いだきます (3/23)

母を訪ねる前に、私の昼御飯もお願いする電話を入れておきました。頻繁でなければ、家族は無料でご飯を出してもらえます。
続き (24日記)
母の居るホームは、食事内容はとても良いらしいです。「らしい」という意味は、私自身はもちろん良いと思うのですが、やはり入居者の家族の方でこういった事に詳しい人が、よそと比べても圧倒的に良いのだと言っているからです。母も、入居当時よりふっくらし、血液検査などの異常は特にありません。
朝食と昼食は出番の職員が交代で作っていますが、夕食専任の職員がいます。この間は「カニ」がメニューに入っていたし、いつだったか「大トロ」の刺身がでたとか。『そんな時に頼んでおけば良かった・・・』
札幌のグループホームで(まだ調査中ですが)、とんでもない疑惑が持ち上がっています。入居者に対する恒常的な虐待が疑われているのです。中でも、低栄養による衰弱という、今時信じられない現実があるみたいです。責任者は当然否定していますが、「里心が付いては、かえって本人がかわいそうだから。」と面会を認めなかったというのは、疑惑が真実であると認めているのと同じです。人生の終盤でそんな目に会うなんて、何てことでしょう。
d0017084_922471.jpg「食」は人間の基本中の基本です。料理自慢のグループホーム、大いにけっこう。
母の部屋で2人で食べさせていただいたメニューは ・チーズささみカツ(レタス&プチトマト付き)・卵豆腐・シメジと玉葱のお味噌汁・ご飯・漬物・缶詰の梨が入ったヨーグルト でした。この頃引越しを言い訳に、スーパーの閉店間際の半額お総菜ばかり食べていた私には、ありがたい昼御飯でした。
付け加えますが、入居者それぞれに合わせて、量を加減し、小さく切り分けたり、せっかくのカツの衣をはがしたりと、細やかな対応がされていました。
[PR]
# by nyankai | 2006-03-23 23:49 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(2)

ミュージカル禁断症状 (3/22)

月曜日のことですが、予約しておいたミュージカルのチケットが届きました。
★劇団四季北海道公演の「コーラスライン」のチケット。5月23日のソワレ、夫の実家の町であります。以前、JRシアター最後の日の演目も「コーラスライン」でした。名残惜しくて観客みんな、スタンディングでいつまでも拍手をしていました。キャストも幾度も通路を駆け抜けてくれましたが、朝までやっているわけにはいきませんよね。「愛した日々に悔いは無い」という曲が大好きです。私は大したことやってるんじゃないけど、「悔やまない 好きだからこそ すべてを捨てて(何も捨てた覚えは無いけど、選択はしてきた) 生きた日々に悔いは無い ひたすらに この道を」と、歌って死ねたら良いなと思っています。
祐様待望の新作「ダンス・オブ・ヴァンパイア」のチケットがお取り出来ました、という事務所からの返信ハガキ。もちろん、その足で、お金を振り込みに行きました。7月に東京へ「マタイ受難曲」を歌いに行くついでに(どっちがついでなんだか・・・)、観るんだもんね。楽しみ、楽しみ、楽しみ。
d0017084_927715.jpgしばらくコンサートや観劇を控えにしていたのです。特に大きなミュージカルは残念ながらあまり北海道まで来ないので、行くとしたら飛行機に乗ってホテルに泊まってと、とんでもないことに。そろそろ、禁断症状が出ていました。特に祐様のミュージカルの虜になる症状を「夢祐病」と言い、その禁断症状を特に「無祐病」と呼び、唯一の治療法は観劇して感激するしかありません。
画像はなぜか、今日の話題には入っていない、わたくしオススメのミュージカルです。(注:1つ将来を期待されている新進気鋭の劇作家の作品も入っています。誰あろう、私はその母です。ハハハハハ)
[PR]
# by nyankai | 2006-03-22 09:18 | ミュージカル(舞台) | Trackback(1) | Comments(1)

Like me  (3/21)

