楽さしてもらいました (7/4)

 午前9時、日がさしていますが、台風も来るらしいし、この天気何とかなりませんかね。チューリップを掘り上げようと思ったけれど、まだ緑色だったのでもうちょっとと思っている間に、連日の雨の中すっかり枯れていたので、昨日決行。そうしたら、いくつかの球根がグシュグシュ腐り始めていました。失敗でした。もう少し早くに掘り上げるべきでした。雑草は抜いておくだけでは、又根が付いてしまって、d0017084_9182783.jpg枯れてくれません。
 ごちゃコンが終わって、やや不思議な気分です。去年は全力投球出来なかった不満が残りました。今年も失敗は多々ありましたが、悔いが残るのではなくさわやかな気分です。でも、逆に目いっぱいやって燃え尽きたのでもないのです。思えば、今年はずいぶん楽さしてもらいました。当日の体調は、良くはありませんでした。何かに夢中になっていればだるいのも忘れる等の軽さではなく、本当は座っていたい、許されるなら横になりたいほどのレベルでした。でも、d0017084_9202498.jpgそれ以上に楽しかったのです。
 開演中の出番以外は、けっこう座っていました。自分自身に課した仕事もほとんど無かったし、私が何かしなくたって、ごちゃコンは無事進行して行くという、妙な安心感がありました。それは当日だけではなく、もっと前からありました。
 体調の悪さを自覚してから、3回目のごちゃコンでした。一昨年は一過性の具合悪さだと信じて疑っていませんでしたから、それこそしゃかりきにやって、それが空回りになって、結果かなりショックなことがありました。今でもd0017084_9215915.jpg100%納得できてはいませんが、今後の事を考えたら、心の底にしまい込むのが、場合によっては1番良いこともあるのです。去年はそれに懲りたのや、具合の悪さにやや絶望しかけたのや、あれやこれやがバランスを失って、がんばった自分を認めてやれなかったのです。
 「慣れ」と言うのは、良い意味にも悪い意味にも使われます。「要領良く」もそうでしょう。私達は、良い意味で慣れ、要領良くなりました。メンバーは若干入れ替わっていますが、石の上にも9年ですよ。やらなければならないことは、自分から手をあげられるようになっています。人数が少なくたって、ごちゃコンに求めているものがみんな同じ訳がありません。その違いを感じながらも、許容範囲を見いだすことに慣れたのです。そうか、私が具合悪いことにも、他のメンバーが慣れてくれたのかもしれません。
 でも音楽そのものには、慣れたくはありません。良いことは続けますが、毎年一つはB.Bオーナーに「いや~、参ったね」と言わせたいです。来年は10回記念のごちゃコンだしね。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26964063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2018-07-04 12:35 x
歌うときは新鮮な気持ちを忘れたくありませんよね

お店で歌っている歌手の場合は、本人が慣れすぎていて、聴いていてもそれが伝わってくることがあります

それはとても怖いことだと思うのです
Commented by nyankai at 2018-07-04 17:00
★姐さんへ
息子が演劇をやっていることは知ってもらっているでしょうが、台詞は練習に練習を重ねているけれど、(相手のセリフを)はじめて聞いたように話すのでなければならないんですって。
コンサートツァーとか、ロングラン公演とか、そういうことができる人たちって、すごいと思います。
by nyankai | 2018-07-04 09:17 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)