ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます

by nyankai

いわゆる「合唱バカ」

昨夜はくたびれたので、2度目のさぼりでした。
昨日はファーチレの練習で、キタラの平面図や当日(来月8日)の進行表など渡されて、何だか急に嬉しい反面大変だ、という気持ちになりました。頑張るわよー!
ところで、何でもそうかもしれませんが、合唱が好きで好きでたまらない人を「合唱バカ」と言います。昨日、休憩時間に近くに座っている方(ちょっとお姉さんと思われます)とお話したところ、なんと室蘭からご夫婦で参加してらっしゃるとのこと。負けた、悔しい、私が1番遠いと思っていたのに。そして前日練習、当日本番&打ち上げのために、キタラ近くの某高級ホテルに2泊するのだとか。
本当言うと、この参加費と楽譜だって庶民には決して安くはないのです。
月に2度、100キロ以上の道のりを高いガソリンかけて往復。ご飯も食べちゃうし、札幌だからつい何か買ってしまうことも。2日連続練習の時は、ホテル(私はお手ごろホテル)に泊まったし。何より全部夫が運転してくれて、練習の間色んな所で待っていてくれました。(次という機会があったら、今度は一緒に歌うって)
こんなことを乗り越えて、それでも歌えるのが幸せ、そんな人たちを「合唱バカ」と言うのです。
「合唱バカ」で良かった、と言い切れるよう、元気に本番を迎えたいと思います。
[PR]
# by nyankai | 2005-04-18 11:28 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

健康ランドのちびまる子

実は私、恥ずかしながらフラダンスを習っています。
私は生まれつきの股関節脱臼で、変形性股関節症の道を辿っているので、スポーツやダンスには一生縁が無いと思ってきたし、子供も1人です。(体重増加はいけない)
でも、フラダンスは股関節への負担が少ないし、かえって筋肉強化になると誘っていただいたので、去年の春に始めました。
暮の忘年会兼おさらい会で初舞台を踏んだ折、借り物のムームーを家で着てみたところ、夫が一言。「ハハッ、健康ランドのちびまる子みたいだ。」
反論出来ないほど、背もやや小さめ、やせっぽ(体脂肪率19~20パーセント、けっこう自慢)の私には、ぴったりの表現でした。
ステージのビデオを観ても、私のダンスはオーバーアクション気味で、先生や上手な方のダンスはとても色っぽいのです。
そういえば、私は合唱ではソプラノですが、声質はボーイソプラノ系の天使の歌声(自分で言うか?)で、色気のいの字もありません。
フラダンスには、りっぱな胸やお尻が必要みたいです。
色気、どっかに売ってませんかね。
では、皆様、アローハー!
[PR]
# by nyankai | 2005-04-16 23:57 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(1)

父を語る

私が住む町の今日の積雪は、5cmだそうです。もう夏タイヤにして良いかな。
あさって17日は、31年前に父が亡くなった命日です。でも17日はファーチレの練習なので、今日、母とお墓参りに行きました。
父は酒もタバコもたしなみ、健康には自信あり、がっちりした体格でした。それなのに、たった2ヵ月半の入院生活で、呆気なく逝ってしまいました。47歳、癌でした。
私は大学に入りたてで、母ががんばって続けさせてくれました。
父が生きていたらどんなだろうな、と時々思いますが、イメージが湧きません。
 父に似てしまった所・・・気に入らないとふくれる
 父に似て良かった所・・・パッパッパッと文章を書ける(出来栄えはともかく)
 父に似なくて良かった所・・・音楽が苦手(父はリズム音痴)
 父に似たかったのに似れなかった所・・・絵の才能
 父としたかった事・・・酒を酌み交わす
おとうちゃん、何十年か後に又会いましょう。私の方がババァだなんて、言わないでね。
[PR]
# by nyankai | 2005-04-15 21:36 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

