ダリ大いに語る (2/22)

 女子パシュートの皆様、金メダルおめでとうございますF647.gif 手に汗握ったわ。幕別の皆様も、さぞお喜びでしょう。準決に出た菊池さんが、レース後泣いていました。色んな思いがあったのだろうなぁ。
 今日は、ニャンニャンニャンの日なので、特別にダリに書いてもらうことにします。
 みにゃ様、おはよう、ダリです。去年の夏から、ここの主と寂しい2人暮らしににゃってしまいましたが、それにもにゃんとか慣れてきました。あたしはたぶん、2000年生まれだと思うのですが(すごいね、20世紀生まれの猫だよ、人間に換算すると80代後半です)、猫の世界も女の方が強いのか、d0017084_9503591.jpgネギちゃんも年下のマコちゃんもパパの側に行ってしまい、具合の良くないママに寄り添って、毎日食っちゃ寝生活を楽しんでいます。
 さすがのあたしも、若い頃のように、好奇心旺盛に騒ぎを起こすことはめったになくなりましたが、大きな問題は無く元気です。体重は若い頃より減り、年なりに腎臓が弱ってきているのと、歯周病があることと、ほら、ゴージャスな毛を飲みこんでしまい気持ち悪くなることがあることとやや便秘気味なのと、たまに肛門嚢炎ににゃってしまうことがあるから(十分問題あると思うけど)、ママが気を付けてね。
 あたしが食べているカリカリは、腎臓サポートセレクションです。けっこう高いよ。お楽しみは1日1回の、チュ~ルおやつと、おちょこにもらう牛乳です。加湿用のコップのお水を飲んでしまうのも、好きです。
 思えば、まじょ子町で、いつもあったかいお家の中から、外を見ているネギちゃんを、ガラスのこっち側でうらやましく見ていました。ある寒い日ネギちゃんが、カーテンが挟まっているガラス戸を一生懸命に開けて、あたしをお家の中に入れてくれました。怖くて固まっていたけど、d0017084_9522863.jpgパパとママは、ネギちゃんにお友達がいた方が良いと、そのまま家猫にしてくれました。又少しして、良いヤツマコちゃんも、家族になりました。
 ニャンコ座に越して来て、5人で賑やかに暮らすつもりだったのに、パパが病気で逝ってしまい、ネギちゃんが大往生して、マコちゃんも病気といっぱい戦って、きっと幸せに死んでいきました。あたしはもうしばらく、ママを支えて行くつもりだから。
 先週ママは、2―22のナンバープレートを見つけたと、喜んでいました。きっと猫が好きににゃ人なのでしょう。上の写真は、10年前の使い回しです。あたしも若かったわ
←そだね~
 大杉漣さんが亡くなりました。相棒を見ていた時、たまたまチャンネルを変えて知ったので、驚きました。漣さん、エキブロだったんですね https://zaccoe.exblog.jp/
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26507985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sheri-sheri at 2018-02-22 17:34
今日は。沢山の素敵なお話をありがとう。にゃん子さん。お母さんを支えるため元気で生きてね。お母さんによろしくね。
Commented by 姐さん at 2018-02-22 18:11 x
ネギちゃん、優しいですねー
窓を開けてあげるなんて( ´ ▽ ` )ノ

ニヤンカイさん宅の一員で幸せです


私も早くうちのニャンズに会いたいな
Commented by nyankai at 2018-02-22 19:48
★sheri-sheri さんへ
コメントありがとうにゃん。
はい、ママと仲良く暮らして行きます。 
      ダリより

★姐さんへ
本当に、ガラス戸が少し開いていて、ダリがうずくまっていたんです。びっくりしましたが、ネギは入れてやりたかったんだと思うのです。
ニャンズたり、姐さんのお帰りを、待ち焦がれていますね。もう少しですよ。
by nyankai | 2018-02-22 09:47 | | Trackback | Comments(3)