何だかつまんない (11/22 誕生日)

 今日は、「良い夫婦の日」だって?「ワンワンニャンニャンの日」だって?勝手にお気楽にナンバープレートに付けてんじゃないわよ、と機嫌が悪くなる私です。
 d0017084_1015674.jpg全然おめでたい感じがせず、そんなことどうでも良くなっている自分の誕生日ですが、62歳になってしまいました。別に年齢が増えたことが嫌なのではなく、d0017084_1043357.jpg誕生日なのに心が動かないってことです。
 それなのに、たくさんの方が、覚えていてくださって、プレゼントやメッセージをくださって、ありがたいのと同時に、こんな風にしか思えない自分自身を情けなく、申し訳無く思います。ごめんなさい。
 何だかつまんないのです。具合が悪くなる前の私は、いつもアンテナを張り巡らし、止まらないでいた、ように思います。d0017084_1053574.jpgもちろん、へこむことも何度もありましたが、次はあれをやってこれをやってと思っていた、ように思います。でも今は、何だか違うんです。人とのかかわりがあることにおいては、予定など立ててはいますが、湧き上がってくるものが無く、何かを思ったとしても、やれる自信が無く、その果てに衰えて行く姿を考えると、寝ていたい欲求の方に負けてしまうし、明日に対して、何の期待もなく、つまらないのです。だるい体で生きていなきゃならないのが、しんどいです。
 誕生日なので、私がこの世に生を受けたことを感謝したいです。何か見つけたいです。父にも母にも、d0017084_10101235.jpgこんなことでは顔向けできません。
 70歳の古希には、紫系の、皇室の方が着るようなきちんとした、スーツをあしらえて、記念写真を撮ろうと思いました。それで、1年に1万円ずつ貯めようと思いました。でも、70歳の私には、それができるのだろうか、はなはだ疑問です。それでも封筒の中身は、2万円になりました。
 「老齢厚生年金特別支給請求書」と「年金受給選択申出書」というのを、書いて出さなくてはなりません。
 プレゼント、今日から御紹介しますね。2~3日かかると思います。皆さんがいるから、そしてブログに本音をかけるから、こうしていられるのだと思っています。1日の終りに、版画スッティングをやってみたら、単純作業に熱中できている間は、だるいの忘れていました。
 それと、トラコさん、誕生日おめでとうございます。一緒に祝いましょF7BD.gif
[PR]
# by nyankai | 2017-11-22 10:00 | 心もよう | Trackback | Comments(6)

生きることは待つこと? (11/21)

 パーキンソンのせいで、それどころではないのですが、毎年受けているのをくじけていても仕方ないので、町のがん検診と特定健診を受けてきました。朝寝坊なのと、後半の方が空いているのとで、9時半の組にしてd0017084_95645.jpgもらいました。
 問診で、病気のせいで、今年は生活習慣が乱れているから、血液検査は自信が無いと言い訳をして、お腹すぐに壊すくせに、バリウム排出が下手だからと、下剤を多目にもらって、検診は順調に終わりました。体動かしにくいし、体力落ちているし、左肩痛いから、胃がん検診がスムーズに受けられるのか不安でしたが、大丈夫でした。その時点で、11時少し前。
 水3杯と下剤を飲んで、インフルエンザのワクチンの再入荷が20日とのことで、助成の書類も作ってもらっていたので、そのまま病院に向かいました。案の定、駐車場もないほどの混雑でした。野戦病院かと思われるほど、人・人・人。私の見立てですが、一般診療の方も混ざっていますが、150人以上が待合室にいました。
 午前中の受付が終わっても、人が減る様には見えず、見つけた知人とおしゃべりしたりしながら、ひたすら待っていました。今時、インフルエンザに関心がある人が、こんなにいるなんてね、びっくり。特別混んではいたのでしょうが、生きることは、待つことなのかもしれないなどと、思ってしまいました。
d0017084_9563671.jpg お腹が空いて、売店で何か買って食べた方が良いかとも思いましたが、とりあえず水分取らなきゃと、給水器で水を飲む。2歳半だという男の子が、給水器に興味を持って、ママに助けてもらって飲む姿がかわいい。 仕事をちょっと抜けてきたのか、制服姿の若い女性も、果てしない待ち時間に困惑気味。「たかのはなさ~ん」、え~~っ、今この時に「貴乃花」ってかい。「高野花(華?)」さんですかねぇ。呼ばれたのは、高齢の女性でした。
 2時間近く待った注射はとっても上手で、ほとんど痛くありませんでした。帰り路も寒かったので、熱い物が食べたくて、めったに食べないカップ麺を買って帰りました。2時をちょっと回って帰宅すると、郵便受けが賑やかになっていました。それどころじゃない私の誕生日を、祝ってくれる、プレゼントの数々でした。ありがとう。私は何もしていないのに、本当にありがとう。パソコンが無事だったら、明日のブログで紹介しますね。
 夕方にまでにバリウム7割って所だったので、体動かそうと、がんばってヨガに行きました。最後の瞑想の時に来て9割、今朝起きて完了だと思います。
[PR]
# by nyankai | 2017-11-21 09:54 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

