<   2017年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 昨日は天気予報は雪だったのですが、幸いに外れてくれて、シマセンセの所に行けました。マコは、血液検査の数値はまあまあで、体重もちょっと増えて、元気なのですが、ステロイド剤をたくさん飲んでの結果なので、引き続き慎重に経過観察です。でも「たまに、あ~っ、今日は飲ませるの忘れちゃったF46B.gif、位で良いです」という、非常に微妙な指示が出ました。
 帰ると、忘れた頃に届く、アイルランドからの手紙が届いていました。まじょ子町でお世話になった、メアリーさんからです。d0017084_1071937.jpgそう言えば、まじょ子さんに英訳してもらって、クリスマスカード出したのでした。
 メアリーの事だから、私にも読めるように、易しい英語で書いてくれたのがわかります。体調への気遣い、猫の事、孫の事、みんな書いてありました。ありがとう、メアリー。
 ピンクの封筒に貼ってある、切手が妙に気になりました。海外に郵便を出す時は、印字された料金のシールではなくて、できるだけ切手を貼ってやった方が、お楽しみと思います。まず料金です。基本的に出す国の郵便局の収入になります。左の切手が€0.38(ユーロ)で、右が72¢(セント)です。1€=100¢が121円(昨日)とすると、d0017084_1011379.jpgだいたい133円位でしょうか。日本だとヨーロッパで25g以内で110円だから、ちょっと高い感じ。
 左の切手の、2人の女性の写真が、非常にInterestingで、がんばって調べました。わからない事があると、寝食忘れて調べたくなってしまうのが、私の悪い癖。
 緑の方は、Kathleen Florence Lynnキャサリーン・フローレンス・リンさん(1874年1月28日 – 1955年9月14日)、アイルランドの活動家・医者、聖Ultan子供病院を創った人。オレンジの方は、Elizabeth O'Farrellエリザベス・オファーレルさん(1884年11月5日 – 1957年6月25日)アイルランドの看護師・助産師。だそうです。
 右の切手は、わかりませんでした。ペンダントトップに見えますが、気球かはたまた玉ねぎか。メアリーは、アイルランドの色んな事教えてくれました。「セント・パトリック・デー」で、緑の服を着てきてほしいと言われたことを、忘れられません。シャムロックF7C0.gifの緑です。
 そう言えば、札幌オリンピックで、尻餅をついたジャネット・リン、大好きでしたが、彼女の顔はケルト系だと思います。昨夜の調べ物は、ここまででくたびれましたF7CE.gif
[PR]
by nyankai | 2017-01-31 10:04 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(3)

 去年11月にあった「MisaChiハロウィンナイト」→ここ で、たまたまお隣に座ったかわいい女性が、「苫小牧ウインド・アンサンブル」のメンバーで(ニャンコ座町住民だけれど)、「チケットさばけないので、ご招待しますから、演奏会に来てください」お願いされました。「吹雪じゃなかったら行くね」と答えておいたら、クリスマスの頃、チケットを2枚送ってくれました。たぶん、歩いても行けそうなほど、近所みたいなんだけれど。で、良いお天気だったので、姉上を誘って(というか、乗せてもらって)行ってきました。チケットいただいたお礼F3AD.gifに、小ぶりのアレンジメントを持って行きました。
 d0017084_9241327.jpg吹奏楽は、あまり聴く機会が無いのです。別に嫌っているのではないのですが、どうも歌関係→管弦楽→何かしらのアンサンブル→吹奏楽の順になっています。だからこうして、何かご縁を作ってもらえたのは、ありがたいです。
 でも、苫小牧ウインド・アンサンブルは、初めてではなく、実力があることも知っていました。会場に入るなり、並んでいる椅子の多さ(60人位)に驚きました。楽員が入場して、その平均年齢、合唱の世界に比べると、ぐっと若いのもうらやましい。自分が平均年齢を引き上げる年になっているのに、うらやましがるのは変かもしれませんけど。
 指揮者が2人も、うらやましい。ゲスト・コンサート・ミストレスが「シエナ」の黒岩真美さん(指揮者の松田さんとご夫婦なんだとか)であるのも、うらやましい。
