リテラシー (4/5)

 大谷君、スリーラン打たれたことのお返しとばかり、スリーラン打っちゃうなんて、3安打だし、ま~、すごいわと、親戚の子みたいに嬉しいF3A7.gif「くっそ 冷たー」も良かったね。今朝起きたら、また打っていたもね。
 息子が嘘講座日記に書いていた「リテラシー」と言う言葉、何となくしか認識していなかったのですが、もしかして間違っていたら恥ずかしいと思って(だってさ、私が若い頃は、周囲にはこういう言葉ははやってなかったもん)、再度確認しました。リテラシー=読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力 d0017084_9135696.jpgでした。
 少し時間が経ったので、そろそろ書いておこうかなと思うことがあります。きっかけは忘れてしまいましたが、楽しく交流させていただいていたブログがあったのですが、私のあるコメントが原因で、そのブロガーさんを怒らせて、絶縁されてしまいました。私としては、あまりに思いがけないことで、大大大ショックF7F5.gifでした。
 その日のブログに対し、100%共感して書いたコメントなのに、180度、真反対の意味にとられてしまったのです。1つ目がそうだったので、必死で言い訳を書いたら、ますます火に油を注いだ形になってしまったのです。どこをどうやったら、こんな風な解釈が成立するんだろうと、混乱しました。
 「2度とコメントするな」と激しく書かれてしまったので、それ以上打つ手がありません。目の前にいて直接話していたのなら、絶対に起こり得ないトラブルでした。今の体調とメンタルで自分をなだめるには、あ~、この人は読解力が無いから、私の文章が理解できなかったのね、仕方ない。ここでわかって良かった良かった、と思うしかありませんでした。まちがっても私の書き能力を反省してはいけない、自分を責めてはいけないと思いました。私は全く悪くない。その上で、体験自体を削除する。今日は、その後始末だということで。
 昨日ある新聞コラムに、人格と行動を分離することを覚えたら、人を責める気持ちがなくなったとありました。違う意見も、理由を聞けばそこから学ぶことは大きい、相手が正しいと思ったら意見を変えれば良いと。その通りだと思います。でも、どんな時でも責めない、自己主張しないというのは、やっぱり違うような気がします。この間、ヤマザキマリさんのことを書いたばかりだし。もちろん、書くと言うことが、時として意に反して人を傷つけることもあるのを覚悟した上で、私自身のリテラシーは、これからもしっかり磨きたいと思っています。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26636674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2018-04-05 10:56 x
文章からは、その人なりの読み取り方になってしまうのでしょうね

話しているなら、表情や語感などから全く違ったものになりますもんね

私はさっき、思いっきり失言してしまいました
でも弁解はしても墓穴を掘りそうだったので、何故そう思うかの理由を述べましたが(◞‸◟)
Commented by nyankai at 2018-04-05 15:58
★姐さんへ
コメントありがとうございます。
そうなんですよ、お茶でも飲みながら(ビールでも良いけど)話していたのなら、絶対になりえなかった状況です。
「失言」ですか。たまには良いのではないでしょうか。弁解しなかったのは、賢明だったと思いますよ。
by nyankai | 2018-04-05 09:08 | 心もよう | Trackback | Comments(2)