山中先生あなたは希望です (2/13)

 原君、美帆さん、沙羅ちゃん、メダルおめでとうございますF647.gif。夏のオリンピック種目は、タイムも距離も関係無しだと、走ることと泳ぐことはできますが、冬の種目はできるものがありません。子供の頃スピードスケートにのった位です。
 「僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう」というタイトルで、京都産業大学での永田和宏さんが企画した講演・対談シリーズ「マイ・チャレンジ 一歩踏み出せば、何かが始まる!」を本にしたものですd0017084_948068.jpg。山中伸弥さん・羽生善治さん・是枝裕和さん・山極壽一さん(日本の霊長類研究の第一人者)が登場します。すべての方の感想をかけたら良いのですが、ここは今私の切羽詰まった問題に触れる、山中先生の部に絞ります。
 山中さんの家は町工場だったそうで、お父様は作業中の事故がもとで、急にではありませんが、亡くなったそうです。そのお父様の助言で医学部に入り、ご自身もラグビーをやっていてスポーツ医学に興味を持ち、整形外科医になりました。でも手術が下手で(本当です)、臨床医ではなく研究者を目指したのだそうです。
 渡米して研究して、ES細胞に出会った時、ご自分の研究が人の役に立つと考えました。その中に、パーキンソン病が入っています。でもES細胞は、ヒトの受精卵から作るので、政治と宗教のトップに反対され、その課題を克服しようとして出来たのが、iPS細胞なんですって。iが小文字なのは、2006年当時流行っていたiPodを真似たそうです。
 アミロイドーシスでだめになってしまったいっちゃんの腎臓と心臓を、山中さんに作り直してもらいたいと思いました。間にあわなかったけれど、今は私の神経細胞を修復してもらいたいと、切に願っています。
d0017084_9494740.jpg 息子がいっちゃんの命日に書いた文章がとても良いと思ったので、私にできる範囲で答えたいと思いました。息子よ、読めよ。題して「いっちゃんのなぞ解きコーナー」
 Q.子供や子育てというものをどう考えていたのだろうF65B.gif
 A.本音がどっちだったのかは、私にもわかりません。私が、自分の子どもってどういうものだろうかとても興味があると言ったら、喜んで大賛成してくれました。息子は叱られてばかりだったと思っているようですが、それはそれはかわいがっていました。私が仕事をやめたので、おむつ換えとか離乳食作りとかはほとんどしませんでしたが、いつもお腹に乗っけて寝ていたし、話しかけていたし、歌も歌っていたし。
 いっちゃんには5歳下の妹がいますが、働いていたお母さんに代わって、良く面倒を見ていたそうで、義妹はいっちゃんはとても優しいお兄ちゃんだったと、今も変わらず慕っています。又、小学校の先生としても、「ゲボとおしっことウンチが怖くて、小学校の先生なんかやれるもんか」と、低学年を積極的に受け持っていたし、A子さんの子どもがちっちゃかった頃も、3人まとめてかわいがっていたので、子どもは大好きだったはずです。だから、笑美ちゃんは離れていても、毎日目の中に入れて歩いていると思います。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26464189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nyankai | 2018-02-13 09:46 | おはなし | Trackback | Comments(0)