 松田さんも淀みない楽しいトークをしますが、鳥越さんがすばらしい。「おやじ」ではありません「お父さんにしたい吹奏楽指揮者No.1」って感じです。シュトラウスの「春の声」で、日本人の3拍子苦手論に触れ、ちょ~っと太めの体で、一生懸命ワルツを振る。その様は、いかに重力を軽くしようとしているのか、とても良くわかりました。去年ファーチレのマエストロ練習の時、3拍子の舞曲の拍子感が重くて、ダンスを躍らせたのを思い出しました。
 全く知らない曲でしたが、天売島を描いたという「天国の島」が、良かったと思います。「ガイーヌ」から「剣の舞」の他4曲聴けたのも収穫でした。アンコールは「トランプは好きじゃないけど」と前置きされて「星条旗よ永遠なれ」、私の中では、これぞ吹奏楽ですね。安定感があって、まろやかな演奏会だったと思います。
 プラグラムのデザインは。古い楽譜なのですが、何の曲なのかが、とても気になる。ドイツ語と英語とラテン系の言語が書いてあります。誰か、わかる人F65A.gif
d0017084_9244324.jpg

[PR]
by nyankai | 2017-01-30 09:23 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

 家の周りは、できそこないのスケートリンク状態で、非常に危険です。
ニャンコ座を建てたてすぐの頃、いっちゃんの実家から、お義母さんが枝を刺してつけてくれたハイビスカスをもらってきました。それはグングン、グングン大きくなり、何の知識もなかったので、放っておいたら大木になりそうな勢いでした。芯止めと言うのをしなくてはいけなかったようです。わからないまま、伸びすぎた枝を適当に切っていますが、毎年冬場は、1つ2つと咲いてくれて、北海道の緑と花の無い季節を慰めてくれます。
 d0017084_10223269.jpg前から興味深く思っていたのですが、ハイビスカスの葉っぱには、大別して2種類あるのです。普通はいわゆる良くある葉っぱの形なのですが、時々、朝顔みたいな切れ込みのあるのがあります。新しく伸びた枝というでもなく、それによって花芽が付くか否かでもなく。不思議だなぁと思って調べると、私の他にも疑問に思う人はたくさんいるようで、いくつも検索に引っ掛かってきました。答えは、そういうもの、らしいです。
 まれに、斑入りのが出現したり、黄色くなって枯れてしまうのもあります。
 暖かい所に行きたいわぁ。子供の頃は雪が降ったらうれしかったけれど、今は冬はいらない。
 昨日のヨガは、人がいっぱい(たぶん14人)いました。1人1回800円なので、先生良かったね。3~4人で申し訳ない時もあるので。
 ゆっくり呼吸するって、本当に良いと思います。ポテンシャルヨガなので、特にスピリチュアルであるという感覚にはなりませんが、頭がけっこうスカスカになります。私は貧乏性で、常に何かをしていたい、していないにしても考えていたいのです。たぶんいつでもどこかに力が入っていて、勝手に疲れるんですね。だるい左脚は、脱力ができないまま1年経っているみたいです。家でも、毎日30分位、何かのポーズで、ボ~ッとすれば良いのですが、人はそんなに強くはない。私の場合、脱力しようと、がんばってしまうのがダメなんですけど。
 ヨガでわかったことは、できないことをしなくて良いF3A8.gifことかな。右股関節のせいで、ヨガのスタートポーズができません。私の右股関節は、あぐらをかく事ができないのです。これは鍛えることもできませんから。でもそれでも良いのです。
 今日は、吹奏楽を聴きに行きます。
[PR]
by nyankai | 2017-01-29 10:20 | ハルとナツ | Trackback | Comments(0)

壁 (1/28)

 昨日はとんでもない天候でした。強風と雨、土がすっかり凍っているので、降った雨は浸みこんで行けず、あちこちジャボジャボになっていました。今日はそれが完璧に凍りついてd0017084_9511971.jpgいます。
私は、自分の体調に気をもみたい。F3D9.gif笑美ちゃんが今日も健やかかどうか、気にかけたい。「讃歌」がちゃんと歌えるかを心配し、練習したい。それなのに、トランプうるさい。私には関係無いと無視したいけれど、アメリカの大統領の傍若無人さと、全く無関係と言う訳にはいかないでしょう。トランプ支持者をトランペッターと言うらしいですが、そりゃトランペット奏者F3B0.gifに失礼だわ。
 もし、ジョン・レノンが生きていたら、彼はどうしているでしょう。
想像してごらん 国なんて無いんだと そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く そして宗教も無い
さあ想像してごらん  みんながただ平和に生きているって...