WBC、王ジャパン世界一おめでとうございます。
母の荷物を引き取ったので、食器棚も2つあり、ニャンコ座のバックセットは断りました。それなのに、キッチンボード(レンジ台)だけは新しいのが欲しくていたら、出会ってしまったのです。その名が「ライク・ミー」。
d0017084_9501139.jpg追記  (22日)
WBCの決勝戦を観ながら、安心したり心配したり、そんな中、予定通り荷物が届きました。
マッテイタ!家具はたくさんあるから、家が予算より高かったから、しばらく大きな買い物はしないと誓ったのに、札幌のロフトで出会った瞬間台所のレイアウト計画が狂いました。夫に相談したら「気に入っちゃったんでしょ、仕方ないっしょ。」で決まり。
こうして書くと、よほど高い物みたいに聞えますが、全然そうではないのですよ。普通です。
d0017084_9502769.jpgニャンコ座は、都会的なポップな家とは全く違います。だから、新品という感じの家具ではダメ。このキッチンボードは、色はアイボリーの塗装が古くてはげた感じ。何より気に入ったのが、レンジや炊飯器を置く棚が隠せて、それもガラスが何というのでしょう、昔のガラスを模したような・・、ああ、口で上手く言えないのがもどかしい。(黄色丸印の辺りの拡大したのが左のガラスの写真です。)
こんな感じになりました。この家具のシリーズが「Like me」というのですが、「I like」じゃないところが面白いですよね。「私を好きでいてね。」と言っているのでしょうか。ハイハイ、一生あなたを好きでいて、お料理がんばりますとも。
このボードに合わせるなら、使いにくくてもブリキのバケツのゴミ箱だよね。ああ、果てしなく、金がかかることよ。(^_^メ)
[PR]
# by nyankai | 2006-03-21 22:45 | 暮らし | Trackback | Comments(6)

ニャンコ座流ネコーナー (3/20)

今朝も夫の仕事に合わせて旧館に戻りました。途中からけっこうな雪になり、久々の雪道をタラタラ走ってきました。
又、留守中のコメント、ありがとうございます。これから真心を込めてお返事いたします。
猫達がニャンコ座に引っ越して10日以上経ち、自分の居場所なんかも確立しつつあります。そんな中にも、「猫立ち入り禁止区域」が2箇所あります。
1箇所は私のクラフトルームです。理由は簡単。ミシン・アイロン・ハサミ・針・そして作りかけの物を出しっぱなしにしておいて、いつでも始めたい時に始められる幸せ。猫と暮らしている人ならわかりますよね。猫って人間が何かしていたら、必ず「ねぇ、何してるの?手伝ってあ・げ・る♡」とばかりに上に乗っかってしまいます。嬉しいけど迷惑ですもんね。
d0017084_9184470.jpg2箇所目は、玄関ホールです。これは完全室内飼いなので、ここに出入りされては万が一の脱走、なんて危険が無いとは言えませんから、という理由です。
でも、玄関ホールはニャンコ座の顔、お客様の心をわしづかみするためにも、何か個性が必要です。そこで玄関開けたらネココーナーー略してネコーナーーを作りました。夫の実家で見つけたFUKUSUKEの足踏みミシンをもらってきて、ネコグッズを並べまくりました。昔の物って、どうしてこう、機能だけでは無くデザインが良いのでしょう。
d0017084_9213429.jpgさて、人間の英知も及ばぬ所に、もう1つネコーナーができていたのです。洗濯籠を覗こうとしたらなぜか重い。良く見ると、マコが中で気持ち良さそうに眠っていたのです。驚きはさらに続く。洗濯籠の奥に、2階用にと予備のトイレを置いたのですが、その真新しいチップが心地良いのか、ネギが寝ているではありませんか。これぞまさしく寝コーナーです=^_^=
 PS 今夜は又、ニャンコ座へ行き、明後日の朝戻ります。夕方まで、食器の梱包をするつもりです。
[PR]
# by nyankai | 2006-03-20 09:15 | | Trackback | Comments(8)

棚からタコス (3/19)

母のホームに行くと、職員や入居者が何人かで、WBCの準決勝ー日本vs韓国ーの後半を視て、盛り上がっていました。勝ってるじゃありませんか!
メキシコがアメリカに勝って、失点率とやらで日本の準決勝進出が決まった日、北海道の夕方の情報番組のキャスターが「棚からタコス」と言っていました。
追記 (3/20)
この表現、どうも私の感覚にはまってしまい「タナボタ」ならぬ「タナタコ」は、永遠に残りそうです。メキシコありがとう。タコス大好きです。ちなみに沖縄のタコライスも好きです。
d0017084_9453251.jpg私はアメリカ人がどうのこうの言うつもりはないし、今までに知り合ったアメリカ人の英語の先生(3人ですが)には、良い思い出しかありません。でもこのWBCにはアメリカの戦略的な意図が見え見えで、関心を持つことすら嫌でした。だから、準決勝進出絶望的の事態になっても、『別に良いじゃん。』なんて、しらけていました。(言葉の選び方が、70年代っぽいって?)
今日の韓国戦のスコアは、正直びっくりしました。韓国は、ベスト4に入ると兵役を免除されるから強いんだ、とか言われていましたね。それでは、日本は大事なことがかかっていないから、弱いんだ、ということになりますね。そうかもしれませんが、私はスポーツは、楽しいから、好きだからやるのであって、やるからには弱いより強くなりたい、シンプルで良いと思うのです。人それぞれに付随してくるものはあるでしょうし、思い入れの差も大きいでしょう。でも別の理由で鼓舞するのは変だと思います。勝てば兵役を免除、でも負けたらダメってことでしょう。
スポーツは、play でしょ。それ以上でも、それ以下でも無いと思います。
写真は、未だ雪に覆われた我が町の球場です。
[PR]
# by nyankai | 2006-03-19 21:03 | スポーツ | Trackback | Comments(2)

