44年前のこと (4/17)

 It's fine day. 今日は父の命日です。過去のブログをさかのぼったら、5年前に父の死んだ日のことを書いていました。でももう1度書いてもd0017084_935312.jpg良いだろうと思います。
 44年前、1974年(昭和49年)の春、私は大学に入りたてでしたが、学生課に呼ばれてだったか、寮に電話がかかって来たのか覚えていませんが、すぐに家に帰る様言われました。折悪しく国鉄がストライキ中で(誤解してもらっては困ります。私は労働者の味方です。必要ならばストライキをしましょう)、その時労組が無かった軟弱な中央バスに乗って、札幌へ出て、苫小牧まで行って、その先はどうしようもなく、母に連絡したら、タクシーで帰って来いと言われ、そうしました。父の容体は限界だったのです。
 すぐに病室に向かいました。その時はやっていた、厚底の靴を履いていた私を見て、父が「変な靴だなぁ」と言ってほほ笑んだのを覚えています。父の言葉は、それが最後でした。苦痛を和らげるために、モルヒネを投与してもらっていたので、意識は混濁していました。家族で病室に泊まり込み、翌朝早く、父は亡くなりました。
 人一倍丈夫だった父が、胃の不調を自覚して病院に行った時は、すでに末期がんでした。都会の大病院にいてももう手の施しようもなかったので、地元の病院がよかろうと、町の国保病院に入院していました。やや重い胃潰瘍だと言うことにして。病室の窓からは、自分の勤務先の小学校の新校舎が出来て行くのが見え、そこに復帰するのを楽しみにしていました。
 その34年後、病院の建物自体は替わっていましたが、全く同じ景色を、母と同じように、いっちゃんの病室から見ることにd0017084_9365282.jpgなるとはね。
 4月はほとんど大学に行った覚えが無く、一息ついて、何かの用で学生課に行くと、職員が「もう戻って来れないんじゃないかと、心配していました。大学続けられるんですね、良かったですね」と、喜んでくれました。
 弟がまだ小さかった頃は、良く父が私を連れて、自分の兄弟の所などに遊びに行きました。伯父伯母や従兄達と歩いています。昭和36年のこと。親戚が集まっている模様なので、祖父の法事でもしたのかもしれません。私はくたびれたとわがままを言い、花を手に持って、父におぶってもらっています。きっと、とっても嬉しかったんだろうなぁと思います。息子がだんだん、父にそっくりになってきていて、この写真が数年後の息子と笑美ちゃんになるんじゃないかと、楽しみです。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26669470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2018-04-17 10:19 x
早くにお父様を亡くされましたね
私の友人も2人、大学時代にお父様が亡くなりました

私は27歳の時でしたが、父は55歳
早すぎです

でも見守っていてくれているのですよね

きっとニャンカイさんのお家のどこかにいらっしゃいますよ
お母様も、いっちゃんも、みんな( ´ ▽ ` )ノ

Commented by nyankai at 2018-04-17 16:50
★姐さんへ
父は47歳でした。
弟はまだ中学生でしたから、かわいそうでした。
母が必死でがんばって、大学を続けさせてくれました。
Commented by madeleine_lee at 2018-04-25 22:30
はじめまして^^
ほかの方のブログからふらっとやってきたのですが、こちらの記事が気になり、最後まで一気に読みました。

お父様のさいごのお言葉、じいんときます。
お父様のために、ご家族のために、そして自分自身のために、その後精一杯大学時代をお送りになったのではないかと思います。
Commented by nyankai at 2018-04-25 23:53
★madeleine_leeさんへ
ようこそ、おいでくださいまして、ありがとうございます。
寝る前にちょっとと思い、ブログをチェックして、コメントを発見しました。何と嬉しい事。
苦しい生活の中で、母が大学を続けさせてくれました。私は音楽を勉強することができて、そして今の私がある、と思っています。
by nyankai | 2018-04-17 09:34 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(4)