに移動ドなので、移調楽器を受け入れるのはそれほど抵抗ないと思われますが、絶対音感があって固定ドの人は、見ている楽譜と出てくる音の違いをどんな風に感じるのでしょう。どなたか、教えてください。
 ぶち当たった知人とは、議論が白熱し過ぎて、嫌がられました。私はとっても楽しかったのですが、反省F3AD.gif。ここは私のブログなので、思う存分書きました。
 書き落していましたが、午後6時のオルゴールが7月から、「夕焼け小焼け」から「我は海の子」に変わりました。大谷も復調みたいで、良かったわ。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26968190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2018-07-06 11:39 x
思いっきり、相対音感です♪( ´▽`)

楽譜と言えば、ネウマ譜も苦手です
グレゴリオ聖歌の講習会に出て、何だか一回だけで撤退いたしました

もう、手は広げたくないですからね

目下、イタリア語と、シャンソンのフランス語と、語るシャンソン

で、充分です❤️
Commented by nyankai at 2018-07-06 12:29
★姐さんへ
ネウマ譜、大学でかじったような。でもあの頃の楽譜は、装飾されていたいして、美しいですね。
はい、もう手を広げたくはありませんが、新しく分かることがあると、何だか嬉しいんです。
by nyankai | 2018-07-06 09:10 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)