世紀のキタラソロデビュー (3/16)

「スタバ」他、マエストロ練習、2日目もがんばりました。昨日は、足が痛くならない様工夫して立っていたので、大丈夫でした。人とは、学ぶものなのです。ウンチは
ファーチレに誘ってくれた、大学の音研の友人Y子さんと、おにぎり&豚汁の昼食を食べ、練習会場に向かいながら、しみじみ話しました。いつまでも新参者の気分が抜けない私たちだけれど、考えてみたら、初めての「エリア」の時、小学校に入っていなかった同名Y子ちゃんが、もう高校生でソプラノの重要なメンバー。私たち、40代だったのね。後10年は歌いたいねぇなどと。
2日間ともマエストロの指導で、チェロも入ってくれて、一応全曲歌いました。
マエストロの名言集はいかがですか?詳しい解説は無粋なので、あっさりと。
 ◆過去を引きずらない:調子の変わる所で
 ◆ここの四分音符は、アルデンテのスパゲッティーのように角ばって歌う
 ◆ハナセバワカル:離せばわかる(見える)
 ◆ここ決まらなければエレイソンだよ:江戸っ子だってね
 ◆世紀の大初見
いや、そんなこと言っている場合ではない。昨日突然、天から降って湧いた様なことが起こった(ここから突然、だである調に変わる)。
   005.gifわ、わたし、キ、キタラ(小ホール)で、
                ソ、ソロデビューする
005.gif
d0017084_9165155.jpgドメニコ=スカルラッティのスタバト・マーテルは、混声10部合唱で、ソプラノが4声に別れている。Y子さんと、全く他意は無く、軽い気持ちでⅡにしただけだった。10曲中2曲のそれもたった何小節かのことではあるが、Ⅱにはすごいメリスマがあって、到底歌えず。ソロにした方が良いらしいから、誰か歌うだろう、今さらパート変えても歌えないし・・・と、昨日の午後まで信じて疑っていなかった。
ところが、あてにしていた歌姫は、今回スケジュールが合わず不参加なんだと。エエエエエ~~~~ッ、で、私かぁ?いや、それは、ひっくり返りそうに光栄だけれど、キタラ、キタラだよ。B.B☆Hallや公民館や神社のお祭のステージじゃないんだよ。誰か、やりたい人いるんじゃないの?いつもの指導をしてくれるT子さんに、「誰よりも練習していたから。」と言ってもらえたことが、決心につながった。冷静に状況を考えたら、断れる状況でも無い気がした。
精進しよう。誘ってくれた人、10年以上もおいしい所どりで歌わせてくれているたくさんの人たち、ありがとう。ありがとう。がんばるから。
新しいブラウスとスカート買わなくちゃって、そこかい?はい、そこです。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/21634198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 280723 at 2015-03-16 11:16
自分を信じましょう!

仕事の休みが合えば、キタラに行きたいです。その時は、ソロで歌った直後に「どや顔」を見せて下さいね。(*⌒▽⌒*)
Commented by nyankai at 2015-03-16 14:11
★ラッキーさんへ
ありがとうございます。マニアックな選曲で、「面白いですよ」とは誘いにくいのですが、お休みが合ったらぜひ。
ドヤ顔の練習を、がんばります。
Commented by ハル at 2015-03-16 16:15 x
おめでとうございまーす。
輝いていますね!nyankaiさん。
わたし的には華やかなドレス姿を見たいです。
涼風さんが着ていたフリフリエレガントなピンクベージュドレス。
きっと似合いますよ。
Commented by 滝原夏希 at 2015-03-16 16:42 x
キタラ小ホールはすごく響きがいいですから、きっと歌いやすいと思いますよ。
衣装新調、これは当然でしょう。形から入るの、基本デスよ。
やりたくてやれるソロって歌い手の夢みたいなもんですものね、(あたしはソロ嫌で嫌で逃げ回ってますが)がんばってください!
Commented by nyankai at 2015-03-16 19:32
★ハルさんへ
ありがとうございます。
ソロと言っても、ちょっとなんですよ。ソロパートがあるってだけ。
涼風さんのドレスね。着たいけれど、あれで行ったら「帰れっ!」と言われます(*^_^*)

★夏希さんへ
ありがとうございます。
たぶん、良い音でしょうね。
形から入る、ご賛同ありがとうございます。当然ですよね。
夏希さん、ソロ嫌いですか。もったいないです。私もプレッシャーは辛いのですが、本当は出たがりです(~_~;)
by nyankai | 2015-03-16 09:12 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(5)