著作権について

富川合唱団がお休み中だというのは、以前書いたのですが、来週久しぶりに集まります。今月29日に岩見沢市で開かれるセミナーに、6人が参加することになり、その課題曲の音取りをするのです。
曲はモーツァルトの「アベ・ベルム・コルプス」とアルカデルトの「アベ・マリア」です。
当日、楽譜は主催者が用意してくれるとのことですが、あくまで当日です。練習のためには、自分たちで調達しなければなりません。
もちろんお金さえ出せば、手には入ります。
楽譜をコピーして使うことは、法律で禁じられています。コピーすれば楽譜が売れず、出版そのものができなくなり、結局私たちが困る、のは良くわかります。
でも、分厚い高価な曲集のたった1曲を歌うのに、全員がそれを買うのは大変です。それでもみんな、ズルなんてしたくはないんです。
適正な価格でコピーさせてくれるようなシステムを、誰か考えてくれないでしょうかねぇ。
で、私たちはどうするんだって?そんなこと、ここに書けるわけないっしょ。
  練習は  20日 (水) 7時~9時   富川公会堂  です
[PR]
# by nyankai | 2005-04-14 20:26 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

花と蝶と猫

今日はちょっと気温が低めでしたが、雪はずい分減りました。融けた雪の下から、ちぢこまったデイジーが薄紅色の花をもち上げている様は、本当にけな気です。
けな気と言えば、古新聞を物置に持って行くと、足元になんと蝶々を見つけたのです。子供の頃虫取りが苦手だった私にも、その蝶々はすぐに捕まりました。暖かい家の中に連れて行こうかと思いましたが、猫達がいるのでやめました。猫がこんなに動きの鈍い蝶々を見つけたら、どんな事になるか言うまでもありません。(でもひょっとして、動かない蝶々に気付かなかったりして)
仕事から帰った夫に言うと、蝶々も条件が良ければ成虫のまま越冬するのだとか。条件良いと言っても、トタンの物置では戸外とそんなに違ったかしら。―20℃より寒い夜も、何度もあったのにね。
蝶々はたぶんナントカタテハだと思います。今度、お天気の良い暖かい日に、物置の戸を開けておいてみましょう。
猫達よ、捕まえようなんて、だめだよ!
[PR]
# by nyankai | 2005-04-13 21:51 | | Trackback | Comments(0)
我が家からさらに富良野方面へ、国道を10キロ程行くと、「森のふくろう」という軽食・喫茶のお店があります。冬の厳しい田舎なので、12月から4月下旬までは冬眠しています。
午後、遊びに行ってきました。
どうして仲良くなったかというと、もちろん食べに行ったからなのですが、きっかけは夜通りかかった時、パッチワークのカーテンがステンドグラスに見えたからです。
入ってみて目に飛び込んできたのが、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のポスターでした。ママと話してみると、何と山口祐一郎のファンでした。東京まで舞台を見に行くなど身分不相応だと思っていた私の背中を押してくれたのは、誰あろうこのママです。全く悪いことを教えてくれたものです。
マスターは話好きの阪神ファンです。熊と話ができるそうです。
このお店に入るには、野球はどこのファンか、山口祐一郎を知っているかのチェックがあり、結果如何で待遇が違うかも。
一押しメニューは、「季節の定食」です。めちゃめちゃスローフードですが、安くてとても美味しいです。
今シーズンは、27日オープンです。ぜひ、お出かけください。
[PR]
# by nyankai | 2005-04-12 19:36 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)

