チョクちゃんKamere! (5/13 母の日)

 息子達がいてくれてるのに、昨日はほぼ1日家を空けました。今まで何も我慢せず、やりたいことをやって来た私ですから、ファーチレに行くのはd0017084_043584.jpg当たり前です。
 ファーチレの今もメンバーだと、私は認識しているチョクちゃんが、ドイツ留学から帰国して、ボイトレと言いましょうか、バッハのミサの「Cnm Sanct Spiritu」を教材にして、指導してくれました。
 歌う時は、頬骨から下腰の上までは、仕事しないのだそうです。頬骨はガチガチに力が入ってはいけないのですが、Kamere!、発音はカマーラ!に近く、何でも「お菓子ちょうだい!」みたいな意味なんだそうで。これをハイテンションで言うと、頬骨や喉は開きます。
 日本語の歌詞を歌う時とは違い、ラテン語の定番ですから、発音よりも発声を優先し、ややあいまいになっても良いからハープをはじくように歌い始める。メリスマは、すべての音を完璧に歌える歌手はもちろんいるけれど、自分にそれを求めてはいけないと、はっきり言われました。d0017084_9362310.jpgはい、当然です。タイを気真面目に伸ばすとどんどん遅れて行くので、1拍目は意識して休符にしてしまう位の工夫が必要。フレーズの終りに頬骨は閉まってしまい、苦しくなる。
 ソプラノの、特にたまに声の跳躍がある時は、頬骨をキープと同時に、腰を下目に引っ張るように、軸を作ってやると良いとか、とにかくなるほどと思えることばかりで、まだ出来ていますよとはとても言い難いですが、目指すものが明確化されました。ミサとカンタータの歌い方の違いも納得。だって、教えてもらう後と前では、私ごときが聴いても、上手くなっていましたもん。
 「スタバ」の8番、白羽の毒矢ソロは、正直行き詰っていたのです。もしかしてこれで、いくらか毒が回ってきてくれたかもしれません。いくつになっても気付きがあり、d0017084_937590.jpg進化できるんだ、たとえパーキンソンでもね。チョクちゃんありがとう。
 ポニーの仔馬は、まだ至近距離で見れていません。今日こそ見よう。息子の靴があまりにボロかったので、買うように指令を出していたら、笑美ちゃんとおそろいの赤い靴を買っていました。笑美ちゃんが初めて、自分から私の手をつないでくれました。息子の1歳半位のテープが残っていました。「さっちゃん」や「パタパタママ」を歌っていますが、笑美ちゃんと声が良く似ています。
 今日は午後歌会。昨日学んだことを、皆さんに伝えられたら良いのですが。
 PS:来てくれことで十分母の日だと思っていたのに、さっきプレゼントもらいましたF6A8.gif
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26777922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2018-05-13 11:09 x
収穫ですね( ´ ▽ ` )ノ
そういう日は素敵な1日ですわー♬

可愛い靴

私も息子が初めて履いた靴はとってあります
Commented by nyankai at 2018-05-13 12:06
★姐さんへ
はい、とても腑に落ちたのです。すばらしい演奏家と言うのは、すばらしい指導者でもあるんですね。
私も息子の最初の靴は、とってあります。
by nyankai | 2018-05-13 09:32 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)