ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます

by nyankai

「意地悪」化する日本 (7/6)

 私の憂鬱はすっかり戻ってきてしまいました。パーキンソンの可能性が示されて、それまで原因不明、気の持ちよう的な事を言われ続けてきたのが、ようやくまともに向き合ってもらえた安心のせいだったのか、薬が出て少し効いたような気がして、やや元気になったのは、結局たった2日くらいなものでしたd0017084_8231274.jpg。だるさは変わらず、又、寝ていたくなってきました。
 友人が、私のことをとても心配してくれています。そうねぇ、確かにもう生きるの面倒だと思っています。でも、今死んじゃったら、色々迷惑かかるだろうからさ。何かの拍子に眠ったまま目が覚め無ければ良いと思います。猫たちも一緒にね。
 1ヶ月くらいかかって、「意地悪」化する日本を読みました。難儀しましたが、図書館にリクエストしてしまったのだもの、読みあげなきゃね。内田樹さんと、福島みずほさんの対談です。内田さんは、「ただしヤクザを除く」京都公演に来てくださったのだそうで、その後一緒に飲んだとかで、うらやましいよ、息子ったら。
 廃藩置県以来の日本の地方自治は失敗だったというのが、興味深かったです。内田さんの言うのには、「僕は兵庫県民です」と言う人には会ったことが無いって。摂津とか播州とか但馬とか、現在の行政区じゃないんだって。へ~です。北海道の人間は「道民」だと思っています。元からいた人と、あちこちからの移民とが混在しているから、「道民」と思うしかなかったのかな。
 橋下と安倍のアナライズも、とっても面白いです。橋下は、人を言い負かすことを目的に生きている・・・フムフム。安倍は個人としての実体験ではなく、ファンタジーとしての現代日本の制度を憎んでいる・・・d0017084_8242962.jpgなるほど~。安倍の家族の物語に巻き込まれるなんて、迷惑。その家族から外れた「安倍晋太郎」も父方祖父「安倍寛」(アベヒロシじゃなくて、アベカン)も、あの人は言及しない。
 ここの所、同じような生活パターンです。朝はなかなか起きられず、起きても寝転がっていたくて、それが自己嫌悪になり。猫トイレの掃除と餌やり、ゴミの始末など最低限のことだけしかできず、夕方は時々ペット病院に行き、イチゴとハスカップを摘み、歌の練習をちょっとだけ。
 NHKの歌番組に、サラ・ブライトマンが出ました。北星学園大学のすばらしいホールで、自分のバンド(小規模オケ)も入れて、「Time to say Goodbye」を歌いました。あ~、太ったな。明日行くからね。
 「寝ていたい」と言ったら、「い~よ、い~よ」と言ってくれて、家事も草取りも猫の世話もやってくれて、病院連れて行って話し聴いてくれて、「心配すんな、まかしとけ」と言ってくれて、不機嫌な私を許してくれて、バカ話して笑わしてくれて、頭ヨシヨシしてくれて、横で脚や腕なでながら寝てくれる人と暮らしたい。
 今日は連れて行ってもらえるので、がんばってバラを観に行きます。
[PR]
by nyankai | 2016-07-06 08:22 | おはなし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/23274663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。