CT初体験 (11/17)

寒いよぅ。今朝、夫が出勤する時の気温は、-7℃でした。まだ11月だよ。
町の病院にCT(たぶんcomputer tomogram コンピューター断層写真)の設備が入ったからと、検査を勧められていたので、行ってきました。
検査前の問診:ドクターF「鼻と喉と頭も撮って良い?」 私「はい、ぜひ。」(良いですとも。頭の検査受けたかったんだもん) F「妊娠してないよね。あっ、こんなこと大きな声で言っちゃダメだね。」 私「はい、大丈夫です。」(もう、センセったらー、何言うんだか)
d0017084_13594070.jpgCTは、白い洞窟の様な、・・・ベッドに寝て黙っているだけで良いのです。
頭から喉辺りまで、少しずつ動いて(ベッドの方が)行くのが心地良い揺れで、眠ーくなってしまいました。ちょうど撮影する部分なのでしょう、黒っぽい所の奥に光が高速で回転しているのが見えました。時間は、少ししかかかりません。
結果は、『鼻のナントカが腫れていて(アレルギー性鼻炎)、痰ならぬ鼻水が少したまっている。』とのこと。掛かっている耳鼻科に紹介状と写真を持って行く様に、ですって。
頭は、異常無し、良かったぁー、悪いのは、性格の問題なのね。
CTは、1シート5枚×4段で、3シートあったから、60枚。壮観です。検査室で、こっそり裏側から撮っちゃいました。スイマセン<(_ _)>
[PR]

# by nyankai | 2005-11-17 13:53 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

An invitation to the chorus festival (11/16)

It's very very cold today. And was snowing around noon.
d0017084_16385397.jpgこの寒いのに、9時頃ストーブが消えてしまったのです。原因はタンク内の水分が、ストレーナ(出口)で凍り付いてしまったせいでした。業者さんに水抜きをしてもらっている間電気ストーブでがまんしていましたが、猫も私も寒かったです。
Today, my husband and I will go to a practice of Tomikawa-gassyoudan. The chorus festival will be held soon.
富川合唱団のOBや団友に出した、挨拶状を載せます。
(=^・^=) 久々にサイゴドンから電話がありました。現地からの用件は、アンテナ用のポールをどこに立てるかということでした。昨日なら、北電の人がついでに立ててくれたのに、サイゴドン、1日遅かったのね。
[PR]

# by nyankai | 2005-11-16 16:37 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

私の愛は「書く」ことと覚えたり (11/15)

物は整理してニャンコ座に運びたいので、この頃ボチボチやっています。
d0017084_0362130.jpg先日押入れの奥から、「手紙」と書いたダンボール箱が出てきました。中味は、結婚前に私が夫に書き続けた6年分の手紙の束でした。ギョギョーッ(@_@;)こんな物を残して、もし死んでしまったら、という訳で、早速切手だけ切り取って捨てる事にしました。
読むまい、と思ったのですが、何通かやっぱり開いてしまいました。
夫は大学の2年先輩なので、当然2年先に就職、それも道東の思い切り遠くでした。私は寮に入っていましたから、手紙を書くのが1番の手段でした。夫は電話をくれましたが。何日か分をまとめて送っていた(日付を見るとそうなっていた。)ようです。ただただ寂しかった頃です。
ふるさとに就職できて、仕事が面白く充実して、結婚する意味が分からなくなっていき、夫が頑張って近くに転勤してきてくれるまで、手紙は続きました。
その数、366通でした。ハガキが少しと、誕生日などの小包を入れてもう少し。切手は50円と後半が60円で、20,000円にはなっていませんでした。それって高いのか安いのか、自分が何を書いたのかさえ忘れていますが、私d0017084_13574617.jpgは「書く」ことに支えられているのかもしれません。
366枚の切手を切り取った手は、ハサミが当たった親指の付け根が赤くなり痛くなりました。
夫に「手紙、捨てたよ。」と言ったら、返事は素っ気無いものでした。
(=^・^=)ニャンコ座の電気を引くためだけに、電柱が10本程立ちました。
 PS 駒大苫小牧、3冠おめでとうございます。
[PR]

# by nyankai | 2005-11-15 23:35 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(4)

老いる権利 (11/14)

d0017084_13324321.jpg時々雪がちらついています。
母がまだ1人暮らしをしていた頃、私は『グループホームに入ってくれたら、心配事がなくなるので、お茶を飲んで他愛の無い話をしてこられる。』と思っていました。ところが、母の認知症の症状が進んでしまったからではあるのですが、私は相変わらず行く度に何かしら命令をして、母を困らせています。
私なりに母を思ってのことなのですが、「散歩に行こう。」「居間に出て皆さんと話をしよう。」「洗濯してもらったものを、自分でたたんでしまいなさい。」「体操しよう。」「私がいる間は、横にならないで。」等々、うるさい娘です。
前回も、家計簿の日記欄に書くようにと勧めると、母は億劫がりましたが、尚も強く言いました。母は「もう、嫌だ!」と。しばらくぶりで聞く、母の荒い物言いでした。
母はいつも目まいを訴え、寝ていたがります。いくら検査をしても原因はわからず、お医者様は「加齢による目まい、体力の衰えによる目まい、そして混乱と不安から来る精神的なもの。」と考えているようです。そして、「今は原因探しより、安定させてやることこそ大切。」とも。
歩けなくなっては困る、字が書けなくなっては困るというのは、母の為なのでは無く、私の都合なんだろうか。寝ていたがる母に、無理やり何かさせようとするのは、かえって自信を無くさせているのかもしれない。でも・・・
人には、老いる権利もある、って考えたことありますか。
[PR]

