強めのキルティングが好き (2/2)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 1月中旬まではほとんど雪もなく、このままからぶりの冬に終わるんじゃないだろうかなどと、甘いことを考えていましたが、そんなことあるわけ無いじゃないですか、でした。今朝は、東京都心も戦々恐々って所だったでしょうが、大積雪にはなっていませんね。昨日のニュースだと、あらかじめ塩カルを撒いたりしていたようです。d0017084_9515571.jpg全国ニュースでは「雪をかくスコップ」と言われているあれ、私達は「雪かき」と呼んでいますが、どうなんでしょう。雪かきは、英語でショベルザスノウと言うみたいです。
 昨日はヨガと雪かき(道具も行為もそう呼ぶ)で、けっこうばてていました。やったことと言えば、笑美内親王様のお雛様🎎タペストリーが、出来上がりました。雛人形は母親側の親が用意するらしい(こういうしきたりは嫌い、できることなら逆らいたいけれど、この点については、明日書きます)ので、私はお邪魔にならないように、大好きな針仕事でできるタペストリーを用意しました。d0017084_952113.jpg1月17日のブログ→ここ に写真を載せた、プリントしてある生地に、キルト綿と裏地をあてて、チクチクしました。
 パッチワークのたくさんの作業の中でも、特にキルティングが好きです。中指に皮の指ぬき、親指にゴムの滑り止めをします。裏からも刺すアップダウン式は苦手なので、左手に金属のシンブルははめません。1枚の平たんな布地が、キルティングによって立体感が出るのが、エキサイティングじゃありませんか。だから私は、d0017084_953105.jpgどちらかというと強めのキルティングが好きです。ポコポコ浮きあがる位が良いので、でき上がり寸法は、微妙に縮んでしまいます。
 でも好みって不思議なもので、あるパッチワーク好きな知人はそれが嫌いで、できるだけ糸目が沈まないよう、ゆるくかけるんだそうです。さらに、キルト綿も裏表を逆にして使うのだそうです。初めて聞いた時は驚きましたが、なるほど、パッチワークに正しいor間違っているは無いのだなぁと、改めて勉強になりました。
 強いキルティングが好きなのと同じく、パイピングもしっかりしたのが良いので、バイアステープの幅もきつきつに(今回は18㎜のテープメーカーで、自分で作りました)、布端は入りきらないほどにして、縦まつりで強引にくるんでしまい、硬いパイピングにします。角は当たると痛い位にできると、嬉しくなってしまいます。
 遅くなってしまいましたが、息子の福岡公演は、まあまあだったようです。良かったです。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26409716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こけし at 2018-02-02 12:44 x
お~、出来上がりましたね♪
外は雪でも一気に春になった感じです♡
お顔もかわいくて内親王さまにピッタリ(^.^)v
Commented by nyankai at 2018-02-02 16:41
★こけしさんへ
はい、出来上がりました。楽しい作業でした。確かに、この寒い中、春を感じさせてくれますね。
どうもありがとう。
by nyankai | 2018-02-02 09:46 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(2)