沙流舞台 バチ飛ばし編(11/27)

d0017084_9392181.jpg朝方猛烈な風が吹いていて、誰かに電話かメールしたかった。昨日に続き、沙流舞台の第一幕のことを書きます。
「和太鼓×津軽三味線」は、もうお馴染、まじょ子さんの町出身の小玉尚弘さんと、樹魂祭で女子高生から「みっちゃ~ん!」と声がかかった人気者、星野通映さんです。
序盤でハプニングがありました。ばちが飛んだのです。それも2度も。小玉さんは慌てることなく、予備のばちで対応しましたが、その後こんな真実が。すっぽ抜けたのではなく、折れたんだそうです。予備はもうなくて、「お客様の中に、ばち持っている人はいませんよね。」と笑をとっていましたが、あんな太いばちが、折れて飛ぶものなんですねぇ。
今回は、小玉さんの舞いと唄もありました。臼をくりぬいて自作したという太鼓(樹魂祭で見ました)は、空気を揺らす音で、背中を向けて叩きます。私は、男の大胸筋が好きですが、そのちょうど裏側、肩甲骨の筋肉が盛り上がり、下にえくぼができるのが同じくらい好きです。
小玉さんと星野さんの、ホンワカしたトークのやり取りも、堂に入ってきました。
音楽の三大要素「メロディー」「リズム」「ハーモニー」ですが、私はメロディー重視、もしくは合唱好きとして「ハーモニー」が好きだと思って来ました。でも、この沙流舞台で、2幕のフラメンコの手拍子やタップにも触れて、リズムというか、「叩く」という行為は、音楽の原点かもしれない気がしたのです。コラボという訳ではなく、一見異種のステージをつなげただけだと思った沙流舞台が、大きな流れを持つものになりました。
人は何かに出会い、追求していくうちに、それを表現したくなり、表現するからには、共感してもらいたくなるもの。44回目に、改めてそんなことを感じたのでした。
今年45回もこんなに幸せな気分にさせてもらえたことに、感謝します。そして同時に、毎回スポンジみたいに幸せを吸収できる自分の心を、いとおしいと思いました。
昨日、筋トレに行ったんだけど、お風呂あがった時、女湯の脱衣所に男が入ってきた(私は後ろを向いていたので、わからなかったけど。)他にいた人が、「今、男の人来たよね。」とあっけにとられていました。見られたな005.gif。1日おきに、男湯と女湯が入れ替わるので、間違えたんだろうけど、その男性、びっくりして恥ずかしかったろうな。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/17241621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 筋トレ初心者のための筋肉.. at 2012-12-04 20:27
タイトル : 筋肉マン貸します!
なんと97パーセントの方が致命的なミスを犯している! それを避けるために知らなければならない筋肉発達メカニズムとは?そして、半袖シャツの袖を破りそうなほど太く逞しい腕を獲得する具体的なトレーニング方法とは? ... more
Commented by シェフレ at 2012-11-28 06:38 x
荒天気で停電のニュースを見ました。
ニャンカイさんの所は大丈夫ですか?
Commented by nyankai at 2012-11-28 10:18
★シェフレさんへ
お気遣い、ありがとうございます。
ここは全く大丈夫ですが、登別は思ったより大規模災害みたいです。
by nyankai | 2012-11-27 09:38 | 音楽(合唱) | Trackback(1) | Comments(2)