# by nyankai | 2005-11-14 13:31 | 社会 | Trackback | Comments(4)

視覚的には歪んでいる方が (11/13)

(=^・^=)ニャンコ座建設DIY否、DIM(myself)これも違うねDIO(ourself)の部、2日目でした。
d0017084_2259277.jpg杭を打ち込んで、棒を2本ずつ木ネジで留めて行く。我が家の電動ドライバーはおもちゃのようで、瞬く間に電気が無くなってしまって、お隣(元の土地の持ち主)に充電をお願いに行ったら、本格的なのを貸してくださって、それがまあ性能良いったらありゃしない。どんどんはかどりました。でも、ご覧の通り、ガタガタ。夫はてーげーな人で、杭と棒がぴったりしない時は、強引に力でねじふせる感じでくっつけるんだもん。
でもさ、イラストなんかでは、柵ってわざとガタガタに描くとかわいいよね。だから、これで良いんだわ。
そして、この柵の本当の目的は、柵に沿って黄色い実がなる木苺を植えることだったんです。この木苺、数年前に1本買ったのが増えて増えて。とても上品な甘さです。木苺が一足早く引っ越しました。
d0017084_23049.jpg母の自転車を黒くペイントして、飾りにしたり、アンテナを上げるのにと、友達が持ってきてくれたポールを白くペイントして猫の足跡を描いてみたり、今日も薄暗くなるまでがんばりました。
[PR]

# by nyankai | 2005-11-13 22:57 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

エントランス (11/12)

d0017084_20592470.jpg(=^・^=)夫とニャンコ座作業、がんばりました。ニャンコ座本館は、土間のコンクリートがはらさって、又シートをかぶっていました。
まず、とりあえずですが、「クロッカス」「チューリップ」「水仙」を植えました。
次に、別館「アニャックス」の入り口のドアに、100円ショップで買ったタイルシールを貼って、持っていた猫型の看板に「アニャックス」と書いて、取り付けました。カッワイイ!
夫は、町道に面した所(この間、古い柵をはずしてもらった)に、木の白い柵を自力で付けると張り切って、ホームセンターから安い木材とペンキを購入。早速とりかかりました。
杭にして打ち込むために、先っぽをナタで落して尖らせる。私はひたすらペンキ塗り。塗る、塗る、塗る・・・
お昼は、おにぎりとチーズとポットに入れてきたホットコーヒーです。
そして又、塗る、塗る。あー、オシッコしたい。近くのコンビニへ行って、それだけじゃ申し訳ないので「肉まん」と「デミグラチーズまん」を買って、おやつタイム。おなか空くんです。
d0017084_2194051.jpg緯度が高い北海道の日暮れは早くて、杭を2本打ったところで、今日はおしまい又明日。くたびれたので、「森のふくろう」に、夕ご飯を食べに行きました。
右の写真は、岩見沢のガーデニング業者に作ってもらった本館の表札です。良いっしょ。
[PR]

# by nyankai | 2005-11-12 20:58 | 暮らし | Trackback | Comments(4)

軽くヤバイ? (11/11)

「軽くやばい?」 「二の腕は大丈夫、でも下っ腹は・・・」
3時からのインフルエンザ予防接種に行きます。子供の頃、注射した所が赤く腫れて、熱が出たことがあるので、ずーっと受けていませんでしたが、母がグループホームに入った去年からは又、受け始めました。そう、私は健康には気を遣っているのです。
私の喉の症状は、全く治っていません。うつの薬は、飲み続けています。地元の病院に新しい機器が入ったとか(CT)で、来週検査してもらうことになっています。
d0017084_1328367.jpg一昨日は、「胃がん」と「骨量」の検診を受けました。
私は、股関節脱臼だったことからも、骨が頑丈ではないらしく、食べ物には気を付けているつもりなのですが、毎年骨量が足りません。骨量は食べ物と「適度な運動」が必要だそうで、それもやっているつもりなんですけどねぇ。
夫のダイエットに付き合って筋トレするし、股関節のために水泳もするし、家ではエアロバイクもこぐし、3キロのダンベルも振り回すし、これ以上どうしたら良いの?
ところが、この頃やたらご飯がおいしくて、こりゃもしかして、と思ったら、「私、珍しく、太ってしまったのです、体脂肪も間違いなく増えてしまった。」ヤバイ!なぜって、1キロ太ると、股関節に3キロ負担がかかるから、太ってはいけないのにー。
夫は自分のおなかの肉をつまんで「かなりヤバイ」
(=^・^=)本日のニャンコ座「埋め戻し」となっています。基礎の周りを埋めるそうです。
[PR]