とねっこの湯最高 (11/20)

 昨日は、R.R.Singersのクリスマスや忘年会には早すぎる、お食事会でした。9月のごちゃコンで、寸志をいただいたのですよ。それでありがたく、みんなの集まれる日にご飯をいただきながら、来年のことを話し合おうd0017084_8551362.jpgという目的で。
 色々考えた結果、ニャンコ座町の温泉施設の畳の部屋(一応研修室とい名前)を借りきって、レストランのメニューの好きなものを注文するようにしました。ある子ちゃんと、歩き始めたシモン君も参加してくれたので、大正解でした。1分遅刻して行ったら、シモン君がお出迎えしてくれました。
 1番人気だというあんかけ焼きそばは、量が多いということなの食べきる自信が無かったのと、熱い汁ものが食べたかったので、キノコ蕎麦にしました。野菜サラダとポテトもとって、最後にはソフトクリームまで、おいしくいただきました。
 ごちゃコンの写真ができ上がってきたので、載せますね。50周年だというのに、少し後悔の残るごちゃコンでしたが、来年の時期の相談や選曲をみんなでできて良かったです。
d0017084_8544668.jpg 「ドレミの歌」を候補に挙げていたのですが、ジロウさんが、それならばタイトルロールもやった方がと提案してくれて、ならば「すべての山に登れ」も入れて、3曲ラストにもって行ってはどうかと言う話しになりました。良いかももしれませんね。もうずっと前に、富川合唱団でも1セット「サウンド・オブ・ミュージック」をやったことあります。その時は確か「エーデルワイス」や「一人ぼっちの羊飼い」もやったなぁ。いっちゃんのお葬式の時、お教じゃなくて、合唱団で「すべての山に登れ」を歌って、見送りたいのになぁと思ったのを覚えています。来年の四季劇場は「サウンド・オブ・ミュージック」です。何と良いタイミングでしょう。
 温泉に入ってこようかとも思ったのですが、今の私は寝る前にポカポカに温まって、そのまま寝るようにしないと、どうも塩梅悪いので、見合わせてそのまま帰ってきました。でも、みんなでご飯食べて、音楽の話できて、子どもたちがいても気兼ねしなくて良くって、とねっこの湯最高でした。
 今日はこれから、がん検診&特定健診です。外に出てみたら、えらく寒いわぁ。
[PR]
# by nyankai | 2017-11-20 08:50 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

3つのお勉強したこと (11/19)

 11月の日暮れは早くて、どんなにお日様燦々でも、お昼を回ってちょっとすると、すぐに夕方のたたずまいになってしまいます。何の問題もなく元気だとしても、たぶん寂しい気分になってしまうことでしょう。まして今、何のために毎日こうして生きているのかがわからなくなっているから、人恋しくてたまりd0017084_9555162.jpgません。今朝も良いお天気です。
 昨日は、今や毎年恒例、赤坂由香利JAZZ live @カフェにんじん、ベースは佐々木原市さん、に行ってきました。倍になった薬の実感はなく、相変わらずこわいですが、鵡川ならば自力で行って来れるとふんだので。
 ジャズは得意ではありません。苦手じゃないんです、得意ではないが1番合っている表現です。流れている分には、相当心地良いのですが、改めてちゃんと聴くのが得意じゃない。でも、ひょんなことから、赤坂さんに出会い、その不思議な声に引かれます。いわゆるハスキーボイスです。
 昨日はお勉強しましたよ。みなさんは、「カーニバル」と「フェスティバル」と「フェア」の違いがわかりますか?カーニバルが「謝肉祭」であることは知っていました。今でこそ、仮装パレードみたいな感覚ですが、元々は肉に別れを告げる宴で、宗教的な意味で肉を食べない期間があり、その前に食いだめをしておくことらしいです。フェスティバルは、素直に「お祭り」で良いです。フェアは、販売目的のお祭りなので、この間あった「ししゃもd0017084_957363.jpg祭り」は「ししゃもフェア」ということになりますね。
 次は、著作権のことです。赤坂さんがCDを作るにあたって、自分で申請をしたそうです。演奏時間が5分を超えると、2曲としてカウントされるのだそうです。歌詞カードをつけると、書物として数えられるのだそうです。なかなか大変なのですね。
 in timeと、on timeの違いは、いかがですか?in timeは「時間内に」、on timeは「時間通りに」です。
 毎年、にんじんマスターとベースとのコラボってのがあるのですが、そうだ、思い出した、去年「枯葉」のメロディーを突然振られて、眼鏡も持っていなかったし、ライトで楽譜は光るしで、散々だったのを。左手はピアノ弾けないのに、とりあえず眼鏡だけはしっかり持って行った私。今年は「いつか王子様が」のメロディーでした。
 終わって外に出ると、車はうっすらと雪化粧していました。タイヤは早々に替えていたのですが、ワイパーは替えたばかりでした。
[PR]
# by nyankai | 2017-11-19 09:50 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