パッチワーク歴13年目

さっき我が家のガーデンに、見慣れない鳥がたくさん来ていました。早速、双眼鏡と野外観察ハンドブック①「山野の鳥」を手に調べました所、大きさや目の辺りの色(白っぽい)から、ムクドリだと思われました。
猫達としばらく見とれていたのに、近所のAちゃんが近づいてきて飛び立ってしまいました。
我が家ではこのように、ベランダからバードウォッチングができるのでございますの。
ベランダ近くに座り、祐様のCDをかけて、レディーグレイを飲みながら、パッチワークをする、これ以上の幸せがありましょうか。
私のパッチワーク歴は13年目に入りました。始めの2年間はきちんと習ったのと、けっこうしつこい性格なので、割とちゃんと仕上がります。
今、こんな私にでも制作依頼してくださる方がいらして、そのピアノカバー、椅子カバー、鍵盤カバーを作っています。出来上がったら写真を撮って、このブログで発表したいと思います。それまでに写真の入れ方を勉強しないとね。
そうそう、トップページだけ、できました。www.k3.dion.ne.jp/~nyankoza
[PR]
# by nyankai | 2005-04-11 16:28 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(0)

パッチワークの前に

昨日はとうとうブログをさぼりました。必ず毎日書く!と決めてしまうと大変なので、これで良いと思います。
で、昨日は苫小牧の耳鼻咽喉科に行きました。私は花粉症ではありませんが、軽いアレルギー性鼻炎(ハウスダストー掃除がだらしない、自業自得?)なので。
その後せっかく来たのだから、買い物をしました。
めがねコーナーの前で、しかめっ面で商品を覗き込んでいたのでしょうね。同年代の店員さんに、にこやかに話しかけられてしまいました。
私は目も悪いんです。
「検査だけでも。」にのせられて、色々話しているうちに、近視と乱視も問題だけれど、ここ2年ほど辛くなってきたのが、「老眼」なのです。大好きなパッチワークをするのがしんどいのです。
「合うめがねをかけたら、肩凝らなくなりますよ。眉間のしわもよらなくなって、若返ります。」・・・そうか、早く気付くんだった。しわ、もう遅い・・・・
「パソコンされます?目に悪いんですよねー。」
ということで、目のためにも今日でこのブログを終わらせていただきます。
んなわけないでしょ。
[PR]
# by nyankai | 2005-04-10 15:59 | パッチワーク(手作り) | Trackback | Comments(0)

パソコンと私 2

このブログはまあまあ順調に書き進んでいますが、トップページは背景のみ何とか入ったものの、画像はまだです。
原因が何となくわかったので、入れ直そうと試みたのですが、頭が煮詰まりそうな程がんばったのに、どうしてもできませんでした。
家の近くに日高山脈館があり、そのホームページを作っているのが学芸員さんです。彼女は仕事柄、飾り気もなくバリバリ働く素敵な人です。でも才色兼備で、趣味も広い(らしく)あったかいひとなので、彼女に聞こうと思い出かけました。
彼女の指が魔法のように動き、瞬く間に原因と思われることを教えてくれました。頭ではわかったみたいですが、できるかどうかはまだ未定です。
山が好きな人、日高山脈館のホームページはお勧めですよ。
[PR]
# by nyankai | 2005-04-08 23:55 | テレビ パソコン&携帯 | Trackback | Comments(1)

その名は山口祐一郎

どうしてこんなにファンになってしまったのか?
祐様は、長身、脚長、眉目秀麗、明るい性格(みたい)、素は不明(な所が良い)、そして何より世界一歌がうまい、すごい方です。
北海道では、「オペラ座の怪人」「ジーザスクライスト・スーパースター」「ハムレット」(ミュージカルではありません)「カンパニー」で、主役を演じました。
最近は、「レ・ミゼラブル」「エリザベート」「モーツァルト!」「そして誰もいなくなった」(ミュージカルにあらず)に出演し、押しも押されぬ大スターです。
又、テレビドラマもいくつか、数少ないトーク番組やインタビューは、祐ちゃんパワー炸裂で笑い転げること請け合いです。
こんな方と同時代に生きられた幸せに、感謝しています。
今、NHKのBS2で午後7時半から放送している「女神の恋」(月~木)に出演中。「山口祐一郎」で検索しても、ファンが作っている楽しいサイトがいくつか出てきます。参考までに。
[PR]
# by nyankai | 2005-04-07 22:42 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)