ブログトップ

ニャンコ座リポート since 2005 April

<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

老眼的 (11/30)

 薬の効きはどうか、まだ予断を許さない状況ですが、悪くはなっていません。昨日は相変わらず横になっていたい気分にあらがって、朝食の後、一気にどこまでやれるかに挑戦してみました。ちょっとですが食器洗う、洗濯(シーツや枕カバーとり替え)、猫トイレ掃除、ゴミだし、花と加湿器の水、風呂掃除、トイレと洗面台の掃除を軽く、クリスマスツリーを飾ったから色々散らばっていた辺りに掃除機をかけ・・・やる事っていっぱいあるんだなぁ、この程度の事は仕事している女性だってやっているんですよね。ぐったりして新聞を読みましたが、力を入れるとプルプル震える感じは、ちょっぴり軽く・・・いや、過度な期待はよそう。
 新聞コラムに、記者自身が老眼になってきている話題がありました。加齢による老眼は、人間固有ではなく、類人猿のボノボもなるんだそうです。ボノボって誰?以前はピグミーチンパンジーって呼ばれていたんですって。そっちの方が聞いたことあります
 老眼を恥じることはない。「近視眼的」は、良い意味ではないし、「老眼的」とは言わないから、経験から物事の本質を見極める余裕を持ちたいと言う話。本当にそうだなぁ。
 d0017084_1173310.jpg私は小学校の就学時健診時点で、すでに近視でした。他の子よりも見えない事で、ものすごい劣等感を持ちました。両親が眼鏡だもの、近視の素質は十分にあったのです。正確には、近視は大した事なくて、強度の乱視でした。眼鏡は高校から導入し、周囲にも目の悪い子が増えてきて、珍しいものでもなくなりましたが、まだまだダサイ眼鏡で、女を上げる所までは無理でした。大学の頃ようやく、おしゃれなフレームが一般化してきました。女子はコンタクトにする人も増えてきましたが、裸眼で0.5位見えているので、そこまでしなくても良いなぁと思っていました。
 車を運転する時以外は、眼鏡無しでもさほどのことはなかったのですが40代後半から、楽譜のアルファベットの歌詞が、良く見えなくなりました。とうとう私にも「老眼」ってやつが来たのです。いっちゃんは、近くを見る時は、近視眼鏡をはずしました。私は老眼鏡が無いと、近くが見えなくなりました。
 去年、遠近両用眼鏡を作った時は、近視はほとんど無いと言われました。老眼になって、近視が治ったんでしょうか。だから私のは、遠乱両用眼鏡と言うのが正しい呼び方です。したがって、物事を大局的に多角的に見ることができる、なら良いのですけどね。
 朴槿恵(박근혜)、とうとうやめますね。彼女を擁護する気は全くありませんが、辛かったろうなぁと思います。
 私、1度で良いから、あ~寝た寝た~、良く寝たなぁ~と、思ってみたい。
[PR]
by nyankai | 2016-11-30 11:02 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(2)