可哀想って言って (11/18)

 夜中に猛烈な風で目が覚めてしまい、じっと眼を閉じてがまんしていましたが、恐ろしくて眠ることができず、センサーで点灯する外のライトが、飛ぶ枯葉か何かのせいで幾度も点くのが気になって、コンセントを抜きに行った時が4時頃。すっかり眠気が覚めていたので、仕方なく、しばらくぶりに睡眠導入剤を飲んでベッドにd0017084_10291287.jpg戻りました。
 鈴子の京都公演に2回行ってくれた友人が、リーフレットを送ってくれました。京都公演のみのです。そのあいさつ文には、地元だから許してくれと、愚痴満載でした。私のことも書いてありました。
 「母が、実は最近本人が公表したから、パーキンソン病なので(どうも積極的に公表したいんらしいですよ。可哀想可哀想言ってもらいたいんだって、わしら親子やわ)、無理しても今年やらんと、来年以降は受け入れができないから(母ががんばって、母の知り合いを動員しないととても成り立たないので)・・・」
 良くわかっているじゃないですか。可哀想と言われたいのは確かにそうだけれど、さぼっているとか、最近やる気ないみたいとか、人を頼ってばかりで甘えていると思われたくない、というのが強いかなぁ。
 具合が悪くなってから、ずい分とテレビっ子になりました。ドラマは、連続ものは1回見逃すと大変なので、大河ドラマくらいしか見ないのですが、1話完結は「相棒」や「ドクターX」を見ます。で、このところ思わず見てしまったのがd0017084_10302943.jpg「コウノドリ」です。
 本音どこかで、見たくないと思っているのに、だって重いんだもの、つい見ささって(良いなぁ、北海道弁)しまいます。先週はあまりの事に、辛くてかわいそうで、見なきゃ良かったと、激しく後悔したほどです。次の日ブログに書きたかったのですが、パソコンが壊れていました。スマホで長文を書く能力と気力は、今の私には無いですから。
 昨日も見てしまいました。これ、去年だったら、どんな気持ちで見ていたでしょう。Yちゃんが、妊娠高血圧症のせいで、予定日よりもずい分と早く仕事を休んで里帰りした時期ですから、平常心ではいられなかったでしょう。
 息子のリーフレットには、最後にこんな記述もあります。
 「娘は可愛いし、妻は愛しすぎてたまらん」まずは良かった。
 笑美ちゃんは、ハイハイ競争に出るんだそうです。優勝すると、おむつがもらえるんだそうで。問題は、歩きだしそうな事みたいです。
 パーキンソンMSクリニックの、川柳が発表されていました。拝借。
   来年は 新薬出してね J先生♡  わかるわかる、すご~くわかる。
[PR]
# by nyankai | 2017-11-18 10:26 | 映画・テレビ番組 | Trackback | Comments(0)

「三姉妹」 (11/17)