ジョンが批判したら、トランプは「彼は、もっとも過大評価されているアーティストだ」って、言うんでしょうかね。
 「壁」作るって 「ピンクフロイド」の「ザ・ウォール」(1979)を聴きたくなって、CD探したら、無い、2枚組LPレコードと、「ロジャーウォーターズ」の「ザ・ウォール・コンサート・イン・ベルリン」(1990)のVHSビデオテープでした。
 人は自分自身で、抑圧や疎外感としての精神的な壁を作ってしまうけれど、最後は苦しみながらも、その壁を取り壊せ、と言っているアルバムだと認識しています。1979年の作品ですが、その10年後にベルリンの壁が崩壊し、バックにザ・ウォールが流れて、震えるほど興奮したのを覚えてd0017084_952123.jpgいます。
 ザ・ウォールの訳詞を見ると、面白い言葉があります。「みんな結局 壁を作るための煉瓦だったのさ」人は壁を作って守られたいものですかF65B.gif 下手をすると、自分が煉瓦の一つになってしまいますよ。「結局たやすいことではないのだ 狂った野郎が築いたあの壁に 心ごとぶつかっていくということは」って、何だかすごい歌詞だわ。
 もう落ち込んで、起き上がれなくなることは無いと思うけれど、左腕脚のだるさには、ほとほと嫌になっています。イライラもします。楽譜は持つの辛いので、オーディオの側にたためない姫譜面立てを置いて、椅子に座って、CDかけて「讃歌」の練習をするのですが、ドイツ語がうやむやになります。がんばらなくちゃ。もはやだるさには、笑美ちゃんだっこパワー特効薬が効いてくれるのを、祈るのみ。笑美ちゃん、寝ないで付き合うからさ、よろしく頼みます。
 デジカメが、壊れそうだF7F5.gif どうしたもんか。
[PR]
by nyankai | 2017-01-28 09:46 | 社会 | Trackback | Comments(0)

 風が音をたてて吹き、どんよりしています。少し前の、冬らしい、キ~ンと冷えた日の写真、d0017084_10211827.jpg撮っておいて良かったわ。
 F3D9.gif笑美ちゃんの予定日が1/26と聞いた時、ひそかに1日遅れて27だと良いなと思ったものです。モーツァルトの誕生日だからです。何たって、神童・天才ですから。もありますが、息子がモーツァルトとの命日である12/5生まれなので、おもしろいしょ。それだけのことです。
 以下、息子と内親王様のツイッターによると、Yちゃんの実家に行った息子は、初めて3人で川の字に寝て幸せと思ったのもつかの間、朝までずっとぐずられて、2人で抱っこし続けたらしい。そういうものだよ・・・と今だから、一緒に住んでないから、言えるけどね。子育てって、そういう理不尽さを知る事になるんだよね。赤ちゃんは、親の人権など無視するのですF65A.gifそこが良いのですF3F1.gif
 笑美ちゃんが便秘かもしれないので、肛門マッサージしたら、ウンチ大洪水になったそうです。息子はミルクを作る時に、カクテルバーで働いていた時の腕を発揮するそうです。カフェラテのミルクになっちゃうんじゃないかF65B.gif
 笑美ちゃんに会いに行くための、航空券F68C.gif買いました。とりあえず、ちょっとだけにしました。寒いし、だるいし、猫F465.gif心配だし。
 3匹いた猫が2匹になって、それぞれ年とって(猫は人間の3~4倍の速さだそうで)、甘えっこ度が増しています。気配もなく側に来て、スリスリして、ゴロゴロ喉を鳴らして寄り添ってくれます。d0017084_10221946.jpgもう年寄りですから、それほど動き回りませんが、元気かどうかは、このゴロゴロにかかっています。具合が悪い時は、静かに寝ているだけで、ゴロゴロ言いませんから。
