人気ブログランキング |

ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださいましてありがとうございます

野菊のごとき (9/17)

我なりき、と書こうとして、ずっと前にも書いたような気がしてやめました。
d0017084_991915.jpg北海道もけっこう暑かったし、何やかにやと、あまりガーデニングをしていなかったように思います。私の目標は、「ターシャ・チューダー」であり「ビアトリクス・ポター」であり「西の魔女」であるはずなのにね。
体感的には1番暑いと思われた、母が亡くなったあの日から数日、葬儀を済ませてふとニャンコ座の庭に立つと、飛んでいるのが、蝶ではなくてとんぼに変っていました。まるで母の魔法のように。3泊4日の京都旅行から帰ると、あちこちに野菊が咲き乱れていました。あえて植えた花ではなく、野の花ですが、私はあのきれいな紫が大好きです。
d0017084_995368.jpg季節は巡る、毎年草をとり続けても、その先に完成する何かがあるわけじゃありません。夫が死んだ時に、人生に目標を設定するのは、大きな間違いだったと気付きましたから。そんなもの、初めから無いのです。ただただ手を、体を動かして、ガーデニングをする。頭は空っぽになって、目の前の草を見ている。きれいになった所を見たら、達成感がふつふつと湧きあがる。たぶん、これで良い。
夫のメモリアルホワイトガーデンに、「クレマチス」の原種(白)というのを買って植えてあったのが、今年になってぐんぐん伸びて、今頃になって咲き始めました。確かに形はクレマチスそのもの、大きさは直径3~4cmくらいの可憐さです。とにかくその数が、おびただしいのです。ホワイトガーデンの、シンボルフラワーになるかもしれません。調べてみると、「鉄線」というのが「クレマチス」の別名ではなく、それこそが原種のことを指すのだそうです。
   鉄線はあなたのシンボルフラワーで わたしは野菊白と紫038.gif
今夜、11時半から、息子の公演「非実在少女のるてちゃん」の再放送があります。→ここ 副音声付きです。
トラックバックURL : https://nyankai.exblog.jp/tb/11932975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toruneko65 at 2010-09-17 11:56
nyankaiさん、おはようございます。間もなく正午ですが・・・
良く覚えていてくださいましたね。前から鉄線とクレマチスの
違いってどこ、って思っていました。又一つ利口に・・・笑
母を見送るって、ホッとすると同時に、どんな姿でも良い、
生きていてくれれば・・・そんな複雑な感情でした、私は。

「風のガーデン」のようなアングル。素敵ですね。
そうです。温室の花よりも、庭の花よりも、野菊が好きです。
一番好きな花はと聞かれますと、答えられなくて困ります。
「嫌いな花なら言えるわ」と。もし今テーブルに飾るとしたら、勿論
野菊です。野菊を飾るのは一年に一度の秋のご馳走です。
今年の家の庭の花達は可愛そうです。nyankaiさんのように
丹精をこめていませんから。

鉄線もこの季節に咲き誇っているのはやはり気候の
せいでしょうか。小鳥小屋と似会いますね。 (^^)/
Commented by 姐さん at 2010-09-17 15:57 x
こんにちはヽ(^。^)ノ
私はコツコツ努力型ではないので、今やっていることに集中する・・・事にしています♪
そこからまた派生してくる面白い事も多いので(*^^)v

我が家は今、キバナコスモスとシュウメイ菊と向日葵が咲いています♪あとホウズキ(*^^)v
Commented by nyankai at 2010-09-17 18:32
★toruneko65さんへ
道路ぶちに、たくさんの野菊が・・・とか書かれていたのを覚えています。
「クレマチス」の語源は、「つる」のようです。山にある「ハンショウヅル」も仲間みたいです。
そうですね、四季咲きなどではなく、その時しか見られないものって、御馳走ですね。

★姐さんへ
努力型ではないって、御自分で言うのですね(*^_^*)
私は、ジャンルが違うことなら、同時進行できるんです。
ホウズキ、ニャンコ座にもあります。
by nyankai | 2010-09-17 09:01 | ハルとナツ | Trackback | Comments(3)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださいましてありがとうございます


by nyankai