 この1週間、私は良くがんばりました。まぁ、世間一般では、合唱祭などは娯楽であって、好きでやっているのだからと言われてしまうでしょうけど。先週は月ー青葉病院、水ー合唱祭練習、木ー口腔外科&耳鼻科、金ーがん検診、土ーメンタルクリニック、日―合唱祭、見事に私の生態がわかるってものです。そして昨日は、マコの病院に行きました。今日からしばらくは、引きこもりグータラ生活を、謳歌します。
 マコはステロイド剤が多くなって1週間くらいで、動きが良くなり、食欲もいくらか増してきました。赤白血液検査も、良い数字になってきました。d0017084_1021126.jpgこのまま様子を見ることになりましたが、薬の副作用が心配なので、やはり2週間後になりました。シマセンセ、いつも思っていたのですが、寝癖がそのまま。ちょっと息子のみたいな所があるのかな。
 マコの前は、チワワさんで、後はヨークシャテリア(かな?)さんでした。どちらも、気さくなおじいちゃんが連れてきていて、何となくお話をしました。テリアさんは、心臓に持病があるそうです。良く吠えて、チワワさんも呼応して、マコはビビっていました。
 チワワさん爺は、「苫小牧は雪なくて助かるね」と話しかけてくれました。これに「私は苫小牧じゃないんですよ」などと言うのは野暮なので、「そうでうね」と、答えました。支払いのやりとりを聴いていると、耳がやや遠くなっているのがわかりました。シマセンセに「もうこれで、免許返納しようかと思ってるんです。d0017084_10222143.jpgそれで、子供に(と言っても、子どもさんは、50代でしょう)車出してもらうから、土日しか来れないと思います。ここ、土日もやってるから良いよ」と、ちょっと寂しそうに話していました。
 この所、高齢者の自動車事故が多発しているように感じます。犠牲になった方が、強く規制を求める気持ちはお察しします。でも、交通網が整備されていない地方に住んでいると、車は必要です。だから他人事ではありません。チワワさん爺は、市内だろうし、子どもさんが車出してくれるのだから、かなり恵まれている方だと思いますが、私など、どうしたら良いのでしょう。今でも、可能なら車運転したくないのに、70歳過ぎたら、きっと私の運転は下手くそになって、運転する資格無いかもしれません。高齢社会の足について、真剣に考えなくちゃならないですよね。
 ケルティックウーマンのクリスマスCDかけながら、ようやくツリーを飾りました。ツリーってどうしてこんなにきれいなんだろう。ツリー飾る気無くなったら、おしまいだわ。今年は、すべてのオーナメントをむきになって飾るのではなく、きれいな所でやめてみました。
[PR]
by nyankai | 2016-11-29 10:19 | 社会 | Trackback | Comments(0)

 昨日は、日高の合唱祭でした。とてもくたびれましたが、楽しく歌えました。地方の合唱団はたいてい、団員減少と高齢化に悩んでいます。1つ1つ感想を書いてみたいです。
 A合唱団は、金子みすゞの曲集を、ていねいに歌ってくれました。私の好みですが、もう少し自由に歌っても良かったかと思います。
 B合唱団は、新参者と思っていたのに、もう31年だそうで、びっくりです。町の特色もあるかもしれませんが、少人数でも若い人もいて、熱い指導を受けて、楽しそうに歌っていました。
 C合唱団は、ピアニストを除いてたった3人。童謡・唱歌を歌いました。とても好感の持てる演奏でした。d0017084_1061598.jpg3人でもやれるんだ。
 D合唱団は、日高では最古参で、さすがの貫録でした。「歌い継ごう」の想いが、溢れていました。
 E合唱団は、選曲がシャンソンでした。私はシャンソン詳しくないですが、たまに聴くこともあり、すっかりソロで、主人公になり切って歌うものだという感覚になっていたので、合唱で歌うのは難しいなぁと思いました。
 F合唱団は、公民館講座から生まれました。当時の受講生がそのまま歳とった感じです。シューベルトの曲を、日本語ですが暗譜で歌いきった、その意欲は大したものです。
 そして私達「せんせいがたコール」です。誰が出るのか、当日にならないとわからない、スリリングでいい加減な合唱団ですが、放っておいても歌える人たちが、できるだけわがままを押さえて、一緒に歌える事が嬉しくてたまらない、そんな場所です。現役をやめて、30年以上も経っている私に、声をかけてくれて、ありがとうございます。
 私が新卒の時、すでにバリバリ合唱団で活躍していた方が、何人か。正直言って、こけないでステージに立てるのかと言うほどの方もいますが、それで良いのだと思います。歳とった声と、若い声のあまりの差に、絶句もしましたが、合唱祭に何を求めるのか、それは様々なのでしょう。地域で、先頭を歩くことを諦めてしまった事に、いささかの後ろめたさはあるし、そこをがんばっている人は心底尊敬しますが、仕方ありません。
 終演後、声をかけてくれた女性が言うのには、R.R.Singersを楽しみにしていたのに、残念だったとのこと。ありがたいです。でも私たちが出ることは、とりあえず無さそうだなぁ。
[PR]
by nyankai | 2016-11-28 10:04 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