 私は、プチ歴女のつもりです。あくまでプチです。と言い訳しておかないと、知識の無さがバレバレですd0017084_1010279.jpgからね。
 「直虎」を見ていて、於大の方が栗原小巻で、すごく久しぶりに見た気がします。栗原小巻と言えば、1967年の「三姉妹」です。旗本の三姉妹の、長女むらが岡田茉莉子、二女るいが藤村志保、三女雪が栗原小巻でした。波をバックに流れるテーマ音楽も、口ずさむ事ができます。恐るべき10代の記憶力です。
 いや、その三姉妹の話ではなく、浅井の三姉妹(茶々、初、江)でもなく、昨日の夜激しく久しぶりに、姉上と姉様と、ご飯を食べました。姉様は今は家庭の事情などであまり自由時間が無く、一時のように遊んで歩くことができません。姉上とは、4月に一緒に韓国旅行をしたのですが、その後私はガクンと具合が悪くなってしまったものだから、不審に思い、どうも声をかけるのをためらってくれていた・・・らしい・・・のです。
 姉様が時間がとれたから、3人でご飯食べようと誘ってくれたのです。私の食欲も、優しいナウゼリンのおかげもあって、何とか持ち直していたので、出かけてみました。正確には、姉上が電池とガソリンで走る、赤い新車でd0017084_10163132.jpg迎えに来てくれたのです。
 誰も飲まないのに(本当は3人とも飲めるけど)、色々なものをちょこっとずつ食べたいのと、心置きなく長時間おしゃべりしたいからと、行き先は「つぼ八」にしました。掘りごたつで、冷たい左足がポカポカして、大そう気持ち良かったです。お茶とお水で、1人前ずつをあれこれ注文して、3時間以上しゃべり続けました。その間、私の左腕と左脚は、相変わらず硬いままではありましたが、姉上の一息が続く限りしゃべりも、姉様の高笑いも健在で、楽しかったです。姉上は、ボランティア活動や車であちこち出かけるエネルギーも、ちっとも変わっていなくて、三女が今は1番情けないです。
 2人とも、もうすでにR.R.Singersのメンバーではないのは寂しいけれど、こうして連れだしてくれるのを、ありがたいと思います。
 帰りの車のフロントガラスは、凍っていました。つぼ八の写真も、ご馳走の写真も撮って来なかったので、初冬の庭の苺とハニーサックルの写真です。今朝はしっかり氷点下です。
 息子が公演の参加者への感謝の気持ちを書いていました。結びが「みなさん、本当にありがとうございます。わしゃあね、本当に人に恵まれているよ。」だったので、良かったです。
[PR]
# by nyankai | 2017-11-17 10:08 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

うわさの真偽 (11/16)

 昨日はそろそろインフルエンザのワクチンを受けておこうと思って、役場支所に補助の申請に向かいました。そのまま受けに行く予定だったのに、私が行こうとしていた病院では、ただ今ワクチン欠品だそうです。次に入るのが20日の予定で、その日付で書類を作ってもらいました。
d0017084_93423100.jpg そうかぁ、報道などで足りないことは知っていたし、子どもの接種を1回に制限している所もあるやに聞いていました。でも、接種が始まって10日目位だし、いつも中下旬だし、あまりに早く受けても3月の流行に対応できないんじゃないかと言う気持ちもあり、何より先週までは、心身ともに調子悪すぎて、行動起こす元気もありませんでしたから。
 ワクチン品薄の理由は、インフルエンザA型の株が上手く発育しなかったことにあるそうです。今がんばって作ってくれているようで、品薄は順次解消され、接種期間が延長されることは期待できるようです。ただ、早い流行には対応できないですね。どうかそんなことが起こりませんように。
 私が子供の頃は、学校で集団予防接種(無料)を受けました。今と違って、えらく痛い注射で、良くもむように指示されました。それでも打った所が腫れあがって、翌日は友達同士その痛い所を叩きあって遊びました。私はその程度で済みましたが、もしかしたらアレルギーでも持っていたのか、1番仲が良かっためんちゃんは、腕全体が腫れあがって肘が曲がらなくなり、病院に行きました。
 予防接種を受けたら、学校ではインフルエンザが流行しなかったのかと言うと、良くわかりませんが、私の記憶では、d0017084_9345619.jpg小3・小6・中1にひどく重い風邪をひいたので、効果は万全ではなかったのではないかと思います。写真は、小3と小6の私です。
 学校で集団接種をすれば、流行を食い止められるつもりだったのを廃止した、きっかけの中には、重い副作用などもあったようですが、大規模な調査が行われたそうですが、流行に何ら変わりがなかったのだそうです。集団予防接種は、1990年に廃止され、94年に任意接種(有料)になりました。
 そう言えば、猫も杓子も学校で受けさせるのは反対であると、同意しない親がど~したこ~した騒ぎもあったように思います。自己責任は当然ではありますが、せめて子どもは無料で学校で受けられたら良いなとは思います。
 私は母がグループホームに入った年から、また受けるようになりました。注射は格段に進化して、もまなくとも良くて、腫れあがらなくなっていました。20日は、がん検診・特定検診の日ですが、何とか行けるでしょう。
[PR]
# by nyankai | 2017-11-16 09:30 | 社会 | Trackback | Comments(0)