ちょいワルおやじの誕生日 (3/18)

今日は夫の誕生日です。夫は近頃巷で人気の、ちょいワルおやじ風です。公務員なのに、天然パーマの長髪だし、光の強さで色が着く眼鏡かけてるし、胴長短足でおなかも出てるのに穴開きジーンズ履くからです。
d0017084_1083414.jpg追記 (3/20)
夫は大学の2年先輩で、当時は完全にガロのマークを意識したファッションでした。(学生街の喫茶店だよ。)もっともっと長髪で、もっと大きいトンボメガネで、パンタロンで(ブーツカットじゃない)、ヒールのある靴を履いていました。そして現在からは想像できないほど、とっても痩せていました。
旅行やおいしい物が大好きで、本が好きで、プロレスなどの格闘技をテレビで視ながら、大真面目に大声で突っ込みを入れるのが好きで、息子が似てしましました。
血液型はB型で、次男坊で、そんなことで人の性格を一くくりにするのはどうかと思うけれど、周囲に左右されることなく、バランス感覚に優れ、手のかからない夫です。酒・タバコ・ギャンブル・オンナもやりません。お金もかからない夫です。
意外だったのは、雑貨や手作りなど、私がこだわることに対して、好きにやらせてくれてはいたけれど、自分からは積極的に関わらないのかと思っていたのに、ニャンコ座を建てるにあたっては、私が舌を巻くほどに情熱を傾けていることです。
要するに夫の趣味は「私」なんです。私はそれに応えられるように、と思っています。
[PR]
# by nyankai | 2006-03-18 22:22 | 夫いっちゃん | Trackback | Comments(6)

ピアノのお引越し (3/17)

今日は夕方、専門の業者がピアノを運んでくれます。今までの幾度かの引越しは、トラックと運転手を頼むだけで、それ以外は職場の皆さんや地域の方に大迷惑かけてやってきました。特にピアノは嫌われ物で、何しろ300kg程ありますから、5~6人で持っても大きなトラックには上げられず、特別に小型を出してもらったりしました。
ピアノは今さらどうしようもない位傷ついているので良いのですが、さすがにニャンコ座のピカピカの床に溝なんてついたら泣くに泣けないので、今回は頼みました。
私の実家にあったピアノは、父が車をがまんして買ってくれた物だし、母が小さい子供にピアノを教えていた大切な物なので、夫に(結婚前に)ピアノは絶対買っておいてほしいと言っていました。夫はがんばって○○ハの黒のアップライトで1番高いのを奮発しました。
働いている時は、仕事に直接必要だったピアノ、息子が小さい時にチェンヂマンのシールを貼ってしまったピアノ、私も何人かの子供に教えたピアノ、そして合唱には欠かせないピアノです。ニャンコ座へ行ったら、合唱仲間に来てもらって楽しく歌いたいです。
夕方、ピアノといっしょにニャンコ座へ行き、そのまま週末は向こうにいますので、詳しい作業の様子や良い写真が撮れたらそれも一緒に、週明けに追記します。では。
 PS 姪っ子が公立の第一志望校(高校)に合格しました。良かった。おめでとう(^^)v
d0017084_10235368.jpg追記 (3/20)
業者さんの仕事ぶりは、やはりプロの業でした。お2人のうちの1人の方が、元はバンドをやっていて、夢やぶれて「今はこうしてピアノを運んでいるんですよ。」とのこと。『人生って・・・』なんてことを考えてしまいました。その方は、ニャンコ座の音楽室を気に入ってくださいました。とにもかくにも、ありがとうございました。
[PR]
# by nyankai | 2006-03-17 08:23 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

3名様なら 当たります (3/16)