 このままでは体調改善の兆しはしないし、納得もいかないので、神経内科のドクターに、特別勧められた訳でもないし、かと言って止められた訳でもないのですが、巡り巡って「メンタルケアわかくさ」に行ってきました。たぶん15年くらい前かな、母が認知症になった頃(その頃は、認知症ではなくて、どうかうつ病でありますようにと思っていた)、物忘れ外来があるので何度か連れて行った病院です。d0017084_9254171.jpg見た目が、ゴージャスな病院です。
 待合室の風景は、他の病院は平均年齢高めだったのに対し、老若男女で、子どももいました。特別具合悪そうには見えませんでしたが。私もそうですけどね。
 最初は予約が必要とのことでした。電話で、ソーシャルワーカーと一通りの問診が済んでいました。診察室に入ると、「色々まわったんですね、大変でしたね」と言ってもらえました。
 神経内科の、うつの症状が体に出ているとの診断は、正しいと思うとのこと。ただ、抗うつ剤を長く飲んで何ら改善しないのは、とても良い薬だけれど、セロトニンに働きかけて気持ちのうつ状態には良く効くけれど、私のは、身体症状にうつが隠れた「仮面うつ病」ではないかと思われるって。別の薬が4種類も出ちゃったです。ドーパミンに働きかけるんだって。薬でお腹いっぱいになりそうな量です。
 「エブリファイ」と言う名の朝だけ飲む薬、口に出してみると、「エブリファイ!」何だか毎日元気になりそうな語感です。漢方薬も出ました。慢性疾患による消耗、疲労の蓄積した人の、倦怠感を回復し、体力を増強し・・・あ~、これに期待したいですね。ただし、1日3回食間というのが、なかなかに飲みにくいです。
 最後に「慢性疲労症候群じゃなければ良いのですが、特効薬が無いので」と言われました。私もそう思う。どうか違いますように。慢性疲労症候群は、脳の炎症なのだそうです。私の脳、もしかしたら炎症起こしてるのかもしれないんだ。
 昨日の午後は、けっこう疲れ果てていました。今日は、日高合唱祭に歌いに行きます。ファーチレの練習なのですが、1回休ませてください。ごめんなさい。
 懸案だったバリウムの排出は、完了したように思います。
 息子の「笑の内閣」のビッグニュースです。→こちら 読んでね。
[PR]
by nyankai | 2016-11-27 09:23 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(2)

BaSO4 (11/26)

 今年はもう検査は飽き飽きしているのですが、がん検診は又別なので、仕方なく受けました。朝寝坊だから、受付時間帯は最後の9:30~10:00にしていたので、私の後ろはたった一人でした。散々血液検査はしたので、特定検診は受けなくても良いようにも思ったのですが、その説明するのも億劫だったので、そのまま受けました。金属が無いよう、d0017084_9162161.jpg彦根で買った「ひこにゃんスポーツブラ」を着けて、出かけました。
 町の保険師の問診で、現在治療中の病気があるか問われ、ウソつくのも変だし、体調の悪さの原因がわからない事を、かいつまんで話したら、気の毒そうな顔をされました。あの、身長と体重が一気にわかる機械ね、頭を軽くコツンとやられる様に感じます。歯の検査を勧められましたが、きちんと定期検診を受けていると、丁重にお断りしました。すぐ側に、乳がんの触診を体験する模型があったので、触ってみました。案外はっきりわかるものなんだ。私の場合は、もう乳腺も脂肪もほとんどないので、こんな触り心地ではありません。
 長いことお世話になっているしらかば号に乗り込むと、2人前のやや若い女性がちょうど出てきた所で、私に向かって「いや~、大変なんですね」とトホホ顔をしました。初体験だったのかなぁ。そのお気持、良くわかります。d0017084_9172933.jpg胃のバリウム検査では、技師のあの要求は、相当体力が無いとできません。あの平行棒みたいな動きができるかどうか、もしもできなくなったら「老い」を認めるしかないでしょう。
 発泡剤によるゲップをがまんするのが辛い話を良く聞きますが、それって簡単でしょう。舌で喉をふさいでおけば良いのです。万が一出そうになったら、もう1度呑みこむのです。そんなことより大事なのは、バリウムの排出問題です。バリウムは金属で、X線造影剤として使われるのは、硫酸バリウムBaSO4です。以前大失敗をしたのが、トラウマになっているのです。すぐにもらった下剤と、コップ2杯の水を飲んで、水ばかりでは飲みたくなくなるので、写真の商品を買って帰り、がんばってみました。全部完璧に排出できた実感が無いなぁ~。
 男子フィギュアに、日野君という子が登場しました。羽生君と真反対な顔です。
[PR]
by nyankai | 2016-11-26 09:10 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