ヨドバシ通る (11/15)

 パーキンソンMSクリニックは、札幌駅の北口近くにあります。バスを降りて、出来るだけ外を歩かないためには、大丸百貨店とヨドバシカメラを通り抜けるのが良いのです。
 薬が倍になって今のところ特にこわばりが軽減した感じはないし、インドメタシンが肩に効いている気もしません。でも優しいナウゼリンは、少し良いような気がします。それはジュンちゃん先生が、思ったようにはいかないけれど、寝ていたいのは変なことではないし、痛いのも良くあることですと、重ねて認めてくれたからかもd0017084_932047.jpgしれないです。
 病院を出て、ヨドバシの店内を歩いて、その左側には、パソコンが並んでいました。パソコンは、Dellからは、部品が無いので修理不可能の連絡が来ました。なのに、近くに住む知人のおかげで、とりあえず動いてくれています。でも私は、意志を固く持って、近いうちに新しいのを買おうと思っています。
 で、パソコン売り場を歩いていると、Dellの文字が。え~っ、Dellはお店では売っていないんじゃないの?笑わないでください、もしかして、みなさんにとっては常識なのかもしれませんが、私はそう思っていたのです。当然Dellの、それもデスクトップの前で立ちすくむ私を、お店のスタッフが見逃すはずが無い。めちゃめちゃきれいなモニターの横に、控えめに立っていたパソコンは、今のより3分の2位の大きさでした。
 Dellにこだわるつもりは全く無いのですが、スタッフによると、Dellは余計な物が入っていないので、お買い得ですよとのこと。私は、調べ物とブログとCDのコピーと写真のプリントとちょっとした文書が作れればそれで良い。今度はノートがほしいと思っていたのに、「持ち歩かないのなら、放熱の点からも、デスクトップ良いですよ」。そりゃそうだね。d0017084_94861.jpgすぐに前言を翻す私。正直、Dellのデスクトップは、何となください感じがします。だって、前のパソコン「バイオ」の方が、ずっとデザインは良いもの。周りには、スタイリッシュなパソコンが、うじゃうじゃありました。
 昨日、とりあえず直してくれた知人に、お礼方々又会いに行きました。おっきいパソコンの方が、直してやりやすいって。調べてみると、「ヨドバシ」「ビック」「ヤマダ」には、Dellが置いてあるみたいです。知らなかった。ヨドバシとビックは都会にしかないけれど、ヤマダはそこら辺にもあります。調査に行くのは可能です。
 それはそうと、町に1軒くらい、パソコン設置修理便利屋さんがいた方が良いですね。
 息子の京都公演、「名誉男性鈴子」の公演すべてが終わりました。お疲れさまでした。神戸の友達が行ってくれました。前原さんのジャンパー、そのまま借りてますね。
[PR]
# by nyankai | 2017-11-15 09:00 | テレビ パソコン&携帯 | Trackback | Comments(0)

優しいナウゼリンとの再会 (11/14)