  編み物の毛糸の上に座り込み
      猫がゴロゴロすりゃ元気
 でも、編み物の邪魔は勘弁してほしいです。特にダリは毛糸玉に飛び付いたりお腹に敷いたり、そんなことやめて、私をかまってと言わんばかりです。これが猫と暮らす楽しみです。マコは毎朝薬の用意をすると、必ず出窓に上がって飲ませやすいようにしてくれます。これからも、何回もの冬をこうして過ごしたいです。
 この間、キャンドゥーで見つけた、加湿機のフィルター。これ、宮地楽器のは高いのよ。たった108円で同じ働きなら、どうしてくれようF46B.gif
[PR]
by nyankai | 2017-01-27 10:19 | | Trackback | Comments(0)

 F3D9.gif息子から、笑美内親王様に謁見する日の打ちあわせのため、電話が来ました。電話口に出してくれたらしく(電話を近づけた)、小さな息づかいに交じって「アッ」と聞こえました。初めてリアルタイムで聴いた、孫の声でした。今日がいわゆる予定日でした。きっと、40週の赤ちゃんと同じ位の体格になっていることと思います。
 息子のソウル公演にも影響があるかもしれない、気になる韓国少女像情勢です。私の正直な気分は、どっちもどっちです。そして真実が知りたいです。ソウル地裁で、朴裕河(パク・ユハ)さんに無罪判決が出た事に、ほっとしてはいますが、又騒ぎは大きくなるんだろうな。元慰安婦の方たちが、本当はどう考えているのか、何を望んでいるのか、どうしたいのか、報道は偏ってはいないのか、そして日本人、私を含めて無知・無関心です。
 ここへきて、中国とアパホテルもややこしい。お願いだから、面倒な事は起こさないでください。
 稀勢の里の横綱昇進の伝達式での口上が、四字熟語を入れずにシンプルで良かったと評判です。良いんじゃないですか、シンプル。のびのびがんばってね、稀勢の里。それを知らせる番組で、キャスターたちが言った「虚弱体質」と「安全第一」を聞いて、相手もいないから、仕方なく1人で笑った私は、腕がかなりだるいくせに、編み物をしています。体調不良になってから、何かをやり遂げることがなかなかできないでいたから、
 d0017084_10101864.jpg先週新聞に載っていた絵に、目を奪われF379.gifました。「となりのイノチ」のコーナーで、一瞬写真かと思ったほどの、浩而魅諭さんによる「シマエナガ」の細密画で、タイトルは「みあげると~シマエナガ・マユミ」です。幾度か書いていますが、息子が小さい頃、その友達が良く似ていると言ってくれた、シマエナガです。色白の丸顔に、まん丸い目。今、シマエナガがブームなんだそうです。ブームって、どういう意味かF65B.gifというと、“べスト・オブ・ことり”らしい。それは私もわかる。こんな愛らしい小鳥はいないんじゃないか。
 でも見かけによらず、生体はタフで、なかなか餌付けされないのだそうです。ニャンコ座のバードテーブルにも、もっぱらカラス(カラスとは絶対に敵対しないことにしている)のクロリンたちがやってくるだけで、季節によってはヒヨドリ、シジュウカラ、たまにアカゲラが遊びに来るくらいです。私が気づいていないだけでしょうけどね。
 毒のある「マユミ」の実を食べることができるのだそうです。マユミがあればシマエナガが来るのでしょうか。見てみたいものだわ。
[PR]
by nyankai | 2017-01-26 10:07 | 自然 | Trackback | Comments(0)