 今年の私を漢字一文字で表すとしたら、まさしく「病」気でしょう。年明け早々だるさがやってきて、今も居座って、動く気配もありません。私は一生分と言って良い位「病」院に行っています。昨日も2ヶ所行きました。と言っても、昨日はこのだるさのせいではなく、d0017084_9174983.jpg舌の裏側の例のヤツの定期検診と、何十年付き合っているアレルギー性鼻炎の点鼻薬を出してもらいに。
 苫小牧市立病院口腔外科は、こんなにスムーズに事が進んだのは初めてでした。11時の予約に対し、5分前に到着。受付したので、椅子に腰かけようとしたら、「すぐ呼ばれますから、診察室の前に行ってください」と言われました。本当にあっという間に呼ばれ、「ちょっと育ってしまったかもしれません」と報告し、「いえいえ、でも心配はしていません」と言い訳も付け加えました。
 アサカセンセ、髪ツンツンで緑の縁の眼鏡がワイルドでかっこいい。ふと脚元に目をやれば、白のドクターパンツの裾から、黄緑のスパッツがのぞいている。靴からちょっとだけ見えるアンクルソックスも黄緑でした。ヤ~ッ、おしゃれだ。
 d0017084_9183847.jpg例のヤツは、まだ白板症の段階なので、気にしないで、雪が溶けたら又来てくださいと、明るく言ってくれました。かかりつけの歯医者が、奥歯が当たることをとても気にしてくれている旨伝えると、矯正や抜歯は必要無い、少し削っても良いけどという答えでした。
 支払い済ませて、たったの30分。耳鼻科は午後になってしまう覚悟で行ったのに、余裕で行けました。こちらも私の前に1人、帰る頃に1人来たのみで、鼻吸入している間など、看護師さん達が暇で、世間話していました(非難などしていませんよ)。
 今日の私の通院は、「神ってる」、だったかもしれません。もう1ヶ所行こうかとさえ思いましたが、診察券もお金も持っていませんでした。
 この頃、加湿器のミッキーが倒れて、水がえらく減るのが不思議でした。そうしたらば、見ちゃったのですよ、ダリがここから水飲んでいるのを。
[PR]
by nyankai | 2016-11-25 09:17 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

 良い天気ですが、寒いです。道産子はとっても寒がりなんです。
 昨日の「海の詩」の練習、もっとやりたかったですけど、即席期間限定合唱団ですから、仕方ありません。たぶんみんな、音楽の教員免許持っている人達だし。d0017084_9292436.jpgファーチレでいつも言われる、お互いに気配りすれば、上手く歌えるでしょう。
 今ではもう記憶がありませんが「海はなかった」を、最初に知ったのだと思います。1975年のNコンの課題曲で、先に単独で存在していたそうで、後にこれを含む組曲として作られたそうです。
 「海の詩」がA面で、B面が「海鳥の詩」の30㎝LPレコードを持っています。さすがに今はもう、レコードが聴けない。プレーヤーはとってあるのだけれど、ステレオの入力が足りなくて、つなげないのです。
 「海の匂い」の「あの春のあの朝 鈍行列車を待った無人駅」かぁ。日高線はちゃ~んと線路があるのに、もう鈍行列車さえ走らない。練習会場への行き帰り、時々そのさびた線路が見えるのに。
 「あの夏の日ざかり 魚を追ってじいちゃんとふたり」いっちゃんの両親へと、Yちゃんの実家に、冬のおいしい海産物を送るため、途中で水産会社に寄りました。腰がすっかり曲がってしまったおばさん(この会社の奥さん)が、対応してくれました。d0017084_930988.jpg長年の激務のせいだと考えるのは、いささか短絡的かな。加工場の仲間と思しき人たちが数人いました。「ふるさとは海の村にはもう 若者を育てる力がないという」、そんなこと無いさ。
 お義父さんは、ししゃもで晩酌するのが好きなので、ししゃもだけにしました。Yちゃんの実家は、Yちゃんも加わったので、ホッケやカレイなども詰め合わせにしてもらいました。でもYちゃんは、しばらく塩分控えめにしなきゃ。ついでに、息子にいくらの醤油漬けも買いました。いつもは自分で作るのですが、今年はせっかくなので、プロのを味わってほしいです。
 帰り道、漁港と線路の写真をとりたかったけれど、あまりに寒くて断念しました。時折雪がちらつくその時すでに-4℃でした。
[PR]
by nyankai | 2016-11-24 09:28 | 社会 | Trackback | Comments(0)