「ニャンコ座リポート」の読者の皆様、お早うございます。2~3日冬みたいな天気でしたが、今朝はようやくお日様キラキラで、真っ白い雪がまぶしいです。
今日も1日荷造りがんばらなくちゃいけないので、朝のうちに更新します。興奮状態が続いているのでしょう。疲れているのに、寝不足なのに、相変わらず寝つきが悪く、変な夢ばかりみて何度も目が覚めてしまいます。こりゃ、ホッとした頃が怖いわ。
今日は全く関係無い話題、いきます。
私は特に懸賞人間では無いのですが、たまに応募すろこともあります。たまにしか応募しないのだから、めったに当たるものではありませんが、その数少ない経験の中でも特筆すべきは。
d0017084_848313.jpg☆ミ10年以上も前、大好きなイギリスのプログレグループ”エマーソン,レイク&パーマー”のコンサートに東京まで行って、その感動覚めやらぬ頃でした。「キーボードマガジン」という雑誌で”ELP”特集があり、懸賞もあったのです。確か(もう覚えていないけれどELPせんべいというのもあった)何種類かのグッズがあったのですが、何と3名様のELPタンバリンが当たったのです。家の中で思わず飛び上がりました。
☆ミ2度目は、一昨年だったと思いますが。ご存知祐様ですよ。「トップステージ」という、舞台関係の雑誌で、”アンケートに答えると、抽選でお好きな俳優のサイン入り生写真がもらえます。”というのがあったので、ものは試しと書いて出したところ、大当たりー。私は又もや飛び上がっていました。これも3名様だったんです。
私は3名様には強いらしい。どちらも、大切に荷造りしたのは、言わずもがなです。
[PR]
# by nyankai | 2006-03-16 08:46 | 社会 | Trackback | Comments(4)

Happy St. Patrick's day (3/15)

今日の英会話は、「セント・パトリック・デイ」についてでした。本当は、アイルランドの聖人セント・パトリックの命日である3月17日がその日ですよ。
旅行雑誌で見る限り、3月のアイルランドは春めいているのですが、実際はまだ風が強くて寒いそうです。首都のダブリンでは、軍楽隊がマーチの演奏をして、シャムロックというクローバーに良く似た葉(三位一体を表すらしい)をモチーフにするのをはじめ、シンボルカラーである緑を使った服装で、2時間ほどのパレードを楽しむのだそうです。地方からの見物客も多く、春を告げるお祭なんでしょうね。
d0017084_1721319.jpgその後の冷えた体を温めるのが、ホットウイスキーだそうで、今日はM先生が作って飲ませてくれるとのこと。だから私はボアボア雪の降る中、歩いて行きました。
作り方は、①キャップに1~2杯(お好みで)のウイスキーをとり、コップに入れる。②スプーン1杯ほどの(これもお好みで)砂糖を入れる。③お湯を注いでかき混ぜる。④レモンにクローブを何個か刺した物を入れて、出来上がり。
コップが熱くなるので、気を付けてお飲みください。
感想:おいしい、飲みやすい。私はまあまあアルコールはいけるのですが、ウイスキーに関しては、そのおいしさが分かっていませんでした。でもこれなら、グイッと飲んだら、すぐ寝られそ・・・(-_-)zzz
アイルランドの国旗は左がー元からのアイルランドの人達、右がオレンジーイギリスから来た人達、そして中央がーpiece だそうです。
アイルランドは貧しい国だったからか、人々の重要な娯楽が音楽で、国のシンボルはハープだそうです。音楽大好きな私には、うらやましい感じです。M先生に日本のシンボルは何かと聞かれて、誰もわからなかった私たち、少し情けない。
[PR]
# by nyankai | 2006-03-15 16:53 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(2)

卒業おめでとう (3/14)

