人気ブログランキング |

ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださいましてありがとうございます

バスタオルは乾燥させれば問題無い件 (6/27)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.9まで、あと3日060.gif
 天気予報が当たり、荒天です。梅雨前線が北海道にかかっているなんて、ひどい。
 お勧めされた美容室、残念ながら30日はいっぱいでした、さて、これから新規開拓も面倒だし、記念撮影の時に美容師さんがしてくれたd0017084_9145418.jpgアイロンとヘアピンの手際は何となく覚えているので、自分で試してみました。もう1回位事前練習したら何とかなるんじゃないでしょうか(すっぴんですいません)。後は、超ハードなセットローションとスプレーを用意すれば、で、これを買った。前髪をもう少しバブリーにかな。
 d0017084_9171010.jpgたまに見るのですが、「偉人たちの健康診断」。前回は「森鴎外」が潔癖症な話しでした。ネット上でも良く話題になっていますが、バスタオルを毎日替えるかどうか問題が、話題になっていました。私は親の代から毎日は替えないので、息子もそういう風に育ちました。Yちゃんは替えるので、結婚した当初、息子は驚いていました。
 番組には医者がコメンテーターとして出ていて、使った後乾いてしまえば何の問題も無い、毎日替える必要はないと答えていました。ほらね、替えないことを非難される筋合いはないのです。じゃ何日かってF65B.gif、それは黙秘しますF6C0.gif。むしろバスマットとか、キッチン&洗面所のタオルが気になります。あれは、すぐに乾き切るとは限りませんね。一人暮らしの私は、使うのが私だけなので良いですが、複数の人が使うと思うと、こちらの方が毎日取り換えたいです。歌会の時の洗面所タオルは、d0017084_9174715.jpg前後で取り替えます。
 今日は、ハカセジロウさんのヴァイオリンソロ曲の紹介です。
 ☆「カサドのセレナーデ」
 ☆「アレンスキーのセレナーデ」
紹介したは良いけれど、全然解説が書けません。生徒さん情報によると、ジロウ先生はバッハ等の古典的な曲よりも、情熱的な曲が好きなのだそうです。「セレナーデ」というのは「夕べ時に男の人が恋人の窓辺で歌う“愛の歌”」ですよねぇ。アンコールが来たら(来ることになっている)、それもナントカのセレナーデだと言うので、みんなで「お願いですから、アンコールは誰でも知っている曲にしてください」と懇願しました。それで
 ☆「タイスの瞑想曲」―ジュール・マスネが作曲した歌劇『タイス』(1894年)の第2幕第1場と第2場の間の間奏曲。その甘美なメロディーによって広く知られています。
に落ち着きました。めでたしめでたし。
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26946295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2018-06-27 09:41 x
甘美なメロディで、パッと思い浮かぶのは、フォーレのシシリエンヌです❣️

札幌も大雨
一日中降るかなぁ
Commented by nyankai at 2018-06-27 11:36
★姉さんへ
庭の木々がワサワサと揺れています。
フォーレのシシリエンヌ・・・あ~、甘いですねえ。
「タイス」も「シシリエンヌ」も、本田美奈子ちゃんが、歌詞を付けて歌っています。楽譜も持っています。後は歌うのみなんですけどね(~_~;)
Commented by 姐さん at 2018-06-27 11:57 x
シシリエンヌは、歌声がない方が素敵だと感じます

歌詞のないまま、感じた方が良いかなぁと❣️
Commented by nyankai at 2018-06-27 16:39
★姐さんへ
確かにね、歌詞が付いてしまうと、それに縛られますから。それしか見えなくなりますからね。
でも、岩谷時子さんが書いた詩、なかなか良いんですよ。「風に散る花びら ノートにはさんで」で始まります。
↑の漢字間違えて、すみませんでした。いつもちゃんと変換してくれるのに・・・(;_:)
by nyankai | 2018-06-27 09:12 | 暮らし | Trackback | Comments(4)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださいましてありがとうございます


by nyankai