 今日は、合唱祭の練習です。「海の詩」歌ってきます。「航海」は、邪馬台国の歌です。今でも思い出すと笑ってしまうのが、昔、富川合唱団でこれを歌った時「はるか東方一万里」という歌詞があり、非常に珍しいのですが、音符の下にこんな風に漢字で書いてあるのです。d0017084_8262127.jpg普通は平仮名(カタカナ)なんですけど。で、とある団員が「はるかーとうほうーまんりー」と歌った、レジェンドがあるのです。気持ちわかる。写真は、9月のボランティアで歌った時、自分のカメラでは写真撮れなかったので、主催者からいただきました。なんか、きれいな色だね。
 私の誕生日は昨日でしたが、皆様、プレゼントやコメントやメッセージ等々、本当にありがとうございます。今日も載せきれなかったプレゼントを載せています。
 先日知人が「ccとmlって、同じ液体の単位なのに、どう違うんだろうね」と言いました。そんな事言われたら、がぜん調べたくなってしまう私。
 1ccと1mlは同じ量で、どちらでも良いのですが、今はmlを使うよう、推奨されているようです。ほら、ミリバールが無くなって、ヘクトパスカルになったような。身近にある飲料などを見ましたが、ほとんどmlですね。計量カップもmlでした。ccを使うのは、バイクや車の排気量です。それも書類を見ると、リットルになっていますけど。
 d0017084_8271038.jpgついでにリットルはフランス語で、英語はリッターなんだって。車は1.5リットルで、ガソリンは30リッターとか、言いますよね。
 発生が違うようです。mlは 1リットルという単位があってその1000分の1です。ccはキュービックセンチメートルの略でcmを3乗しましたって意味ですって、わかる?
 もう息子が書いたので、私も良いのだと思って書きます。
一昨日、Yちゃんが検診に行ったら、妊娠中毒症の疑いあり、出勤停止、里帰り出産したいならすぐに移動と言われて、昨日、予定より3週間早く里帰りしました。京大病院が大げさなだけで、入院もなく大したことではないらしいですが。Yちゃん本人も、元気にしゃべっていたので、きっと大丈夫でしょう。何も手助けできないことが、歯がゆいです。エンジェルちゃん、ママを助けてやってね。息子はとても寂しがっています。
[PR]
by nyankai | 2016-11-23 08:25 | 社会 | Trackback | Comments(0)

