ダリと私の老いじたく (4/12)

 これも、割と最近出た本です。獣医師の壱岐田鶴子さんが書いた「ネコの老いじたく」です。去年マコを、一昨年ネギを失って、ダリが今直面している問題がd0017084_963899.jpgあります。
 ダリと出会ったのは2001年のこと。仔猫時代を見ていないので、断言はできないのですが、少なくとも18歳にはなっていることになります。野良猫なので、お世辞にも清潔とは言えませんでしたが、モフモフした正体不明の動物が、ベランダを訪れるようになり、ネギが盛んに気にしていました。「お前は、ダリだF65B.gif」と、呼んでいました。ある時、寒い空気が入ってきておかしいなと思ってみると、カーテンの陰におびえた様なダリが、丸く固まっていました。私がベランダの引き戸にカーテンを挟んでしまっていたのを、ネギが一生懸命に開けて、ダリを招き入れたのだと思いました。
 ダリは、家の子になりました。ちょっとして、お腹が膨らんできたのがわかり、かわいそうでしたが、始末しました(4匹いました)。その後、マコも加わって、ニャンコ座には3ニャンが賑やかに暮らしていました。
 超人見知りのネギと、良いヤツマコに対し、ダリは雌猫らしいクールな猫でした。特にここ数年は、老いて様々な問題が起こったネギと、病気になったマコの陰で、文句を言う訳でもなく、マイペースでした。おてんば過ぎて、良くない物を食べて吐いたとか、d0017084_975386.jpgたぶん2階から落ちて鼻血を出したとか、肛門膿炎になりやすいとか、一昨年ハンストみたいになって心配したとか、もちろん色んなことはありましたが、ダリは大丈夫と思っていました。
 今1番の心配は、この所食が進まないことです。少しずつ、痩せてきています。腎臓は弱ってきていますが、何より歯周病が問題です。ぐらついた歯は抜いてもらったのですが、歯石が付いた歯がまだ頑丈で、年齢を考えると麻酔をかけるのは危険で、様子見中です。歯が痛いのかもしれないということで、かわいそうで、申し訳なくてたまりません。ネギもマコも適当に歯が抜けてしまったので、とりたてて歯で苦労しなかったのです。ダリ、ごめんね。もっと歯のことを気にしてやらなくちゃいけなかったんです。
 あとどれ位一緒にいられるかどうかわかりませんが、1匹になってから甘えっ子になった(それも老いの現象らしいけれど)ダリが、穏やかに暮れせる様、最善を尽くしたいと思っています。
 私も食欲無いので、本当はダリと私とで、このまま何もしないで、消えてなくなれれば良いなぁと思うのですが、それじゃ息子達がかわいそうだね。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26655661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2018-04-12 11:26 x
うちのミルも、このところ甘えっ子になってきました

数年前から痩せてきましたし、最盛期は5.6キロでしたが、今は3.8キロです

1日も長く生きていて欲しいです
Commented by nyankai at 2018-04-12 15:47
★姐さんへ
ダリは元々4kgをちょっと切る位ななものでしたが、今は3kgちょっとです。本当は、腎臓セレクションのカリカリを食べなくちゃならないのですが、色々おやつとか高カロリー缶詰とか、試しています。
今日は私もラーメンを食べました。
by nyankai | 2018-04-12 09:03 | | Trackback | Comments(2)