ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます

by nyankai

母の着物壊させていただきました (1/13)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 昨日は、今年の歌会始でした。天候も治まり、無事にいつものレギュラー4人が集まりました。今練習している曲は「クシコス・ポスト」(ボディー・パーカッション)・「夕日が背中を押してくる」・「天地の声」・「心の瞳」・「ドレミの歌」、私のソロは、d0017084_9365374.jpg余程これから心変わりしない限り「生きるものの歌」にしようと思います。後はリコーダー2曲ほど。1曲はジブリからと思っています。
 歌会と言えば、お昼のニュースを見ようとかけたテレビで、本物の歌会が映し出されていました。あのように読み上げられては、私は何を言っているのか、全くわかりません。1年に1度とは言え、歌を作らなくてはならない皇室の皆さん、大変ですね。歌にエントリーする方法は、半紙に筆で書かなくてはならないんですって。d0017084_9373092.jpgそれも又ハードルが高いわ。参考までに、来年のお題は「光」ですよ。
 それにしても高貴な女性たちの服が、淡い色のロングのスーツ(ローブモンタントというのでしょうか)で、お花屋さんのように華やいでいました。その中にあって、皇后さまのドレスが、たぶん和服地で作られたであろう、振袖みたいなデザインで、とてもすてきでした。私も振袖がタンスに眠っているのですが、もう何十年も、ドレスにリフォームしたいなと思い続けています。d0017084_939383.jpgいつかできるのか、自信はありません。
 母のウールのアンサンブルの羽織を、開けて一昨年になりますが、クリスマスパーティーの衣装に作り替えました→ここ。着物の方が残っていて、何か実用的な物にしたいと思っていました。でも具合が悪すぎて、ずっと吊ったままになっていました。針仕事の禁断症状が出たので、笑美ちゃんの阪神のはっぴを作り、まだ物足りなくて挑戦しました。
 ウールはほどくにしても何にしても、扱いが楽です。柄の出方が特に面白い訳ではないので、元の直線が活かされる様な形を探して、これだと思うのに決めました。絹の着物は、ドレスにしても結局着て行く場所が無いのですが、ウールならば極端な話、家で普段着として着ていられます。ゴムスカートと、短めの上着になりました。裏地はついていません。
 好きなことができないとうつ病。ミシンがかけられて、歌が歌えるので、とりあえずうつ病ではないと思う。この頃左肩凝りがひどいです。グルタチオン効果が、弱って来たかなぁF7CE.gif
[PR]
by nyankai | 2018-01-13 09:33 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/26346186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mottisfont-roses at 2018-01-13 17:37
こんにちは〜

お母様のウールのお着物、素敵にリフォームされましたね〜^_^
凄いです〜!
それに、本当に良くお似合いです。

確かにウールだと、絹よりは気楽に着れますね。
実用的に変身して、お母様もお着物も喜んでくれてると思います^_^

Commented by nyankai at 2018-01-13 20:57
★mottisfont-rosesさんへ
見てくださって、どうもありがとうございます。
年齢のせいか、体調のせいか、手の込んだことは億劫になりつつあります。
たんすのコヤシになっているよりは、何とか活用したいと思っています。