 のんびり起きてみたら、地震のニュースが飛び込んで来て、どんなにか不安だろうかと思います。
 
d0017084_10295782.jpg
 まさかこんな調子で、61歳の誕生日F7BD.gifを迎える事になろうとは、1年前には予想だにしないことでした。具合が悪いこと自体が、ではなくて、その原因がわからず長引いていると言う意味で。
 そんなことで、去年までは11月に入ると、誕生日プレゼント絶賛受付中などと、厚かましくふざけたことを書いていましたが、そんな気分にもならず、おめでたくもないので、書かずにいました。なのに、たくさんたくさん、プレゼントやら、メールやらいただいています。d0017084_10311427.jpgそれらを見ながら、私はたくさんの人たちに支えられて生きていることを、改めて感じています。こんなにプレゼントもらえる61歳って、珍しいんじゃないでしょうか。
 昨日は筋電図をとってきました。結果は案の定、異常無しでした。腕と脚に、電気ショックの様なものを与えて、反応を見ます。ちょっと痛いかもしれませんと言われましたが、全然痛みとしては感じず、ピクッと反応するのが我ながら面白くて、ニコニコしてしまいました。冬場に静電気でバチッとするあれに比べたら、どうってことないです。
 今週、町のがん検診と特定検診がありますが、胃がん肺がん大腸がんはともかく、特定検診は受けなくても良いんじゃないだろうか。全く悪い所無いんだから。いよいよ、心療内科に行かなきゃならないかな。
d0017084_1033573.jpg 電気ショックのおかげで、だるさがとれていれば良いのにと、淡い希望を抱きましたが、まずは変わり無しでだるいです。61年前の今日は、できたてホヤホヤの新品だった私の体は、歳月と共に劣化しているのですね。
 去年還暦の赤いドレス写真をとった時、70歳の古希には、上等な紫色のスーツを仕立てて写真を撮ろう。そのために1年に1万ずつ貯金をしようと決めたのです。封筒に、最初の1万円を入れました。
 昨夜遅くに息子から電話が来ました。Yちゃんとも話しているうちに、日付が変わりそうになり、再び電話に出た息子に誕生日なんだけどと言うと、面倒くさそうにしていました。息子は私の事など、ほとんど心配していない。それで良い。お前は、全力でYちゃんとエンジェルちゃんを守りなさい。
[PR]
by nyankai | 2016-11-22 10:25 | 心もよう | Trackback | Comments(6)

 コンサドーレ、J2優勝・J1昇格d0017084_10125529.jpgおめでとう。
 昨日はまず、なんちゃって孫たちが来て、長芋をちょっとだけ掘りました。掘りましたとは言っても、掘れるようにしてもらったのを取りだしただけなのですけど、とりあえずそれで納得してもらいました。良かったわ。
 その後、ごちゃコンメンバーで、中華お食事会でした。甘い声選手権5本の指に入るN氏も、ハカセ次郎さんも来てくれました。特別コースを頼んだのではなく、「ザンギ」「エビチリ」「酢豚」「チャーハン」「ウーロン茶」等、定番を頼んで、みんなでとって食べました。
 そこで、思ってもみなかった提案がなされました。来年のごちゃコンを少し先に延ばそうと。理由は私の体調が悪いからです。あわてました。現在治療中で、先延ばしにすれば元気になることがわかっているなら、それはありがたい提案なのだけれど、全くそうは言えない状況だけに。それに練習を設定しないと、ただ寝ているだけになってしまうし。でも、例年ですと、2月くらいから、ギアチェンジしてアクセルを踏み込む感じだけれど、もう少し暖かくなってからの方が良いと、私ががんばりすぎるから、と言ってくれました。d0017084_10134171.jpg練習はゆっくりやって行こうとも。
 確かに、この体調不良のまま、納得できる準備もできないまま、その日を迎えるのは、不本意ではあります。
 体がおかしくなったのは、今年に入ってすぐですが、いよいよダメになったのは、ごちゃコン後です。ほんのちょっと書きましたっけねぇ。「私はこれで良いと思っていたことが、考えの違いなどあって当たり前ですが、それでもショックなことがありました。良い気になっていたのかな。DVDも写真も、あまり見る気が起こりません。」になってしまって、最悪の6月~7月を過ごしました。
 あまりに具合が悪くて、このショック自体を、私は忘れました。忘れた、と言うのは違うかもしれませんが、それどころじゃなくなりました。でももしかすると、向こうはどこかに引っかかっていて、フォローしてくれたのかもしれません・・・が、確かめようはありません。素直にありがたく思いました。
 今日は、筋電図とりに行きます。だからと言って、病名が分かるとも思えませんが。
[PR]
by nyankai | 2016-11-21 10:11 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)