 パーキンソンMSクリニックに行ってきました。それ自体は苦痛は無いのだけれど、お金と(待ち)時間がかかってくたびれた、2つ、正確には3つの検査結果が出そろい、最終診断と、今後の治療方針を決めてもらえるとd0017084_919597.jpg思って。
 頭の念のための縦方向MRIからは、パーキンソン症状の出る、場合によってはパーキンソンよりも怖いかもしれない別の病気ではないという診断が出ました。ダットスキャンの結果から、左側に強い症状が出ている証拠も出ました。ところが、交感神経シンチの結果は、ジュンちゃん先生から「意外」の言葉が出たほど、普通の範囲なんだそうです。でも個人差で、症状から言ってもパーキンソンで間違いないとのことでした。
 お値段の高い新薬はまだとっておいて、とりあえず、オーソドックスな薬が、倍の量になりました。胃腸がおかしくなって、食欲が戻っていないことを相談したら、薬の副作用かもしれないのでと「ナウゼリン」を出してくれました。これは、いっちゃんの看病中、私が食べられなくなって、ニャンコ座町の国保病院で、大好きなY先生が出してくれた薬でした。たぶん私、ナウゼリンに助けられたんだと思います。
 左肩が痛いのも、筋肉が硬くなっているせいだからと、インドメタシンの塗り薬を出してくれました。
d0017084_9193925.jpg とにかくこわくて寝ていたいのを何とかしたいと訴えると、「そういう人もたくさんいるから、おかしなことではないですよ」と、ニコニコ認めてもらえました。
 自分で努力できることと、やってはいけないことを聞きました。やっていけないことは基本的にはありません。疲れ過ぎない程度に、運動をした方が良い。肩の痛みが和らいだら、水泳も良い。ラジオ体操(起きてないって)や、テレビ体操も良い。大きな声を出すのはとても良い。昼寝をすると楽になるという証言も多々あるので、疲れたら横になるのは良いこと。
 クリニックは、明るくのんびりした時間が流れていて、リハビリをしている夫を待つおばさんたちが、余裕のおしゃべりをしています。今は、お水やお茶がある病院が当たり前ですが、クリニックにはコーヒーもあります。
 帰りのエレベーターで一緒になった、同世代のリハビリ帰りの女性は、ナントカ言う難しい名前の病気だそうで、私を励ましてくれました。
 で、今朝の体調はどうかと言うと、まだ良くわかりません。
[PR]
# by nyankai | 2017-11-14 09:17 | パーキンソン | Trackback | Comments(2)

最後は近くにいる人 (11/13)

 パソコンが無事起動したことを、感謝いたします。
 Dellのサポートセンターは感じが良くて、私は信頼していますが、やっぱり最後は人だなぁと思うのです。近所のパソコンの名手、にかなうものはありません。彼はヒーローです。本当の原因は断定はできませんが、メモリの接続の不具合はあったのでしょう。ボタン電池のせいで、メモリに何かが起こることもあるし、最近音が大きくなっていたのは、d0017084_873787.jpgファンのぐらつきや埃のせいだったかも知れません。それは、日常はどう対処したら良いのでしょう。
 Dellは、余計なものが入っていなくて、そこは良いのだそうです。その反対が、ソニーと富士通だそうですよ。パソコンの箱の中も、意外にスッカスカしています。私のパソコンは、今87GBしか使っていなかったです。しっかりバックアップとって(やり方知らない)、頭の隅に不安を抱えているのも嫌なので、買い替えの方向で行動します。今のプリンターは、写真の色が今一なので、プリンターも一緒にと思っています。
 昨日は昼に、まじょ子さんとマダムJが、おいしいお昼を持って、遠い所を来てくれました。いざとなったら、外仕事もしてやるよと、勇ましいかっこうでした。マダムJは、少しお姉さんですが、人の心の痛みもわかる、分け隔てせず、明るく励ましてくれる、すばらしい人です。そのマダムJも、最近年を感じたそうです。
 死にたい訳じゃないけれど、こんな調子だったら、生きて行くのが嫌になってしまうとぼやいてはみたものの、 d0017084_885293.jpg笑美ちゃんが私をおばあちゃんであると認識してくれて、それ相応に頼ってくれるようになるまでは、死ぬのは悔しいのです。そう言うと、大丈夫だよ~と、笑い飛ばしてくれました。
 マダムJは、日勝峠が開通し、町に賑わいが戻って来たことを、喜んでいました。私も、良くぞ1年ちょっとで開通させたと、すごいなと思います。
 今息子が公演中の「名誉男性鈴子」は、ジェンダー問題がテーマですが、一般的に(一般的にですよ、あくまでも)夫婦の場合、機械に関しては夫の方が強い場合が多いです。どんな夫もパソコンを開けて掃除できるという意味ではないですが、少なくとも先に立って考えてくれることが多いでしょう。妻は女であるというだけで、丸投げで甘えてしまうことが多いです。それで良いとは思いませんが、夫婦が元気だったら、役割分担はありです。何もかも自分で受け止めなきゃいけない、自分だけで第1歩を踏み出さなきゃならないのはしんどいな。
 外の花達は、ほぼ終わりました。病院に行ってきます。前に進む手掛かりが見い出せますように。
[PR]
# by nyankai | 2017-11-13 08:06 | 心もよう | Trackback | Comments(4)