# by nyankai | 2005-11-11 13:27 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(2)

アンドレ 今宵一夜をお前と共に (11/10)

「愛 それはー」って、「ベルサイユの薔薇」じゃないんだってば。
夫の会議が母のホームの町であるので、ついて行って母の所に2時間程いました。軽く散歩をして、疲れたので横になった母に「何か(音楽)かけようか。」と言ったけれど、反応ははかばかしくありませんでした。そもそも私が音楽好きになったのは、母のおかげなのに。
d0017084_21421840.jpg私のお気に入りのアーティストの1人、というか1団体が、「アンドレ・リュウ」とそのオーケストラです。
何年か前にテレビで視たのが始まりだと思うのですが、女性の楽員がお姫様のようなドレスを着ていて、花に囲まれたステージで、ウインナーワルツを演奏していました。アンドレは指揮者であり、コンマスであり、オーケストラの持ち主であり、踊るように演奏していました。聴衆は席を立ち、楽しそうにダンスをしているのです。
一昨年、札幌へ来る事がわかり、すぐにチケットをとりました。
コンサートは、期待した以上でした。アンドレはサービスというより、クラッシックももっと気楽に楽しむべきだ、という信念で、「クラッシックライヴ」といった雰囲気になりました。
ステージ上からポラロイド写真を撮って、客席に飛ばしたり、天上からたくさんの風船が落ちてきたり、最期はみんなで踊りまくったりで、夢のような今宵一夜になるのです。
去年も来てくれましたが、今年はないみたいです。又、来てください、待ってます。
[PR]

# by nyankai | 2005-11-10 21:40 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

とうとう白くなりました (11/9)

d0017084_13453973.jpgこんな予報は当たらなくて良いのに、とうとう雪です。私が意識できる限りでは「初雪」、今年はかなり遅めでした。
写真ではスキー場が白くなっているだけですが、今はボワボワ降っています。
北海道以外の方は、道産子はみんなスキーにのれると思うでしょうね。BUT!私は、雪がとても少ない海沿いの町で育ったので、スキーなどやったことがなかったのです。その代わり、冬の体育は「スケート」それも「スピードスケート」でした。もちろん、いや、たぶん、今でものれるはずなんだけど・・・・
大人になってスキーをやる人はいますが、私の場合は股関節が悪いので、とうとうこの年までやらずじまいです。夫(豪雪地帯育ち)と息子はそこそこうまいです。
それでも子供の頃は、雪が大好きでした。いくらか積もらないと、サンタクロースが苦労すると思ったしね。
でも今は、雪が苦手です。雪かきがいやなのではありません。我が町は、冬場の運動不足にちょうど良い位の雪の量で、どちらかというと雪かきはすきですし、雪景色も好きです。
問題は、車の運転です。雪道はまだましですが、氷の道になるともうお手上げです。6年前、もう3月という油断があったのですね。見事にブラックアイスバーンで滑って、道路から飛び出して、横倒しになって雪に埋まりました。何とか這い出して通った車に助けを請い、そうしたら、次々に何台かが停まってくれて、トラックがすぐに引っ張り揚げてくれて、私も車もなんともありませんでした。ありがたいことでした。
でも私は、冬道がこわくて、できるだけ冬眠しようと思っています。
[PR]

# by nyankai | 2005-11-09 13:44 | 自然 | Trackback | Comments(6)

お金をかけずに手間ひまかけて (11/8)

(=^・^=)ニャンコ座の土地は元牧草地なので、枕木と鉄の頑丈な柵がありました。白くペイントすれば、それなりに良いかも・・・』なんて思いましたが、どう見てもごついし、鉄がひどくさびているので、やはり抜くことにしました。鉄は廃棄、枕木は町道から歩いて登る階段に利用することに。
とは言え、夫と私2人で抜けるわけがないので、あの頼りになる友達に「お願い<(_ _)>ビーム」を送ったところ、今朝急に「今日、昼からやるからー。」との電話が。
夫に連絡し、何とか午後年休をとってもらってかけつけました。
今日のニャンコ座作業は、水道屋さんがいらして、外の水道が付き、排水の設備が進んでいました。
友達がショベルでガガガガッと到着し、すぐにこの間の(10/9)メンバーの2人まで来てくださって、あっという間に柵を持ち上げ引っこ抜いていきました。
ついでに、階段のための大まかな道筋までつけてくれました。
何とありがたいこと。持つべきものは、友達ですね。何でも自分でやる気持ちが無いと、だめなんだなぁ。
d0017084_212275.jpg自分でがんばったのは、木箱のペンキ塗りです。この木箱、元々はタバコの箱で、私の両親がもう40年も前に、引越しする時に親しいお店から分けてもらったものです。それをさらに、私にくれたのです。ラベルには、「新生」の文字が、なつかしい!
ガーデニング用品などを入れる箱になりました。手前はホイールカバーです。
 PS 帰りの車中から、すごい稲光を見ました。どこかに落ちたかも。
[PR]

# by nyankai | 2005-11-08 21:02 | 暮らし | Trackback | Comments(2)