「610ハップ」への反響がすごくて、びっくりしています。
昨日からの冷え込みや雪で、又冬に逆戻りしたかのようですが、光の強さは間違いなく春の到来を感じさせてくれます。今日は、京都でも雪が降るかもしれないとのこと。そんな中、10時から息子の大学の卒業式が行われます。
行きたい気持ちはありましたが、息子が「来なくて良いよ。」と言うし、こちらも引越しであわただしいしでやめました。でも小学校から数えて、最後のセレモニーだったんですね。
息子は写真屋さんから貸衣装を借りて、着て行くそうです。演劇三昧の毎日を送った、目立ちたがりの息子らしいです。その衣装とは、「安倍清明」をイメージしたいわゆる狩衣というやつですか。アハハ、七五三ですね、そりゃ。はっきり言って、見たい!着付け&メイクと写真撮影と貸し出しで、15,000円らしいです。安いよね。条件は、行き帰りにタクシー使用とのこと。
d0017084_9321493.jpg服・帽子・コートまで手作りして、私自身も着物を着てでかけた、小学校のお入学式。窓に貼り出されてあったクラス分けの紙に、親子で名前を必死に探しました。入学式が手作りだったんだからと、卒業式にも初めてテーラード仕立てでブレザーを作りました。
中学校の入学式にはブカブカだった学生服が、卒業式にはツンツンになりました。親子で写真を撮りに行く予定だったのに、お調子もんの息子は、良いふりこいて第2ボタンどころかほとんどを後輩にやってしまい、あわててボタンを買いに走りました。そうそう、私の着付けを手伝ってくれるほど元気だった母も一緒に写真に納まったのでした。
家を離れて高校に進学し、不安でいっぱの息子の顔を思い出す入学式は、制服の無い高校だったので、友達の借り物で出席しました。卒業式は「日の丸・君が代」問題が吹き荒れ、息子も私も日本は大好きですが強制はまちがってると思い、起立しませんでした。その時は、夫の若い頃の礼服がちょうど良くなって(夫は太ったので着れない)、夫の父も入って家族写真を撮りました。
そして大学は満開の桜の元、仏教系の大学なので、物珍しくて良い雰囲気でした。
まだ就職が決まっていないけど、この間自転車で勝手にころんで鎖骨を折ったり、バスにせっかく買った友達へのバースデーケーキを置き忘れるバカ息子だけど、ありがとう、子育て楽しませてもらいました。オヤッ、変だな、涙腺が・・・こんな遠く離れた北海道のPCの前で、私らしくも無い・・・(;_:)
[PR]
# by nyankai | 2006-03-14 08:49 | 人 あれこれ | Trackback(1) | Comments(3)


ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(合唱)

ミュージカル(舞台)
パッチワーク(手作り)
テレビ パソコン&携帯
人 あれこれ
旅 グルメ
美 健康 体力
暮らし
社会
自然
スポーツ
ハルとナツ
おはなし
夫いっちゃん
コラムニスト気どり
心もよう
映画・テレビ番組

パーキンソン
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

フォロー中のブログ

生きる詩
あかねといおな日記
まんまみーあ!日和
merol choco
日常のあれこれ
レストラン白川亭 栄店の...
普通にしあわせ
 ボンと ピッピと Da...
東京の今
笑の内閣稽古場日記
維摩と語る
の ん び り
POPさんの仕事場
高間響の選挙予想専門ブログ
代々木上原便り
15周年記念CD制作の特...
シェーンの散歩道
シャンソン歌手 佐藤みずえ
『もりのおとわ 』
☆千載一遇☆
CO・CO・Aのケセラセ...
わたし達の愛しいわんちゃ...
歌い手菅野千恵のarou...
青い風の街へ
薔薇好き花好き〜元英国在...

リンク

最新のコメント

★こけしさんへ お金で..
by nyankai at 17:30
うん、うん、多少お金がか..
by こけし at 09:54
★姐さんへ そうなんで..
by nyankai at 22:08
岡本先生は一回のコンサー..
by 姐さん at 10:14
★空の鳥さんへ う~ん..
by nyankai at 21:04
★mottisfont-..
by nyankai at 20:57
こんにちは〜 お母..
by mottisfont-roses at 17:37
ニャンコ座の町より、私の..
by 空の鳥 at 16:20
★こけしさんへ できる..
by nyankai at 15:38
微妙なタイミング…ありま..
by こけし at 12:36
★姐さんへ こちらこそ..
by nyankai at 12:15
遅くなりましたが、あけま..
by 姐さん at 11:20
★こけしさんへ 6日へ..
by nyankai at 19:09
昨今のITなどの進歩のよ..
by こけし at 12:37
★ハルさんへ ボチボチ..
by nyankai at 10:11
あけましておめでとうござ..
by ハル at 00:31
★kannochieさん..
by nyankai at 15:27
明けましておめでとうござ..
by kannochie at 14:48
★kannochieさん..
by nyankai at 12:48
nyankaiさん こ..
by kannochie at 21:26

画像一覧

ブログジャンル

音楽
猫

ブログパーツ

ライフログ


つばめのツンちゃん


転勤天国ぐうたらグルメ


いのち輝かそう2 (いのちの万葉集2)


くらしの詩(うた)をつづって〈2008〉道新生活面「いずみ」筆者94人の作品集


いのち輝かそう~いのちの万葉集3


この地球(ほし)に生まれて―ミュージカルKAGUYA創遊記


コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方

帝国の慰安婦

最新のトラックバック

現代演出・ホモキの段ボー..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
初めて民族舞踊を取り入れ..
from dezire_photo &..
プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
時空を超えた二人の大作曲..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..

記事ランキング

ファン

検索