北海道歌旅座 昭和ノスタルジア (11/25)

昨夜、今年になって44回目のコンサートに行きました。「北海道歌旅座 昭和ノスタルジアコンサート」です。今日も行くので、50回はどうやら達成できそうです。
昨日一緒に行った・・・というか座ったメンバーは、姉様・孫のママ・A子さん・最近こういった場では良く会うので、すっかり仲良くなったアキさん。スタッフにも知った顔が。
d0017084_935890.jpg「ジュンコとチープ」も、覚えている限りでは6回目で、今年は、9月の本公演に続き2度目です。チープさんがししゃもにつられて来てくれたとかで、病気の具合はどうかと心配していたから、ちょっと安心しました。
キャッチコピーが「ニッポンが輝いていたあの頃、誰もが口ずさんだあの歌・・・。昭和ヒットパレードが、やってくる!!」ですよ。すばらしいじゃないですか。昭和ってすごい。私、両親も息子も3世代にわたって昭和人だもん。
どの歌も、ほとんど歌詞を見なくったって、一緒に歌える一体感。歌旅座は、スクリーンに歌詞を出したりするのですが、日本語って美しいなぁ、誇れるなぁと思いました。どの曲も良かったのですが、少しとりだしますと。
「いちご白書もう1度」は、長髪だったいっちゃんの歌のように感じました。オリジナル曲の「重ね日」は、ジュンコさんが、お父様が定年退職した時に作った歌だとか。いっちゃんがもし生きていたら、すでに37年目のお仕事。後1年数カ月後に、たとえば息子が「おやじ、お疲れ。どんな気分?」なんて聞いて、私が「あなた、38年間御苦労さま。」なんて言って・・・こんな状況になるのか、イメージを重ねることが全くできなくて戸惑いましたが、気づかせてもらったように思いました。
「恋人よ」や「人形の家」は、名曲ぶりやジュンコさんの歌唱力に圧倒されました。実は私は、チープさんの「シャイニンオン」に、いつもしびれます。もだえます。
でもでもやっぱり、最高に楽しかったのは「みちくさ5」が登場してからです。「恋の季節」「ナオミの夢」「ハチのムサシは死んだのさ」そしてわが青春のステージ101の「涙を越えて」等々。ライヴの参考になるわなるわ。来年は、もっと踊ろう。一緒に歌い過ぎて、声枯れました。
昨日はガッチガチに冷えていて、家で車を降りると、息を飲むほど072.gifがきれいでした。そう感じることができた自分に満足して、猫たちの出迎えを受けました。
クリスマス、全部飾りました。遊びに来てね。
[PR]
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/17221834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 歌の上達法【完全歌唱】 at 2012-12-10 22:13
タイトル : 楽しく・速く・上手くなる歌上達法です。
大好きな歌がお手本、大好きな歌手があなたの師匠です。自宅で、たった一人で始められるこの練習法で、あなたも【完全歌唱】をマスターしませんか?... more
Commented by ☆ラッキー☆ at 2012-11-25 12:15 x
楽しかった様子が、このブログを読んで伝わってきます。
「楽しい歌は誰もが口ずさむ」と聞いた事が有ります。
俺にとって、昭和の歌は青春時代を想い出させてくれます。
《懐かしい》って良いですね。
Commented by nyankai at 2012-11-25 17:58
★ラッキーさんへ
《懐かしい》って良い・・・なるほどです。ありがとう。
Commented by 亜紀 at 2012-11-26 00:31 x
楽しかったですね~~♪
私の中で、『ハチのムサシは死んだのさ』が、インパクト大でした(笑)

話かわりますが、
いただいたCD、堪能します☆ありがとうございます!(^^)!
Commented by nyankai at 2012-11-26 09:42
★亜紀さんへ
楽しかったですねぇ~~~♪
『ハチのムサシは死んだのさ』、あれから意味を考えてしまいました。この曲と「涙を越えて」振付けDVDを買ったので、ライヴで利用したく、作戦を考えています。
私も、CDありがとうございます。DVDはこれから見ます。
by nyankai | 2012-11-25 09:33 | 音楽(合唱) | Trackback(1) | Comments(4)