 何でも鳥取辺りでは、大雪で難儀している様子、寒い北海道から心配しています。こんな時は、南国の話しを。スキューバやりたくて、宮古島に移住したぶっ飛んだ姪っ子が、年賀状で結婚した事を報告してきた件は、2日に書きましたが、その姪っ子に心ばかりのお祝いを送ったら、お返しにゼリーが送られてきました。d0017084_1045653.jpg住所を見ると、家の近くのお店らしいですが、「ドラゴンフード モンテドール」(全国的に有名なお店らしい)の「琉球ブルー」というゼリーでした。
 グァバ・パッションフルーツ・マンゴーの3種類2個ずつで、3層構造になっており、上が透明のゼリーにキューブの寒天が入っています。真中がどのフルールのピューレ、下は杏仁ゼリーです。いっちゃんに「ちっこからのお返しだよ~F37E.gif」とお供えして、さっそく大好きで間違いないマンゴーをいただいてみる。おいしいF65A.gif、いくら私が今、ジプレキサの副作用で食欲増進中だとしても、おいしすぎるF3F1.gif
 姪っ子の手紙によると、宮古島は20℃超えの毎日だとか。姪っ子じゃなくとも、移住したくなるわ。せめて歌って060.gif踊り070.gifましょう。はい「君たちグァバ・パッション・マンゴーだね」
 そのジプレキサですが、筋肉量の少ない痩せた女性に、太る副作用が顕著に表れるそうです。それはもしかしなくても、私の様な人のことではありますまいかF7F5.gif。でもおそらく、左脚と腕のだるさには、何の効果も見られないので、次回の診察では、やめるか減らすかになることでしょう。腕と脚に歯は、何かよどんだねっとりした重い物が沁み込んでいる様な感覚です。スキッと抜く方法は無いですかねF65B.gif
 ところで、全く話は変わりますが、昨日のブログF679.gifに「梨のつぶて」と書いたら、知人が変じゃないのかと心配してくれました。実は私も、変換したら「梨のつぶて」になったので、パソコン馬鹿じゃないのと思ったのです。でも調べてみると→投げた小石は返ってこないことから、つぶてのように音沙汰がないことを「なしのつぶて」と言うようになった。漢字では「梨の礫」と書くが、「梨」は「無し」に掛けた語呂合わせで特に意味はない。ただし、「無しの礫」では「何も無いものを投げること」になって意味をなさないため、形のある「梨」を用いて「梨の礫」としなければならない―ということでした。1つお利口になりましたF7C3.gif
 F3D9.gif笑美ちゃんの4分の1は私の遺伝子、どこが似ているか考えてみた。あ~っ、おでこちゃんだ。祐友に、ミュージカル女優にさせたいと言うと、宝塚音楽学校に行かせると良いと。なるほど。「笑の内閣」にならすぐ入れるのだけれど。すでに入っているかも。
[PR]
by nyankai | 2017-01-25 10:01 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)

 今朝はこの冬1番の冷え込みだったかもしれません。今さっきちょっと外に出て歩いてみたら、雪がキュッキュッと鳴って、息を吸うと鼻の穴が凍りました。占冠で-32.8℃など、z30℃超え(絶対値で)も何カ所かあったみたいです。
 昨日は全く予定が狂いました。A子さんが、御主人との待ち合わせのために、暇つぶしに1時間位行って良いかと言うものだから、もちろんどうぞとお招きして、ケーキ食べたり、ちょっとリコーダーの練習したりして待つも、ご主人からは梨のつぶて。d0017084_10373073.jpgご主人が現れたのは、4時間後でした。全くもうF7CE.gif
