生きてるだけで大仕事 (4/3)

 二日間も嘘に付き合っていただきましたが、今日は嘘は無いですよ~。
 ここの所ちょっと気になるのが、何となく食欲が今一なこと。お腹がすきにくく、すいても食べたい気がしないし、食べてもあまりおいしいとか、嬉しいとか感じないのです。薬のせいなのか、気持ちの問題なのか。微妙に痩せて来て、困っています。ランチd0017084_93125100.jpg誘ってください。
 ある子ちゃんが、漫画を貸してくれました。F465.gif「夜廻り猫」の1・2・3(深谷かほる)です。なぜ唐突に漫画を貸してくれたのか、釈然としませんでしたが、読み始めてすぐに理解できました。夜廻り猫の遠藤平蔵と片目の子猫重郎が、泣きたい人、時に猫同士を癒してくれる、8コマ漫画集です。基本、悪意は登場しません。
 出てくる人間は、どこにでもいる普通の人達で、良くありがちな辛いシチュエーションもありで、遠藤と重郎は、「泣く子はいねが~」と、見守っていてくれるのです。たいていはただ話を聴く、ご飯を炊き一緒にかつぶしご飯を食べることもあります。泣いていた人も、それでぬくもります。ダリと一緒に、猫まんまが食べたいと思いました。
 生きる目的がわからない、自分は何も役に立っていないんじゃないか、色々考えてしまいますが「生きているだけで、それが大仕事だ」と書いてありました。朝、目が覚めたら、とりあえず今日も1日生きてみようかと考える、何もできなかった日の寝る前には、今日も1日生きて来た私、それだけで良くやったと褒めても良いのかもd0017084_9373574.jpgしれません。
 2巻に、都会に住む男(たぶん色々上手くいかなくてお金が無い)が、最後の百円で、公衆電話から地方の母親に電話をかけ、「元気にやっている、心配いらない」と精一杯の嘘をつく。その公衆電話と遠藤が「あの子は大丈夫」と話す、というのがあります。嘘って、やっぱり大切です。嘘をつくなら全力でつく。騙されてやるのも大切だし、でも気付いて、最後の最後に手を差し伸べるのも大切。結局今日も、嘘の話題が出ましたね。
 ある子ちゃん、良い本を貸してくれて、ありがとうございます。ある子ちゃんが、私の夜廻り猫さんだったんですね。もう少し、貸しといてください。夏には4巻が出る予定だそうで、楽しみです。重郎が、いつまでも大きくなりませんように。
 4月になると、夕方のオルゴールが、5時から6時に変わります。1日に何となく違和感があったのですが、昨日その原因がわかりました。音楽も「新世界2楽章」から「夕焼け小焼け」F34D.gifに替わっていたのです。どちらも好きなので、それはそれで良いですが。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26631008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2018-04-03 12:47 x
夜回り猫、私も読んで見たいです

今、老人福祉センターの合唱講座初回に来ています

病院以外の久しぶりの外の空気です♬
Commented by nyankai at 2018-04-03 16:35
★姐さんへ
合唱講座、お疲れさまでした。皆さん、喜んで歌っていたことでしょうね。
「夜廻り猫」、ぜひ読んでみてください。
Commented by こけし at 2018-04-04 08:01 x
どこかで誰かが自分のことを想ってくれている…
生きていくうえで大きな力になることの一つだと思います。
Commented by nyankai at 2018-04-04 10:37
★こけしさんへ
お帰りなさい。
誰かがどこかで想っていてくれる・・・を感じたいですよね。
by nyankai | 2018-04-03 09:28 | おはなし | Trackback | Comments(4)