シバの女王 (6/16)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.9まで、あと14日060.gif
 毎日寒くて、嫌になってしまいます。体調もけっこう悪いです。そうは見えないかもしれませんが。去年の今頃と違うのは、病名が分かっていること、そのための薬を飲んでいること、だから気持ちが落ちていないこと、なのですが、d0017084_944227.jpg本当は辛いんだなこれが。
 米朝首脳会談の様子を伝える、北朝鮮の記録映像をちょっと見ましたが、肉声が全く入っておらず、いつもの女性アナウンサーの力技ナレーションの流れるBGMが、何と言うか突飛で、意図がわからずにいます。
 最初に気付いたのが「恋は水色」なしてF65B.gifと思っているうちに「赤い川の谷間」もあったように思います。ちまたで騒がれているのは「シバの女王」です。高校生の頃かしらねぇ、流行ったのは。学校祭でどこかの展示で使っていたのだけれど、自分のクラスだったのか違うのか(たぶん違う)、何の展示だったのか(少なくともお化け屋敷ではないだろう)、それすら覚えていません。でも曲だけは強烈に残っています。「ポール・モーリア」だとばかり思っていたのですが、検索した限りでは「レイモン・ルフェーブル」の方でした。
 後に、「グラシェラ・スサーナ」が歌うバージョンを知りました。なかにし礼が訳した日本語の歌詞もあります。「ペドロ&カプリシャス」が歌っています。姐さん、「高橋真梨子」ですよ~F65A.gifその頃は、なぜかインストで感じていたことと、歌詞のニュアンスがいささか違う気がしました。いえね、「女王」と言う言葉から、もっと大河ドラマ的な歌詞を想像したのかもしれません。d0017084_9443841.jpg子供だったのね、私。
 小学校の音楽専科をしていた時、学芸会の器楽合奏でもやりました。自腹切ってシンセサイザーを買って、あの印象的なイントロの音を作ってみたり、確かに若くて夢中だったんですね。もちろん全員が、とは言いませんが、子どもたちも私も、キラッキラF37E.gifしていました。
 学校祭で、さらに虜になった曲が「二人の天使」です。「ダニエル・リカーリ」のあのダバダッです。こちらはスキャットだから、歌詞が付けられることは無いでしょう。いつかこれを歌うのが、私の夢です。いつかって、いつなんだ。もう私には、あまり歌える時間は残っていないのにね。
 昨日の夜は歌会でした。参加者はいつものレギュラーメンバーのみでしたが、その分落ち着いてできました。具合が悪いのだから仕方ないのですが、夢中・・・にはなれていないです。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26902831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2018-06-16 11:02 x
はいはーい🙋
知っていますとも♬
ペドロ&カプリシャス時代からのファンですからね〜❣️

しかしあの国の映像には合わない!
全く合わない!
どこまでもセンスがないですよね!

私、レイモンルフェーブル、何度か聴きに行きましたわ
エレクトーンには欠かせなかったですもんね
フレンチポップスは♪( ´▽`)
Commented by nyankai at 2018-06-16 12:27
★姐さんへ
you tube聴いてみました。高橋真梨子が歌うと、ドロドロしなくて良いんですよね。
ほんと、どうして子の選曲、あっけにとられましたもの。
私達、フレンチポップスの洗礼も受けているんですね。
by nyankai | 2018-06-16 09:31 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)