雛人形の用意 (2/3 節分)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 針仕事が済んでしまったので、昨日は不十分だった雪かきを少しと、発掘作業をちょっぴりしました。この頃は夕方調子が悪くなるのが多いですが、昨夜は腕の付け根、脚の付け根付近が辛くなってしまいました。
 昨日書きかけた、雛人形を用意するのは誰かについて、母親方の親が用意するのが一般的とのこと。反発するのは簡単ですが、それには深い訳があったそうです。昔は、結婚は嫁入りであり、d0017084_9124335.jpg嫁側の両親は、祝い事にかこつけて娘に会いに行くしかなかったから、という説がどうやらそのいわれのようです。知識としては、知っておいた方が良いですね。
 父も母もお金持ちの実家ではなく、幸いにそんな面倒なことを言う人もいなかったので、ニャンコ座にも幾度か書いた様に思いますが、両親は私のために、手作りの雛人形を用意してくれました。手先の器用な母と絵が上手い父は、きっと楽しくその作業をしてくれたと思います。全く不覚でしたが、カメラなどありませんでしたからその写真は無く、いつの間にか人形は処分されていて、いくら悔やんでもF46C.gif、私の記憶の中にしかありません。
 豪華七段飾りを単純に羨ましくは思いますが、一般的な家庭では何年か後にはもてあまし、実家に返されてしまっている例を、たくさん知っています。だから息子達は、自分たちが良いと思ったようにしてほしいです。助けがいるんだったら、言ってよね。
 タペストリーは壁にかけてくれても良いし、d0017084_9145121.jpg床に敷いて笑美ちゃんが座ってくれても良いです。幸いに内裏雛と桜と橘のぬいぐるみもプリントされていたので、立ちやすいように厚紙を入れた底を付けました。綿が入っているだけなので、握ろうが、かじろうが、ぶん投げようが、問題ありませんF3A8.gif。お雛様ごっこをしてくれれば最高です。笑美ちゃんは、内親王様だしね。
 1年前に、笑美ちゃんに会いに行ったきりです。本来の予定日は1月下旬だったから、新生児みたいなものでした。泣き虫さんだった(今もかF65B.gif)笑美ちゃんを抱っこしていると、何度も虫笑いをしました。そのかわいらしい顔は、今でも頭に焼きついています。初節句ではありませんよ。去年は虫笑いしかしなかった笑美ちゃんが、今年はお雛様を見て笑ってくれれば良いなぁ。早く会いたいなぁ。
 今日はファーチレなので、大丸のチョコレートF451.gifプロムナードに参戦。息子にチョコを買って、近日中に一緒に送りましょう。大人になってから自分のために買って作った私の木目込みお雛様は、立春の明日出そうと思います。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26412402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nyankai | 2018-02-03 09:09 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(0)