 みなさんは、冬の歌と言えば、何を思い出すでしょう。クリスマス関連の歌も大好きだし、「津軽海峡冬景色」も「北の宿から」も決して嫌いではありませんが、私が地味に印象的なのは、文部省唱歌の「冬の夜」です。ともしび近く 衣(きぬ)縫う母は 春の遊びの楽しさ語る ですよ。大正時代に出来た歌で、作者は不明のままだそうです。2番の歌詞に、過ぎしいくさの手柄を語る があってふさわしくないからと、過ぎし昔の思い出語る に書きかえられました。さすがに囲炉裏の端に繩なふ父など、体験はありませんが、冬の夜に家族がそろっている様は、外は吹雪でも暖かいなぁと感じるのです。メロディーが歌曲風なのも好きな理由の一つです。
 もう1曲は「もえあがれ雪たち」です。昭和40年頃(昭和だけは元号の方がイメージしやすい)の「みんなの歌」で、作詞は阪田寛夫、中山千夏が児童合唱団と歌っています。d0017084_10382873.jpgとにかくカッコイイと思いました。もえあがれ雪たちで、ピシッF65A.gifと切れるのです。合唱団のオブリガートにも憧れました。小学生でしたが、雪の日に外に出て、雪の奥のミルク色の雪雲のその先の鈍く光る太陽の方を向き、この歌を歌っていました。3番の最後だけ 青いほのおの色に~と伸ばす所が、斬新だなぁ~と思ったものでした。「ブリザード」という言葉を知ったのも、この曲でした。
 F3D9.gif笑美ちゃんの最新の写真が送られてきました。ちょっとだけ惜しいのは、眠いっている所でしたが、かなりの美人ですF7C3.gif。鼻がツンと高くて、ほっぺの丸みはYちゃんとそっくりだと私は思います。息子に似てなくて良かったと思ったら、A子さんが、目が息子に似ていると言いました。目、つぶってるしょ。でも、まぶたの膨らみ加減がですって。母親の私はわかりませんF7CE.gif。息子が若干有名人過ぎるので、笑美ちゃんの写真は残念ながら載せませんが、バババカ話に付き合ってくださいまして、ありがとうございます。
[PR]
by nyankai | 2017-01-24 10:33 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

 私、精神的に元気になったら、だるくて動かないものだから、本当におなかがポニュになってきたみたいです。まずい、人生初の、太るかもしれない危機感。だるくてもやれることは何だろう。今調べたら、ジプレキサはご飯がおいしくて、太るって書いてあった。そのせいかな。
 昨日は、ファーチレの練習に、一緒に歌ってくださる北広島混声の方たちが何人か参加してくれたので、一層力が入りました。いつも譜面台を貸してくれる歌友が都合で遅くなり、借りられなかった(私は譜面台が買えないのではありません。買ったら、持って歩くのが重いからです)ので、けっこう困りました。d0017084_104292.jpg左手で楽譜(「讃歌」は321g)を持つのは辛いです。でも歌うのはやめられません。4月30日(日)、キタラで「讃歌」歌います。チケット1,500円、5枚ノルマです。皆さん、聴きに来てください、よろしく。
 練習の間中、雪の降り方が気になる。一昨年だっけ、ペガサス最終便が雪で運休になり、JR乗り継いで、最後は日高線にも見放されて、タクシー使って、えらく大変だった悪夢があるので。大した事なさそうだったし、実際ペガサスはスイスイ走っていました。車窓から、又憧れのC-HRがあるかな~と、ぼんやりと外を見ていると、たぶん信号待ちで、突然目に飛び込んできた文字が「ハイブリッド4WD生」F65B.gif F65B.gif F65B.gif落ち着け、もう1度良く見るんだ、「ニュープリウス ハイブリッド4WD 誕生」でした。
 d0017084_1051891.jpgバスを降りると、ニャンコ座町は新雪に埋もれていました。積もりたてなのか、まだまったく除雪の手が入っていませんでした。雪を漕いで、スーパーの駐車場に止めた車までたどり着き、エンジンをかけて、雪落としにかかる。同じバス停で降りた何人かが、みんな仲良く車の雪落とし。ロングブーツじゃなかったから、雪が入る。それでもシエンタちゃんは四駆だから、気にしないで真っ先に、駐車場を脱出しました。さっすが4WD「生」F7C3.gif
 帰りのバスに乗るために、ターミナルに行くと、目の前でたいてい「earth music&ecology」のタイムセールにぶつかります。妙な節をつけた甘ったるい高い声で、私を誘惑するのです。70%offに勝てず、とりあえずニットのワンピースの値札を見ると、赤札990円。安っF65A.gif笑美ちゃんに会いに行くのには、楽そうで良いわ。迷っている場合じゃない、混雑しているレジな並ぶ。提示された金額は748円(税別)でした。そうか、タイムセールなんだF7CE.gif
 F3D9.gif笑美ちゃんは、夜寝ないで、Yちゃんを悩ませているそうです。そんなもんさ。
[PR]
by nyankai | 2017-01-23 10:02 | 自然 | Trackback | Comments(0)

 マコ病院F465.gifは明日の予定なのだけれど、天気悪そうで、今日はファーチレだしで、昨日行っていました。調子は悪くないのですが、ステロイド剤に副作用であろう、血糖値の上昇が見られ、次回は10日後になってしまいました。人間の10分の1位の猫ですが、d0017084_93488.jpg血糖値(だけに限りませんが)の正常範囲って、人間とほぼ一緒なんですよ。これ以上上がってはいけないそうです。
 私は自己肯定感やプライドが高いし、時々へそ曲がりなので、ことさら意識せずとも『私大好き』ですが、そうあれるのはたくさんの人たちのおかげであるという気持ちを忘れず、それをできれば表に出そうと心掛けています。が。
 とうとうトランプ大統領が確定してしまいました。内政干渉する気は毛頭ありませんが、白人ばかりに見える就任パレードを見るに、心配でなりません。トランプの、豊かに育った体型、きれいな歯(顎から下唇までの距離の長さ)、家族を含め、非の打ちどころない美しい人達、こんな面々に何ができるのだと、いいえ、できなくとも良いですが、悪いことをしなければ。思いだすのは、かつて町のAETが、痛めた膝の治療を、アメリカ帰国前に日本で受けたこと。「日本は保険があって良いわ」と言っていました。
 彼が掌を前に向けて、指を何本か折(数パターンあるよ)、上下に振りながら発する言葉に「感謝する」と「誇りに思う」が、幾度となく出てきます。リップサービスや作戦ではなく、本心であると思います。でもだからこそ、その軽さにうんざりします。日本人にとって、海外の人の、感情を外側に出す行為自体に、多少の違和感があることを差っぴいても。
 とあるドラマで、虚構のブログF679.gifを書いている設定がありました。誰が見ても、理想の日常です。そこにも「感謝」と「誇り」がちりばめられています。あ~、そういうブログ、実際にあるわぁ~。ブログだったら、好みじゃなかったら読まなきゃそれで良いのですけど。そう、読まなきゃ良いだけだと、おっつけばれます。
 「感謝」には、「ありがとう」という言葉があります。これは、当たり前ではなくて有り難いことへの感謝なのだから、心から思おう、全力で「ありがとう」と言おう。
 「誇りに思う」なんて、大袈裟で恥ずかしい。ちっぽけな私などは、せいぜい『自慢ですが・・・』と前置きしてドヤ顔する位で、ちょろいものです。はい、笑美ちゃんのかわいらしさは、自慢です。会ったこと無いけどね。
 ファーチレ行ってきます。帰るまで、荒れないでF65D.gifください。
[PR]
by nyankai | 2017-01-22 08:59 | 心もよう | Trackback | Comments(0)